硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対早大2回戦 打線沈黙で厳しい敗戦・・・石田は初黒星

東京六大学野球春季リーグ戦 第6週 VS早 大
10月16日(日)
会場:神宮球場

 今日勝てば、勝ち点をとれる法大の先発は現在3連勝中の1年生・石田。対する早大の先発は1年生・高梨。1年生の投げ合いにも注目が集まるこの試合は1点を争う接戦となった。

IMG 2476 R-thumb-160xauto-2319
4回のピンチを切り抜け石田を迎え入れる金光監督

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 1 0 1 1 0 0 3 4 1
早 大 0 2 0 0 2 0 0 0 X 4 8 1

(法大)●石田(3勝1敗)、三嶋、北山、鈴木貴‐原田
(早大)○高梨、有原‐市丸
[本塁打]原田1号(6回ソロ=高梨)

 初回は両投手完璧な立ち上がりを見せ、無得点で終わる。

 先に主導権を握ったのは早大。2回、安打や四球で満塁のピンチを作り、9番・高梨の左前適時打で2点を先制される。

 4回、法大が反撃する。この回先頭の3番・長谷川が死球で出塁すると、制球に苦しむ相手投手から1死満塁のチャンスを作る。ここで7番・伊藤慎が左犠飛を放ち1点を返す。

 しかし5回ウラ、代わったばかりの三嶋が安打と失策でピンチを招くと、土生、地引の犠飛で2点を加えられ、突き放されてしまう。

 これ以上、点差を広げられたくない法大は6回、6番・原田の本塁打で1点を返す。続く7回にも無死1・3塁のチャンスで1番・中尾の打球が相手の失策を誘い、1点を追加し、逆転の気運が高まる。

 しかし反撃もここまで。7回途中からマウンドに上がった有原に無失点に抑えられ試合終了。6回以降、北山、鈴木貴の継投で無失点に抑えてきたが、あと1本が出ず、惜敗となった。

 今日は序盤の失点から主導権を握られてしまい、苦しい展開となった。しかし、打線が当たってきているのでチャンスはある。明日の試合も負けられない一戦となるので、なんとしても勝ち点をとりにいきたい。

(鷲尾 祐貴)

 

 

 

試合後の選手・監督のコメント

難波主将

―今日を振り返って
勝ち点がとれなかったのは悔しいですね。

―今日は打順が2番での出場でしたが何か意識をしたことは
どこの打順でもやることは変わらないので特にないですね。

―早大投手陣の印象は
そうですね、もう少し味方に点を取ってあげられたかなと思いました。

―チームの雰囲気は
雰囲気自体は特に悪くないです。

―明日への意気込みを
明日負けたら終わりなので頑張りたいです。

石田投手

―今日の試合を振り返って
調子自体は悪くなかったのですが、修正し切れないところがありました。

―早大で警戒した打者は
土生、杉山、地引のクリーンナップ。あと1番の中村はいいスイングをすると聞いていたので気をつけようと思いました。

―先制されなかなか追い付けない展開でしたが、チームの雰囲気は
暗くなることなく、これから、という雰囲気でした。逆転してくれると信じていたので、1点差で負けてしまいましたが流れは悪くなかったです。

―同じ1年の鈴木投手が初登板でした
1年という中で意識はするし、見ていていい投手だと思います。お互い投げ合って成長していけたらと思ってます。

―法大投手陣の中で自分自身の持ち味はどんなところでしょうか
ストレートをインコースに積極的にいくところ、だと思っています。

―早大の高梨投手、有原投手をご覧になっていかがでしたか
高梨は他の試合で投げているのを見ていていい投手だと思っていたし、左のライバルと意識していました。有原は同じ広島で一緒だったんですが、こうやって六大学で一緒にやれることは僕自身嬉しいですね。

―次の試合に向けて意気込み
今日は負けてしまいましたが明日勝って、次の立教戦も2連勝して。自分が先発と言われたらしっかり投げれるようにしたいです。

原田選手

―今日を振り返って
もうちょっと石田の真っ直ぐを引き出してあげれば、失点を抑えられたかなと思います。

―石田投手の出来は
いつもよりコントロールが良くなかったんですけど、なんとか我慢して投げるようにはさせました。

―連勝中の石田投手でしたが、今までとはコントロールの面が違ったということでしょうか
今までは有利なカウントで勝負できてたんですけど、今日はバッター有利なカウントが多かったと思います。

―早大打線の印象
思っていたものとはそんなに変わらなくて、普通にやれば怖くはなかったと思います。

―打撃面ではホームランが出ていましたが
今日は一打席目からボールが見えてたので、良くなっているとは思います。

―ホームランに関しては狙っていたなどはありましたか
ツーアウトランナー無しだったので、相手バッテリーも外中心になるだろうと思っていて、思い切って踏み込んで結果に繋がりました。

―明日へ向けて一言
なんとか勝ち点取って次に繋げられるように、一球一球いきたいと思います。

三嶋投手

―今日を振り返って
全然ダメでした。

―今日のご自身の調子は
悪かったです。

―春と比べて早大打線の印象は
今日は自分の調子が悪かったんで、あまり考えずに投げました。

―今日見つかった課題は
あんまり調子が良くなくて、自分の球が全くいってないので、しっかり調整したいと思います。

―明日に向けて
出番があれば、しっかり自分の投球をしたいと思います。

北山投手

―今日の試合を振り返って
ずっとけがしてて東大戦からベンチ入って、今日初めてリーグ出たんですけど、実戦もまだ紅白戦を空き週の時に投げたくらいで、ちょっとどうなるか全然自分でもめっちゃ緊張して。ある程度投げれたんでよかったです。

2点目を返した後の登板でしたがどんな気持ちでマウンドに向かいましたか
1点取った後なんで、取った後に取られてたら全く流れ作れないんで、とにかく0で抑えることを考えてました。

―ご自身のピッチングはどのくらいできましたか
まだまだ全然自分の思うようには投げれてないんですけど、けがしてたんで全然球のキレとかそんなんも全然だめなんですけど、でも何かチームに勢い与えるようなことができたらいいなと思って投げてたんで、打たれたんですけど0で抑えれたんでよかったかなと思います。

―けがの具合は
一応もう治ってます。大丈夫です。

―法大の他の投手陣のピッチングについて
今日自分の後投げた一年生の鈴木も今日初めてリーグ戦投げて、たぶん緊張してたと思うんですけどしっかり0で抑えて。ちょっと三嶋が自分の思うような球投げれてないなっていうのは思ってたんですけど。石田も別に悪くはなくて頑張ってたと思うんで、来週の試合とかは別に、明日の試合とかも(大丈夫)。明日はたぶん三上が投げると思うんですけど、明日頑張ってくれると思います。

―チームの雰囲気は
落ち込むことなく、今日も接戦だったんで、あと一歩くらいなんで明日勝てばいいくらいの気持ちで、明日に向けて切り替えしていきたいです。

―明日の試合への意気込み
明日も今日みたいにいつ出れるかわからないですけど、出た時は0で抑えてチームに勢いを与えたいです。

今村選手

―今日の試合を振り返ってみていかがでしたか
今日なんとしても勝ちたかったですけどね。高梨選手がいいピッチングをして、打ち崩すのが難しかったです。

―高梨選手と有原選手の印象を聞かせていただけますか
高梨選手はキレのあるストレートと変化球があって、特にストレートがいいピッチャーですね。有原選手は、桁外れに速いストレートがあって、それと速いフォーク、この2つで、まあ打ち崩すのは難しいです。

―しかし今村選手は今日も途中出場ながらもツーベースを放ち、高い出塁率を維持しています
僕の仕事はチャンスメイクだと思っているので。今日はたまたまヒットになったんですけど、前の試合のセーフティとか四球、何でもいいのでとにかく塁に出て走る。それが僕の仕事です。

―ツーベースの時はどんな意識で打席に立ちましたか
負けてたのでとにかく塁に出る事を心がけました。

―次に向けての意気込みをお願いします
もう明日とにかくしっかり勝って、勝ち点をあげて、最後の立教戦に臨みたいです。

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日はゴテゴテというのかな。向こうのペースで行ってしまったので。前半ピッチャーがしのがないと、なかなか厳しい展開になるなと思います。

―石田投手の印象は
今日はコントロールが悪かったですね。まあ1年生でずっと先発をやってきてよかったので、これもひとつの経験だと思います。

―伊藤諒選手はスタメン落ちですが
もう迷った形なので。今日は思い切って、昨日結果を出した國枝を先発させました。

―鈴木貴選手も初登板を果たしました
最後1点差の局面だったんですが、この子は勢いもあるし勝負度胸もあるので、あそこで行かせました。結果的には2イニングを0で抑えたので。

―4回2死1,3塁で石田投手にマウンドでかけた言葉は
この回をしのいだら次打順が回ってくるので、今日はあまり良くなかったし負けてる展開だったので、もう(石田に)代打のつもりでした。だからこの1人頑張れと発破をかけにいきました。

―今日は13三振を喫してしまいました
ボール球に手を出していましたね。バッターのほうはリーグ戦全般を通じて、多木を含めて、数字だけじゃないですけど打撃10傑に法政に1人もおりませんよね。そういう意味では全般的にバッターのほうは本来のものが出ている選手は少ないですね。なかなか繋がりにくい部分はあると思います。

―4回に國枝選手から上戸選手へと思い切った代打起用がありました
國枝を1打席見て、左ピッチャーに対してはまだ厳しいかなと。昨日は右ピッチャーから2本ヒットをうちましたが、左ピッチャーの場合はちょっと。だから思い切って替えました。

―今日は北山投手も復帰しました
三嶋がちょっと誤算でしたね。1-2の時点で出したのはまだ後半勝負できると思っていたので、三嶋でなんとかしのごうと思っていました。まあいきなり2点取られてしまったのでね。あそこは計算が狂いましたね。あとのピッチャーもなんだかんだでしのいでくれたと思います。

―明日に向けて
今日もう結果が出たので明日勝ち点を取る試合なので。明日全力で勝ちを取りにいきたいと思います。まあ選手にはもう一試合神宮でできるんだと、いい方に捉えてやろうと思って言いました。

明日の展望

 早大・高梨有原の1年生コンビの前に黒星を喫し、3戦目を迎えることになってしまった法大。次の立教戦へいい状態で臨み、来季へ希望を見出す為にも明日の早大戦はなんとしても勝利し勝ち点を取りたい。

 勝負の鍵を握る3回戦の先発。法大はエース・三上朋が有力。1戦目では2回に4点を献上したものの、その後は辛抱強く投げ、完投勝利を果たした。今期は1戦目には大量失点して降板することもあったが、3戦目にはしっかり修正点を見つけ、安定したピッチングを披露している。立ち上がりには東大戦で初スタメンを勝ち取り、以後好調を維持、2戦目でも高い出塁率を誇った1番・中村を塁に出さない事を心がけたい。

 対する早大の先発は大野健が有力か。こちらも1戦目では自滅に近い形で降板し、悔しい思いをしている。しかし今期2勝をあげ、防御率も2位につける成績を残している好投手なだけに、3戦目にはしっかり修正してくるだろう。また他にも2戦目で好救援を果たした有原も先発になる可能性は十分あるだろう。昨秋ドラフト1位候補だった有原が本来の実力を発揮し始めるとこれからの法大にとっても大きな脅威となる。2戦目でほぼ完璧に抑えられた借りは早めに返しておきたい。

 法大打線も打線を固定出来ていない苦しい状況の中、主将の難波が復帰し、原田にも当たりが戻ってくる等、明るい材料も多い。今村中尾が出塁すれば足を絡めた攻撃も出来るようになってきた。打撃以外でも相手投手にプレッシャーをかけ、チーム一丸となって攻略していけば勝利が見えるはずだ。

(一戸 亮佑)

フォトギャラリー

  • IMG 2476 R-thumb-160x160-23194回のピンチを切り抜け石田を迎え入れる金光監督
  • IMG 2305 R-thumb-160x160-23204連勝はならなかったが打たれて経験を積んだ
  • IMG 2541 R-thumb-160x160-2321「全然駄目でした」と振り返る三嶋
  • IMG 2597 R-thumb-160x160-2322追撃の今季初本塁打を放った原田
  • IMG 2625 R-thumb-160x160-2323故障からカムバック登板を果たした4年生・北山
  • IMG 2675 R-thumb-160x160-2324代打で3打数2安打と結果を残している木下
  • IMG 2697 R-thumb-160x160-23251点差に詰め寄り盛り上がるベンチ
  • IMG 2760 R-thumb-160x160-2326神宮初登板で2回無失点デビューを果たした鈴木貴
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み