硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 対立大1回戦 打線が沈黙 エースを援護できず完封負け

東京六大学野球秋季リーグ戦 対立大1回戦
2014年9月20日(土)
神宮球場

開幕カードの早大戦を2連敗で勝ち点を落とし、嫌なムードが漂うなか迎えた立大戦。法大は先発にエースの石田を託し、今季初勝利を狙いにいった。4回途中11安打4失点と本領を発揮できなかった先週の投球とは別人のように、7回1失点の好投を見せる。しかし、立大先発の澤田圭に5回までノーヒットに抑えられるなど、打線にあと一本が出ず・・・

7回1失点の好投も、黒星が付いた石田

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
立 大 0 1 0 0 0 0 0 0 X 1 4 0

(法大)●石田(2敗)、鈴木貴‐中園、安本
(立大)○澤田圭‐鈴木
 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (4) 若林 4 0 0 .182 二ゴロ     左飛   投ゴロ   二ゴロ  
2 (5) 皆川 3 0 0 .143 死球     右飛     三ゴロ   三ゴロ
3 (6) 佐藤竜 4 1 0 .200 遊併     空三振     右線二   空三振
4 (8) 畔上 3 0 0 .125   右飛     右飛   四球   左飛
5 (3) 森本 3 0 0 .400   空三振     遊ゴロ   二ゴロ    
6 (7) 齊藤秀 3 0 0 .000   空三振     右飛   左飛    
  7 安慶名 0 0 0 .000                  
7 (9) 蔵桝 3 1 0 .200     左飛     右前安   遊飛  
8 (2) 中園 1 0 0 .000     左飛     捕犠打      
  H 田中 1 1 0 .333               右越二  
  2 安本 0 0 0 .000                  
9 (1) 石田 2 0 0 .000     空三振     遊ゴロ      
  H 金子 1 0 0 .423               左飛  
  1 鈴木貴 0 0 0 ――                  
    28 3 0                    

投手成績

  球数 打者 防御率
石田 7 89 25 4 6 0 1 3.65
鈴木貴 1 23 4 0 1 1 0 0.00
8 112 29 4 7 1 1 ――

ベンチ入りメンバー

10 安慶名(経4=興南) 27 森川(営2=桐蔭学園) 24 森本(法4=中京大中京)
11 青木勇(法3=智辯和歌山) 1 若林(営3=桐蔭学園) 8 畔上(キャ3=日大三)
14 鈴木貴(人4=済美) 2 皆川(キャ3=西武台千葉) 23 松田(法4=三重)
16 玉熊(法2=北海) 3 杉本悠(営4=広島工) 25 蔵桝(営3=広陵)
18 三浦(法2=三重) 4 岡崎(法4=作新学院) 28 齊藤秀(文4=北海学園札幌)
19 川名(営3=安房) 5 細川(文3=福井工大福井) 29 田中(法3=愛工大名電)
21 石田(営4=広島工) 6 佐藤竜(法3=作新学院) 32 水海(文1=桐光学園)
20 安本(営4=広島商) 7 吉澤(文4=桐蔭学園)    
22 中園(法4=いなべ総合学園) 9 金子(キャ2=日大三)    

戦評

 開幕カードで早大相手に連敗スタート。早くも正念場に立たされつつある法大はマウンドに石田健大(営4)を立て、必勝を期する。対する立大の先発は澤田圭。オープン戦でも好調を維持してきた右腕の前に初回、皆川普(キャ3)が死球で出塁するも、併殺でチャンスをつぶしてしまう。両投手とも初回を危なげない投球で切り抜け迎えた二回裏。石田は立大主将の我如古にフェンス直撃のツーベースでピンチを迎えると、続く6番・寺田にも一二塁間を鋭く破るタイムリーを浴び、リードを奪われる展開になってしまう。

 即座に追い付きたい法大だったが打線が完全に沈黙。四回には若林晃弘(営3)の打球がレフト頭上を襲うも田中和のファインプレーに阻まれるなど、五回までひとりのランナーも出塁させることができずに試合は速いテンポで進んでいく。石田も二回の失点以降は立大打線を寄せ付けない好投を見せ、緊迫した投手戦が続いた。

 試合開始後に降り始めた雨が徐々に強くなり始めた六回、先頭の蔵桝孝宏(営3)がようやくのチーム初ヒットを記録するも得点はならず。七回に先週の早大1回戦での負傷から復帰の佐藤竜一郎(法3)、八回には代打の田中彪(法3)がそれぞれツーベースで出塁するも後続の打者が凡退。3イニング連続で得点圏の走者を生還させることができず、1点が重くのしかかる。石田をリリーフした鈴木貴也(人4)が好救援で流れを作るも、2番から始まる好打順の最終回はあっさりと三者凡退。澤田圭相手にわずかに3安打での完封負けを喫した。

 試合後に主将の安慶名舜(経4)は「勝てる試合だった」と振り返った。早大戦で崩れた投手陣が踏ん張りを見せ、終盤は試合の流れをつかんでいただけにチームにとっても歯がゆさの残る敗戦になったことは間違いないだろう。優勝への望みをつなぐためには、明日の第2戦は当然勝利が不可欠だ。早急に打線の奮起が求められる。(遠藤礼也)

クローズアップ

佐藤竜一郎(けがから復帰した攻守の要)

 開幕戦に事態は起きた。昨季リーグ6位の打率とベストナインで一際輝きを放っていた佐藤竜一郎(法3)が自打球を足に当て、 グラウンドにうずくまった。一時はプレーを続行するも交代を余儀なくされ、その後はベンチから試合を見守ることになった。

 翌、早大二回戦は負傷欠場になった。過去に何度もけがで戦列から離れているだけあって周囲の不安は大きかった。

 そんな佐藤の復帰戦となる今日、開幕戦と同じ三番ショートに身を構える。そして迎えた第三打席。「しっかり弾き返せてよかった」とライト線を破るツーベースヒットを放ち、復帰後すぐに法大ファンの不安を一掃した。

 勝負強いバッティングが持ち味。昨季に結果を残しているだけに周囲からの期待は人一倍大きいだろう。中軸を担う佐藤のバッティングが法大の今季初勝利のカギを握っているのは間違いない。(田家正貴)

試合後の監督・選手のコメント

神長英一 監督

―今日の試合のご感想をお願いします
石田が先週と比べればだいぶ復調して良くなって、七回まで一失点で凌いできたので、攻撃側がやっぱり何とかしてやらなきゃいけないのかなというのがありました。

―石田投手の今日の出来について
二回裏に二者連続で長打を打たれたところは変化球が高かったですね。そこだけだったですが。その後も甘いボールがあったんですけど割と勢いがあったので、何とかなってたんですけど、あそこの二球はもったいなかったです。

―石田投手は先週のピッチングと比べてどこが良くなったと思いますか
ボールのキレもコントロールも良かったと思います。

―佐藤竜選手が復帰しましたが今の状態は
数日前から脚の方は良いと思います。

―今日の試合はチャンスで若林選手が凡退したのが印象的でした
(二打席目の)左中間への当たりが抜けていると彼自身も違ったと思いますが、ついてなかったですね(※結果は左飛)。でもチャンスで誰かがいかなくちゃいけないわけですし、その流れで(6、8回のチャンスで)若林に回ってきていたのに残念に思います。

―スタメンで起用した森本選手について
調子が良かったので起用しましたけど、結果が出なくて残念ですね。

―春季では2連勝した立大でしたが、春季とは違った・変わったと思う部分は
澤田くんは相変わらず良いと思いますね。たまたま春はうちが良いところで一本が出て、その違いだと思います。やっぱりそんなには点が取れないことはわかっていましたので。

―中盤まで澤田投手にノーヒットに抑えられていましたが、その後はどのような対策を講じましたか
フライが多かったので、「ライナーを打っていこう」というのは途中で言いました。

―明日の意気込みをお願いします
法政はまだ勝ててないですし、相手がどうとかじゃなく一つ勝たないと始まらないので、とにかくどんな形でも勝たないといけないと思います。

安慶名舜 主将 外野手(七回裏からレフトで途中出場)

―今日の試合を振り返って
勝てる試合で勝てなかったので、悔しいです。

―立大戦へ向けてどのような対策を練っていたか
早稲田戦で出た守備のミスを修正して、今日の先発の澤田投手にきちんと照準を合わせてきたつもりだったんですけど、チャンスで点が取れませんでした。

―フライアウトが多い印象を受けたが、今後打撃面で直していきたいところは
五回の整備のときに「フライアウトが多い」というふうに言われていました。きちんと転がせるように修正していきたいと思います。

―完封負けを喫した立大の印象は
印象というか、本当にうちが打てなかったです。絶対打線は負けていないと思うので、チャンスで打てなかったのは本当に悔しいです。

―今のチーム状況をどのように考えているか
1つ勝てば絶対これから波に乗っていくと思うので、まずはとにかく一勝して、流れを変えたいです。絶対明日何が何でも勝たなきゃいけないと思います。

―明日への意気込み
勝つしかないです。しっかり明日への準備をやっていきたいです。

石田健大 副将 投手(7回4安打0四死球で1失点と試合を作る)

―今日の試合を振り返って
相手の投手(の実力)が上だったので、もう少し粘り強く投げられたら良かったかなと思います。

―その澤田投手の印象は
良い投手なので1点の争いになるのは覚悟していました。負けてしまって悔しいです。

―警戒していた打者は
全員を警戒して投げていましたね。

―被安打2の寺田選手との対戦は
もう少し思いきりの良い球を投げていれば打たれなかったと思います。

―失点を振り返って
抑えるべきところで抑えきれなかったのは、自分の方が(実力が)下だからだと思うので、切り替えてやっていきたいです。

―中盤にかけて制球が良くなっていった印象を受けました
リラックスしようと心がけていました。開き直りにも近かったですかね。

―6奪三振でした
しっかり修正できたのかなと思います。

―三回裏、スクイズを阻止しました
スクイズの予測はしていたので、高めに投げて阻止できました。

―六回表、1死2塁の打席でショートゴロに終わりました。影響はありましたか
打って自分で点を取っていれば楽になれたと思うので、バッティングも頑張りたいと思います。

―次の試合に向けて
もう負けられないので、全員で力を合わせてまず1勝したいと思います。

齊藤秀之 外野手(スタメン出場もチャンスで一本が出ず)

―今日の試合を振り返って
ピッチャーに申し訳ないということに尽きます。チャンスで回ってきたので打ちたかったです。

―前回より打順が下がりましたが心境の変化などは
出来るならもっと上の打順で打ちたいですが、まだ打たせてもらえているので結果を出していきたいです。

―自分に求められていることは
守備面よりはバッティングだと思います。具体的には長打を求められていると感じています。しかし、期待に応えることが出来なかったので悔しい思いでいっぱいです。

―澤田投手の印象は
スピードガン以上に速く感じる程のボールでした。試合を通じてもタイミングが合わず、振り遅れてしまいました。

―明日の試合に向けて
勝つだけです。一勝出来ればこの連敗の流れも変えることが出来ると思うので、とにかく勝つことを目標にして難しいことは考えずにいきたいです。

鈴木貴也 投手(中継ぎ陣を支える屋台骨)

―今日のピッチングを振り返って
3人で抑えて流れよくいきたかったんですけど、フォアボールがもったいなかったと思っています。

―早大戦から一安打無失点の好投を見せていますが
自分の結果はあまり気にしてないですね。

―ご自身の好調の要因は何ですか
特にはないですけど、技術面とかよりしっかりコンディショニングとか体調面であったり、そういったことをしっかり整えることは意識しています。

―早大戦での結果を受けて、チームとして取り組んだこと
基本をもう一回やろうってことで、バッティングであったり、守備であったりをもう一回しっかり練習してきたつもりでした。

―立教戦に臨むにあたって心がけたこと
僕はリリーフでいつ出るかわからないので、どんな場面でも0点で抑えるっていうことを常に意識して練習しました。

―次戦への意気込み
(今日)負けてしまったので、もう負けられないので、明日・明後日しっかり勝ちたいです。

中園洋輔 捕手(今季初のスタメンで石田を好リード)

―今日の試合を振り返って
打てなかったので、ピッチャー陣に申し訳ないという気持ちです。

―スタメンでの出場でしたが、試合前の気持ちは
準備は一応してきたつもりだったので、そこは気負うことなく入れたなと思いますけど、結果が繋がらなかったので、またやり直さないといけないなと思います。

―立大の打者に対してはどのような配球を心がけましたか
いつものオープン戦と一緒のように、感じたように配球しました。配球としては、1点に抑えたので合格だなと思います。

―実際に対戦してみて立大打線の印象は
何回も対戦したことはあったので、それほど想像以上だった訳でもないですし、イメージしていた通りではありました。

―石田投手のピッチングはいかがでしたか
この前(早大1回戦で)打たれて悔しい思いをして、この1週間練習してきて気合が入っていて、球にも力が入っていました。それに応えられなかったのが申し訳ないです。

―相手の澤田投手の印象はいかがでしたか
コントロールが良いピッチャーで、向こうの思い通りにやられてしまったなと思います。

―現在のチームの雰囲気はいかがですか
勝てるはずだというつもりでちょっと落ち込んでいますけど、今日もミーティングがあるのでそこでしっかり喝を入れて、明日しっかりとやり直したいです。

―明日への意気込みをお願いします
明日勝ったらイーブンなので、明日勝って、月曜まで持ち込んで勝ち点を必ず取ります。

森本隼平 内野手(5番ファーストで今季初スタメン)

―今日の試合を振り返って
何回かチャンスはあったと思うんですけど、そこを向こうの澤田投手に抑えられてしまったと感じました。

―今季初のスタメンでしたが
代打の準備に慣れてきたんですけど、スタメンということになるとまた少し考え方も変わりました。代打のときは「どんどんいこう」という気持ちが強いんですけど、今日は考えすぎてしまった場面があったと思います。

―代打と違い三打席立ってつかんだことはありましたか
一打席目が最も勝負だと思っているので、そのときに自分のスイングができなかったことが、二打席目と三打席目に響いてしまいました。そこを修正していくことが必要だと思いました。

―1年生の春季以来のスタメンでしたが特別な思いは
それは全然考えてなくて「楽しむ」ということだけを考えてやっているので、そこは意識しなかったですね。

―七回はチャンスで打席が回ってきましたが
どうしても打ちたかったんですけど、力んでいたとかは全然なくて、向こうのピッチャーがピンチながらも落ち着いて低めに投げてきたなという印象です。

―初対戦となる投手が多いと思いますがどのような対策をしてきましたか
(澤田投手の)コントロールが良い中で、どうやって打っていくかが課題だったんですけど、カウントカウントで(コースが)くるところにきていました。低めに集まっていたなと感じます。

―打線はつながりを欠きました
向こうは少ないチャンスで一本が出ましたが、こっちはその一本が出なかったかなと思います。

―これからもスタメンの機会は増えると思いますが、代打の方がやりやすいのでしょう
個人的には代打の方が、最大限に楽しめるかなという感じがします。

―明日に向けて
本当にもう勝たなければだめなので、誰が打っても良いので一本出したいと思います。

蔵桝孝宏 外野手(六回にチーム初安打を放つ)

―今日の試合を振り返って
今日は絶対に負けられない試合だったし、正直負けを考えていなかったので何とも言えない感じです。

―先週の敗戦から今日に向けて取り組んだこと
(先週は)バッティングの面でしっかり自分のスイングができていなかったので、気持ちの面で思い切っていこうかなと考えて今日やりました。

―立教先発の澤田投手の印象は
球自体に力があるので、それに負けないくらいスイングしないと打球も飛ばないかなという印象です。

―2打席目でチーム初ヒットを打ちましたが、その打席を振り返って
「低い打球を打て」という指示が出ていて、その打席は何とかして塁に出たいというのがあったので、塁に出れてよかったです。

―打撃で意識していることは
しっかり強い当たりを打つということだけです。

―試合後のチームの雰囲気は
「何で勝てないのか」という声がたくさん出ていて、もう負けられないなという感じです。

―明日への意気込み
個人成績より勝ちにこだわって、1勝1勝を積み重ねていきたいと思います。

佐藤竜一郎 内野手(けがから復帰し、強烈な右線二塁打を放つ)

―今日の試合を振り返って
石田さんが良いピッチングしていましたが、打線は2順目まで相手を捉えることができず、淡白なバッティングになってしまったことが敗因だと思います。

―けが明けでしたが
けがは完治していたので問題ありませんでした。

―開幕戦の自打球について症状はいかがでしたか
打撲でした。

―いつごろから練習に復帰しましたか
3、4日はできなかったのですが、木曜日に復帰して今日の試合に間に合わせました。

―シーズン一本目の安打が出ましたが
クリーンアップはインコースの厳しいところを攻めてくると分かっていたので、そこを狙って、しっかり弾き返せて良かったです。

―今の調子は
今日のバッティングではまだまだだと思います。でも修正していけば(調子が)上がると思うので、これからどんどん上げて打っていきたいと思います。

―立大の澤田投手の印象は
いつもよりストレートは走っていなかったですが、その中でも変化球を交えて自滅しないで試合を作れて、良いピッチャーだと思います。

―試合後のチームの雰囲気は
悪くはないです。下を向いていられないので一戦一戦勝ちにいきたいです。

―次戦の意気込みを
負けられないので、勝負強いバッティングをし、自分が打点を挙げて勝ちたいです。

田中彪 外野手(代打で二塁打を放ちチャンスメイク)

―今日の試合を振り返って
大事なときに一本出なくて、石田さんに申し訳ないです。打者陣が頑張らなくちゃいけないと思いました。

―代打で出場した八回の二塁打を振り返って
調子悪くてスタメンを外されていたのですけど、1本出たら自分の中で調子も戻ってくると思うので、そういう意味では自分としては価値のある一本だったと思います。

―打席に入る際にベンチから指示はありましたか
ランナーが出ていたらバントで松田さんが準備していたので特にはなかったです。

―狙い玉はありましたか
2ボールになった段階でストレートでカウントを取りに来るのは分かっていました。

―澤田投手の印象は
コントロールが良いピッチャーなので、外の出し入れが上手くてそこにやられました。

―ご自身は今季はベンチスタートが続いていますが
それは自分の調整不足で調子が悪い結果なので、今日の一本から調子を上げていきたいです。スタメンに名前を連ねられるように頑張っていきたいです。

―今日の試合に向けてチームで話し合ったことは
取りあえず立教戦で勝ち点を取らないと優勝は厳しいということで、今日負けて悪いスタートですけど明日勝てば勝ち数が並ぶのが六大学のルールなので、明日勝って月曜日に持ち込みたいです。

―今後調整していきたいことは
今日一本出たんですけどそれをちゃんとビデオで見て、打撃の調子を春くらいまでは持っていけるようにしたいです。

―明日の試合に向けて
ベンチスタートでも、もしスタメンだったとしても打つだけなので。それしか方法はないので、頑張っていきます。

 
 

フォトギャラリー

  • 2014092017回1失点の好投も、黒星が付いた石田
  • 2014092023番ショートで即復帰した佐藤竜
  • 201409203スタメンに起用されるも一本が出なかった森本
  • 201409204今季初のスタメンマスクを被った中園
  • 2014092052試合連続スタメンも未だノーヒットの齊藤秀
  • 2014092066回にチーム初安打を放った蔵桝
  • 201409207代打で右越え二塁打を放った田中
  • 2014092083試合連続登板となった鈴木貴
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み