硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対早大1回戦 伊藤慎の一撃で5連勝!主将・難波初アーチ!

東京六大学野球春季リーグ戦 第6週 VS早 大
10月15日(土)
会場:神宮球場

 明大がここまで四大学から勝ち点をもぎ取った今季のリーグ戦。しかし法大にもまだ逆転優勝の可能性が残っている。優勝するためには負けられない3位早大との対戦は手に汗握る接戦となった。

IMG 1917 R-thumb-160x160-2263
逆転タイムリーを放ち塁上で喜びを爆発させた伊藤慎

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 4 0 0 0 0 0 0 0 5 13 1
法 大 2 1 0 0 0 0 3 1 X 7 11 1

(早大)大野健、●丸山、高橋哉‐市丸
(法大)○三上朋(3勝1敗)‐原田
[本塁打]難波1号(2回ソロ=大野健)

 初回から法大がここまでリーグ2位の防御率を誇る大野健を攻略する。先頭の中尾が左前安打で出塁すると、2死満塁のチャンスを作り、迎えた6番・原田が左中間へ2点適時二塁打を放ち先制。早くも法大が主導権を握ったかに思えた。

 しかし2回の早大の攻撃で先発の三上朋が不運な形で3者連続内野安打を許し、無死満塁のピンチを招き迎えた8番・市丸、9番大野健に連続適時打を浴びるなどこの回4失点。いやな流れがスタンドに漂う。

 だが、そのすぐ裏の攻撃で流れが変わる。故障から復帰し、今季初スタメンの主将・難波が右中間へ意地の一発を放ち1点差につめる。その後も2番・岩澤が左前安打で出塁し、同点の気運が高まるも3番・多木が一ゴロに倒れ、追いつけない。

 3回以降、共に持ち直した三上朋と大野健の両エースの投手戦が繰り広げられゼロ行進が続く。

 そして試合が動いたのは7回。法大が2番手丸山から2死1、3塁のチャンスを作ると途中出場の伊藤慎がレフトへ2点適時二塁打を放ち逆転に成功。さらに先発・三上朋も自身への援護点となる1点適時二塁打を放ち追加点をあげる。

 三上朋は9回もマウンドへ登り1点を失ったものの完投で3勝目をあげ、大事な早大との初戦を白星で飾った。

 東大以外のチームから初戦を取ったのは今季初。この勢いに乗って早稲田に連勝し、優勝へ望みを繋げたい。

(宝嶋 優太)

試合後の選手・監督のコメント

難波主将(久々のスタメンで本塁打を含む2安打)

―今日の試合全体を振り返って
負けたら終わりの試合だったので、勝てて良かったです。

―大事な試合にスタメンで抜擢されたが、試合前の気持ちについて
肩の怪我があって、今までチームに迷惑を掛けてしまっていたので、まだ万全ではないですが、なんとか取り返してやろうと考えていました。

―2回の本塁打について
真っ直ぐ一本に絞って狙っていました。完璧な当たりです。

―優勝争いの厳しい試合が続くなか、主将として心掛けていること
自分が揺らいだり、結果に左右されてしまうと、チーム全体に影響してしまうので、自分の打席等の結果に関わらず、チームの士気を上げて行きたいと考えています。

―今のチームのムードについて
とても雰囲気が良いです。

―明日に向けて一言
もう負けられないので、勝ち点がとれるように頑張っていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

三上朋投手(9回5失点完投勝利で自身3連勝)

―今日の試合を振り返って
最後に勝てたからよかったです。

―早大で注意してた選手は
クリーンナップの3人です。

―早大戦に向け対策したことは
特にないです。いつも通り練習しました。

―明日の試合に向けて
明日は石田が投げるんでまた勝って、まだ優勝の可能性が残ってるんでしっかりやりたいです。

伊藤慎選手(通算7打席目でのリーグ戦初ヒットが逆転タイムリー)

―今日を振り返って
勝ててよかったです。

―(7回、逆転の2塁打を放った場面)どのような気持ちで打席に立ったか
どんどん振っていこうと思っていました。

―逆転に成功した瞬間は
とにかく嬉しかったです。

―ベンチではどのような準備をしていたか
代打として出るために、どんどんバットを振っていましたが、途中、代走でいくことになったので、切り替えて準備していました。

―神宮で初ヒット、ここまでどのような努力をしてきたか
練習だけです。とにかく振ってきました。

―これからどのようなことを意識して練習に臨みたいか
今までと変わらず、神宮球場でヒットを打つために努力していきたいです。

―次の試合にむけて
勝つだけです。

原田選手(先制の2点タイムリー)

―今日を振り返って
先制して逆転されて苦しかったんですが、ベンチの雰囲気も良くて、なんとか勝てて良かったです。

―初回の先制打について
初回のチャンスはものにしようと思っていたので、落ちてくれて良かったです。

―大野健投手の印象は
大事なところで踏ん張るいい投手だなと思いました。

―春と比べて早大打線の印象は
早く目を切るバッターが多かったんですが、今日は低めの変化球も最後までくらいついてきて、なかなか怖いなと思いました。

―リード面で気を付けたことは
とりあえず先頭バッターを注意して、逆転されてからは一人一人のバッターに集中して点を与えないようにしました。

―三上投手の調子は
序盤はそんなよさそうな感じはしなかったんですが、後半はストレートも良くなってきました。

―明日に向けて一言
今日はいい形で勝てたのこのまま明日も勝ちたいです。

金光監督

―今日の試合を振り返って
前半に変な形で逆転されましたが、野手がセンター中心に粘り強くやりましたね。

―センター中心というのは監督の指示で
東大戦で引っ張りの形で点が取れなかったので、今週一週間(相手が)左ピッチャーというのもあるし、センター方向という意識をみんな持ってやろうと。その結果がいい形に表れたと思います。

―試合前に選手にかけた言葉は
まだ優勝の可能性がゼロではないので。野球というのは何が起こるかわからないし、うちにできることはひとつひとつ勝ち点を取ることなので、一戦一戦気持ちでやろうと言ってます。

―今日の三上朋投手は
前半不運な当たりで点が取られましたが、4点取られたあと立ち直ってきたので。本人には、最後までこういうゲームを抑えられるようならなくては駄目だと言いました。粘り強く投げたと思います。普通はああいった形で点を取られるとガタガタと行くんですが、そういう意味では一つ成長したと思います。

―難波選手がスタメンに復帰しました
いままで肩の問題もあって先発では無理だったんですが、まだ完全ではないんですよね。気持ちでやってると思います。

―伊藤慎選手もついに結果がでました
これで自信を持ってくれたらね。右打ちの野手でもありますし、大きな戦力になるんですけどね。ああいった所で打てるんですから、自信を持ってくれたらと思います。

―大野健投手の対策は
左ピッチャーなので、センター方向にと指示しました。

―8回には今村選手の足を使った1点もありました
今村も足を使える選手なので。中尾、難波、今村といったところが4年生で足を使った野球ができる子たちなので、今日はうまく機能しましたね。

―一方で建部選手や伊藤諒選手は当たりがでません
気持ち的に厳しい感じがちょっと出ていますね。

―明日のスタメンは大きく変わる可能性は
たぶんあると思います。

―明日に向けて
勝ち星を重ねることが大事なので、今日の勝ちは忘れて明日一戦に集中していきます。

明日の展望

 僅かに残された優勝の可能性の為には、負けられない試合が続くなか、早大との打撃戦を制し、初戦をモノにした法大。明日の二回戦も、この勢いで一気に勝ち点奪取と行きたいところである。

 明日の法大の先発は、一年生ながらここまで無傷の三連勝、防御率1.06と抜群の成績を残している左腕・石田が予想される。チームの勝利は勿論、自身のタイトル争いにも繋がる新人サウスポーのピッチングに大きな期待が集まる。また、ここまで石田が投げた試合に全て救援している三嶋も、明日の登板にも期待したい。

 早大の先発は、石田と同じく一年生左腕の高梨と思われる。この春から早くも早大の投手陣の一角を担っており、今季の防御率ランキングでも上位につける好投手である。石田対高梨。この新人同士の投げ合いが、明日の試合の大きな注目点と言えるだろう。

 一方、今日の試合で逆転勝ちを演出した打撃陣だが、伊藤慎國枝等の控えに回った選手の活躍は光ったが、7番に打順を落とした建部や、途中交代した4番の伊藤諒等、一部の主力選手が調子を落としているのが気がかり。早大の強力投手陣を再度打ち砕くには、今日のようなベンチ組の活躍は勿論、主力選手の奮起も鍵になって来るだろう。

(田中 宏樹)

フォトギャラリー

  • IMG 1917 R-thumb-160x160-2263逆転タイムリーを放ち塁上で喜びを爆発させた伊藤慎
  • IMG 1504 R-thumb-160x160-2264先制の2点タイムリーを放った原田
  • IMG 1542 R-thumb-160x160-22653試合連続完投勝利を飾った三上朋
  • IMG 1553 R-thumb-160x160-2266今日から”気合”でスタメン復帰の難波
  • IMG 1628 R-thumb-160x160-22674年目にして神宮初本塁打を放った難波
  • IMG 1907 R-thumb-160x160-2268神宮初ヒットが逆転2点タイムリーとなった伊藤慎
  • IMG 2017 R-thumb-160x160-2269伊藤諒に変わり途中出場の國枝は2安打を放つ
  • IMG 2059 R-thumb-160x160-2270チームは5季ぶりのシーズン5連勝(09年春の10連勝以来)
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み