硬式野球
 
 

東京六大学野球春季リーグ戦 対東大2回戦 三上朋、久々の白星!

被災地に元気と勇気を!三上朋、久々の白星!多木が貫禄の満塁弾!
東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 VS東 大 2回戦
4月18日(月)
会場:神宮球場

次回の展望

二桁得点で今日も良い形で勝利を手にした法大。2連勝で東大から勝ち点を獲得し、今後のリーグ戦に向け大きな弾みがつく開幕となった。次に迎え撃つ相手は昨秋2位でリーグ戦を終えた慶大だ。

慶大第一戦で先発が予想されるのは、東大打線を3安打に抑え、六大学野球では初の完封勝利を手にした三嶋だ。幸先の良いスタートを切った三嶋はさらに調子を上げていることも期待できる。鍵となるのは、昨年に日本代表にも選出された慶大・主将の伊藤をどう抑えるかだろう。昨秋3本の本塁打とリーグトップの11打点を挙げているだけに、いかにランナー溜めないかが重要になってくる。

対する慶大は昨年ベストナインを獲得している竹内大、福谷を擁し、立大戦では白村などのリリーフ陣による継投で勝ち点を手繰り寄せている手強い相手だ。しかし、法大打線も今日は11安打11得点。第一戦目も14安打6得点と良い滑り出しを見せている。リードオフマンとして絶好調の建部や今日の序盤に東大を突き放す満塁本塁打を放った多木など、どこからでも得点が奪える切れ目のない打線は慶大投手陣を苦しめるはずだ。

打線と投手陣がうまくかみ合った東大戦。慶大戦ではどのような戦いを見せるか、今年の春を占う重要な一戦となるだろう。

(宮崎 克信)

201104191
昨春以来の勝ち投手となった三上朋

試合結果

トータル試合結果

 123456789R
東大 2 0 0 1 0 1 0 0 0 4
法大 1 5 2 2 1 0 0 0 × 11

(法)○三上朋(1勝)、吉越 ― 原田
(東)●香取、平泉 ― 田中
[本] 多木1号(2回満塁=香取)

選手・監督の試合後のコメント

三上投手(先発投手・リーグ通算3勝目)

―今日を振り返って
勝ててよかったです。

―リーグ初戦ということでプレッシャーなどはありましたか?
特にはないです。

―今日の調子は
普通です。

―初回に2点先制されて、その後安定したように感じましたがいかがですか
自分でも初回は取られないようにと意識したんですが、反省してます。

―東大打線の印象
ストレートに強いですね。

―東大打線の対策
外に投げることを意識しました。

―投手責任者という立場から見た法大投手陣の調子
良いと思います。誰が投げても大丈夫です。

―次の慶大戦に向けて
一生懸命投げるだけです。

建部選手(二塁打3本を含む4安打の活躍)

―今日の試合を振り返って
昨日よりもみんな勢いがあって良かったです。

―今日はフォアボール以外全打席安打と絶好調ですね
たまたまっていうかまぐれですけど、まぐれでも4打席4安打は公式戦だったら良いです。

―二塁打が3本と長打が多いですが、意識していることなどは
長打とかは狙ってなくて、強く振ってチームに勢いがつくことを心がけてます。

―守備のほうはどうでしたか
今日は初回にバタバタしてしまって、集中してなくてカバーちゃんとできてなかったので、そういうところも詰めて詰めてやっていかないとこれから先勝てないので、気抜かないでやっていきたいです。

―東大と2試合やった感想を教えてください
相手が東大っていうのは意識してなくて、とりあえず勝ち点取れたので、ひとつひとつ次も勝っていきたいです。

―勝ち点を取って開幕いいスタートが切れたかと思いますが
今日は勢いを感じたので、練習でもそういう意識を持って、練習からより良くなっていけばいいと思います。

―慶大戦に向けて
簡単に打てるピッチャーじゃないし、簡単に勝てるチームじゃないと思うんで、みんなでやることしっかりやって勢いつけてやっていきたいですね。

多木選手(満塁ホームラン)

―今日の試合を振り返っていかがですか
連勝出来て素直に嬉しいです。

―東大から連勝で勝ち点を取り、今季いいスタートが切れたのでは
優勝に向けての第一歩ですね。

―チームの雰囲気はいかがですか
最高です。

―2回には満塁ホームランが出ましたが
最初は入ると思わなくて、今まで結果出してなかったので、ずっと貢献したいと思っていて役に立ったので良かったです。

―一昨日、今日と東大と対戦してみていかがでしたか
いいチームだし、侮れない試合でした。

―今日の香取投手にはどういう印象を持ちましたか
他のピッチャーより切れていたし、今日はたぶん調子良くなかったと思うんですけど、勝てて良かったです。

―次の慶大戦に向けて意気込みをお願いします
慶応にだけは絶対負けたくないので、死ぬ気で、勝ちに行きます。

長谷川選手(3番に座り、2安打の活躍)

―今日の試合を振り返って
今日は初回に点を取られて入りが甘かったので、次の試合ではそこに注意したいです。

―四球を3つ選ばれましたが、ボールはよく見えていますか
見えていたというよりも、明らかなボールだったので。でも、際どいボールもしっかりバットが止まっていたのでよかったです。

―5回の当たりはフェンス直撃でしたが、ホームランは狙われていたのですか
狙ってはいないです。常にセンターを意識していて、その中でレフトに飛んでいるんで、意識はしていません。

―ホームランを打ちたい気持ちはありますか
その気持ちはないです。ホームランより数だと思うので。

―チャンスでの打席が多かったですが、どんな気持ちで打席に入りましたか
少しでも点を取って、ピッチャーを楽にしてやりかったです。ランナーを返そうと思って打席に入りました。

―先発の三上投手の印象は
初回に点を取られてしまったので、次はそこに気をつければ問題ないと思います。

―最初のカードで勝ち点を取られましたが、優勝に向けて手応えは感じられますか
これで勝ち点を取れてこの試合は終わったので、今日の夜からまた次の試合に向けてしっかり練習していきたいです。

―来週の慶大戦に向けて、意気込みをお願いします
簡単に点は取れないと思うので、少ないチャンスをものにして勝ちたいです。

吉越選手(3回を無失点に抑える)

―今日の試合を振り返っていかがですか
替わったイニングはすごい緊張していたんですけど、そのあとはいつもどおり投げれたので、よかったと思います。

―4奪三振という結果でしたが
三振は狙ってないので、結果としてはよかったと思います。

―3イニングはリーグ戦では一番長いイニングでしたが
練習試合ではもっと長いイニングを投げていたので、ぜんぜん大丈夫でした。

―東大打線の印象
真っ直ぐに強いイメージはありましたが、実際に投げてみて真っ直ぐが通用したので、大丈夫だなと思いました。

―注意した打者は
先頭バッターは出さないようにしました。

―今日のベンチの雰囲気
毎回声は出ていたので、雰囲気はよかったです。

―来週に向けて意気込みをお願いします。
立ち上がりが不安定なので、そこをもうちょっと調整していきたいと思います。

金光監督

―今日の試合を振り返っていかがですか
序盤ポンポン点を取られたのでどうなるかと思いましたけどね。三上がちょっとあんまり本来の感じじゃないので、全体的に点は取った割には、すっきりしないゲームでした。

―先発の三上朋投手については
トップバッターとかね。今日6イニングで4回トップバッター(出塁)でしょ。ヒット2本とフォアボール2つね。どうしても立ち上がりとか、悪いクセが出てくるのでね。その辺が課題といえば課題ですね。

―多木選手は満塁弾を放ちましたが
まだ本調子ではないんですけどね。しかし、1本でたことで、すこし吹っ切れてやってくれたらいいんじゃないかなと思いますね。

―吉越投手については
吉越は今日は良かったですね。ちょっと立ち上がり緊張していた感じはありますけど。本来のストレートを投げていたと思いますね。

―鈴木翔選手や前田選手など、付属校選手の起用が目立ちますが
彼らは凄く一生懸命やりますし、特に鈴木翔は力をつけてきていますので、これからは出てくるかもしれませんね。

―先発は翌週も三嶋・三上を中心に
いやいや、ちょっとまた今週の練習の状況で、吉越も含めて考えていきたいと思っています。

―伊藤諒選手と河合選手のレギュラー争いも激化していますが
お互い競ってから、あれ(成長)すればいいんじゃないかと思いますね。

―東大打線の印象は
東大はよく振りますね、おもいっきりいいし。この間の早稲田戦を見ても、なかなか打ちそうだなという感じはしていました。うちもとにかく気を抜かないようにと選手には言っていましたけど、本当に思い切りいいスイングをするなと思いますね。

―慶大の印象は
慶応は強いですから、接戦になると思うので、なんとかものにできるようなそういう技術じゃないところもね。今日も守備の乱れがありましたけどね。そこをひとつひとつ詰めて来週のカードに臨みたいと思います。

―慶大戦のメンバーは
まだまだいま終わったばかりなので、決まっていないです。調子のいい子をどんどん使っていきたいです。

―次週にむけて
やっぱりこのリーグ戦はメンタルの勝負だと思ってますから、その辺のところをもう一度選手たちがきちっと意識して、この一週間しっかりと準備して、慶応の一回戦にあたることができるかどうかだと思います。

フォトギャラリー

  • 201104191昨春以来の勝ち投手となった三上朋
  • 201104192逆方向に満塁弾を放った多木
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み