硬式野球
 
 

東京六大学野球春季リーグ戦 対慶大1回戦 鉄壁投手陣の前に打線沈黙・・・

東京六大学野球春季リーグ戦 第3週 VS慶 大 1回戦
4月24日(日)
会場:神宮球場

東大戦の勢いをそのままに、勝利に持ち込みたかった今日の慶大1回戦。試合は緊迫した厳しい戦いとなり、法大は慶大投手陣の好投を前に今季初黒星を喫した。

第1戦の先発マウンドを任されたのは、開幕戦で圧倒的な完封勝利を披露した三嶋。対する慶大は二枚看板の一人、左の竹内大が登板する。

201104241
今季初敗戦にうなだれるナイン

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
慶 大 0 0 1 0 0 1 1 0 X 3 9 0

(法大)●三嶋(1勝1敗)、吉越、北山‐原田
(慶大)○竹内大、福谷‐伊場
[本塁打](慶)宮本真1号(6回ソロ=三嶋)

戦評

好投手が揃う慶大ゆえに少ないチャンスをものにしたい法大であったが、この日の打線は沈黙、無得点のまま試合を終える苦い結果となった。最初のチャンスが訪れたのは2回。5番・土井が四球を選び出塁すると、今季絶好調の6番・原田が中前安打を放ち、続くスーパールーキー、7番・伊藤諒の四球で1死満塁とする。しかし後続が打ち取られ、先制点は泡と消えた。さらに3回、今季初スタメンを果たした2番・岩澤がライト線に二塁打を放ち1死2塁のチャンスを作るも、得点には至らなかった。

先発の三嶋は3回、2番・金田に味方のエラーで出塁を許すと、3番・山崎錬に中前安打を浴び、続く4番・伊藤に与えた四球で無死満塁のピンチを迎える。5番・伊場の犠飛で1点の先制を奪われたものの後続をきっちり打ち取り、この回を最小失点で切り抜けた。4回、5回と慶大打線を三者凡退に抑えた三嶋だが、6回。先頭の6番・宮本真に痛恨のソロアーチを放たれ、7回からは吉越にマウンドを託す。中継ぎの吉越は1点を奪われるも、8回に登板した北山はこの回を無失点に抑える。投手陣はピンチで粘りのピッチングを見せ味方の援護を待ったが、最終回まで法大打線が爆発することはなかった。

昨年ベストナインも獲得している慶大の両エースのリレーに完全に封じ込められた法大であったが、6番に打順を上げた原田はこの日も4打数2安打の活躍を見せた。右打者ながらコンスタントに右方向へも打球を運ぶことができ、また盗塁を確実に阻止するその強肩は、攻守においてチームを支える。扇の要として存在感を強める原田、今季のブレイクは必至だ。

混戦の様相を見せる今季のリーグ戦だが、慶大戦での勝ち点は優勝への絶対条件となる。何としても負けられない明日の試合、先発が予想される三上の立ち上がりに明暗がかかる。今日の敗戦の悔しさを胸に、明日こそ慶大を攻略したい。

 

(新實 舞奈)

選手・監督の試合後のコメント

三嶋投手(先発投手・6回2失点で敗戦投手)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか。
序盤は走ってなくてコントロールも悪かったので、立ち上がりに苦労しました。

―先週から取り組んできたことは何かありますか
東大戦も立ち上がりが悪かったので、やっぱり立ち上がりが課題ですね。

―今日のチームの雰囲気はいかがでしたか
悪くはなかったですが、元気はありませんでした。

―三嶋選手自身の調子はいかがでしたか。
悪かったです。

―慶應打線の印象は。
3,4番を打たせたら波に乗ってくると思っていましたが、その3,4番に打たれてしまったので、完敗です。

リーグ戦が始まる前から伊藤選手と対戦したいとおっしゃっていました。今日その対戦で、第1,第2打席は四球となりましたが、そのことについては。
伊藤さんについては、カウントを悪くしたらHRになると思っていて、たとえカウントが悪くなっても厳しく攻めていくつもりでした。その厳しく攻めていった結果が四球になってしまったので、もっと勢いを磨いてしっかり対戦できるようにしたいです。

―明日勝って3試合目での登板があったら、慶大に対してどこを気をつけたいですか。
明日は勝って3試合目にいくつもりですし、絶対落とせない試合になるので、自分の力で勝てるようにしたいです。

―明日の試合は先発ではないと思いますが、チームとしてはどのような意気込みで臨みたいですか。
キャプテンの難波さんからも「まだ落としたわけではないから」という話がありましたし、出番があればしっかり抑えて、チームのためにできることをやりたいです。

建部選手(1番ライトで先発出場、先週は大活躍)

―今日の試合を振り返って
力不足です。やられました。

―今日はどんな気持ちで臨みましたか
特に特別には選手は変わらない気持ちで臨みました。ちょっと負けてしまったんでほんと力不足です。

―慶大の印象は
みんな打者もピッチャーも去年出てる人もいるし、みんな成長してていい選手ばっかだと思いました。

―法大のチーム状態は
雰囲気はとりあえず悪くないです。ちょっと勢いというか、勢いつけてって感じがなかった気がします今日は。

―今日は法大は3投手が投げましたが見ていていかがでしたか
ピッチャーは点取られたけど3点しか取られてないし、全然今日のは野手のあれです。

―試合中、監督からは何か指示はありましたか
特にまぁ事前からあったこうしていこうっていうのと変わらずドタバタせずでした。

―事前にあったものとは
次は慶應だからみんなで準備してそういう気持ちでと。

―初戦を落としましたが明日に向けてチーム、個人として修正していきたいところは
もう一度自分の打撃だったら打撃で、狙っていくボールも決めて、チームとしてできることを一人一人がやってみんなでつなげていきたいです。

―明日に向けて意気込みをお願いします
自分個人としても打ってないし、チームも負けてしまったので、絶対勝てるようになんとかしてチームに勢いつけれるようなプレーをしたいです。

岩澤選手(2番センターで先発出場、今季初スタメン)

―今日の試合を振り返って
今日は残塁が多かったことと、少ないチャンスで1本が出なかったのが敗因です。慶応はよく打つチームで、ピッチャーも良いので最少失点に抑えて出来る限り点を取らないといけないなと思います。

ー久しぶりのスタメンでしたが
そうですね。左投手のときは右打者が出るという法政の監督の考えがあるんで、もしかしたら出るかなと思っていたんですけど、最近調子が良いか悪いかっていったらそんなに良いわけではなかったんで、伊藤慎吾が出るかなと思ってました。まぁ1本出たので良かったです。

ー監督から言われていたことはありますか
気が弱いとよく言われていて、今日は「俺が使ってるんだから強気でいけ」という言葉を監督からもらっていたので、思い切っていくことができました。

ー今日のバッティングについて
3打席目にライトフライを打ったんですけど、高めに浮いた変化球で打つべきボールを振れたことはよかったです。でも、そこで捕らえきれなかったのはやっぱり自分の弱いところだなと思います。

ー相手投手の印象
前も対戦したことはあったんですけど、球持ちが良くて球速以上にまっすぐが速く感じます。変化球もコントロール良いですしやっぱり打ちづらいイメージがありますね。

ー2戦目への意気込みをお願いします。
もう負けられないんで、チームが勝てるように頑張りたいと思います。

長谷川選手(3番ショートで先発出場)

ー今日の試合を振り返って
今日はバッターが全然打てなかったので、明日は今日みたいにならないように帰ってしっかり練習して、臨みたいです。

ー先発の竹内投手の印象は
低めにまとまっていて良かったと思います。明日勝ったら明後日も投げてくると思うので、次は打てるようにしたいです。

ー明日は福谷投手の先発が予想されますが、何か対策はされていますか
特にないです。

ー三嶋投手の今日のピッチングはいかがでしたか
最小失点に抑えていましたが、今日はバッターが振れなかったので…

ー明日の第2戦に向けて、何か課題は見つかりましたか
明日は勝つしかない、負けたら終わりなのでしっかりやりたいです。

ー苦しい試合になりましたが、チームの雰囲気はいかがでしたか
もっと元気を出さなくてはと思います。

明日の第2戦に向けて、意気込みをお願いします
負けたら終わりなので、しっかり頑張りたいです。

多木選手(4番ファーストで先発出場、1安打)

―今日の試合を振り返っていかがですか
完敗です。明日勝って、明後日につなげたいです。

先週、絶対に負けたくないとおっしゃっていた慶大に初戦を取られてしまいましたが
本当に悔しいです。もう、切り替えて明日は全力でぶつけていきたいです。

慶大の2人の投手に対して、法大はやりづらそうな感じがしたのですが、多木選手はいかがでしたか
今回良くなってて警戒はしてたんですけど、投球パターンを前半・後半と変えてきたので、作戦負けという感じですかね。

今日の敗因はやはり、そういう(上記のような)ことですかね
そうですね。打線が奮起してなかったので、やはりピッチャーだけでは勝てないので。チャンスで打てなかったのも敗因です。

チームの雰囲気はいかがでしたか
悪くはなかったと思います。でも、やっぱり勝ってるときと比べると元気がなかったですね。

最後に、明日の二戦目に向けて意気込みをお願いします
もう慶応のピッチャーは誰が来ても大丈夫なように、打線がピッチャーをカバーして勝ちたいと思います。

土井選手(5番レフトで先発出場)

―今日の試合を振り返って
完璧に相手ピッチャーに抑えられました。

―調子はいかがですか
悪くはないですが、チームで徹底したことをやっていきたいです。

―チームの雰囲気は
ちょっと暗かったですが…明日は明るく元気にやりたいです。

竹内投手の印象は
エースだけあっていいなぁ、と。でもそれだけで終わりたくないので、3戦目に持ち込んだらしっかりやりたいです。

―福谷選手の印象は
まっすぐ押してくる投手です。同い年なんで振り負けないようにと思います。

―慶大打線の印象は
右バッターが多くて、右ピッチャーから逆方向を意識して打ってたのでヒットも多く出てました。いいところを見習いたいです。

―明日に向けての意気込みをお願いします
出たらですが、今日よりもいいように頑張りたいです。

原田選手(6番キャッチャーで先発出場、2安打と好守)

―今日の試合を振り返ってお願いします
やっぱり守備の時間が長くて、ランナーも多く先頭を切れなかった回が多かったので、それは敗因として反省してます。

投手陣の調子はいかがでしたか
三嶋は悪くなかったです。要所要所で甘くなるのを意識させられなかったです。吉越と北山は調子よかったです。

慶大打線の印象はいかがでしたか
結構はってくるバッターが多いなという印象です。狙いをいかにはずせるかが大事だと思うので、明日以降もそれがカギになると思います。

2安打を放ちましたが、バッティングの調子はいいですか
調子はいいですね。ベンチの変化球を打っていけっていう指示に従って実践出来たのがよかったと思います。

守備でもプレーが光りましたが
練習してたプレーが出来たのでよかったです。

明日にむけて意気込みをお願いします
明日勝たないと明日で終わっちゃうんで、明日みんなひとつになって勝って、明後日につなげていきたいです。

伊藤諒選手(7番サードで先発出場)

―今日を振り返っていかがでしたか
自分のエラーで負けてしまったと思っています。

バッティングの調子はいかがですか
ボールは見えているんですけど、体が前に出てしまっています。

竹内投手の印象は
変化球で攻めて速球で決めるという良い投手でした。

特に竹内投手のスライダーにはどんな印象を受けましたか
結果的にダメでしたが、ボール自体は見えています。

次の試合への意気込みをお願いします
積極的にいきたいです!

難波選手(9番ショートで先発出場、キャプテン)

―今日の試合について
2回の満塁のチャンスが全てだった。3点は投手の責任ではない。点を取れなかったのが悪い。

―相手投手の竹内大について
外のボールを打っていこうと話していたが…
ファーストストライクを打てなかったのがダメだった。

―難波選手の調子はどうだったか
ボールは見えていた。2回のチャンスで打てなかったのが悔しい。

―チームの状態はどうだったか
雰囲気は悪くなかった。

―明日に向けて
後がないので勝つしかない。気持ちを切り替えていきます。

北山選手(8回に登板、好リリーフ)

ー今日を振り返って
リーグ戦始まってから調子が良くて、自信を持って投げました。

ー今季初登板でしたが緊張などはありましたか
全く緊張などはせず、すんなり試合に入っていけました。

ー8回は死球もありましたが、良い内容で抑えたように感じました
死球は気にしなかったです。バッターの近いところに投げれたのが特に良かったですね。

ーシーズン始まってから調子が良いとのことですが、今日の調子は
絶好調です。

ー慶大の対策
右バッターが多いので、東大戦が終わってから右バッターの練習をしました。左の3、4番は当たっているので、きっちり低めに投げれば(打ち取る)確率が上がると考えていました。

ー気をつけた打者
3、4番に気をつけるということだったんですが、自分の回には回って来なくて、右の本塁打を打った打者に気をつけました。

ー明日に向けて
明日勝って火曜日に繋げたいですね。今日は3点取られたので、0点に抑えてバッターに楽させてあげたいです。

吉越選手(7回に登板)

ー今日を振り返っての感想をお願いします
追加点を与えてはいけない場面での登板だったんですが、先頭打者に甘くなってしまったので納得はしてないです。

慶大打線の印象は
3、4番の前にランナーを出して返す打線なのでその前にランナーをためないことを意識しました。

今回、意識したことや注意した選手というのはありますか
立ち上がりをどう投げるかは注意しました。選手は先ほども言った通りやっぱり3、4番ですかね。

今日は球速が146キロを記録しましたが、これは自己最速ですか
そうですね、自己最速でした。

 
ーでは、今日の調子は結構良かったんですか
はい、球自体はかなりよかったと思います。

中継ぎでの登板が続いていますが先発へのこだわりは
チーム状況によって任されたところで投げるので先発でというなら投げますけど、どうしても先発で投げたいというのはないですね。

では、次戦の登板に向けての意気込みをお願いします

もうちょっと緩急をつけて相手に的をしぼらせないような投球をしたいですね。
 

金光監督

今日のゲームを振り返って
全体的なリズムというか、流れが良くなかったですね。

ー先発の三嶋投手については
あんまり状態がいい感じではなかったですね。粘り強くは投げていたんですが。本来の調子ではないですね。

ー3回の無死満塁の際にマウンドでバッテリーにどのような言葉を
まだ前半なので、まだ1点はしょうがないから、とにかくここを踏ん張れと声をかけました。

ー先発の竹内大投手の印象は
前半は良くなかったんですが、後半に立ち直りましたね。やっぱりうちが前半にチャンスをものにできなかったのが、大きな要因でした。

ー福谷投手の印象は
福谷もいいですね、球威もありますし。短いイニングだとそう簡単には打ち崩せないかなという感じはしますね。

ー最近原田選手が当たっていますが
あの子はバッティングは非常にいいものを持っているんでね、今日は敢えて6番に上げました。

ー吉越・北山投手については
まあ1回ずつなので、もうちょっと投げてみないと分からないですけど、それぞれ持ち味を出しているんじゃないかなと思います。

ー慶大打線の印象は
振りが鋭いですね。ベンチにいても、やはりあれだけ振ってくると勢いを感じますね。

ー明日の先発は
今日三上がもうちょっと調子を戻してくれていたらいいんですけどね。今日帰って考えたいと思います。

ー今日の試合の反省点
チャンスでの1本が出たのと、出なかったのとの差だと思いますね。

ー慶大投手陣の印象は
最初から2、3点勝負だというのは思ってましたから、うちが点が取れなかっただけで、明日もそのような勝負になると思いますね。少ないチャンスをなんとかものにしないと、今日みたいな展開になるんでね。

ー明日に向けて
明日落とすと厳しくなるので、今日の負けは少し忘れて、明日の一戦に集中したいと思います。

明日の展望

慶大の鉄壁投手陣の隙を突くことができなかった今日の法大打線。
明日の相手先発は、先々週立教相手に3回途中で降板した田村が有力だ。
田村は前回登板では制球に苦しんでいたことから、
ゆさぶりをかけつつ、甘い球を逃さないようにしたい。
田村をマウンドから降ろしても、絶対的リリーフエース・福谷が備える。
ストレートの球威に負けずに、果敢な攻撃をすることが鍵となりそうだ。

法大の先発は三上朋が有力だ。
前回は東大相手に、あまりぱっとしない投球だっただけに、不安も大きい。
本来のテンポのよい投球が出来れば、慶大打線を封じ込むことはできるだろう。
好調の吉越・北山のリリーフが控えるだけに、大胆な攻めの投球をしてほしい。

慶大打線は、今日は4番・伊藤をシャットアウトできたものの、
クリーンナップの前にランナーをためないことが、なによりも重要だ。
パンチ力のある山崎錬、伊場、宮本真と並ぶ打線は、驚異的だ。

法大打線も、原田をはじめとして、好調を維持している選手も多い。
建部、長谷川、多木あたりが本来の打撃を戻すと、大量得点も期待ができる。

明日の試合を落とすことは、優勝へまず大きく後退したことになる。
今年の法大を大きく左右する試合となりそうだ。

(沼田 心)

フォトギャラリー

  • 201104241今季初敗戦にうなだれるナイン
  • 201104242後半からリズムを掴んだ慶大先発・竹内大
  • 201104243慶大・宮本真に痛恨の被弾を浴びた三嶋
  • 201104144被弾後すかさずマウンドで三嶋を鼓舞する難波主将
  • 201104245今季初スタメンでヒットを放った岩澤
  • 2011041467回にリリーフした吉越
  • 2011041472安打、好守と好調を維持する原田
  • 2011042488回にリリーフし好投した北山
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み