硬式野球
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対立大1回戦 僅かな望みを...シャットアウト負けで背水の陣

東京六大学野球春季リーグ戦 第7週 VS立 大
10月23日(日)
会場:神宮球場

 昨日の試合が雨天の為ノーゲームとなり、本日改めて行われた対立大1回戦。今季リーグ戦最終カードであり、春の対立大戦は3回戦までもつれ延長サヨナラで勝ち点を立大に奪われている。春の借りを返すべく、そして優勝の可能性へ向かって挑んだが――道は簡単には開けなかった。

IMG 4529 R-thumb-160x160-2377
ケガから復帰登板を果たした吉越

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 1 0 0 0 0 1 0 3 0 5 10 1
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0

(立大)○小室‐山田
(法大)●三上朋(4勝2敗)、吉越、北山‐原田
[本塁打](立)岡崎2号(8回2ラン=吉越)

 法大の先発はエース三上朋、そして立大は小室がマウンドにあがる。

 先攻は立大。1回、三上は先頭二人を仕留めるも3番・松本に安打を許し、続く4番・岡崎にライトの頭を越す先制適時打を浴びてしまう。しかしまだ初回。法大打線の反撃ですぐに追い付き逆転できるかに思われた。
 
 法大の攻撃は、1回2番・今村が四球で出塁し、3番・多木の打席中に盗塁を決め1死2塁のチャンスを作る。前の試合では2ランを放ち打撃好調の多木。しかし自打球というアクシデントが襲う。顔をしかめながらその打席は三振に。4番・伊藤慎も打ち取られ無得点に終わる。

 多木の様子が心配されるなかその裏の守備、治療むなしく選手交代となりショートには西浦直が入る。

 以降の攻撃、2回先頭5番・原田の中前安打、3回先頭9番・難波の内野安打それぞれ犠打で2塁まで進むも後が続かない。6回にはその回先頭今村の中前安打、盗塁、相手の失策で無死3塁のチャンスに至るも、好投する小室の前に打線はすっかり沈黙してしまう。
 
 一方、三上は2回以降非常にテンポよく相手打線を抑えていく。4回には初回に安打を許した立大クリーンナップを相手に三者三振と気合の入った姿も見せた。6回に1死から1番・長谷川、2番・小尾に連打を浴びさらに追加点を許すも、7回までは2失点に抑える。

 しかし味方打線の援護が受けられぬまま、8回立大打線に猛攻につかまってしまう。1死から再び長谷川、小尾に連打を浴び3点目を与える。ここで法大投手が吉越に代わる。慶大1回戦以来久々に怪我からの復帰だ。しかし、2死2塁から4番・岡崎にバックスクリーンへ2ランを与えてしまう。続く5番・6番にも連打を許し、ここでマウンドには北山が入る。後続は抑えるもこの回3失点。5点ビハインドの反撃に期待するも、終わって見れば法大打線はわずか3安打に抑えられてしまった。

 投手力と攻撃力、両方が相まったとき勝利と共に幸運も引き寄せられるだろう。いよいよ大一番の勝負。法大の底力に期待したい。 

(三浦 恵海子)

試合後の選手・監督のコメント

難波主将(1安打を放つ)

―今日の試合を振り返って
完封負けをしてしまったので、ピッチャーに申し訳ないです。

―試合後のチームの雰囲気は
負けてしまったので良くなかったです。

―監督からは試合後何かありましたか
明日で終わらないようにと言われました。

―敗因は
打てなかったことだけですね。

―初回に点を取られた後、動かない試合展開が続きましたが、その中で選手たちに声を掛けましたか
点を取られたのが序盤だったので、辛抱強く攻めていこうと言っていました。

―明日に向けての意気込みを一言
明日負けたら引退になってしますので、それにはならないように頑張っていきたいと思います。 

三上朋(7回1/3を4失点で2敗目)

―今日を振り返って
今日は負けてしまったので言うことはないです。

吉越投手(1/3を1失点)

―今日を振り返って
空き週の間に怪我をして、東大戦と早稲田戦は調整をしていました。今日からベンチ入りさせてもらいましたが、やはりまだ実践感覚が戻ってなくて、コントロールが甘くなって打たれました。

―ピンチの場面で登板のチャンスが巡ってきましたが、どのような気持ちでマウンドに上がりましたか
1死2塁の場面だったので、二塁走者を返さないことを意識しました。

―クリーンナップとの対戦でしたが投球面で気を付けたことは
クリーンナップは力があるので高めの球は長打にされてしまうので、低めを攻めることを意識しました。

―打たれた球種は
まっすぐですね。

―チームの雰囲気は
最終カードということで雰囲気は良いです。

―投手陣の雰囲気は
抜けていた期間もあったのであまりよくわかりませんが、今日まで投手陣の入れ変わりが激しく、固定メンバーがあまりいないのでみんな結果を残すことに必死です。そこがお互い刺激になっていますね。

―明日へ向けて
打たれたのは高めに浮いた甘い球なので、それをなくして最小失点に抑えたいです。

北山投手

―今日を振り返っていかがですか
全然投げるつもりじゃなかったので、急に投げることになって準備もしていなかったのでテンパりました。

―悪い流れの中での登板でしたが、特にどんなところに注意してマウンドに上がりましたか
もう1点もやれない場面だったので、確実にこのバッターで打ち取ろうと思って投げました。

―前の三上投手と吉越投手を見ていていかがでしたか
自分はクリンナップが回ってこなかったのですが、前の投手はクリンナップにことごとく打たれているな、という感じでした。立教は真っ直ぐに強いという印象があったので、自分は真っ直ぐで勝負するタイプではないので、かわせるとは思っていました。

―今日はなかなか打線がつながっていなかったようですが、チームの調子はいかがですか
多木が初回で抜けてしまったので、ああいう形になってしまうのだな、という感じです。

―最後に、明日の試合に向けて意気込みをお願いします
明日が最後にならないように、火曜日までいって勝ち点取れるように頑張りたいと思います。

原田選手(スタメンマスク・1安打)

―今日を振り返って
初回の入りで4番に打たれ、リズムが悪くなってしまいました。

―立大先発の小室投手の印象は
春に比べ、調子は悪かったと思いますが、ピンチで点をとられないところがさすがだと思います。

―立大打線の印象は
ファーストストライクからどんどん振ってくる印象だったので、そこを注意しました。

―三上投手について
コントロールは悪くなかったのですが、失投した甘い球を打たれ、失点につながってしまいました。

―吉越投手について
真っすぐが走っていました。ブルペンに入れていなかったので、よかった真っすぐで勝負しましたが、甘く入ったボールを撃たれてしまいました。

―明日に向けて
負けたら終わりなので、絶対に明日の試合に勝って、次に繋げたいです。

今村選手(1安打・リーグ2位の6盗塁目を決める)

―今日を振り返って
チームで3安打だし、打たないと勝てないので今日はバッターの責任だと思います。

―1安打を放ちましたがあの打席はどんな気持ちで臨みましたか
ランナー無しの場面だったし、自分の仕事はチャンスメークなので塁に出ることを考えていきました。

―その打席以外にも1四球2盗塁と自分の持ち味を出せたように感じました
そうですね、ヒットは当然嬉しいんですけど、初回の四球とかは自分の特徴を出せたんじゃないかな、と思います。点には繋がらなかったんですけど、良かったです。

―小室選手の印象や調子はどう感じましたか
調子は良くなかったかもしれないですけど結果的に0に抑えてたのでやっぱりいい投手だと思います。左打者に対しての外のコントロールが良かったですね。

―これが最後のカードになりますが、個人的な目標はなんですか
明日出る機会があれば、全部出塁して勝ちに繋がる仕事をしたいです。

―チームとしての目標は
とにかく勝つことだけですね。

金光監督

―今日の試合を振り返って
投打ともに完敗という感じです。

―多木選手のケガについて
レントゲンをとってみないと分からないですね。

―今日の三上投手について
そんなに悪いとは思いませんでしたが、点が取れないというところで進歩しきれなかったです。2点目が大きかったですね。打ちとった当たりをああいったヒットにしてしまう場面が、このリーグ戦ところどころ出ているので。本当に勝ちきれなかった要因はそういうところにあると思います。

―長谷川選手の調子が上がりません
同じ繰り返しをするので、もう少し自分で工夫ができないのかなと思いますね。同じような三振ばかりなので。まあこういうゲームになると、調子がいい悪いという話ではないと思います。

―打順は昨日に比べ若干変化がありました
(昨日1番の)岩澤はあまり粘るようなタイプではないので。

―明日に向けて
明日負けるとこのリーグ戦終わるので、明後日に向けてなんとか繋げられるようにしたいですね。

明日の展望

 今日の敗戦により悲願の優勝へいよいよ負けが許されなくなった法大ナイン。

 総力戦の覚悟で挑むこの大一番での先発は今季ここまで3勝を挙げている石田が有力。前回の早大戦で初黒星を喫するもここまで防御率1.71とチーム一の安定感を誇る左腕のピッチングに期待したい。

 一方、相手の立大の先発は岡部賢が予想される。前回の慶大2回戦では4回3失点で降板と本調子ではないだけに早い回で攻略し、投手陣を援護したい。打線では今日の試合で2ランを含む2安打3打点と絶好調の首位打者・岡崎と2安打を打った春の首位打者・那賀の4番、5番コンビに注意。一度当たると止まらない立大打線なだけにこの二人を抑え相手打線の勢いを封じたいとこ。

 法大打線は主軸を担う多木が今日の試合中に自打球で途中交代し、明日の出場も微妙な態。それだけに数少ないチャンスを得点につなげることが重要になるため、今日2盗塁を決め打撃も好調な今村や、今日初めて4番に座った伊藤慎などの活躍に注目だ。負ければ4年生にとっては最後の戦いになる明日の試合。なんとか勝利し第3戦へ、そして優勝へと望みをつなぎたい。

(福田 遥介)

 

フォトギャラリー

  • IMG 4529 R-thumb-160x160-2377ケガから復帰登板を果たした吉越
  • IMG 3981 R-thumb-160x160-23785連勝はならなかった先発の三上朋
  • IMG 4089 R-thumb-160x160-23794試合連続安打を放った原田
  • IMG 4175 R-thumb-160x160-2380自打球で途中交代の多木に替わり出場した西浦直
  • IMG 4522 R-thumb-160x160-2381慶大1回戦(9/24)以来の途中降板となった三上朋
  • IMG 4236 R-thumb-160x160-2382初の4番起用も結果を残せなかった伊藤慎
  • IMG 4546 R-thumb-160x160-2383立大主将・岡崎に痛恨の被弾をあびた吉越
  • IMG 4617 R-thumb-160x160-2384好リリーフを果たした4年生サイド・北山
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み