硬式野球
 
 

対早大 2安打と打線振るわず...新人戦を4位で終える

東京六大学野球秋季新人戦 3位決定戦
VS 早稲田大学
11月5日(金)
会場:神宮球場

昨日は打線がつながらず、決勝進出を逃した法大。気持ちを切り替えて、早大との3位決定戦に臨んだ。

法大は新人戦初先発の内がマウンドへ。早大は小山田が登板した。

1、2回を三者凡退に仕留めていた内だったが、3回に1死から8番・足立に左前安打を許す。さらに暴投や四球などで2死1、3塁のピンチを招くと、2番・徳井に中越適時二塁打を放たれ2点を先制されてしまう。

なんとか得点を奪いたい法大は5回、5番・高木智、6番・伊藤慎が連続四球で出塁する。その後2死となるも、9番代打・吉澤がライトスタンドへ3ランホームランを放ち、一気に逆転に成功する。

しかし7回、またしても同じバッターにつかまる。8番・足立の中前安打などで1死2、3塁とされ、2番・徳井の右前適時打で同点に追いつかれる。しかしその後は落ち着いていた。後続の打席時に1塁走者の盗塁を刺すと、その間に還ってきた3塁走者を本塁で刺し、スリーアウト。それ以上の失点は防いだ。

同点のまま迎えた最終回、1回戦で好投を見せていた納富がとらえられる。先頭打者からは三振を奪ったものの、後続の三者から連続安打を浴び、1点を勝ち越される。ここで救援した船本がなんとか抑え、法大は最後の攻撃へ。しかし三者凡退に倒れ、試合終了。貧打に苦しんだ法大は流れを変えることができなかった。

春より一つ順位を落とし、4位で秋季新人戦を終えた法大。悔しい結果となったが、3試合を通してそれぞれの選手が課題を見つけたはずだ。この経験を糧に冬の練習に励んでくれるだろう。春には一回り大きくなって活躍する姿をリーグ戦で見せてほしい。

(古川 綾菜)

201011061
好投するもけがで3回で降板となった先発・内

試合結果

トータル試合結果

 123456789R
早大 0 0 1 1 0 0 2 0 0 4
法大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

(早)○福井優―市丸
(法)●三上朋(1敗)、吉越、船本、三嶋、北山、山本翔―土井、廣本
【本】(早)土生(7回2ラン=三嶋)

選手・監督の試合後のコメント

吉澤選手(5回に代打で出場し3ランHR、1安打3打点)

―今日の試合を振り返って
ホームラン打てたのは良かったですけど、チームが勝てなかったのは残念です。

―5回に代打逆転3ランホームランを打ちましたね
初球からどんどん振っていけと言われていて、すごく良いピッチャーだったので、追い込まれないようにストレートを狙っていきました。

―早大の小山田投手の対策はしていましたか
変化球で来られたら対応できなかったと思うんで、ストレート1本だけに絞ってました。

―新人戦の結果についてはどうですか
本当は昨日勝って決勝に行きたかったですけど、2年で最後なんで、悔いの残る結果になりました。個人としては次につながる結果が出たので良かったですけど、もっとチーム自体盛り上げて来季に向けて頑張っていきたいです。

―最後に来季の抱負をお願いします
またこの冬練習がたくさんあると思うんで、リーグ戦に出れるようしっかり練習したいです。

内投手(先発投手・3回2失点)

―今日の試合を振り返って
3回に2点取られたんですけど、そこで2アウト2塁から1アウトを取りきれないところが、自分の甘さだと思います。

―1、2回を三者凡退に打ち取っていましたが、立ち上がりはいかがでしたか
1回戦、2回戦と先発ピッチャーが初回に点を取られていたんで、入りに気をつけて、チームの流れを良くしようと意識していました。

―3回に2点を先制されてしまいましたが、相手打線の印象はいかがでしたか
中軸はけっこう良いバッターだと思いました。

―手にけがをされての交代だったそうですが
悔しかったです。交代と言われたときにまだ投げたいと言ったんですけど、代えられてしまいました。不完全燃焼です。

―今日の先発だということをいつ聞きましたか
今日の朝です。

―聞いたときの気持ちは
よっしゃあ、やったろ!という気持ちでした。

―新人戦を通して、収穫や課題は見つかりましたか
やっぱり、とにかくコントロールが課題です。

―来春のリーグ戦に向けて、目標をお願いします
このひと冬を死に物狂いで頑張って、(早大の)佑ちゃんの後を受け継いでいきたいです(笑)

平野選手(スタメンマスク)

―今日の試合を振り返って
これから冬にやらないといけないことがはっきりわかった試合でした。

―やらないといけないこととは具体的に何でしょうか
まず体作りですね。バッティングは昨日監督から軸をしっかり残して上からバットを出すっていう基本的なことが出来てないって言われたので、そこです。

―先発の内投手はいかがでしたか
変化球も真っ直ぐも高めに抜けてたんで、まがりなりにも1、2回抑えられたんでまだ良かったと思います。

―先制されてフォアボールを出した後にマウンドに駆け寄る場面がありましたが何を話しましたか
「腕振れ」って言いました。

―リードする上で気をつけたことは
とりあえずピッチャーが投げやすいようにしました。

―早大打線の印象は
基本的にみんな振ってきたんで、どうやってボールを振らすか、ボールに手出さすか考えてました。でも4失点したし、10何安打くらい打たれましたよね?うまくできなかったですけど。

―7回にいい守備がありましたが
1、3塁でセカンドにランナーが走ってたんで、僕が(その前)2回とも投げなかったんでランナー無警戒で来ると思ったんで。三塁ランナーがボーンヘッドしてくれたし。その後負けちゃったんでしょうがないですけど。

―今日試合に出て手応えは
何もないです。とりあえず野球できて、やることいっぱい見つかったんでそれは良かったです。

―春に向けて目標をお願いします
試合出る出ない関係なく、自分なりに納得できるプレーができるようになればいいかなと思います。

飯田助監督

―今日の試合についていかがですか
2安打だったのでバッティングのほうが…緩急をつけられて、空振りが多かった。三振が多かった。来年の課題ですね。

―今日は先発ピッチャー(内投手)の立ち上がりは良かったですが
ちょっと豆がつぶれてしまって代えました。もうちょっと投げさせたかったんですが、血が出ていたので。入りは良かったんですが、守りのリズムを攻撃につなげられなかった。サインミスもあったし、そういうボーンヘッドがあって、それでは厳しいですね。

―キャッチャーは今日平野選手を起用しましたが
木下と同じ1年なんですが、力の差は無いので、今日は平野にしました。同じくらいの力を持っているので。

―今日ピッチャーがたくさん登板しましたが、ピッチャー全体については
最後の決め球、ウイニングショットのボールが無い。あと細かい制球力もないです。

―助監督として過ごした一年間を振り返っていかがですか
結果として5位と3位ということで、来年雪辱を果たしたいと思います。

フォトギャラリー

  • 201011061好投するもけがで3回で降板となった先発・内
  • 201011062代打で起死回生の3ランを放った吉澤
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み