硬式野球
 

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第3週 対慶大2回戦 斬る!斬る!!斬る!!!石田、15K完封勝利で勝ち点奪取!

東京六大学野球春季リーグ戦 第3週 対慶大2回戦
4月28日(日)
会場:神宮球場

ここまでの3試合、全試合2ケタ安打を放つなど、好調な打線が慶大先発の左腕・加嶋を迎え撃つ。法大の先発マウンドには東大戦で10奪三振の好投を見せた石田が上がり、圧巻の投球を披露した。

15奪三振の好投で初完封を収めた石田

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
法 大 0 0 1 2 0 0 1 0 X 4 11 0

(法大)○石田(2勝)‐木下
(慶大)●加嶋、明、渡邉義、加藤‐小笠原、藤井

打撃成績

打順位置選手
1 (7) 蔵 桝 4 2 1
2 (5) 皆 川 4 2 0
3 (4) 河 合 4 3 1
4 (2) 木 下 3 0 0
5 (3) 伊藤諒 3 1 0
  R 岡 崎 0 0 0
  3 高 木 0 0 0
6 (6) 西浦直 4 1 1
7 (9) 的 場 4 1 1
8 (8) 齊藤秀 3 1 0
  8 鈴木翔 1 0 0
9 (1) 石 田 1 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
石田 9 4 15 1 0

ベンチ入りメンバー

16 本多(法4=法政二) 6 西浦直(営4=天理) 34 細川(文2=福井工大福井)
17 納富(文4=九州国際大付属) 10 河合(法4=中京大中京) 39 金子(キャ1=日大三)
18 宮崎(キャ4=済美) 33 高木(文4=福岡大大濠) 26 鈴木翔(法4=法政二)
19 船本(営4=桐蔭学園) 24 國枝(キャ4=九州国際大付属) 27 的場(法4=法政二)
14 鈴木貴(人3=済美) 3 伊藤諒(キャ3=神港学園) 28 齊藤秀(文3=北海学園札幌)
21 石田(営3=広島工) 4 岡崎(法3=作新学院) 8 畔上(キャ2=日大三)
2 木下(人4=高知) 7 吉澤(文3=桐蔭学園) 37 蔵桝(営2=広陵)
20 安本(営3=広島商) 1 若林(営2=桐蔭学園)
22 中園(法3=いなべ総合学園) 23 皆川(キャ2=西武台千葉)

戦評

試合が動いたのは三回表。慶大は二死から9番・加嶋が中前安打で出塁すると1番・佐藤旭も右前安打で続く。法大の先発投手、石田(営3)はこの日唯一の3塁ランナーを背負うも2番・杉山から6つ目の三振を奪いこの回を無失点で切り抜ける。

その裏、法大はリーグ戦初スタメンの8番・齊藤秀(文3)が左中間への二塁打で出塁。9番・石田が送りバントを決めると、昨日途中出場ながら2安打の活躍を見せた1番・蔵桝(営2)が二遊間を破る中前適時打で先制。流れをつかんだ法大は、続く四回裏、3番・河合(法4)が内野安打で出塁すると6番・西浦直の適時二塁打、7番・的場(法4)の左前適時打で、さらに2点を追加で慶大をさらに突き放す。

なんとかして流れを変えたい慶大は6回裏、ここまで登板してきた加嶋に代わり明をマウンドに送る。しかし7回裏、2番・皆川(キャ2)の中前安打でまたもピンチを迎えたところで渡邉義へ継投。ところが法大は、3番・河合の今日3安打目となる右前適時打で試合を決めた。

完投した石田は15奪三振と完璧なピッチングを見せ、慶大打線を零封。今季2つ目の白星を挙げ開幕四連勝。勝ち点を2に増やし首位をキープした。(村上 紗規)

試合後の監督・選手のコメント

神長 英一 監督

―今日の試合を振り返って
石田がまず0に抑えたということと、よく打ちましたよね。ヒット11本打って4点だったので欲を言えば5点、6点取りたいなと思っていました。石田がスイスイいってくれたからそれ(4得点)でも良かったかな。打つほうはタイムリーヒットが出ないとこれから苦しくなるような気もします。

―昨日負傷交代の大城戸選手の容態はいかがですか
立教戦は微妙かもしれませんね。本人は試合に出る気はありますけど足を負傷したので。でも大城戸の代わりの蔵桝がよくやっていますから。

―初スタメンの齋藤秀選手にも初安打が出ましたが
齊藤秀も3年生になってすごい期待されていて、あと今日の慶大の先発は加嶋選手だと僕は読んでいたので、対左ということで使ったら期待に応えてくれました。

―立教戦に向けて意気込みをお願いします
ここまで4連勝をしたことが立教戦で問われるというか、そこで止まってしまってはスタートダッシュしたことは生きないので、このスタートダッシュを生かすためには立教戦を切り抜けないと。そして終盤の早稲田、明治との戦いに入っていくためには、ポイントになる節で大事だと思います。

河合 完治 主将

―今日の試合を振り返って
2連勝で勝ち点を取れたことが1番よかったかなぁと思います。

―ご自身は3安打の活躍でしたが
ほんとにバッティングピッチャーとかやってくれるいろんな人のおかげで上手いこと打てているのかなあと思います。

―4打席目はタイムリーでしたが
ずっと0点が並んでいたのでここって時に一本が出たのでホッとしました。

―打撃好調が続いていますが要因は
わからないですけどこのまま好調を維持できればいいかなあと思います。

―四連勝ですがチームの雰囲気は
でもまだ2カードだけなので、次の立教戦、ここからがほんとにがんばらなきゃいけないとこなので、もっともっとチームとしてこれから気を引き締めていきたいなと思います。

―昨日から今日にかけて話し合ったことはありますか
今日の試合を全力で取りにいこう、一勝一敗にならないように二連勝で終わらせよう、ということは神長さんも含めて全員で話し合ってきました。

―後輩の活躍が目立っていますが
本当にみんなのおかげで下級生もがんばってくれていて、蔵桝とか石田もそうですけど皆川とかみんなのおかげで全員で野球がやれているんじゃないかなと思います。

―次戦への意気込み
なんとか最初の土曜日の試合、一戦目に一点でも多く取って勝てるように一週間調整していきたいと思います。

西浦 直亨

―今日をふりかえって
今日は昨日の勢いのまま良い入りで、すごくいい試合ができたと思います。

―2日連続でタイムリーを放ちましたが
思いきって振ることを意識して、そんなに力みも無かったので良かったと思います。

―石田投手のピッチングをショートから見ていてどうでしたか
頼れる後輩なので、あいつが頑張っているのでしっかり打線で援護しようという気持ちになりました。

―東大戦と慶大戦で勝ち点を取り、負けずの4連勝となりましたが
これからが勝負だと思うので、次の立大戦もしっかり勝ち点を取れるようにやっていきたいです。

―立大の印象は
ピッチャーも打撃もけっこう良いと思うので、けど相手がどうこうよりも、まず自分たちがしっかりやることをやれば大丈夫だと思うのでこの勢いのまま入っていきたいです。

―特に警戒している選手や注目をしている選手は
特にないです。

―来週の試合にむけて一言
来週も今日みたいな良い試合ができるように全員で頑張っていきたいです。

石田 健大

―今日の試合を振り返って
もう完璧ですね!!最初から最後まで。

―右バッターからたくさん三振を奪っていた変化球はなんですか
チェンジアップです。

―15奪三振でしたが
そうですね、まあ普通に嬉しいですけどあんまり意識してなかったんで。でも結果15奪三振で嬉しいです。

―特に意識していたことは
低めに集めることと、ウイニングボールのキレとコントロールだけ意識して投げました。

―慶大の印象
右バッターを揃えてくるというのはわかっていたので、外の低めのボールでいってれば大丈夫だなって気ではいたので、それが思う通りにできてよかったです。

―空き週に取り組んだことは
ランニングとウエイトを軽くやって、あとはもう感覚をつかむ程度の投げ込みをしたぐらいですね。

―登板前に監督に言われたことは
ストレートで押していけば大丈夫ってことは言っていたので、それだけは意識しながら投げていました。

―次週への意気込み
四連勝ってきているのでやっぱ連勝につないで行けるように一試合一試合やっていけたらいいなと思います。

齊藤 秀之

―今日の試合を振り返って
初めてのスタメンで緊張したっていうのがあったんですけど、楽しくて結果も出て良い試合になりました。

―神宮初スタメンで初ヒットも出ましたが、ご自身の調子は
調子は凄く良いので、出してもらえればまた打ちたいです。

―慶應の印象は
打線は結構振ってくる感じなので、外野で守っていて怖かったですけど、石田が抑えてくれていたので安心して見ていました。

―アピールポイントを教えて下さい
長打力ですかね。

―立教戦に向けて一言お願いします
立教も強いですけど、出してもらえればチームの勝利に貢献できるように頑張っていこうと思います。

蔵桝 孝宏

―スタメンでフルイニング出場でした
昨日から準備していたので、自分の仕事をしようと。それについては昨日よりできたんじゃないかと思います。

―昨日に続きマルチヒット、打点もつきました。絶好調ですね
そうですね、絶好調というか自分の良さが出た2日間だったと思います。勝負強さが自分の売りなので。

―その勝負強さの秘訣は
自信ですね。自信が、そういう結果につながっているんだと思います。

―レフトを守っていて、慶大打線や石田投手のピッチングをどのように見ていましたか
自分のところに来た打球の数が思ったよりも少なかったです。石田さんが頑張っていたので、その分自分はバッティングに集中できたというか、なんとかしてやろうという気持ちになりました。

―来週の立大戦に向けて意識することはありますか
自分が出るかは分からないんですけど、自分の仕事が出来るようにまた一週間調整していきます。

 

フォトギャラリー

  • 15奪三振の好投で初完封を収めた石田
  • 石田の圧巻の投球を称える河合
  • 3安打1打点と大暴れした河合
  • 大城戸の穴を埋める活躍を見せた蔵桝
  • 適時二塁打を放った西浦直
  • リーグ戦初安打となる二塁打を放った齊藤秀
  • 2安打を放った不動の2番打者・皆川
  • 貴重な適時打を放った的場
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み