硬式野球
 

東京六大学野球秋季新人戦1回戦 対東大 暁の新星が躍動!大勝で初戦突破!

東京六大学野球秋季新人戦1回戦 VS東 大
10月31日(月)
会場:神宮球場

 4位で終えた秋季リーグ戦も終わり、秋季新人戦が再び神宮で開幕した。23季ぶりの優勝を目指す法大は、初戦に東大と対戦。快調なスタートをきることはできるだろうか。試合は若い力が躍動する、見応えある展開となった。

IMG 8404 R-thumb-160x160-2500
好投した2年生右腕・梅田

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 3 1
法 大 1 0 3 0 1 4 0 0 X 9 12 1

(東大)●中田、毛利、窪田、嘉藤‐飯嶋
(法大)○梅田、納富、本多‐木下
[本塁打](法)高木智(6回満塁=毛利)

  神宮では初先発の梅田は、初回東大打線を三者凡退に打ち取る、快調な出だし。それに答えた打線は1回裏に3番・河合の死球を足がかりに、4番・木下が左越適時二塁打を放ち、早々に1点を先制。緊張気味だったナインは、これで肩の荷がおりた。

 3回裏には1番・伊藤僚から4者連続安打でさらに3点を追加。5回裏には2死満塁で9番・梅田が自身を援護する左前適時安打を放ち、これで5-0。大差で前半を折り返す。

 先発の梅田は6回まで三塁を踏ませない安定したピッチングを披露し、被安打2の四死球1という内容。三振も5つ奪い、リーグ戦経験者として自信を持った投球をみせた。

 6回裏に再び試合が動く。2番代打・松下が四球を選ぶと、3番・河合は右越二塁打、4番・木下は四球で無死満塁。ここで5番・高木智が右越満塁本塁打を放ち、4点を追加。ゲームを決定づけ、この一打で9-0となる。

 梅田に替わり7回からマウンドに上がったサウスポー・納富は2イニングをパーフェクトリリーフ。来シーズンのベンチ入りを目指す期待の左腕が、神宮で躍動した。

 9回にマウンドに上がったのは、本多。先頭打者に安打を与え、二塁・大城戸のエラーもからみ2死3塁のピンチを迎える。ここで本多が自らの暴投で1点を失う。しかし、その後の打者を打ち取り、ゲームセット。9-1で準決勝へとコマを進めた。

 「色々な選手を経験させたい」(神長コーチ)と話すように、今日の試合では16選手が神宮の舞台を踏むことができた。1試合で終わってしまった春季新人戦とはうって変わり、秋は多くの下級生が神宮の土を踏むことができそうだ。明日慶大に勝利し、この勢いで歴代新人戦優勝回数で単独首位に返り咲きたい。

(沼田 心)

試合後の選手・監督のコメント

梅田投手(先発で6回無失点の好投)

―今日の試合を振り返って
今日は制球力ですね。球も低めに決まっていて今日の結果に繋がったと思います。

―先発を任されていかがでしたか
初めての先発で初回は緊張しました。後は先制も取ってくれて楽に投げられました。

―木下捕手とは何か話をされましたか
特には何も話していないです。

―チームの雰囲気は
先制点も取れてその後もいい感じに点がとれていて、雰囲気も良かったです。

―東大の印象は
結構早いカウントから振ってくるイメージでした。初球から甘くならないように気を
付けました。

―次の試合に向けての意気込み
次も任されたら無失点で抑えられるよう頑張ります。

―最近国吉投手がベイスターズで活躍しましたが
先を越された、と。自分も頑張らなければ、といい刺激になってます。

河合選手(新人戦キャプテン)

―今日の試合を振り返って
まずは勝てたことですね。春は一回戦負けだったので勝てたことが何よりです。

―キャプテンとしてどのような気持ちで臨みましたか
特にキャプテンとして意識したことはないですね。

―リーグ戦を終えて調子はいかがですか
リーグ戦は情けない結果に終わってしまいましたが、来年春のリーグにもつながる大
事な試合なので、明日もしっかりいい試合をしたいです。

―チームの雰囲気は。またキャプテンとして注目の選手は
すごく明るくて元気のあるいいチームです。素晴らしい選手ばかりで、特に2年生の
同学年はいい選手が多いです。ホームランを打った高木や梅田や…素晴らしい選手ば
かりです。

―東大投手陣の印象は
六大なのでいいピッチャーです。もっともっと自分も練習しないと打てないと思って
います。

―梅田投手は初先発でしたがご覧になっていかがですか
結果的に2本しか打たれてないので、ナイスピッチングでした。

―東大の印象
フルスイングしてくるので、そこは怖かったです。

―神長監督から何か話はされましたか
(神長監督は)素晴らしい方で僕自身すごく尊敬している方で、少しでも選手がやり
やすいように考えて下さいます。ついて行ったら間違いないと思っています。今日は
「思い切ってやれ」と言われました。

―明日の準決勝に向けての意気込み
トーナメントなので1回負けたら終わりなので、なんとしても勝ちたいと思います。

木下選手(スタメンマスク・先制タイムリー)

―今日の試合を振り返って
今日はピッチャー中心に守れてたのでいい流れで攻撃もできました。

―ご自身の結果も4打数2安打3打点で左方向にいい打球が飛んでいましたが
センター方向中心の打撃を心がけていてその結果レフトにいい打球が飛んでましたね。明日はピッチャーも変わるので切り替えてまたセンター中心で。

―捕手としても3人のピッチャーを引っ張りましたが、どんなことを意識しましたか
リーグ戦もそうだったんですけど、東大打線は真っ直ぐをどんどん振ってくるので、的を絞らせないように心がけました。どのピッチャーも今日はコースに来てたので。

―4年生の原田選手が抜けて、正捕手を争う事になりますが、これから何を練習してどんな捕手になりたいですか
まだリーグ戦で戦えるレベルでは無いので、練習して、シーズンを通して打って守れるキャッチャーになりたいです。

―明日の試合への意気込みを
春は1回戦で負けてるのでなんとか決勝戦まで行けるように頑張ります。

高木智選手(満塁弾を放つ)

―今日の試合を振り返って
チームとして勝てて結果がついてきて良かったです。

―リーグ戦とは違い、同世代が主戦力ですが
3年生方と比べると力はないですが、2年生も全力プレーを心がけました。

―若いチームの雰囲気は
河合主将を中心にまとまっています。

―満塁で打席に入ったときの気持ちは
今まで走者のいる場面で結果が残せていなかったので、絶対決めようと思っていました。

―狙い球や打った球は
前の打者が四球で満塁になったので甘い球をしっかりスイングしようと思い、結果がついてきてよかったです。

―バッティングの調子は
状態は良くないですが、チームのために頑張ります。

―明日の慶大戦へ向けて
また違う投手、違う相手と戦うので今日のことは忘れて一から頑張ります。

神長コーチ

―今日の試合を振り返って
1回戦負けると試合がなくなってしまうので。実戦経験が少ない人達ですから、緊張感のなかで挑みました。初回に木下が先制のタイムリーを打ってくれたことで、チームの肩の力が抜けたかなと。いい1点だったと思います。

―先発の梅田投手は
梅田はリーグ戦のベンチ経験がありますから、しっかりと力を発揮しました。計算していたわけではないですが、6回をしっかり投げてくれたかなと。(もともと6回を予定していたか)そうですね、中盤終盤で点差に余裕がでてきたら色々な投手を経験させたいなと思っていました。今日は神宮のマウンドを踏んだ人が多かったので、非常にいい試合だったと思います。

―リリーフの納富投手も好投しました
納富は今年の春にケガで出遅れて、つらい思いをしていたので。田中助監督も非常に期待をしていましたし、その期待に答えてくれました。また今後につながっていくのかなという内容でした。

―秋の新人戦は春にくらべリーグ戦経験者があまりベンチに入っていません
河合ぐらいですかね。逆に言えば、それ以外のひとが底上げされてきたのかなという感じはします。

―満塁弾を放った高木選手については
秋はベンチ入りメンバーから外れた悔しさもあったことでしょうし、以前の新人戦では途中交代というのもありました。ホームランが出るまで嫌な空気がありましたが、いいところで打ってくれたので。あれが試合を決定づけた部分もありました。クリーンナップなので、どこかで1本欲しかったので、高木はあそこで良かったと思います。

―明日の先発は
これから戻って考えます。少なくとも梅田は今日投げましたので、それ以外の誰かにチャンスを与えて。勝ちを目指しながら、できる限り色々な選手を使えれれば一番だと。多くの選手を使い切ることありきではなく、勝負事ですから優勝を狙って、2連勝して新人戦を締めくくれたらなと思います。

 

フォトギャラリー

  • IMG 8404 R-thumb-160x160-2500好投した2年生右腕・梅田
  • IMG 8227 R-thumb-160x160-2501秀岳館では国吉(現横浜)を抑えエースとして君臨
  • IMG 8407 R-thumb-160x160-2502指揮をとった神長コーチ
  • IMG 8419 R-thumb-160x160-2503リーグ戦経験を活かし2安打の河合
  • IMG 8423 R-thumb-160x160-2504満塁弾を放った高木智
  • IMG 8485 R-thumb-160x160-2505来季ベンチ入りが期待される左腕・納富
  • IMG 8587 R-thumb-160x160-2506暴投で1点を失う(安本㊧と本多㊨)
  • IMG 8614 R-thumb-160x160-2507キャプテンシーを発揮した河合(写真中央)
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み