硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 暁の勇者、次なる舞台へ!~4年生コメント集①

東京六大学野球春季リーグ戦
10月24日(月)
会場:神宮球場

 野球部4年生の皆様、お疲れ様でした!送別会終了直後の、4年生の引退コメントです。初回は難波主将、今村副将、吉越投手などを掲載します。

nanba R-thumb-160x160-2409
難波真史(法・中京大中京)

4年生のコメント

難波真史主将(通算75試合出場 .183(175-32) 1本塁打9打点16盗塁)

―4年間を振り返って
一年の早い段階から試合に出させてもらって、今年は主将もやらせてもらいましたが、今年は怪我もあったし、チームに貢献出来たり出来なかったりな4年間でした。監督にも感謝したいです。

―4年間で一番嬉しかったことは
早大戦で最後のシーズンで初めてホームランを打てたことですかね。

―では一番印象に残る試合は
結果的に大学最後の試合になってしまいましたが、今日の試合でしょうか。

―一方でつらかったことは
自分が入学して8季で優勝1回だったことは、最多優勝の法政の野球部にとっては少なかったので、残念です。

―この1年主将という重役をこなしましたが
主将になった時、自分が試合に出てチームを引っ張って行こうという意気込みで臨みましたが、春に秋に怪我があって試合にあまり出られず、主将としての役割はあまり出来ませんでした。

―主将として一番心掛けたことは
自分が沈んだり結果に左右されると、チーム全体も良くない方向に行くので、自分がどんな状態でも、常に前を向いて野球をしようと心掛けました。

―4年間の野球生活で得たものは
六大学という高いレベルで仲間やライバル達と切磋琢磨して野球が出来たところです。

―これからの法大野球部に一言
3年生以下には良い選手が沢山いるんで、後輩達には自分達があまり出来なかったリーグ優勝や大学日本一を目指して、これから頑張っていって欲しいです。

今村恒太副将(通算42試合出場 .203(79-16) 6打点10盗塁)

―副主将として一年間やってこられて苦労したことはありますか
苦労はなかったです。キャプテンが素晴らしかったので、何もやることはありませんでした。

―法政野球部での一年間を振り返っていかがですか
プロに行くような人たちと毎日練習出来て、試合にも出させてもらったので、野球をやる者としてはレベルアップにつながりました。

―法政野球部での一番印象に残っている思い出はなんですか
やはり日本一になった時は嬉しかったです。自分はベンチにも入っていなかったのですが、勝つことの喜びと、達成感を感じることが出来ました。

―進路はどうされるのですか
日本通運で野球を続けます。

―最後に、後輩へ向けて一言お願いします
とにかく、勝ちにまさるものはないと。勝つことよりいいものはないと自分は思っているので、全員で勝つことを目標に頑張ってもらいたいです。

吉越亮人選手(通算13試合登板 0勝1敗 防御率3.86)

―今期を振り返って
…納得はいってないですね。

―怪我の調子は大丈夫ですか
怪我はほぼ治りましたね。

―大学生活で一番印象に残っている試合は
デビュー戦の2年春の明治戦に登板した時は一番緊張しました。

―4年間を振り返った感想は
本番で力を発揮するのは難しいと思いました。

―大学生活で得たものは
…まだ見えてこないですね。

―今後も社会人で野球を続けていく上で課題はありますか
まだ、絶対的なコントロールもないですし変化球のキレもまだまだなのでそこを磨いてい
きたいです。

―後輩へ一言
勝負所っていうのはしっかりと準備してないと対応できないのでそういう練習をしっかり
とやってほしいですね。

松井健人選手(内野手)

―法政野球部での4年間を振り返っていかがでしたか
4年間一緒に苦しいことも乗り越えてきた最高の仲間に出会えて良かったです。

―法政野球部で一番印象に残っていることはなんですか
2年生の冬のキャンプで飲んで酔っ払って騒いだことが、いい思い出です。

―進路はどうされるんですか
野球は続けないのですが、地元関西の方の私鉄で街づくりをしようと思っています。あと、彼女と結婚します!

―最後に後輩に向けて一言お願いします
仮病ばっか使ってらんと、ちゃんと練習しとけ!

濱大輝選手(外野手)

―惜しくも優勝を逃しましたが、最後のシーズンいかがでしたか
みんな一つになって戦えたので、楽しかったです。

―4年間を振り返って
すごく早かったんですけど、戻りたくはないですね。

―一番印象に残っている試合は
今シーズンでは慶応の三回戦です。ピンチで勝てたので、印象に残っています。

―法政野球部で得たものは
バイトとかサークルではない特別な環境で特別で大切な仲間と一緒に過ごせた時間です。

―4年生へメッセージ
自分と一緒に野球をやってくれてありがとう

―後輩へ向けて
自分達が達成できなかった優勝をしてほしいです。
 

塩谷敏秀選手(内野手)

―4年生として最後のシーズンはいかがでしたか
4年生が主体的に引っ張って、三年生もそれについて来てくれたんですけど、お互いに思いやるっていう気持ちが少し足りなかったかなと思います。

―4年間を振り返って
きつかったとしか思えないですけど、それから得るものが多かったので良かったと思います。

―一番印象に残っている試合は
優勝した試合もあったんですけど、今年の秋季リーグ戦の明治三回戦あそこで法政が勝っていれば優勝だったと思うので、すごく残念です。

―法政野球部で得たものは
仲間です。

―4年生へメッセージ
ありがとう。

―後輩へ向けて
4年間は早いですし、一日一日努力してほしいなと思います。

細江純平選手(投手)

―大学生活を振り返って
何もしてないっていうのが正直なところで、野球の面では悔しいことが多いですね。

―一番印象に残っていることは
神宮では1年の春にベンチに入らせてもらったことですね。

―4年間で得たものは
友人ですね、それが一番大きいです。

―今後も野球は続けますか
いや、今後はやらないですね

―後輩へ一言
優勝してほしいですし、一人でも多くプロへ行ってほしいと思います。

フォトギャラリー

  • nanba R-thumb-160x160-2409難波真史(法・中京大中京)
  • imamura R-thumb-160x160-2410今村恒太(法・金沢桜丘)
  • yosikosi R-thumb-160x160-2411吉越亮人(人環・國學院栃木)
  • matsui R-thumb-160x160-2412松井健人(法・星稜)
  • hama R-thumb-160x160-2413濱大輝(経済・修猷館)
  • enya R-thumb-160x160-2414塩谷寿英(文・札幌光星)
  • hosoe R-thumb-160x160-2415細江純平(経営・愛工大名電)
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み