硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対立大2回戦 サヨナラ負けで今季終焉...来年はリベンジだ!

東京六大学野球春季リーグ戦 第7週 VS立 大
10月24日(月)
会場:神宮球場

 勝てばわずかな優勝の望みが残り、負ければ今季終了となる大一番。スタメンには4人の4年生が名を連ね、マウンドは1年生の石田が上がった。様々な思いが錯綜する神宮球場で、果たしてどのような結末が待ち受けているのだろうか。青春劇場・神宮も、ついに大団円を迎える。

4回途中から意地の投球をみせた三嶋

試合結果

トータル試合結果

 12345678910HE
法 大 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2 6 0
立 大 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1X 3X 10 0

(法大)石田、●三嶋(2敗)‐原田
(立大)岡部賢、大澤、○斎藤隼‐山田

 "負けられない一戦"である法大は2回、先頭の4番・多木が四球で出塁し、続く伊藤諒が犠打で2塁に送ると、2死後、7番・河合が中越え適時二塁打を放ち、待望の先制点をあげる。

 しかしその裏、法大先発の一年生・石田が1塁3塁のピンチを招くと、立大の8番・我如古にスクイズを決められ、すぐさま同点に追い付かれた。

 3回にも2死2塁のピンチを許した石田は、4番・岡崎に右前適時打を許し、逆転されてしまう。

 ここで法大も意地を見せる。5回、先頭の9番中尾が左前安打で出塁すると、続く1番・今村、2番・難波は凡退したものの、3番・建部の打席に中尾が盗塁に成功。チャンスで建部が右中間に適時三塁打を放ち、法大が同点に追い付く。

 その後は4回途中から石田をリリーフした三嶋と立大投手陣の継投による好投により、両チームのスコアにゼロが並ぶ展開が続く。

 拮抗した試合は9回、三嶋が2死ながら味方のエラーもあり満塁のピンチを招く。しかしここは見事に三振を奪い、試合は延長戦に突入した。

 延長戦になり、一点がより重い価値を持つことになるも、10回表の法大の攻撃は得点をあげることが出来ず。逆にその裏、法大は安打と犠打で1死2塁と再びのピンチ。ここで金光監督が三嶋に敬遠を指示し、1塁2塁としたが、続く立大の7番・山田に中越えにサヨナラの適時二塁打を許し、試合終了。

 最後まで勝利にこだわる粘りを見せたものの、惜しくも敗れ、4年生にとって最後の試合を勝利で飾ることは出来なかった。なおこの敗戦により、明大の4季ぶり34回目の優勝も決まった。

(田中 宏樹)

試合後の選手・監督のコメント

難波主将(11試合出場.160 1本1打点2盗塁)

―今日の試合を振り返って
2試合通して投手陣を援護出来なかったのは残念です。

―負ければ大学最後になってしまう今日の試合前の気持ちは
特にいつもと変わった所はありませんでした。

―打席ではどのような気持ちで臨んだか
大学最後の試合になるかも知れなかったので、いつもより集中して打席に入りました。

―今秋のシーズンを振り返って
怪我で春同様出遅れて、チームに迷惑をかけてしまったが、なんとか法政の主将として巻き返そうという感じでした。

今村副将(13試合出場.259 1打点7盗塁)

ー今日の試合を振り返っていかがですか
勝ちたかったです。最後ということもあったので…。悔しさばかりが残ります。

ー今季最終カード、1敗から今日を迎えましたが、どのようなお気持ちで臨みましたか
やることは普段と変わらないので、勝つことだけを意識しました。

ーチームの雰囲気はいかがでしたか
昨日負けていたのですが、今日は悪いことなく良かったと思います。

石田投手(5試合3勝1敗 2.22)

―今日を振り返って
今日はいままでで一番内容がよくなかったんですが自分の中では球もそんなに悪くなくて
いい調子だと思ってたんですけど、点を取られたら一緒なので反省する点が多かったで
す。

今日意識したことはありましたか
相手バッターが結構打つイメージがあったので低めに球を集めることは意識してました。

―立大打線の印象は
強打者とコツコツ当ててくるバッターが多いと先輩から聞いていて、実際結構抑えにくい
バッターばかりだったので集中して投げようと思いました。

―特に注意した選手は
岡崎さんや松本さんなど、やはりクリーンナップは注意しました。

―秋季リーグ戦を振り返った感想は
最初3連勝できて調子も良かったんですが、後半2戦で調子も落ちてきて負けてしまった
ので来年からはその「調子」をずっと保ち続ける力をつけていきたいと思います。

―新人戦での登板の予定は
まだ決まってないんですが、投げるようだったらいつも通り全力で投げたいと思います。

―春も通じて今年はどのような一年でしたか
春に比べたら秋の方が全然成長したと思いますし、この調子でいけば来年も今以上に成長
できると思うので、そのような年を毎年、毎年繰り返していければと思います。

三嶋投手(8試合2敗 2.08)

―今日の試合を振り返って
勝てなかったことが本当に全てです。悔しくて、内容とかよく覚えてません。

―今日は長いイニングを投げたが、投球の調子自体はどうだったか
今日だけでなくシーズン通して、自分の本調子の半分ぐらいしか出せなかったけど、東大戦や早大戦に比べて、全体的に粘りの投球が出来たと思います。

―9回のピンチを三振で切り抜けたが
ホームに帰したら終わりだったので、絶対に抑えてやるという気持ちでした。

―10回にサヨナラのヒットを打たれてしまった時の気持ちは
ああ、終わってしまった…という感じでした。

―今秋のシーズンは全体的にどうだったか
良い時と悪い時がはっきりしていて、明治を抑えてればとか、あそこでああだったらという後悔がとても多かったシーズンでした。

―何か収穫や課題があったか
春よりは良かったと思いますが、もっと真っ直ぐを低めに集めるとか、収穫より課題が多く残りました。

―今日で4年生と最後の試合になったが
一年で入学してから、本当に皆さん良くしてくれて、他の下級生よりも沢山有難うと言いたいです。

―エースの三上朋選手から学ぶべきところも多かったと思うが
一年生の頃からよく話していて、ずっと一番身近にいて、私生活とかも教えてくれたりしました。ちょっと変わった所も良くて、本当に良き先輩でした。

―来季は投手陣の柱になることが期待されます
自分が投げて勝つことをより意識して、一番上の代としてみんなを引っ張って、切磋琢磨して、優勝を目標に神宮で野球がしたいです。

原田選手(13試合出場.191 1本6打点)

―今日の試合を振り返っていかかですか
苦しい展開だったんですけど、最後こっちがチャンスで打てなかったのがこういう結果になってしまいました。

―今日の投手陣の調子は
石田はすごい調子がよくて、コントロールもよかったです。三嶋もまっすぐもスライダーもよかったので、それをうまく引き出せたらなと思って臨みました。

―立教打線で警戒したバッターは
4番は昨日も当たってたのでなんとか抑えたかったです。

―最後サヨナラ打を浴びて負けてしまいましたが、あの場面はどのような組み立てでしたか
塁は埋めたので、内野ゴロを打たせるのが1番理想で、長打のないアウトコース中心にリードしてました。

中尾選手(11試合出場.214 5打点1盗塁)

―今日の試合を振り返って
勝ちたかったです。

―試合前のチームの雰囲気は
負けたら終わりなんで、勝って明日試合やりたいってみんな思ってた。

―今日はヒットが2本ありました
何試合か出れてなかったんで、明日は出れるようなって感じで。

―試合が終わった時はどんな想いでしたか
もう終わりやな、もっと神宮で試合したかったって。

河合選手(12試合出場.207 2打点)

―今日の試合を振り返って
試合に負けたっていうのがやっぱり一番悔しいです。4年生最後の試合になっちゃったので。全然打率1割台の僕を使ってくれて、長谷川さんもいたし、4年生いる中で使ってくれて。4年生のために1試合でも多くできるようにやりたかったですけど、負けちゃったので悔しいです。

―最初の打席はホームランかと思うような打球でした
いろんな人の想いも背負ってたんで、なんとかヒットが打てたっていうのはすごいよかったかなと思いました。

―その後の打席でもヒットがありましたが
個人的なことより、やっぱ負けたのが。自分打ってもチーム勝てなかったら全然意味ないんで、ここっていうとこで打ちたいなと思いました。

―今季全体を振り返って
打率見れば1割で、全然結果残せてないし、それでも使ってくれた監督コーチや4年生の先輩に感謝してるし、来年以降上級生になるし、多木さんみたいになれるように努力したいなと思います。

―4年生はどんな存在でしたか
いろんな迷惑かけたりしたし、野球でも私生活でもいろんなこと教えてもらったし、ほんとに模範となる人ばっかだったんでほんとに感謝してるし、これから先野球続けていく中でまたああいう人たちと巡り会えたらいいなと思います。

―今後の抱負
やっぱりまずはシーズン通してコンスタントに打てるように、毎試合出れるように、そういう選手になりたいなと思います。

伊藤諒選手(10試合出場.267 3打点)

―今日の試合を振り返って
ぼくがチャンスで打てなかったんでそれが最後まで響いたかなと思います。
 
―今季を振り返って
個人としては結果を全然残せなかったので悔しいシーズンになりました。
 
―今季は1年生の開幕4番ということでプレッシャーもあったと思いますが
最初はすごい嬉しかったんですけど、結果が出なくなって重みを感じるようになってきました。その辺りの気持ちの問題で今後強くなっていきたいなと思います。
 
―今季は石田投手や鈴木投手など1年生が活躍しましたが同期の活躍は刺激になりますか
ピッチャーが出てきているということはすごい嬉しいんでその分僕もバッティングで打って助けれたらなと思います。
 
―4年生にメッセージを
自分らが全然わからなかったことを教えてもらってすごく優しい4年生でした。今までありがとうございました。

國枝選手(8試合出場.500)

―今季を振り返って
チームの結果も悔しいのですが、個人的には、多く試合に出れなかったことがとても悔しいです。もっと出たかったです。

―秋季での変化は
夏に良い練習が出来ていて、春よりもスイングスピードが速くなったりしていて、打撃に自信が持ててきました。でも、6打席しか打席に立てなかったので、もっと打席に立てたら結果も残せていけたのかなと思います。もっと長く試合に出たかったです。

―4年生が引退ですが
真面目な先輩たちで監督の言う通りにちゃんとやっていた先輩たちでした。あまりうるさく言わずにやっていたとこが持ち味でした。そういう意味でも良い先輩たちでした。

―来季はいよいよ上級生です
今のベンチにいる2、3年生が軸になっていくと思います。なので、自分も含めて今出ている人たちがしっかり試合に出て、チームを引っ張っていって勝っていきたいです。個人的にも、多く試合に出ていきたいです。

伊藤慎選手(6試合出場.300 3打点)

―今日は、出場機会がありませんでしたが、チームの雰囲気はいかがでしたか
良かったと思います。

―立大戦を戦ってみていかがでしたか
強いチームだな、と感じました。

―先週は早大からタイムリーを打つなどの活躍も見られましたが、今季を振り返っていかがですか
最後に出れて結果を残せたので、次につながると思います。

―4年生は今日が最後になってしまいましたが、4年生に向けて
ずっと1年生の時からお世話になっていて、よくしてもらっていたので、お疲れ様でしたと言いたいです。

―今後の抱負を聞かせてください
来年は優勝したいと思います。

木下選手(4試合出場.500 2打点)

―今シーズンを振り返って
代打での出場が多かったんですけど、課題が見つかったんで来季に向けて練習したいと思います。

―引退された4年生に一言
好きです!

―来シーズンの目標
スタメンで出れるようにがんばります。

船本選手(1試合0勝1敗 4.50)

―今シーズンを振り返って
チームに貢献出来なかったんで、来季はもっと頑張ります。

―引退された4年生に一言
4年間本当にお疲れ様でした。

―来期の目標は
先発の柱になれるように頑張ります。

鈴木貴投手(1試合0.00)

―今季を振り返って
いや、もう入れてもらって投げただけで別にそんな入れるような実力じゃなかったんで、またしっかり鍛えなおして春は実力で入れるように頑張りたいです。
 
―伊藤選手や石田選手など1年生の活躍が目立ちましたが同期の活躍をみてどうですか
負けてられないんで、しっかりこの冬鍛えて自分も先発できるように頑張りたいと思います。
 
―次は新人戦もありますが
まだ入れるかわからないですけど、入れたら自分の仕事をしっかりしたいと思います。
 
―4年生にメッセージを
いろいろ教わったんで、今度は恩返しできるように頑張りたいと思います。4年間お疲れさまでした。

金光監督

―今日の試合を振り返って
ゲームの流れがどちらでもという感じでしたが、もう一本がなかなか出にくい、このリーグ戦を象徴する試合でした。一本出ていればこちらの流れでいけるような感じでしたけどね。今日のゲームに限らずあと一本がでなかったです。そのへんが来年以降の課題として大きく残りました。

―今日のスタメンは大きく替わりました
昨日は左ピッチャーで、今日が右ピッチャーということで大きく替えました。打線が固定できなかったというのが攻撃陣の一番大きな課題です。

―試合後のミーティングで選手にかけた言葉は
4年生が今日試合という意味では最後でした。人生は失敗の繰り返しのほうが多いので、こういう経験をそれぞれ次に生かして欲しいと。3年生以下は、この悔しさを来年に向けて明日からの練習で力をつけていこうと。

―先発の石田投手は
今シーズンのなかでは一番良くなかったかな。やっぱり1年生ですよね。体力的にもまだまだ。もう一冬超えて、来年の春に真価が問われると思います。この秋はよくやったと思います。

―今日の三嶋投手は
今日粘り強く投げていたので、最後まで続投させました。最後サヨナラヒットを打たれたぶんを来年に向けて彼がどのようにやっていくのかじゃないかと思います。

―この秋全体を振り返って
3割バッターが0人ですよね。リーグ戦クラスのピッチャーに対して1シーズン通して状態を維持できたバッターが少なかったかなと。逆に投手陣の方は夏のオープン戦の状況から見ればよく踏ん張ったのかなと。そういう意味では、投打が咬み合わないままリーグ戦いってしまったなと思います。

―三上投手を4年間ご覧になっていかがでしたか
まだまだ未熟なところもありますし、これからの投手です。しかし、今年になって8勝しましたし、4年生になってしっかりしたところが出てきましたし、これから楽しみにしています。

―難波主将はどのような主将でしたか
今シーズン肩も(ケガで)良くなくて今日も目一杯でしたが、そういうなかで最後までやったんじゃないかと。キャプテンシーもリーダーシップもしっかりしてましたし、チームを引っ張ってくれました。

―今年の4年生はどのような代でしたか
非常にまじめな子が多くて、努力する子も多かったです。勝たせてやりたかった一年でした。まあ勝負というのは勝ったり負けたりですし、こういう経験を4年生はこれから生かしてくれればと思います。非常にしっかりと頑張るまじめな4年生だったと思います。これから期待できる子が多いと思います。

―今年のチームを指揮する上で苦労した点は
チーム全体の勢いがつきにくかったのが事実ですね。まじめな分だけ、「自分が」というのがもう少しあればチーム全体がぐいぐいと前にいける感じがあったと思います。すべてが上手く噛み合うというのは非常に難しいことなので、4年生にも言ったんですがまじめに4年間しっかり取り組んでくれたので、「ありがとう」と言いました。

―来シーズンに向けて
早速明日から来年に向けてね。負けの結果はしっかり受け止めなければいけませんから、3年生以下はもう練習あるのみだと思います。ホームグラウンドでしっかり練習して、本物の力をつけていく練習をしていくことに尽きます。言葉より体を動かしていくことに尽きるので、それを来年の春にもう一度日本一になれるようなチームにみんなでしていくように努力していかなければなりませんね。明日からもう一度しっかりやっていこうと思います。

―応援したファンの方に
学生の方、校友の方、OBの方含め、毎試合本当に力強い応援をしてくれるので。選手もものすごく力強さを感じていると思います。その恩返しを勝つことでしたかったんですけどね。でも選手は懸命にやりましたし、来年法政の応援してくれる皆さんに恩返しできるように頑張りたいと思います。本当に力強い応援をして頂いて、感謝しています。

今年のリーグ戦取材は終了しました。ご精読ありがとうございました!
まだまだ4年生の引退コメントや、再来週の新人戦の取材をアップ予定です。
ご期待ください!

フォトギャラリー

  • IMG 5147 R-thumb-160x160-24014回途中から意地の投球をみせた三嶋
  • IMG 4761 R-thumb-160x160-2402伊藤諒は久々の実戦復帰でスタメン出場(写真左)
  • IMG 4791 R-thumb-160x160-2403先制タイムリーを放った河合
  • IMG 4927 R-thumb-160x160-2404今日も立大主将・岡崎に痛打をあびた
  • IMG 4982 R-thumb-160x160-24053回途中2失点と立大打線につかまった石田
  • IMG 5103 R-thumb-160x160-2406同点の適時三塁打を放った建部
  • IMG 5370 R-thumb-160x160-2407途中出場で1安打を放った國枝
  • IMG 5459 R-thumb-160x160-24089回裏2死満塁のピンチを三振できりぬけた三嶋
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み