硬式野球
 

【硬式野球】春季リーグ戦開幕直前特集 第3回 齊藤秀、鈴木貴、松田

2014年3月19日
法政大学野球部寮

昨年の雪辱を果たすべく、ひと冬越えて生まれ変わった法大ナイン。天皇杯“奪取”を目指す監督、選手たちの今季に懸ける思いを伺った。第3回は齊藤秀之選手、鈴木貴也選手、松田渉吾選手の3人。ラストイヤーを迎えた彼らには、人一倍強い思いがあった。

201404075
右の長距離砲・齊藤秀之

齊藤 秀之

―昨年を振り返って
初めてリーグ戦に出て分からないことばっかりだったのですが、秋になってようやく流れや調整方法をつかんだ一年で、大学生活で最も濃いシーズンでした。

―神宮でプレーしてみてどうでしたか
最初は緊張した中でプレーしていたのですが、「緊張した中でどれだけのプレーができるか」というのを監督がいつも言っていたので、そんなに戸惑いとかはなかったです。

―見つかった収穫や課題はありましたか
収穫は自分の良いスイングができれば打てるというのが分かったことです。課題は球が速いピッチャーや変化球が良いピッチャーがオープン戦より多くてレベルが高いので、狙い球を間違ってしまうと本当に打てないなと思いました。

―レギュラー定着に必要なものは何だと思いますか
チャンスでの一本と、今は怪我明けなので万全な体でプレーするということが一番大事なことかなと思っています。

―昨年は主軸も経験されましたが
主軸を任されることがまず嬉しいですし、その分厳しい球も増えますけど打ったときの「やってやったぞ」という達成感がすごくあるので、できれば主軸を打ちたいです。

―昨秋は本塁打を放ちましたが長打を増やすために取り組んでいることは
練習は軽く流すように打つ選手が多いのですが、練習からフルスイングすることは考えていました。

―怪我は完治されましたか
完治はしました。やりながらだんだん100%になれば良いかなという感じです。

―沖縄キャンプに帯同せずB戦に出場して実践を積んでみてどうでしたか
本音を言えば(キャンプに) 行きたかったですし行くつもりで調整していたので最初はショックでしたけど、練習を積んでいない中でいきなり向こうに行ってチャンスが少ないよりも、こっちで多く打席に立てたことは良かったと思います。

―リハビリ期間の心境は
最初は「やっちゃったな」というか「最後の一年なのに何をやっているんだろう」と思いました。でも親も入院先に来てくれたりして、怪我をしたことを悔やんでも仕方ないのでどれだけ早く復帰できるのかとか、普段できないようなこともできるのでもっと良い体にしようとか、逆にプラスに捉えようと思っていました。

―今のバッティングの調子は
最初の方はまだ球に慣れていなくて打てる気がしなかったのですが、最近はもう慣れてきたので「いつでもいけるぞ」という感じです。

―外野手はライバル争いがし烈ですが意識する選手はいらっしゃいますか
今出てきている荻野(祐介=経3)という選手がいるのですが、良いバッティングをしているので、同じ右バッターということで意識しています。

―自分が他の選手に負けてないと思う点は
初球から振りにいく積極性と、フルスイングとあとはチャンスで打てるかどうかですね。

―安慶名選手はどんな主将ですか
良くも悪くも厳しいというか、3年生のときはそうでもなかったですが、注意もできるキャプテンなのですごいなと思いますね。プレーも堅実なので良いキャプテンだと思います。

―最上級生になって変わったことはありますか
正直あまり実感はなかったのですが、去年は4年生が引っ張っていたので、そういう選手になりたいなと思いつつ、引っ張るのは難しいなと感じています。

―期待している後輩や新入生は
今年、日大三から入った森(龍馬)です。今怪我しているのですが、良いプレーヤーですし体も良いので早く治って戦力になってほしいです。

―目標とする選手は
日ハムの中田翔選手です。参考にしているというか、あのスイングはすごいと思っています。

―大学生活で転機になったことは
2年冬の鴨川キャンプです。それまでは新人戦とかは使ってもらってもA戦は出ていなかったのですが、急にキャンプで使ってもらえるようになって結果も手始めて。そういう意味であのキャンプが転機だったかなと思っています。

―オフの過ごし方は
この時期は釣りに行っています。多摩川に行くのですが色んな種類が釣れるんで、ハマってます。

―ファンの人に見てほしいところは
チャンスでの一打やフルスイング。ぜひホームランを見てほしいです。

―個人とチームの目標をお願いします
個人はまずレギュラーを取ること、次は打点王。チャンスで本当に強い選手になることが目標です。チームは優勝と、具体的に言うと明治には勝ちたいです。

(取材:宮城風子)

鈴木 貴也

―昨秋シーズンはリリーフとして終盤3試合に出場されましたが、シーズン全体を振り返って
上級生になって活躍しなければと思う反面、試合にはあまり出られずに悔しい思いをした1年でした。

―チームを支えた昨年の4年生投手陣が多く抜けました
今のところ先発投手は石田しかいませんが、僕もしっかり先発したいという思いがあります。下級生に負けるのではなく、4年生の石田と2人で投げたいという思いは強いです。

―ご自身の持ち味や特徴は何だと思いますか
大して良いボールがないのであまり特徴などは考えたことがないですが、強いて言うならチェンジアップだと思います。

―今シーズンは投手の柱として期待のかかるシーズンだと思いますがいかがですか
僕たち4年生2人がしっかり投げて勝っていかなければいけないという思いはあります。また最近ピッチャーは全体的にあまり調子が良くないので、もう少しレベルアップしてピッチャーがチームを引っ張っていけたらいいと思います。

―目標とする選手やライバルとする選手がいたら教えてください
まずは自分が試合に出ることで精いっぱいなので、ライバルなどはあまり考えたことがないです。

―オフはどのようなトレーニングや練習に力を入れましたか
あまりコントロールが良い方ではないので、低めにボールを集めることを意識しました。また、ピッチングの時にしっかり体重移動をすることも心掛けました。

―今の調子はいかがですか
調子は良い時もあれば悪い時もあります。最近は紅白戦でも打たれているのですが、この時期に打たれて課題が見つかっているのは良いことだと思います。

―リフレッシュするときはどんなことをしますか
オフの日には寝て、あとは録画しているテレビを見ます。

―チームの中ではどのようなキャラクターですか
あまりわいわいしゃべる方ではないと思います。

―今までの3年間を振り返って、1番つらかった時期はいつごろですか
2年生の夏です。肩をけがして2か月ほど投げることができませんでした。秋季リーグ戦も最後の優勝決定戦の明治戦ではベンチ入りしたのですが、それまで投げることができず日々ストレスが溜まる一方でした。やっぱり野球ができない時期が1番つらかったです。

―春の目標をお願いします
しっかり練習して、出た課題をつぶしながらいい調子でリーグ戦に入っていけたらと思います。また、先発をやりたいという思いが強いのでしっかり先発して、1勝でも多くチームに貢献できたらと思います。

―ラストイヤーに懸ける思いを聞かせてください
昨年は優勝できると期待されながらも負けてきたので、今年は何が何でもしっかり春秋2連覇して、良い大学生活だったと思って終われるように頑張りたいです。

(取材:高橋由希)

松田 渉吾

―秋季リーグ戦終わってからやってきたことは
筋力アップを図ってとにかくパワーをつけることをやってきました。

―最上級生になって意識の変化はありますか
安慶名がかなりの意識を持ってチームを引っ張ってくれているので、去年よりも声を出したりとか、そういう部分で下級生を引っ張っていけていると思います。

―沖縄キャンプはいかがでしたか
気候も暖かかったので動きやすくて、より実践的な練習に集中できました。

―冬の間に得た課題や収穫は
青木助監督が来てから今までやってこなかった野球の技術とかをたくさん教えてくれるので、自分たちの知識が増えました。あと、それによって自分たちができてないことも明確になったので、そこはまだまだこれからの課題かなと思います。

―具体的にできてないこととは
今までチームワークというものを大切にしてきたんですけど、青木助監督から見たらまだまだだったらしいので、今までは下級生とかとあまりコミュニケーションは取らなかったですが、そういうことを積極的にしていってみんながやりやすいような環境づくりを心がけています。

―外野もポジション争いが激しいですが
安慶名は普段も仲が良くて私生活でも結構話したりしていますが野球ではライバルでもあり、いろいろ相談をしたり、されたりするので、安慶名は良いライバルでもあり良い友達かなと思います。

―今年のチームカラーは
自分たちの時と比べたら下級生がのびのびとできていると思うので、僕たちはもちろん引っ張っていく立場ですけど、それは見ていてチームにとってもプラスかなと思います。

―オフ過ごし方は
オフは20歳を過ぎてから出かける気がなくなったので、寝て疲れをとっています。

―法政で注目している新入生は
1年生だと、水谷は堂々とやっているというか大舞台に慣れている感じで、見ていてすごいなと思います。あと新井くんは球が速い。その2人は、将来的に法政を代表する2人になってくれるかなと思って見ています。

―今季の目標をお願いします
あと1年しかないので、とりあえず試合に出て活躍することだけです。

(取材:村上紗規)

プロフィール

齊藤秀之(さいとう ひでゆき
文学部心理学科4年
1992年10月4日生まれ
北海道出身・北海学園札幌
179cm、83kg・右投げ右打ち

鈴木貴也(すずき たかや
人間環境学部人間環境学科4年
1992年7月11日生まれ
愛媛県出身・済美
179cm、77kg・右投げ右打ち

松田渉吾(まつだ しょうご
法学部法律学科4年
1992年10月30日生まれ
三重県出身・三重
168cm、67kg・左投げ左打ち

 

フォトギャラリー

  • 201404075右の長距離砲・齊藤秀之
  • 201404076先発の座を狙う・鈴木貴也
  • 201404077小柄なムードメーカー・松田渉吾
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み