硬式野球
 
 

勝って有終の美を!初回に一挙9得点の猛攻で、快勝し笑顔で締めくくる。

東京六大学野球秋季リーグ戦 第7週
VS 東大 第2回戦
10月24日(日)
会場:神宮球場

昨日の1回戦を大勝し、迎えた東大2回戦。この試合に勝利すれば、法大の2季ぶりのAクラスが確定する。4年生を気持ちよく送り出すためにも、来年にいい形でつなげるためにもきっちりと勝利を収めたい。

両校の先発は予想通り、法大は三嶋、東大は鈴木が任された。両投手ともここまで安定した成績を残しており、投手戦が考えられた。だが、試合開始直後から法大の猛攻が始まる。先頭打者として1番・河合が中前安打で出塁し、2番・難波は犠打を決めて1死2塁。3番・長谷川も左前安打で続いて1、3塁とチャンスを広げると、4番・多木は四球を選び、1死満塁となる。この先制の場面で5番・成田がライト前にしぶとく運ぶ適時打を放ち、2点を奪う。6番・廣本の中前適時打で1点を加え、7番・建部は四球で再び満塁。ここで、8番・松本が左翼線に、9番・三嶋が右翼線に2点適時二塁打を放ち、7-0と点差を広げる。この展開に東大は鈴木をあきらめ、前田をマウンドに送る。河合の二ゴロで2死3塁となった後、続く難波の打球を二塁手が前に弾き、三塁走者が生還。塁に出た難波が盗塁を決めると、長谷川がこの回2安打目となる左翼線適時二塁打を放ち、法大は初回にいきなり9点を先制する。

201010261
初回の猛攻!

試合結果

トータル試合結果

 123456789R
法大 9 0 0 0 0 0 0 2 0 11
東大 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2

(法)○三嶋(3勝0敗)、北山、吉越―廣本、原田
(東)●鈴木、前田―田中淳

登板前に大量援護を受けた三嶋。立ち上がりを3人で締めるが、2回に東大打線につかまる。先頭の4番・鬼原に中前安打を打たれ、その後1死1、3塁とされると、7番・田中淳に中前適時打。不振にあえいでいた東大打線に1点を返される。4回にも単打4本を集められ、1失点。それでも、ピンチを最小失点に食い止め、東大に流れを渡さない。初回大量得点を取った法大打線だが、2回以降は前田のコントロールされた緩急自在のピッチングに走者をなかなか出すことができない。三嶋・前田両投手が踏ん張り、試合は終盤を迎える。

前田を打ちあぐねていた法大は8回、先頭の建部が相手内野手の失策で出塁すると、松本も四球で出塁し、追加点のチャンスを作る。9番代打・大八木の右飛や盗塁で1死2、3塁とすると、河合が中前2点適時打を放ち、初回以来の得点を挙げる。今年最後の攻撃となった9回には昨日に続き代打で4年生の川又、宮垣が起用される。出塁はできなかったが、今までチームを支えてきた最上級生が神宮の舞台で輝いていた。7回まで投げた三嶋の後を受けた3年生投手の北山、吉越が8回と9回を無失点に抑え、ゲームセット。法大は東大から連勝で勝ち点を取り、今季の3位以上が決まった。

優勝には届かなかったが、下級生の台頭など来年に向けて明るい材料も数多く見られた秋の法大。順位も春の5位からAクラス入りと躍進した。今年の4年生の代が成し遂げられなかった六大制覇と日本一。その夢を来年こそは必ずや果たしてくれるはずだ。

(小川 和也)

選手・監督の試合後のコメント

三嶋一輝選手(6試合出場、3勝0敗、防御率2,20)

―今日の試合を振り返って
序盤に9点取ったのに、自分のリズムで投げることが出来なかったです。

―調子はいかがでしたか
良くなかったです。

―注意していた打者は
鬼原と岩崎です。

―東大打線の印象は
執念がすごくて向かってくる感じでした。

―今季を振り返って
先発をやらせてもらっていい経験になりました

―来季への課題や意気込みは
スタミナをつけ、加賀美さんのみたいに第1戦で投げれるように頑張ります。

北山史也投手(2試合出場)

―今日の試合を振り返って
前よりちょっと状態が上がってました。思ったところに投げることができました。

―調子はいかがでしたか
2週間くらい前からよくなっていて、ブルペンで投げていていい感じでした。

―チームの雰囲気は
最終戦ということで、いつも出ていない選手も出て、三嶋に続いてチームの勢いを止めない気持ちで投げました。

―気温が低かったですがピッチングに影響は
投げたら暖かくなってきて汗もかいていたので、寒いとは思いませんでした。

―今日は4年生ラストゲームでしたが
綺麗に勝って送り出したかったので、勝ててよかったです。

―来年は最上級生となりますが
目標は日本一です。後輩にもいい思いをさせてあげるためにも、ひっぱっていきたいです。一昨年のように完全優勝をしてその勢いで日本一になりたいです。

―最後に来年にむけて
加賀美さんの穴は大きいので、三嶋・三上だけに頼ってられないのでみんなで埋めたいです。

廣本拓也選手(12試合出場)

―今日の試合を振り返って
とりあえず勝てたことが一番です。内容は最初良かったですが途中から点が取れなかったので…

―三塁打を含み今日2安打でしたね
バッティングは良くなってきていて、その結果が出ていたと思います。

―三嶋投手の調子はいかがでしたか
三嶋はヒットは打たれましたけど、ボール自体は調子も良かったです。

―試合中のチームの雰囲気はいかがでしたか
最後ってことで高くなってたってのもありますが、4年中心に盛り上がってました。

―今シーズンを振り返っていかがですか
個人的に良い成績が残せなかったのと、優勝出来ず悔しいです。

―4年間を振り返っていかがですか
このチームメートで野球出来て良かったです。

―同じ4年生に向けて一言お願いします
ありがとうございました。

―では後輩に向けて一言お願いします
僕たちが出来なかった優勝を狙って頑張って欲しいですね。

―今後野球を続けられますか
はい、続けます。

河合完治選手(13試合出場、打率350)

―今日の試合を振り返って
最後2連勝できたのでいい終わりになったと思います。順位としては優勝できなかったけど、2連勝で終われて良かったです。

―初回に先頭でヒットを打ちましたが
なんとか先頭バッターが出ればチームの勢いになるかなと思ったんで、打てて良かったです。

―8回にはタイムリーで打点を挙げましたが
ずーっと点入ってなかったので、そこで1点出たのは大きかったかなと思います。

―秋季リーグ戦を振り返って
春よりかはたくさん試合出さしてもらって、先輩に迷惑かけたんですけど、少しでも役に立ててたら良かったです。尊敬してる4年生と一緒に野球ができて良かったです。

―春、秋と神宮でプレーして収穫はありましたか
一番はホームラン打てたことです。来年以降はもうちょっと打率を残していきたいと思います。

―では課題は
145超える球を普通に打てる選手になって、必要とされるようになることです。

―4年生との思い出は
いつもよく食事連れて行ってもらったり、一緒にグラウンドに立てたことが、短い間でしたが良かったです。

―4年生にメッセージをお願いします
1年間ありがとうございました。

松本哲郎選手(11試合出場)

―初回の1死満塁の場面についてお願いします
狙ってたボールが来たんでって感じですかね。一振りで決められて良かったです。

―秋季リーグ戦を振り返って
最後なんで絶対優勝しようっていう気持ちで入ったんですけど、やっぱり惜しかったなって感じですね。まぁしょうがないです。

―4年間を振り返ってどうですか
最後優勝で飾れなくて悔しいですけど、まぁ楽しかったんでよかったです。

―野球部で得たものは何ですか
野球やってる以外でも、一緒に行動することが多かったんで、この先もずっと仲良くできる仲間に会えたことですかね。

―印象に残っている試合はありますか
そうっすね。まぁ初ホームランを打った試合は忘れないですね。

―4年生の仲間にメッセージをお願いします
またどこかで会いましょう。

―後輩へメッセージをお願いします
早稲田、明治倒して優勝して欲しいですね。

亀田健人選手(5試合出場)

―今日の試合を振り返って
4年生が試合にでて、活躍できていてよかったです。

―今シーズンを振り返って
優勝ができなかったのは悔しいけれど、みんなで野球ができてよかったです。

―大学野球を振り返って
いいときも、悪い時もあったのですが、今ではすべてがいい思い出です。

―法大野球部で学んだことは
なんですかね…たくさんありますね。…すべてにおいていろいろ学ぶことができました。

―1番印象に残っている試合は
リーグ戦で優勝した時の試合です。

―今後、野球は続けていきますか
はい。(社会人でしょうか?)社会人でできたらいいですね。

―後輩と監督にそれぞれ一言
(後輩に)4年間は本当に短いんで、1日1日を大切にしてください。監督さんは、本当にお世話になりました。

―キャプテンの大八木さんに一言
あいつは本当によく頑張ってくれました。誰よりも1番頑張った奴なんで、感謝しています。

―同期の仲間に一言
最高!!

成田恭佑選手(8試合出場)

―秋のリーグ戦を振り返って
あと少しで優勝というところで負けてしまったので悔しいです。

―今日は2打点挙げましたが
もうちょっと打てるかなと思ったんですけど、1本打てて良かったですね。

―4年間を振り返って
早かったですね。

―印象に残っている試合
去年の日本選手権決勝ですね。

―4年生はどのような代でしたか
まとまりが良くて、楽しい人もいっぱいいたので、良かったです。

―成田選手にとって法政野球部の存在とは
一緒にやってきた仲間なので最高でした。

―後輩に向けて
4年間は短いんですけど、頑張って下さい

長谷川裕介選手(11試合出場、打率278)

―今日の試合を振り返って
今日は法政の最終戦なんで、いい形で終わりたかったんですけど、結果的にいい形で終われたんでよかったです。

―2回に打点を決められましたが、バッティングの調子はいかがでしたか
調子は最近よかったです。リーグ戦を通して良いときも悪いときもあったので、その波がないようにもっと練習して、次は優勝したいです。

―今日で4年生は引退となりますが、何か特別な思いはありましたか
4年生には本当によくしてもらったんで、最後優勝できなくて残念だったけど、来年は4年生のぶんまで優勝したいです。

―ベンチの雰囲気はいかがでしたか
最後だったので、楽しく元気にやろうと。雰囲気はよかったと思います。

―今シーズンを振り返って、いかがでしたか
良いときと悪いときの波がはっきりしていたんで、バッティングをもっと練習して、コンスタントに打てるようにしたいです。右ピッチャーからけっこう打てたのは、収穫でした。

―来シーズンに向けて、何か課題は見つかりましたか
波が激しかったので、なくすように頑張りたいです。

―来シーズンは最上級生となりますが、チームを引っ張っていくという意識はありますか
やっぱり試合にずっと出ていた自分や難波は、チームを引っ張っていく中心になるので、しっかり自覚を持ちたいです。

―来シーズンに懸ける思いを教えてください
自分が最上級生になり、残り1年しかないので、また優勝を味わいたいです。絶対優勝します。

宮垣学武選手(2試合出場)

―今日の最終打席を振り返ってお願いします
本当にこの先、野球をやらないので18年間続けてきた野球に感謝して気持ちで臨みました。そして打席に入る前にスタンドの方を観たのですが、4年生が居るので彼らの為に打ちたかったですね…

―4年間で一番印象に残る試合を挙げて頂けますか?
去年の優勝を決めて明治戦ですね、今井がサヨナラ打った。今井とは本当に仲が良いので、この試合が一番印象に残っています。

―法大野球部で得たものを教えて下さい。
「仲間との繋がり」ですね。一緒にお酒をたくさん呑んだり、きつい練習もやりましたね。

―反対につらかったことはやはり練習ですか?
練習ですね。監督にとにかく怒られる学年だったので、とにかく負けないという気持ちで一所懸命しました。

―今だから言える同期への一言を教えて下さい
大好きです、それだけです。

―後輩に向けて一言お願いします。
厳しいこともたくさん言ったんですけど、大事な弟達なので僕らの思いを継いで大事な弟達には優勝してもらいたいです。

川又英二選手(2試合出場)

―今日の試合を振り返って
初めてのリーグ戦だったので、4年間振り返ってがんばってきてよかったかなと思います。メンバーにもいれてくれたので。

―昨日、今日と出場しましたが
4年生のみんなとかもすごい応援してくれて、スタンドからも4年生が応援してくれたので、なんとか期待に答えたかったんですけど、初めてでしたし緊張して結果残せなかったので、悔しい思いはあるんですけど、メンバーにはいれたので凄い満足感はあります。

―打席に立ってみていかがでしたか
新人戦では神宮でやったことあったのでよかったんですけど、やっぱりリーグ戦となったら雰囲気が全然違ったので楽しかったというか、打席に入って最初に緊張というか気持ち良い感じでしたね。

―4年間を振り返ってみていかがでしたか
野球やらせてくれた両親にまず感謝の気持ちがあるのと、あと4年間野球部で4年生とやれたことが楽しかったので、みんなにありがとうと、いろんな人にありがとうと言いたいですね。

―4年間で苦労したこと
なかなか試合にも出れなかったので、もともとスポーツ推薦ではないのでたしかに厳しいんですけど、なかなか試合にでれなかった辛さはありましたね。

―一番の思い出
4年間通してもこの土、日が自分のなかでは一番印象深いです。あと3年生の春にリーグ優勝と日本一になったときにスタンドだったんですけど自分もメンバーではなかったんですけど、自分も頑張ったな、というか一緒になって喜べたのはすごい印象に残ってます。

中尾孝選手(11試合出場)

―今日の試合を振り返って
4年生は最後の試合だったんで、いい感じで勝ててよかったです。

―今日は途中からの出場でしたが、いかがでしたか
始まったときから、いつでもいけるように準備していました。特に守備はよかったと思います。

―今日で4年生は引退となりますが、何か特別な思いはありましたか。
来年は1番上の学年になるので、今年優勝できなかったぶん、来年は優勝したいです。

―今シーズンを振り返っていかがでしたか
良いときと悪いときの差があったので、常に平均以上の力が出せるように、練習で意識して取り組みたいです。

―来シーズンに向けて、何か課題は見つかりましたか
とりあえずバッティングを中心に、シーズンが始まるまでやりたいと思います。

―今シーズンはレギュラーが固定されていなかったようでしたが、新チームでも厳しいポジション争いは続きそうですか
そうですね。3年、2年、1年にいい選手がいっぱいいるんで、ポジション争いは激しいと思います。でもチーム力が上がるので、プラスに考えていきたいです。

―来シーズンは大学生活最後の1年となりますが、特別な思いはありますか
とりあえず優勝したいです。応援してくれるファンもたくさんいるので、ファンの方と一緒に優勝の喜びを味わいたいです。

―来シーズンに懸ける思いを教えてください
今まで以上に練習に取り組んで、レギュラーというか、常に試合に出続けられるようにしたいです。

黒田智昭選手

―4年間で一番思い出に残っていることは何ですか
特にないですけど…毎日野球ができて良かったです。

―苦労したことは
下ずみ生活ですね。

―後輩へメッセージを
毎日目標に向かって頑張ってほしいです。

多木裕史選手(13試合出場、打率319)

―今日の試合を振り返って
最終戦で4年生に勝ちをあげられてよかったです

―今季リーグは4番でしたが、振り返ってみてどうでしたか
もっとチャンスで(自分が)打っていたら勝てる試合がありました。課題が残りました。

―今年1年を振り返ってどうでしたか
物足りないシーズンでした、来年は出来なかったことをやっていきたいです。

―今季はファーストにつく試合が多かったですが難しさはありましたか
そこまで難しくはなかったです。

―今年苦労した事はありましたか
法政の4番ということで重圧に悩みました。

―今日で引退する4年生はどんな存在でしたか
良くしてもらいました。とてもやりやすい環境を作ってくれました。来年は勝って恩返ししたいです。

―今後についての意気込みを
今までは先輩についていっていましたが、来年は3年生なのでチームを引っ張っていきたいです。

加賀美希昇投手(8試合登板、5勝3敗、防御率2,31)

―今日の試合どのような気持ちで見ていましたか
勝って終わりたかったので良かったです。

―投手陣のピッチングを見ていかがでしたか
フォアボールもなくなかなか良いピッチングだったと思います

―チームの雰囲気は
良かったです。

―今シーズンを振り返っていかがでしたか
優勝出来なかったのは残念ですが、チームのみんなとやれて良かったです。

―では4年間を振り返っていかがでしたか
こうやって神宮で投げれて良い4年間でした。

―4年生に向けて一言お願いします
4年間ありがとうと言いたいですね。

―後輩に向けて一言お願いします
優勝目指して頑張ってもらいたいです。

―今週ドラフト会議を迎えますが
僕がどうこう出来ることではないので、待つだけです。

―これからの目標をお願いします
怪我なく野球が続けられたらと思います。

佐々木陽副主将(5試合出場)

―4年間振り返って
良いことも悪いこともあったんですけど、辛いときには、精神的にも肉体的にも成長できたし、あと、一番良かったのは、4年間野球を通して、一生の友達ができたことですね。これからの人生で本当に大きいと思うので、それが一番良かったと思います。

―長い間チームの主力として活躍されてきましたが
130人部員がいるんですけど、その思いを背負って神宮に立てたというのと、あの打席に立てなくて終わる部員が何人もいるので、1打席1打席無駄にはできないという重みもしっかり感じてプレーできたことは、本当に大きかったと思います。

―4年生はどのような代でしたか
明るい奴が多くて、でも、練習の時は集中して、野球と離れたらハメを外してしまうこともあるんですけど、本当に明るくてみんな良い奴で良い学年だったと思います。

―印象に残っている試合
リーグ戦を優勝した自分が3年の春の明治戦ですね。今井がサヨナラホームランを打って、全員で喜べて、それまで辛い練習してきたので、勝利の喜びを味わえて本当に幸せでした。

―4年間で得たもの
毎日練習してて、肉体的にも精神的にもキツイので、その中でも頑張れる、継続できる、そういう忍耐力とかそういうものが一番身についたかなと思います。

―佐々木選手にとって法政野球部の存在とは
この4年間で色々なことを学べたし、色々な体験もできたし、社会に出るので、これからに生かされる基本となる原点となる4年間でした。

―後輩に向けて
今年は優勝できなくて、みんな悔しい思いをしたと思うので、こういう悔しさをバネに毎日厳しい練習をして、絶対優勝してもらいたいと思います。

大八木誠也主将(11試合出場)

―今日の試合を振り返って
良い形で終われて良かったです。

―秋季リーグ戦の総括を個人・チームそれぞれ教えて頂けますか?
個人としては早稲田のピッチャーを打ち崩す練習をしていたので斎藤、大石からヒットを打てたことが収穫です。しかし、もっと他の試合でもチームを引っ張りたかったですね。チームは優勝出来なかった、この一言に尽きます。

―先程、「チームを引っ張りたい」というお言葉がありました。特にベンチで率先して声を出している印象的でした…
優勝したい、という一心でした。

―4年間で一番印象に残る試合を挙げて頂けますか?
日本一を決めた試合です。

―法大野球部で得たものを教えて下さい。
気持ちの部分です。(反対につらかったことはありましたか?)正直の話、同期の4年生が他の学年と比べて少なかったことですかね。

―今だから言える同期への一言を教えて下さい。
ありがとう、これからもよろしくと言いたいです。

―後輩に向けて一言お願いします。
優勝の瞬間というのは一番嬉しい瞬間なので、この一瞬のためにも一生懸命練習してもらいたいです。

山本翔也投手(2試合登板)

―今年1年間を振り返って
優勝できなかったけど、3年までベンチに入れず、ちょっとでも投げることができていい経験になりました。

―今年はリーグ戦初登板を果たしましたが
4年なんで思いっきり投げるだけでした。最後の年なんでなんとしても勝ちたかったし、いい結果が出ました。

―昨日の試合では加賀美投手とのリレーもありましたね
ずっとやりたいと言ってて最後のカードでできて良かった。(加賀美と)2人でいい思い出になったなぁと話してて、良かったです。

―野球部での4年間を振り返って
1年から3年まで出ることができなくて苦しい思いしてて、大学に入って挫折したんでいい経験になりました。

―4年間での思い出は
希昇と最後リレーできたことです。

―4年間で印象に残ってる試合は
希昇が14回投げた試合です。応援してたんですごい嬉しかったです。

―法大野球部とはどんな存在でしたか
チームメイトだったけど良きライバルで、人生勉強になりました。すごい濃い4年間でした。

―今後野球は続けられますか
名古屋で続けます。社会人野球で。

―後輩へのメッセージをお願いします
僕らの代で優勝できなかったんで、来年春秋連覇してほしいです。

―最後に、ファンの皆さんにメッセージをお願いします
1年間勝てなかったけど、僕らを見捨てず最後の最後まで応援してくれてありがとうございました。

三上投手(4試合登板)

―秋季リーグ戦を振り返って
思った通りに投げられなくて悔しいシーズンでした。

―4年生が今日で引退ですが、今の心境は。
今までずっと引っ張ってきてもらって、すごく勉強になったことが多かったんで、来年は自分が一番上に立つんで、しっかり1、2年をまとめていきたいと思います。

―三上選手にとって同じポジションの加賀美選手はどんな存在でしたか。
レベルが高くて、目標にしてずっとやってきました。

―4年生にメッセージはありますか。
「感謝」の一言ですね。

―来シーズンへ向けて
個人的には秋は悔しいシーズンだったんで、その悔しさを来シーズンにぶつけたいです。

船本投手(1試合登板)

―今季を振り返って
出番がなかったので、今シーズンはチームに何もできなかったです。

―1年目のリーグ戦が終わりましたが、どうでしたか
1年のうちから機会をもらえて、神宮の雰囲気に慣れることができてよかったです。来年に向けて頑張りたいです。

―今後の課題は
4年生が抜けると、先発が安定しなくなると思うので、そこに(自分が)入ることができればと思います。

―新人戦に登板の機会はありそうですか
はい、あると思います。

―4年生に何かメッセージを
4年生と一緒に練習ができてよかったです。ランニングとかで一緒に走って下さったり。4年間おつかれさまでした。

―新チーム、来季への意気込みを
今年はほとんど試合に関与できなかったのですが、来季は自分がピッチングでチームを引っ張っていく気持ちでいきたいです。

今村選手(11試合出場)

―今季を振り返って
チームとして優勝を目標にしていたので、それが達成できなかったことは凄い悔しい思いでいっぱいです。

―今季はスタメン出場が多かったですが
オープン戦からずっと使っていただいたというのもあったんで、チームの為に結果を残せるように、自分個人としては全力でやりました。

―今季得られたもの
リーグ戦クラスのピッチャーをどうやって打つのかというのが自分のなかである程度ですけど分かってきたと思うので、これからもっと本番に向けて練習をしていこうと思いました。

―今季の反省点
打撃のほうでコンスタントに打ち続けることができなかったので、そのへんを反省点としてあげたいです。

―今日は4年生ラストゲームでしたが
とにかく勝ちたいと思っていたのでベンチの4年生も全員出ましたし、優勝はできなかったですけど、すごくいい終わり方ができたと思います。

―来年は最上級生となりそうですが
今季スタメン出てた選手が来年は軸になってくると思うので、現状に満足することなく、自分自身も最上級生としてのしっかりとした自覚を持ってこれから取り組みたいと思います。

―来年に向けて
今年優勝することができなかったので、来年は自分は最後になりますが、なんとしてでも優勝してみんなで喜びたいです。

原田選手(1試合出場)

―今日の試合を振り返って
初回に打線がつながったのが大きかったです。

―9回の代打はいつ告げられましたか
9回の攻撃になった時です。

―その打席でリーグ戦初ヒットを打ちましたが、感触は
0-2になったんで甘く入ったら打ってやろうって。しっかり振れたかなと思います。

―吉越投手をリードする上で気をつけたことは
吉越はやっぱ真っ直ぐがいいピッチャーなんで打者うんぬんというより持ち味を生かそうと思ってました。

―今年1年間を振り返って
試合重ねるごとにチームは良くなっていきました。優勝できなかったのは悔しかったですが最後一つになれました。

―4年生はどんな存在でしたか
チームを盛り上げて引っ張っていってくれた。自分たちも引き継いでやっていきたいです。

―4年生との思い出は
色々ごはんに連れてってもらって、野球だけじゃなく私生活もよくしてもらいました。

―最後に、来年に向けての意気込みをお願いします。
チームは今年優勝できなかったんで、来年は優勝できるように頑張っていきたいです。

山口選手(3試合出場)

―今日の試合を振り返って
点差開いたけど、気持ちを切らさず戦いました。

―今シーズン、また今年1年間を振り返って
いい先輩に恵まれてやってきて、練習、試合とか楽しかったです。

―4年生はどんな存在でしたか
後輩の中で一番仲良くしてもらって、抜けるとかなり寂しいです。

―4年生との思い出は
全部思い出というか、ほんま仲良くしてもらったんで、全部思い出です。

―最後に、来年に向けての意気込みをお願いします
今年2位だったんで、一つ上を目指して頑張っていきたいです。

土井選手(7試合出場)

―秋のリーグ戦を振り返って
もっと自分の力を発揮できたと思うんですけど、監督にチャンスを何度も貰ったのに、生かせなかったので残念でした。

―今年は出場試合も多く、飛躍の年になったと感じましたが
もっともっと自分の力出せると思うので、もっと練習して、自信付けて次の春へ向けて、明日からまたやっていきたいと思います。

―4年生はどのような存在でしたか
はっちゃける時ははっちゃけて、やる時はやるみたいな感じだったのですごい先輩でした。

―4年生との思い出
一緒による遅くまで遊んだことですね。

―廣本選手の存在は影響を与えましたか
一緒に野球した中で、一番すごいと思った選手でした。本当にキャッチャーのリードも守備もはるかに上なので、そういう先輩と一緒にやれて良かったと思います。そういった経験を生かして、次は自分が引っ張っていくんだという気持ちでやりたいと思います。

―来季へ向けて
1年にも良いキャッチャーいるので、自分が絶対出れるっていうのは思ってないので、この冬やることをやって、春の優勝に貢献できるように頑張っていきたいと思います。

金光監督

―今日の試合については
1回に9点とったので、選手たちも思わぬ展開のようでした。三嶋が中盤までしっかり抑えてくれました

―1回に9点を入れられて勢いをつけられたと思うのですが
9点なので楽な試合運びができました。その一回の攻撃につきます。

―秋の総括をお願いします
春の5位からみれば勝ち点3というのは良かったんでしょうが…あと1歩というところでダメでした。それが野球なんですが。でもよくやったと思います。

―印象に残る試合は
明治3回戦。やっぱり負けた試合ですね。これに勝っていればという試合で負けてしまいました。あともう一歩で勝てないっていう課題を痛感しました。

―主将の大八木選手は終盤は出場が少なかったですね
膝の故障とかあって本人の本来の動きと遠かったので。大八木には辛かったと思いますが。でもベンチでキャプテンとしてのリーダーシップを発揮してくれました。

―来季にむけて
来季のことはまだ考えられないですけど、日本一をとれるチームに鍛えていきたいです

引退される4年生の皆さんからもコメントをいただきました。全員ではございません。ご了承ください。

今井諒選手

―4年間を振り返って
楽しかったです。

―一番の思い出
優勝したときみんなで飲みにいったことです。

―優勝を決めたホームランが印象的でしたが、そのあとで変わったことは
特に変わらなかったですね。結構そのこと言われるのですが、僕は苦手でしたね。

―4年間で苦労したこと
野球のことでものすごい悩んでばっかりでした。

―4年間で得られたもの
人との繋がりの大切さをすごく感じました。

山本恭平選手

―4年間を振り返って。
最初は神宮の舞台に立ちたいと思って野球部に入部したんですけど、その夢は叶わなかったですけど、一生懸命野球を続けて、野球の技術以上に色んなことを得ることができたのでよかったです。

―印象に残っている試合はありますか。
大学3年の時に、先輩方が全日本で優勝したときの試合が印象に残っています。

―野球部で得たものは何ですか。
チームワークを大切にする協調性ですかね。

―4年生の仲間にメッセージ。
これからも色んな大変なことがあると思いますけど、大学時代に学んだことを生かせば成功できると思うので頑張ってほしいです。

―後輩へメッセージをお願いします。
大学野球はごくわずかの人しか経験できないことなので、ぜひ4年間頑張って何かを見つけてほしいです。

鎌田裕生選手

―4年間を振り返って
すごい楽しかったです。

―法大野球部での思い出は
冬場のきつい練習です。きつかったので思い出に残ってます。

―野球部で学んだことは
やっぱり監督さんが礼儀にけっこう厳しかったので、社会に出ても通じる人間性を学びました。

―チームメイトに一言お願いします
“ありがとう”の五文字です。

―後輩にメッセージをお願いします
優勝できなかったので、優勝できるように頑張って僕たちを追い抜いてほしいです。

亀井洋輝選手

―4年間を振り返って
外野手だったんですけど、面白い人たちが集まってて雰囲気良くて、4年間楽しく野球できたので、それが一番良かったです。

―法大野球部での思い出は
今井諒が同じ外野手で、サヨナラホームラン打った時が一番感動しました。

―野球部で学んだことは
野球は団体戦なんで、いろんな考え方があってバランス感覚曲げなきゃいけないときもあるけど、その目標の上に優勝があるんで、みんなで団結するのは難しいし大変だけど、そこで団結することを学びました。

―チームメイトに一言お願いします
とにかく面白いメンバー集まっててみんな最高です!

―後輩にメッセージをお願いします
投手は加賀美が抜けて大変だと思うんですけど、もう一回組み直してしっかりやってほしいです。後輩が頑張ってるのは嬉しいので、優勝できるように頑張って下さい!

池田絢貴選手

―四年間を振り返ってみていかがですか?
あっという間でしたが濃い時間を過ごせました。

―野球部で一番印象に残っていることは何ですか?
始めて神宮で試合を見た時は感動しましたね。

―後輩へ一言お願いします。
四年間はあっという間だけど悔いの残らないように送ってほしいです。

越智英登選手

―四年間を振り返ってみていかがですか?
最高の友達が出来て充実した生活が遅れて幸せな大学生活でした。

―野球部で一番印象に残っていることは何ですか?
キャンプへ行って二週間頑張った後の打ち上げです。

―後輩へ一言お願いします。
優勝目指して努力しよう!!(笑)

濱﨑正哉選手

―4年間を振り返ってどうでしたか
怪我が多くて高校の時みたいに輝けなかったです。1、2年は順調だったけど、その後は上手くいかなかったです。でも、いろいろやれて良かったです。4年間で成長できました。

―大学野球での一番の想い出はなんですか
1年の秋に神宮で3番で出場したことです、あと1年の紅白戦で初ホームランを打ったことも想い出ですね

―4年間やってきて大学野球の魅力は何ですか
レベルが高く、スピード感のあるところですね。プロに近いレベルは魅力です

―後輩に向けてお願いします
自分次第で4年間が変わってくるので、自主性が大切ですね。芯を持った4年間を送って、しっかりやってほしいです

岩下健吾選手

―4年間を振り返って
もうちょっとやりたいことがあったんですけど、やり切れなかったです。でも多くの友達を得ることが出来ました

―4年間で一番印象に残ってることは
新人戦での福井との対戦

―後輩の選手に一言
調子乗んなよ!

矢治恵一郎選手

―4年間を振り返って
悔いはありますが、それよりも仲間からもらったものがあります

―4年間で一番印象に残ったことは
新人戦の決勝の早稲田戦でヒットを打ったことです

―後輩の選手に一言
何事も粘り強くやってください

佐藤学生コーチ

―4年間を振り返って
あっという間でした。

―今の4年生はどのような代でしたか
みんな良い奴ばっかで、みんなと一緒にできて本当に良かったと思います。

―同じ4年生へメッセージはありますか
卒業したらバラバラになってしまうので、また会って飲みに行きたいなというのを伝えたいです。

―後輩に向けて
優勝できるように頑張ってください。今までありがとうございましたと伝えたいですね。

中村学生コーチ

―今年1年間を振り返って
春は5位で悔しい思いをして、その悔しさがあったから絶対に勝ちたいと練習を頑張った。(秋は)2位か3位だけど、優勝するためにいい練習、準備はできました。春と比べて準備したんで後悔してないです。

―学生コーチとして苦労したことは
監督と選手の間役で、選手の思ってることを伝える、監督の思ってることを伝えるのが学生コーチですが、食い違いも多くて、メニューとか監督の思ってることを選手にどう伝えるか、文句もあるけど、上手く対応することに苦労しました。選手は素直な奴ばっかなんで、行動で示せば動いてくれるんで感謝してます。1年から4年にお礼を言いたい。言ったことをちゃんとやってくれてやりやすかったです。

―野球部での4年間を振り返って
3年から学生コーチをやってるんですが、この1年が大きいです。4年とともに戦って、優勝できなかったけど後悔なく楽しめた。この1年が特別ですが、4年間楽しかったです。

―4年間での思い出は
3年の春の日本一です。学生コーチでしたが、ベンチに入ってなくてスタンドで見てて思い出です。スタンドにいるのが悔しくて、(みんなと)分かち合いたかったけど、いい思い出です。

―4年間で印象に残ってる試合は
秋の明治戦のサヨナラ負けです。優勝なくなっちゃたんで、打たれた瞬間総崩れでした。

―法大野球部はどんな存在でしたか
いじられキャラでいじられるんで、みんないじられることで和んで試合に臨めたと思います。

―後輩へのメッセージをお願いします
今年特に下級生の1、2、3年生が出てて、3年が中心だったんで、強いと思います。みんなで練習をやって試合に臨んで思いっきりやってほしいです。4年間ありがとうございました。

和田マネージャー

―4年間を振り返っていかがですか
大変でしたが楽しかったです

―思い出に残っていることは
去年の日本一です。スタンドで見ていたんですが、一番印象に残っています

―大変だったことは
マネージャーは人をサポートをするので、自分で思っていることがいいとは限らないというか…選手のためにどう動くかが難しかったです

―同期の4年生へメッセージを
みんな進む道はバラバラですが、一緒に頑張ったことを辛いときは糧にしてやりたいと思います

関口マネージャー

―今日の最終戦を振り返ってお願いします。
これで神宮に来ないのかと思うと寂しいですね。

―4年間で一番印象に残る試合を挙げて頂けますか?
優勝を決めた明治戦です。

―マネージャーになった経緯を教えて下さい。
とにかく野球が好きでした。六大学のマネージャーをやりたいと思ってました。(選手達と接する上で、心掛けたことはありますか?)チームそして選手のためにということを心掛けましたね。それと周りに常に気を配りました。

―法大野球部で得たものを教えて下さい。
一言では言い表せないです。(反対につらかったことはありましたか?)自分の時間がなかったことですかね…

―今だから言える同期への一言を教えて下さい。
今までの4年間ありがとう、と言いたいです。

―後輩に向けて一言お願いします。
自分達は優勝出来なかったので後輩達にはして欲しいですね。

―最後に、後輩のマネージャーの方にメッセージをお願いします。
大変なこともたくさんあると思うけど、チームのために頑張って欲しいです。

フォトギャラリー

  • 201010261初回の猛攻!
  • 201010262大八木のインタビュー
  • 201010263先発の三嶋
  • 201010264サイドの北山
  • 201010265ピッチャーをリードした正捕手廣本
  • 201010266法大1の打率をたたき出した河合
  • 201010267チャンスを活かす松本
  • 201010268今季、代打で活躍した亀田

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み