硬式野球
 
 

対慶大 投手陣粘るも打線が沈黙...準決勝で4季連続慶大に敗戦

東京六大学野球秋季新人戦 準決勝
VS 慶應義塾大学
11月4日(木)
会場:神宮球場

1回戦、東大に勝利し、準決勝に進んだ法大。昨年の春から準決勝で敗れている相手、慶大とまたも対戦した。

法大の先発マウンドに六信が登ったが、1回戦と同じように法大は初回からピンチを招く。先頭の福富に内野安打で出塁されると、四死球などで2死満塁。すると6番・齋藤雄に左前適時二塁打を放たれ2点を先制される。さらに、7番・川島の打席時に暴投し、さらに1点を失う。

追い付きたい法大は4回。3番・上戸が死球で出塁すると、4番・伊藤慎も相手の失策で出塁し、無死1、2塁とする。しかし、5番・高木智の打席時に2塁走者が牽制で刺されてしまう。ミスが出てしまったが、高木智が右前安打を放ち、1死1、3塁のチャンスをつくる。すると6番・奈良の二ゴロの間に走者が生還し、1点を返した。

だが、その後は慶大の先発・菊池を打ち崩せず、法大から適時打が出ないまま試合終了を迎えた。

最近は準決勝で敗れ、決勝に進めない法大。3位決定戦は勝利し、来季へいい形でつなげたい。

(菊池 優香)

201011051
制球に苦しみ2回で降板となった先発・六信

試合結果

トータル試合結果

 123456789R
法大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
慶大 3 0 0 0 0 0 0 0 X 3

(法)●六信、梅田、本多―木下
(慶)○菊池、只野―阿加多、山中

選手・監督の試合後のコメント

梅田投手(3回から登板・4回無失点)

―今日の試合を振り返って
やっぱりずっと悪い雰囲気で行っちゃってたので、自分で悪い雰囲気をいい雰囲気に変えられるようにって思いました。

―どんな気持ちでマウンドに上がりましたか
これ以上点取られたらそのまま悪い雰囲気で進んじゃうので、3人で終わらせていい形で攻撃に移ろうと思いました。

―三振もけっこう取ってていいピッチングでしたね
けっこう低めに決まってたんで、それで結果的に三振も取れたと思います。

―ピッチングで心がけたことは
フォアボールが前のピッチャー多かったんで、フォアボール出さないようにって思ってました。

―慶大打線の印象は
やっぱみんなスイングがいいなって思ったんで、甘く入らないようにしました。

―木下選手とのバッテリーはいかがでしたか
ワンバンしても止めてくれるので、自分も思い切って低めに投げれました。

―バッティングでもヒットを打ってましたが
打ったらたまたま当たったみたいな感じです(笑)

―今後の目標を教えてください
春はリーグ戦に入れるように、これから頑張って練習していきたいです。

飯田助監督

―今日の試合について
この前と同じように、初回、ピッチャーの立ち上がりに点を取られて、そのへんが初回の課題だと思います。あと、牽制で刺されて、同じパターンで流れを止めてしまい、ああいうチームの勢いを止めるプレーも課題です。

―先発の六信投手については
もっと制球がいいピッチャーなんですけど…2回でもう63球も投げてたんでね。ヒットは2本でしたけど。それで流れを変えようと思って(梅田に)代えました。先発完投してほしいピッチャーなので、今後は立ち上がりを良くしてもらいたいです。いいものを持ってますし。

―2番手の梅田投手のピッチングは
きっちり自分の投球ができて、かなり三振もとっていましたし。あと本多と二人、自分の持ち味を出せたと思います。

―相手の菊池投手の印象は
緩急つけたピッチングをされて、自分のスイングをさせてもらえなかったです。

―奈良選手はもともと投手でしたが、野手としての奈良選手はどう見ていますか
ピッチャーですがバッティングも良くて、法政高校でも4番を打っていたみたいですし、そのへんで野手と並行してやらせています。

―明日の3位決定戦への意気込みを
早稲田さんはリーグ戦勝ってのってるので、来季に向けて、出ている選手は主軸になるような選手でしょうし、(法政が早稲田に対して)いい印象を持てるように、早稲田に悪い印象を与えられるように、勝ちたいです。

フォトギャラリー

  • 201011051制球に苦しみ2回で降板となった先発・六信
  • 2010110522番手で4イニングを無失点に抑えた梅田
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み