硬式野球
 

東京六大学野球春季リーグ戦 対立大1回戦 痛すぎる敗戦、ここ一番は今だ!

東京六大学野球春季リーグ戦 第4週 VS立 大 1回戦
5月7日(土)
会場:神宮球場

リーグ戦も第5週を迎え、V争いはし烈を極めている。2カード目の慶大戦では打線が沈黙し、勝ち点をあっさり献上してしまった法大。空き週を挟んで迎えた今日からの立大戦で、慶大戦の悪いムードを払拭し巻き返しを図れるか、注目が集まった。

2011050819
今春3試合目のマルチヒットを放った建部

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 2
立 大 1 1 0 4 0 0 0 1 X 7 14 0

(法大)●三嶋(1勝2敗)、吉越、北山、梅田。‐原田
(立大)○小室、岡部賢‐山田

対する立大は、投打ともに好調。前カードの早大戦、3戦目では13得点と打線が爆発。投げてはエース小室が同カード初戦で完封勝利を収めるなど、明るい材料が揃い、奪Vへ向け死角はないようだ。
 
今季3度目の先発マウンドとなった三嶋は、自身でも課題としてきた″立ち上がり″に今日も苦労した。1回裏、2死3塁から4番・岡崎に左前適時打を浴び先制点を与えると、2回裏にも、2死2塁から9番・山田に中前適時打を放たれ、追加点を許す。そして4回裏にも、立教打線につかまる。被安打に加え暴投も絡み、さらに1点を献上。なおも1死1、2塁としたところで、2番手の吉越にマウンドを譲る。しかし吉越も粘り切れず、その後3点を追加され、結局、この回一挙4失点。5、6回は3番手の北山が要所を締め零封するも、7回から登板した梅田が8回裏、2死3塁から1番・西藤に適時内野安打を浴び、7点目を失う。投手陣は毎回ランナーを背負う苦しい投球が続き、攻撃にリズムを生み出せなかった。
 
打者は1回、3塁まで走者を進めるも、あと1本が出ず無得点に終わる。2回には、打率5割越えの好調原田が左前安打で出塁。6番・土井の犠打と7番・今村のゴロで2死2、3塁とし、続く8番・岩澤の遊ゴロか、敵失を誘い1点を返す。しかし4、5回はともに三者凡退に倒れる。7回表には、2つの四球とと捕逸で2死2、3塁のチャンスを迎えるも、後続を断たれる。散発7安打に抑えられ、好機をものにできなかった。
 
1戦目で勝ち、リードを奪った立大は、さらに波に乗って来るだろう。明日こそは勝負どころで攻め、3戦目で小室へのリベンジも果たしたい。このままで終われない。誰よりも強くそう思っているのは、選手たちである。是非、打線の奮起に期待しよう。
(長田 唯紀)

試合後の選手・監督のコメント

 

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-attachment: scroll; background-position: 0% 0.25em;">三嶋投手(先発投手)

―今日の試合を振り返って
序盤で自分のピッチングができなくて、試合を壊してしまいました。今日はとにかく、いいところがなかったです。
 
―ご自身で課題にされてきた、″立ち上がり″がよくなかったということでしょうか
そうですね。油断というもあったし、気持ちの面でも弱かったので、それが出てしまったと思います。
 
―雨の中での厳しい試合となったと思いますが、どんなことを考えて投げていましたか
雨の日は慣れていないので、コントロールだけは意識して四球は出さないようにしようと思っていましたが、それが裏目に出てしまいました。腕も振れていなかったし、チームに勢いをつけられなかったので、反省しなきゃいけないと思います。
 
―明日以降の登板があった場合、立大打線に対してどのようなことを気をつけたいですか
もう四球とか意識せずに、自分らしく、キャッチャーのミットめがけてしっかり投げるようにしたいです。
 
―最後に、次への意気込みをお願いします
頑張ります。
 

原田選手(捕手、1安打)

―今日の試合を振り返って
立教は振れていて、抑えることができなかったのがこういう結果になりました。
 
―今日の調子はいかがでしたか
悪くはなかったです。
 
―三嶋投手の調子はいかがでしたか
スライダーは結構良くて、初回点を取られていてそこを抑えたら乗っていけたんですけど…。
 
―では吉越投手・北山投手・梅田投手の調子は
北山と梅田はしっかりブルペンで調整していて良い球が来ていました。吉越はちょっと準備不足でした。
 
―立教打線の印象は
どんどん振ってきて、センター返しもたくさんされていたので手強いな、と。
 
―小室投手・岡部投手の印象は
岡部はやっぱり球が速いなと。小室は…普通です。
 
―4回、タイムの際監督からは何と言われましたか
ここで試合が決まってしまう場面だったので。「しっかり抑えていけ」と言われました。
 
―明日に向けて意気込みをお願いします
負けられない戦いは続くので。簡単には終われないですし、頑張っていきます。
 

北山選手(2イニングを無失点)

―今日の試合を振り返って
今日は全然だめだったのですが…守備から流れを作ろうと思ってマウンドに行きました。

―今日のピッチングも好調でしたね
間にあった1週間も紅白戦があったのですが、その時もずっと無失点に抑えられていて調子は良かったです。今日は特に緊張もなく、すんなり試合に入ることができました。

―今日のピッチングで心がけていたことはありますか
立教はどんどん振ってくるし長打もあるので、高さだけ間違えないように気をつけました。

―以前、変化球の仕上がりで調子が決まるとのお話がありましたが、今日はいかがでしたか
スライダーもシュートも、ちゃんとキャッチャーが構えた所に行っていました。打たれた球は少し真ん中に寄ってしまいましたが、それ以外は問題なかったです。

―立大打線の印象は
どの打者もコンパクトにセンターに打ち返してきました。大味なイメージがあったのですが、イメージと違ったので他のピッチャーも少し戸惑いがあったのではないかと思います。

―警戒していたバッターはいますか
5番の那賀は打率も良くてけっこう打つし、長打もあるので警戒していましたが、今日はタイミングが合っていなかったので責めました。

―優勝争いに響く大事な試合でしたが、チームの雰囲気はいかがでしたか
負けているので良いとは言えませんが、3戦目に持ち込んで、勝ち点を挙げたいです。とにかく明日勝たないと次に行けないので。

―明日の試合に向けて意気込みをお願いします
今日と同じリリーフで登板すると思いますが、慌てることなく落ち着いて行けたらいいと思います。

 

建部選手(2安打)

―今日の試合を振り返って
今日は力負けというかそんな感じです。

―今日は打線がつながらない感じでしたが
ほんとつながんないのが、けっこう自分の力なのかな、個々の能力含めて力がないのかなと思いました。

―でもご自身は今日も2安打と好調かと思いましたが
一本はうまく打てたんですけど、もう一個はたまたまだし、チャンスであそこで打ってれば全然まだわからなかったところで打てなかったんで悔しいです。

―空き週を挟んで今日の試合でしたがその間のチームの調子は
けっこうムード良くてやれてたんですけど、今日はちょっと違いました。

―チームの雰囲気は
選手はキャプテン中心にすごい4年生の思いっていうのは伝わってきてて、3年2年1年がついていかないと勝てないって今日感じました。そう感じられてるメンバーがどれだけベンチにいるのかなって思って。自分が完璧な訳じゃないですけど少しでもそう感じれたんで、そういうの伝えて良くしていきたいと思います。

―立教は今季、他大にもけっこう勝っていますが去年までと違うと感じる部分はありましたか
出てるメンバーは去年出てたメンバーも十分残ってて能力も上がってるし、今日ほんとに勢いあるなと感じました。

―明日の試合に向けて
今日もそうだったんですけど負けられない試合が続いてて、負けられない負けられないって言ってても全然今日みたいに負けちゃうんで、一人一人が考えてやっていきたいと思います。

 

鈴木翔選手(代打で出場し、リーグ戦初安打を放つ)

―今日の試合を振り返っていかがですか
負けちゃったんで、何とも言えないですね。
 
―先週一週空きましたが、どういった練習をされていましたか
紅白戦とか、ゲーム形式の練習などいろいろしました。練習はキツかったです。
 
―そんな練習の成果もあって今日は初安打が出ましたね
打てたのはいいんですけど、負けちゃったので…。
 
―相手の岡部投手はいかがでしたか
速いとは聞いてたんですけど、今まで三振が多くて初級から振っていこうと思っていたんで、振ったらたまたま当たったという感じでした。
 
―試合中のベンチの雰囲気はいかがでしたか
初回、競ってる時は声も出てたんですけど、大量得点された時にはベンチがシュンとなっちゃいましたね。
 
―明日の試合に向けて意気込みをお願いします
負けられない試合なんで、全員で声出して頑張りたいと思います。
 

金光監督

―今日の試合を振り返って
春のリーグ戦に入って、ゴテゴテの展開なので。うちは元々ピッチャーが前半を引っ張っていって、中盤、後半というゲーム展開なのですが。ほとんど前半にそういう(リードされる)流れになってしまうので。今日もそういう流れでしたね。
 
―試合前に選手に言った言葉は
技術じゃないんだから、とにかく食いついていこうと言ったんですけどね。どうしても、粘り切れない感じですかね。
 
―空き週にはどのような指示を
技術的なことよりも、基本的なことをしっかり積み上げていこう、とは言いました。
 
―小室投手の印象は
いいボール来ますし、気持ちがこもってますね。いいピッチャーだと思います。
 
―立教打線の印象は
先週の早稲田戦もそうですけど、やっぱり思い切りがいいんで、ボールが甘く入ったらいかんなという感じはしますね。
 
―今日の法大の雰囲気は
全体的にゴテゴテな感じなので、そのムードでゲームの流れがいってる感じはしますね。
 
―梅田投手が初登板でしたが
初登板にしては、まあまあそこそこです。まだまだこれからですけどね。本人の持ってる現在のものは出したかなという感じはします。
 
―多木選手をサードで起用しましたが
全体としてきちっとした調子のいいのが居ないので、調子のいい子(優先)としてポジションを動かしてはいるんですけどね。
 
―明日の先発は三上投手ですか
ちょっとわからないですね。ピッチャー全体的にあまり調子が良くないので。今日帰ってもう一回よく考えてみたいと思います。
 
―最後に明日にむけて
落とせないゲームがずっと続くんですけど、いままでのことを全部忘れて、明日からのゲームに集中したいと思います。

明日の展望

先々週の慶大戦からこれで三連敗。これで明日の立大2回戦は是が非でも勝たなければならない状況となってしまった。
 
背水の覚悟で臨む法大に対する立大の先発は斎藤隼が有力。斎藤は今リーグここまで1勝1敗、防御率2.95とまずまずの成績を残している。3試合に先発し、イニングこそ短いながらもどの試合も先発としての役割はきっちり果たしている。それだけに、今日先発した小室同様容易に打ち崩せる相手ではない。さらに、リリーフには岡部賢や栃原、丸山なども控えているだけにいかにワンチャンスをものにできるかが勝敗を分けそうだ。
 
一方の法大の先発は三上朋が最有力。今リーグここまで防御率5.79と本来の力を出し切れていないだけに、明日の大一番で意地をみせてほしいところだ。またロースコアでの試合展開が予想されるだけに、早めの継投策もあり得る。
打撃陣に関しては、右の斎藤が登板となればスタメンも少し変ってくるだろう。今日先発を外れた伊藤諒や河合の出場が考えられる。
 
いずれにしろ、今日のようなワンサイドの試合展開では話にならない。明日はチームとして勝ちへの執念を見せてほしいところだ。そして何としても勝利し、勝ち点奪取に望みを繋げたい。
(岩崎 駿祐)
 

フォトギャラリー

  • 2011050819今春3試合目のマルチヒットを放った建部
  • 20110508103回途中4失点でマウンドを降りた三嶋
  • 20110508117回を1点に抑えられた立大先発・小室
  • 2011050812追加点を許した吉越
  • 2011050813開幕から5試合連続安打中の原田
  • 20110508142回を無失点に抑え好調の北山
  • 2011050815リーグ戦初登板を果たした2年生右腕・梅田
  • 2011050816リーグ戦初安打を放った法政二出身の鈴木翔
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み