硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対東大2回戦 新星・石田が無傷3連勝!韋駄天・中尾復活!

東京六大学野球春季リーグ戦 第5週 VS東 大 2回戦
10月9日(日)
会場:神宮球場

 昨日は投手戦の末、原田のサヨナラ打でなんとか勝ちを手にした。連勝で勝ち点を狙う法大の先発は現在2連勝中の1年生・石田。対する東大は昨日7回散発3安打の無失点に抑え、連投の鈴木。試合は予想通りロースコアの緊張感あふれる展開となった。

IMG 0643 R-thumb-160x160-2227
防御率1.06はリーグトップの石田

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2 6 1
東 大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 8 1

(法大)○石田(3勝)、三嶋‐原田
(東大)●鈴木‐岩瀬

 先制点を奪いたい法大は初回、いきなり2死1、3のチャンスを作る。しかし、5番・河合が三振に倒れ、打線がつながらず、昨日からの嫌な雰囲気が漂う。

 法大先発の石田、初回は3人で片づける。続く2回、連打と四球で2死満塁のピンチを迎える。しかし、9番・山越を右飛に打ち取り、無失点に抑えその後、調子を取り戻し、3~6回までを2安打5奪三振に抑え、味方の反撃を待つ。

 石田を援護したい打線は5回、先頭の7番・長谷川が死球で出塁し、その後2死2塁とする。ここで打者は今日1番に起用された中尾。その初球、起用に応える適時左前安打を放ち、待望の1点を先制。このまま突き放したい法大は7回、2死2塁からまたも1番・中尾。今度はレフトへの適時2塁打。貴重な1点を追加。このまま逃げ切りたい法大は7回から守護神・三嶋を投入。

 7回は3人で斬るも、8回にピンチを迎える。内野安打、犠打、右前安打で1死1、3塁とされ、4番・高山の儀飛で1点差に詰め寄られる。しかし、後続を打ち取りそのまま9回も抑え、試合終了。

 石田の粘投と中尾の3安打2打点の活躍でなんとか逃げ切り、勝ち点を獲得。しかし、東大戦では投手が奮闘するも打線がつながらず、苦しんだ。早大、立大は好投手が揃ってるだけに打線の奮起が求められる。

(木田 祐輔)

試合後の選手・監督のコメント

石田選手(6回無失点で3勝目)

―今日の試合を振り返っていかがですか
内容はまあまあ良かったですけどあと一歩のところで踏ん張れたら良かったかな、と思います。

―ピッチング内容は6回無失点7奪三振でしたが自分でどう思いますか
無失点になった事がよかったです。ヒットをいくら打たれても無失点ならいい、と思ってるので。その通りになって良かったです。

―今日も6回での降板となりましたが、長い回を投げたいという気持ちはありますか
そうですね、最近そういう欲が出てきて、今日もあと1イニング位投げたかったですけど、今日は監督に交代と言われたので代わりました。そろそろもっと長い回を投げたいですね。

―右バッターのインコースへのストレートを決め球に使ってたイメージがありますが、あれは狙って投げてましたか
そうですね、そのコースは狙ってました。

―試合前に原田さんと話した事はありますか
昨日の結果を見てそんなに緊張していくもんじゃない、と言われたので、楽に投げられるように意識しました。

―成績が負けなしの3勝目となりました。1年生として、素晴らしい成績だと思いますが、自分ではどう思いますか
投げる試合は全部勝つつもりで投げてますから、それが実現できていて、上手くいきすぎてて怖い位ですけど、これからもしっかり投げたいと思います。

―次の試合にむけて意気込みをお願いします
いつ先発するかわからないですけど、次先発した時も0に抑えられるようにしたいです。後ろにもしっかりしたピッチャーがたくさんいるので、1イニング1イニングしっかり投げます。

中尾選手(猛打賞・2打点の大活躍)

―今日を振り返って
勝ち点が取れて良かったです。

―バッティングの調子は
良いですね。緩急があり、引っ張ると駄目だと思ったので逆方向を意識しました。

―ファールで粘る姿や1つ先の塁を狙う姿勢が印象的でしたが
積極的にいったプレーがそうなりましたね。

―東京大・鈴木投手の印象は
コントロールが良いし連打を打たれないので、自滅しないイメージがあります。

―打線がつながらず、苦戦していましたが
打線自体はそんなに悪くなかったですが、鈴木投手が良かったですね。

―好投した投手陣について
投手陣が頑張っているので、野手陣が奮起したいですね。

―秋季リーグ戦の意気込み
優勝したいので、自分達はとりあえず負けずに連勝し続けます。

難波主将(代打で出場)

―今日の試合を振り返って
苦しい試合だったんですけど、勝ってよかったです。

―昨日今日とロースコアな試合になりましたが
どんな内容でも勝ちは勝ちなんで、勝てたことは大きかったと思います。

―チームの調子は
バッティングの調子悪い人が多いので、来週はしっかり調整して臨みたいです。

―投手陣に関しては
苦しい試合だったんですけどしっかり踏ん張ってくれたので、来週の試合は打線で援護したいです。

―早大戦に向けての意気込み
自力優勝はないんで明治次第なんですけど、僕らは勝つしかないんで、反省すべきことは今日しっかり反省して、来週臨みたいです。

三嶋選手(リリーフで3回1失点)

―今の試合を振り返って
今日はだめでしたね。体がキレてなくて、腕も振れてなくて、自分の投球ができてなかったです。

―相手の鈴木投手は連投でしたが印象は
コントロールよく、自分も打席に立ちましたが緩急が効いてて打ちづらかったです。

―では石田投手の調子は
0点でしっかり試合を作ってくれたので逆転されることのないように、しっかり投げようと思いました。

―東大打線で警戒した打者は
ストレートを振ってくるので。全員よく振れているので一人一人丁寧に投げようと思いましたが、体にキレがなかったので苦労しました。

―ロースコアの展開での登板でしたが、どういった気持ちでマウンドに上がりましたか
何回も失敗しているので、本当は0点に抑えたくて…でもヒヤッとさせてしまったので、来週の早稲田戦では調整して今日の不甲斐ないことにならないようにします。

―次の試合に向けて
やっぱり後ろを任されてる以上、先発が試合を作ってくれたので、しっかり抑えられるよう、来週まで調整していきたいです。

原田選手(正捕手)

―今日を振り返って
前半は点が入らなかったので、しっかり守り最小失点でよかったです。

―東大打線について
ストレートに対して思い切り振ってくる打線です。

―リード面で気をつけたことは?
東大はまっすぐに強いんですけど、石田の持ち味はまっすぐなので、その持ち味が出るようにしました。

―ピンチの時に石田投手に何か声をかけましたか?
ピンチだけど思い切って腕を振れと、それだけです。

鈴木投手の印象は?
コントロールがいいですね。

―ご自身の打撃の調子は
あんまり良くないです。

―次の試合に向けて
早大は今勢いがあるので、練習してしっかり守りたいです。

伊藤諒選手(4番・1安打を放つ)

―今日を振り返って
まあ、勝ち点を取れたので良かったです。

―調子はまだ上向いていませんか
調子はまだまだですね、何とかして打てているような状態ですね。まだ、自分のスイングができていないですね。

―試合のポイントはどんなところでしたか
初回からチャンスはあって、そこで打てていないのがダメでしたね。

―鈴木投手がまた先発でしたが
意外という感じはあまりなかったです。昨日も終わってからビデオでチェックはしていました。なので、今日は昨日ほど難しく考えてはいませんでした。

―1年の石田投手が今日も好投しました
刺激になります。同じ1年として、打てなかったのは悔しいですし、申し訳ない感じですね。

建部選手(8番に下がるも1安打)

―今日の試合を振り返って一言お願いします
まず勝ててよかったと思ってます。

―今日は8番での起用でしたが
そうですね。結果的にチームに全然貢献できてなくて、自分の役割が全然できてないので…。今日は本当に8番で出させてもらえてるだけ(ありがたい)。8番というのは別に仕方ないと思うんで、自分の役割をやろうと思います。

―7回には安打を放って、生還もされましたね
なんとか。打ててなかったので1本打てて、それが点に結びついて、結果的に1点差になったのであの場面で打ててよかったです。

―ご自身の課題点についてはいかがですか
簡単にアウトになってしまっているので…。今季本当に三振が多くて、簡単に三振したり簡単に凡打してしまったりしてるので、もっと確実に芯によく当てて粘れればいいなと思います。

―競った試合展開となりましたが、チーム雰囲気はどうでしたか
昨日も今日も1点差で競ったんですが、チームは全然焦っている選手もいないし、かといって相手をなめている訳でもなく、いい雰囲気でやれていたと思います。

―ご自身で意識されたことは
本当調子悪いせいにしたくないのですが…。なんとか我慢して我慢してやっていけたらなとは思っていました。

―次回に向けて意気込みをお願いします
本当負けられない戦いが続いていますが、やることは一緒なんでみんなで一生懸命やっていきたいと思います。

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日はピッチャーがよく踏ん張ってくれました。この東大戦では点を取るのが、なかなかしんどいかなというのは予想していました。

―昨日の試合のあとに選手にかけた言葉は
東大といえども非常にいいので、竸ったゲームになるというのは予想通りという感じです。朝のバッテリーミーティングでは、辛抱してなんとかゲームを作っていけるようにと言いました。

―先発の石田投手については
慶応戦に比べたらちょっと悪かったかなという感じです。でも悪いなりにきちっとゲーム作るので、そういう意味ではいいものを持っていると思います。

―中尾選手が3安打と期待に答える内容でした
気の強い選手なので、カンフル剤になるように1番に思い切って起用しました。期待によく答えてくれたと思います。

―東大打線の印象
思いっきりがいいので、単調にならないように注意しました。

―6回のピンチでマウンドに集まった時にかけた言葉は
ボールが少し浮きだしたのと、球速も落ちてきたので、疲れの確認と、この1人だけだから頑張れと。

―8回に伊藤諒選手を交代させたのは
もうタイミングが合っていないし、あの場面は打たせるよりもバントで1・2点というのを選択しました。打たせるんだったら替えるつもりはありませんでした。

―2戦目は石田・三嶋リレーが確立されてきました
石田はまだ完投はちょっと難しいので、こういう形にならざるを得ないです。だから初戦三上でなんとか完投で取って、2戦目こういう形にもちこめば、うちのパターンになると思います。

―東大の鈴木投手の連投は予想通りですか
予想通りですね。ベンチにいても何が打ちにくいのか良く分からないんですよね。打たされるというのかな。まあうちの課題が浮き彫りになっている感じはします。

―来週の早大戦にむけて
まだまだ優勝が決まっているわけではないし、勝ち点4に向けてきちっと一試合一試合やりたいと思います。

※早大戦の展望は10月13日頃にアップ予定です!ご期待ください。

フォトギャラリー

  • IMG 0643 R-thumb-160x160-2227防御率1.06はリーグトップの石田
  • IMG 1041 R-thumb-160x160-2228調子は上がらずも要所を抑えた
  • IMG 0254 R-thumb-160x160-2229伊藤諒は今日も1安打
  • IMG 0905 R-thumb-160x160-2230久々の1番で3安打2打点の大活躍・中尾
  • IMG 0913 R-thumb-160x160-2231堅いブロックをかいくぐる長谷川
  • IMG 1170 R-thumb-160x160-2232今日も代打で出場した主将・難波
  • IMG 1202 R-thumb-160x160-2233中尾は三塁を狙うもアウト
  • IMG 1318 R-thumb-160x160-2234石田に続き登板したストッパー・三嶋
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み