硬式野球
 
 

東京六大学野球春季リーグ戦 対早大1回戦 春はまだ終わらせない!河合満塁弾!

東京六大学野球春季リーグ戦 第6週 VS早 大 1回戦
5月14日(土)
会場:神宮球場

悪夢のサヨナラ負けから5日が経ち、残りのカードを全力で戦いたい法大は、下級生主体のメンバーで対早大1回戦に挑んだ。神宮の応援席は大勢の観客で埋まった。大応援団の声援が響き、選手たちもそれに応える明るい試合結果となった。

201105141
リーグ戦初完投の三上朋

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 11 0
法 大 8 0 0 0 0 0 1 2 X 11 11 0

(早大)●大野健、高橋哉、高梨、江村‐市丸
(法大)○三上朋(2勝2敗)‐原田
[本塁打](早)杉山1号(2回ソロ=三上朋)
    (法)河合3号(1回満塁=大野健)、多木2号(8回2ラン=江村)

初回、2死2塁から4番・多木、5番・原田、6番・伊藤諒の3連続二塁打で3点を奪うと、7番・土井、8番・森本が連続四球で2死満塁。9番・三上朋も四球を選び押し出しで1点を追加し、なおも2死満塁。試合開始早々に早大先発の大野健をマウンドから引きずり降ろす。しかし法大の勢いは止まらない。打者一巡して今日1番での起用となった河合が救援した高橋哉から堂々の満塁ホームランを放ち、4点を挙げる。初回から打線が大爆発で一挙8得点の大量リードで試合の主導権を握った。

法大は今季第2戦目の先発を任されてきた三上朋が、早大戦では第1戦目で先発マウンドに登った。2回、5番・杉山から本塁打を浴び1点を返される。4回には先頭の2番・川西に中前安打、4番・土生に内野安打を許し、さらに暴投で1死2、3塁のピンチを招く。しかし後続を空振り三振と二ゴロに仕留め、失点は免れた。その後も毎回のようにランナーを出しながらも三上朋が要所を締め、追加点は与えない。

中盤、1年生投手の髙梨に1安打と抑え込まれていた法大だが、終盤に代わった江村から再びヒットを打ち始める。7回、1死1塁から伊藤諒が左中間への適時二塁打で1点を追加する。伊藤諒は本日ファーストでのスタメン入りで、二塁打を2本と打撃好調。7番・土井は四球を選び、8番・西浦直は三振に倒れるも、9番・三上が本日2安打目の内野安打で、またも2死満塁でバッターは1番・河合。フルカウントまで粘ったがここは三振に終わった。しかし、法大はまだ攻めの姿勢を崩さない。8回には先頭の2番代打・國枝がリーグ戦初打席に入る。するとセンター前ヒットを放ち、次打者は打ち取られたものの4番・多木が本塁打で2点を挙げ、二桁得点とする。

最終回には2者連続安打で無死1、2塁とされるも後続を断ち、三上朋が今季2勝目を挙げた。

開幕の東大戦以来、久々に勝ちを手にした法大。今日は初回に大量得点で早大を突き放し、援護をもらった三上朋も無四球10奪三振で完投した。しかし、安打数は両チーム11と並んでいる。明日も油断はできないだろう。最終の明大戦をいい形で迎えるために、明日も投打のかみ合った試合で連勝したい。

(古川 綾菜)

試合後の選手・監督のコメント

河合選手(満塁弾を放つ)

―今日の試合を振り返って
初戦まず一回勝てたんでよかったです。

―3試合連続のホームランで今日は満塁でした
ヒットの延長でホームランになったみたいな。ホームラン狙ったわけじゃなかったんですけど結果的にホームランになってよかったです。

―ここってとこで打ちたいとおっしゃっていましたがまさに
そうですね、だけどその後3三振で、最終打席はまた満塁だったんですけどあそこで結果出なかったし、明日の試合ではまた結果が出るように頑張りたいなと思います。

―今日は打順が1番でした
去年の春もデビューが1番サードで、そんなに調子いいわけじゃないんですけど監督が1番で使ってくれてるんで。

―今日の試合展開について
いつも僕たち先制するんですけど7回8回9回の終盤で追いつかれるっていう試合展開ばっかだったんで、今日もそういうムードになりかけたんですけど7回8回9回しっかり粘っていいゲームができたかなと思います。

―髙梨投手の印象について
ストレート切れてるし変化球も切れてるし、いいピッチャーだなと思いました。

―早大は去年の3投手が抜けましたがどんなチームだと感じましたか
バッティングは守っててもこわかったし弱いチームじゃないんで、今日はたまたま僕たちが大量点で勝てたんですが明日はどうなるかわからないんで精一杯やりたいと思います。

―バッティングの調子は
まだ自分のバッティングはあんまりできてないかなと思うんですけど、少しずつでもよくなってチームのために貢献できたらなと思います。

―守備もよかったと思いますが
ありがとうございます。エラーもなくてさばけてるんで、これからも続けれたらいいかなと思います。

―難波主将が今日はベンチに入っておられましたが
いっぱい声かけてくれて、あの人がいるといないとじゃやっぱ全然違うなと思いました。

―具体的にはどのような声を
守備位置についてだったり相手ピッチャーの特徴を早めにつかんでくれたり、やっぱりキャプテンがいるのといないのとでは違うかなと思います。

―下級生中心のメンバーでしたが
けがもあるんですけど下級生中心で、なんとか先輩のためにも今日は勝てたんでよかったかなと思います。

―明日の試合に向けて
また出さしてもらったら精一杯やるだけです。

多木選手(本塁打を含む3安打の活躍)

―今日の試合を振り返った感想をおねがいします
率直に快勝できてうれしいの一言ですね。

―多木さん自身は3安打3打点1本塁打の活躍でしたが、調子はいいですか
調子もやっと上がってきたかなと思います。チームに貢献できて良かったです。

―今日バッティングで意識したことはありましたか
普段と同じでした。ヒット打ってなんぼという気持ちで打点につながる打撃が出来ればと。

―久しぶりのショートでの出場でしたが守備はいかがでしたか
久しぶりなので最初は不安はありましたが、無難にこなせて良かったです。長谷川さんの代わりができたかなと思います。

―長谷川さんの欠場はケガが原因なんですか
そうですね、ケガでの欠場です。

―今日のチームの雰囲気はどうでしたか
ケガ人が多い中で若い人が中心になって戦えたかなと思います。キャプテンもベンチで声を出してくれていましたし雰囲気は良かったですね。

―早大投手陣の印象はどうでしたか
そうですね…、全く歯が立たないという感じではなかったので明日につながるいい打撃ができたと思います。

―先週の立大戦は悔しい形での敗戦でしたが、この一週間でチームで取り組んだことはありましたか
雨が多かったので全体的というよりは個人の意識で練習してきましたね。

―明日に向けて一言お願いします
明日勝って勝ち点をとる、それだけです。

伊藤諒(スタメンで2安打2打点の活躍)

―今日は2打点の活躍でしたが、試合を振り返っていかがですか
1回にチャンスで回ってきたので、来た球を思いきり振ろうと思っていきました。

―前の多木さん、原田さんが連打という中で、やはり繋ごうという意識は強かったですか
そうですね。自分がここで1本打てばチームに勢いが着くと思ったので、気持ちを入れて打席に立ちました。

―当たった時の感触は
抜かれたかんじはあったんですけど、いい角度で上がったのでよかったです。

―同じ1年生の高梨投手との対戦もありましたが、印象はいかがでしたか
カットボールとまっすぐのキレがよかったです。コントロールもよかったと思います。

―先週は立大戦を落としてしまいましたが、チームとしてはどのような調整をしてきましたか
立教戦では、勝ったときでも雰囲気がよくなかったので、「次の点、次の点」という意識を持つようにしていこうというかんじでした。

―気持ちの面ではどのような切り換えをしましたか
優勝はなくなったと思いますが、目の前の試合をみんなで勝ちにいくという気持ちです。

―明日以降の試合への意気込みをお願いします
1年なので、チャレンジャー精神を忘れずにどんどんぶつかっていきたいです。

國枝選手(初打席で初安打を放つ)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
大量リードだったので余裕を持って挑めました。

―先週勝ち点を落として迎えた今日の早大戦のチームの雰囲気はいかがでしたか
優勝はなくなったけど、2つ勝って勝ち点を取るんだっていう感じで雰囲気はよかったです。

―代打での起用となりましたがどんな気持ちで挑みましたか
初打席だったのでなんとかバットにあたれって気持ちでした。ヒットになってよかったです。

―自身のリーグ戦初安打についてはいかがですか
何を打ったとかあんまり覚えてないです。でもあとの多木さんも打ってくれて続いたのでよかったです。

―いい選手が多いなか出場を勝ち取るためにどのような課題を見つけどんな努力をしましたか
冬からバットを振りこみました。レギュラーとれなくて悔しかったんですけど、今日みたいに代打とかで少しずつチャンスをものにしたいです。

―明日に向けて意気込みをお願いします
明日勝って勝ち点をとって明大戦にはずみをつけたいです。

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日は初回の8点が大きかったです。

―試合前選手にかけた言葉は
優勝の可能性が絶望的になっていますけど、対抗戦ですからできることを一つ一つやっていこうと。

―今日は下級生中心の起用が目立ちましたが
中心というか、難波と長谷川がケガで使えないので…。そういう状況なので、思い切って1年生を起用しました。

―長谷川・難波選手のケガの具合は
長谷川は立教戦でファーストとぶつかって、膝を痛めて4~5分でしか走れないです。難波は靭帯を痛めているので、今シーズンは難しい状況です。キャプテンですからベンチには入れたのですが、動ける状態ではないので。

―先発の三上朋投手については
いいのやら悪いのやらさっぱり分からない状況なんですが、それが持ち味といえば持ち味と言えるのですけど。まあ初完投ですか。初回の8点が心理的にもプラスになったんじゃないですかね。

―4番の多木選手もホームランを含む3安打ですが
徐々に良くなってきてるので、彼本来の打球が少しずつ出だしましたね。期待できますね。

―大野健投手については
立ち上がりうまくうちが捕らえることができたと思います。多木がスライダーをうまく打ってくれたので、(その後スライダーを)投げにくくなったと思います。

―明日の先発は
帰って色々と考えます。ブルペンの状態を含めて。

―明日に向けて
うちはもう一つ一つ勝ち上がっていくしかないので、明日のゲームに集中してやりたいと思います。

明日の展望

早大に圧勝し、慶大・立大戦で止まっていた勢いを取り戻すことができた法大。明日勝利し、この勢いのまま来週の明大決戦に臨みたいところだ。

明日の法大先発は三嶋が予想される。今春は不調が続くが、次世代エースの奮起は秋への明るい材料となることは間違いない。また、今日温存できた吉越が頭から投げる可能性もある。先週好投をした北山、船本、梅田辺りの大抜擢もあり得る。また、今日は8人の投手がベンチ入りをしていた。試合展開によっては、2年の渡辺、1年の石田辺りが初登板のチャンスを掴み取るかもしれない。

オーダーも調子次第で大きく組み換えが予想される。西浦直、大城戸、國枝辺りが名を連ねるかもしれない。今春は下級生の活躍が光るだけに、明日も思い切りのいいプレーに期待が持てそうだ。難波・長谷川の故障の穴をなんとかして埋めていきたい。

対する早大の先発は有原が有力だ。不調の早大投手陣のなかで光るスーパールーキーだ。ただ前回登板の立大戦では7失点を喫しているだけに、打ち崩せる要素はあるはずだ。後ろには今日の試合で好投した高梨が備えるだけに、早いイニングで有原をマウンドから降ろし、リベンジを果たしたい。

早大打線は今日は11安打で1得点と拙攻であったが、杉山や渡邊侑は復調の気配がある。土生も現在スランプだが、本来の調子を戻すと怖い打者である。打線を目覚めさせないためにも、余計なヒットは与えないようにしたい。

今春の法大は一発攻勢のイメージが強いが、今日の初回では「繋ぐ」姿勢が見られた。多木、原田、伊藤諒の連打で繋ぎ、四球を選んだ土井・森本・三上朋が結果的に河合の満塁弾を生んだ。打撃好調の原田でさえもここまでリーグ2位の5犠打と、後ろに繋ぐ意識が高い。明日も「全員野球」で快勝したいところだ。

(沼田 心)

フォトギャラリー

  • 201105141リーグ戦初完投の三上朋
  • 201105142現在打率リーグ3位の原田
  • 201105143初回にとどめの満塁弾を放った河合
  • 201105144本塁打を含む猛打賞と復活した多木
  • 201105145ケガによりベンチから指示を送る難波主将
  • 201105146打っても2安打の三上朋
  • 201105147法大の勢いを止めた早大・高梨
  • 201105148代打で初打席初安打を放った國枝
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み