硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対東大1回戦 三上朋完封も東大相手にサヨナラで辛勝

東京六大学野球春季リーグ戦 第5週 VS東 大 1回戦
10月8日(土)
会場:神宮球場

 明大、慶大との大一番を勝ち点1で終え、今日から後半戦が開幕。現在明大が単独首位だが、まだ法政にも優勝の可能性は残されている。確実に2連勝をしておきたい東大戦だったが、逆転優勝を目指す法大には厳しい試合展開となった。

IMG 0193 R-thumb-160x160-2205
ヒヤッとする試合展開だった

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1 5 0

(東大)鈴木、●初馬‐岩瀬
(法大)○三上朋(2勝1敗)‐原田

 法大先発の三上朋は初回から2者連続三振を奪う上々の立つ上がりを見せた。2回と5回には先頭打者に安打を許し、いずれも得点圏にランナーを許すも後続を断ち無失点で切り抜ける。

 東大・鈴木の緩急を使ったピッチングの前に無安打に抑えられていた打線は、4回2死から3番・多木が初ヒットを打つ。続く一年生4番・伊藤諒に期待がかかるが、一飛に倒れ流れをつかみきれない。

 先に決定機を迎えたのは東大。8回1死から8番・岩瀬が初球をとらえ右中間を破る二塁打を放つと、ベンチが動く。ここまで法大打線を無四球、散発3安打に抑えていた先発鈴木に代打を送る。勝負にでた東大だったが、気迫のこもったピッチングを続ける三上朋に連続三振を喫し無得点に終わる。

 その裏、今度は法大がこの回から登板した東大・初馬を攻めチャンスをつくる。先頭の代打・難波はニゴロに倒れるも、続くこの回2人目の代打・長谷川が相手遊撃の失策で出塁。投手ながら打撃に定評のある9番・三上朋が右前安打、1番・建部は四球でつなぎ、1死満塁とする。しかし、後続の岩澤は左飛、多木も右飛と決定打を欠き得点を奪えない。

 両チーム終盤のチャンスを逃し、引き分けかと思われた9回裏にドラマは待っていた。1死から5番・河合が一塁手のグラブをはじく打球を放ち、一気に2塁まで陥れる。最後はここまで三上朋をリードしてきた捕手の原田が中越え二塁打を打ち、勝負あり。法大は苦しみながらも、奇跡の逆転優勝に望みをつなげる勝利を得た。

(上田 康太郎)

試合後の監督・選手のコメント

三上朋(今季初完封勝利)

―今日の試合を振り返って
勝ったのでよかったです。

―ピッチングの調子はいかがですか
よかったと思います。

―慶大戦の後、一週空き週でしたが何か取り組みましたか
時間があったので多く走ったり投げたり、量をこなしました。

―東大・鈴木投手の印象は
コントロールがよくて自滅しないピッチャーですね。試合も作れるし…

―なかなか打線がつながりませんでしたが、最後に原田選手が決めてくれました。いかがでしたか
はい、嬉しかったです。

―バッテリーでは普段どんな話をしてますか
今日の反省をして、結果は出ましたが明日も0点で抑えよう、とそんな話をします。

―次の試合に向けて意気込み
負けたら優勝はもうないので、1戦1戦勝つだけです。

原田選手(サヨナラ打)

―今日を振り返って
0点で来ていて、なかなかランナーを出せなかったです。でも三上が0に抑えて自分は最後に結果が出てよかったです。

―三上投手の調子は
あんまりよくなかったです。けれど低めに投げたから、こういう結果になりました。

―8回のピンチでマウンドの三上投手とどんな会話をしましたか
投手に代打、そのままセーフティーも有り得えますが、決めつけずしっかりアウトをとろうと話しました。

―打席に入る時、最初と最後でどう意識を変えたか
最初の2打席は悪くなかったです。しかし3打席目は中途半端な振りになったので、4打席目はおもいっきり行こうと思いました。

―明日の試合に向けて
東大といっても厳しい戦いになるので、しっかりひとつずつ自分達のできることをやって勝ちを取りたいです。

多木選手(1安打)

―今日を振り返って
とりあえず勝ててホッとしてます。

―今日は1安打を放ち、最終打席でもあと一歩というバッティングでしたが打撃の調子は
個人的には良い感じで捉えることができています。

―なかなか点が入らない苦しい展開でしたが
本当にしんどい試合だったんですけど、ピッチャーが粘ってくれました。反省して明日の試合に臨みたいです。

―鈴木投手の印象
自滅することもなく、コントロールも良いピッチャーで、打たされたという状態が続いてしまいました。これからも気をつけていかなければいけないピッチャーだと思います。

―明日へ向けて一言
明日快勝できるように、そして、次へ繋げられるように頑張ります。

建部選手(3試合ぶりの安打)

―今日の試合全体を振り返って
なかなかヒットが出ず、点も取れない試合だったので、気の抜けない試合でした。

―8回のチャンスの打席について
やっと作ったチャンスだったので、なんとか点に繋がる打席にしようとしました。

―今日は最後まで点が入らなかった試合だったが、どのようにベンチで見ていたか
焦りはなかったし、最後は何とか出来るだろうと思っていた。

―相手の鈴木投手の印象について
乱れないし、コントロールもよく、とても良い投手だった。

―自分の調子はどうか
まだあまり調子は出てきませんが、ここから上げて行きたいです。行かないとやばいです。

―優勝争いの中で、どのような気持ちで練習や試合に臨んでいるか
やるべきことは一緒だし、いつもと変わらないです。

―明日に向けて一言
今日は厳しい試合でしたが、勝つことが出来たので、勝って試合が出来る喜びを胸に、連勝出来るように頑張ります。

河合選手

―今日を振り返って
どのチームも力の差はないなぁと思いました。

―なかなか点が入りませんでしたが、ベンチの雰囲気は?
点が入らなかったので、後ろにつないでいこうという意識でした。

―ご自身の打撃の調子は?
良くないです。よくなるように頑張ってます。

―鈴木・初馬投手の印象は?
ローボールに変化球がきてて、打たされた感じです。

―明日に向けて
試合に出たら全力でやるだけです。

 

金光監督

―今日を振り返って
東大のピッチャーは非常に制球力も良いし、そんなに簡単にはいかないと思ってました。ちょっとバッターが打たされてるケースが多かったですね。

―試合後のミーティングではどのようなことを選手に言いましたか
やっぱり野球というものはどこが相手でもこれが勝負の厳しさだと思うんですよ。だからちょっとした選手の気の緩みはないと思いますけど、どこかに隙があればこのようなことになるので同じ失敗をしないようにということをね。

―先発の三上投手についてはいかがでしたか
今日はゼロですからね。要所、要所で変化球が決まっていたのではないかと思います。

―伊藤諒選手が途中で交代した意図については
もう今日はタイミングが全然合っていなかったし、気持ちがもうプレーに入ってなかったんで、これでは今日はいけないなと思って代えました。

―8回に代打で長谷川選手を起用したのは
ああいう流れでしたから、動かないと打開策がないかなと思いまして。7、8回くらいから選手の交代を含めて動かそうと。

―東大の鈴木投手の印象は
鈴木君は開幕カードからずっと見てもそんなに簡単に打ち崩せるピッチャーではないと思ってましたから、ある意味では予想の範囲内かなという感じでしたね。いいピッチャーだと思います。

―初馬投手とも初対戦でしたが
そうですね、(鈴木投手、初馬投手が)2年生、1年生ですよね。今後手ごわい相手になりそうです。

―今日の打線については
全体的に打線の調子が落ち気味であったのは気になるところではありました。

―今日のベンチ入りの投手が先々週と結構代わってましたが
ちょっと吉越が故障を発症したのと、船本と六信の調子が落ちてきているので思い切って3人代えました。(吉越投手の故障というのは)ちょっと脇腹を少し肉離れっぽい感じで、投球がほとんど出来ない状態です。(ではこのリーグ戦での復帰は)ちょっと難しいですね、肉離れなので。

―明日の試合に向けて
今日の繰り返しをしないように、明日また引き締めてやれたらと思います。

―今年はプロ志望届を出す選手は
今年はうちはいません。みんな社会人です。

明日の展望

 ここまで明大戦、慶大戦と相次いで初戦を落とす事態が続いていたが、緊迫感あふれる投手戦の末1勝を手にした法大ナイン。優勝の栄冠に少しでも近づくために、明日も勝つことで勢いをつけたい。

  法大の先発は1年生左腕・石田が有力。対明大2回戦で初先発・初勝利の鮮烈デビューを飾ると、次に先発した対慶大2回戦で新入生離れした安定感あるピッチ ングで2勝目を挙げ、早くも先発としての地位を築きつつある投手だ。また石田が投げた2試合は共に三嶋がリリーフ登板しているので、明日の登板も濃厚。三嶋の速球にも注目したい。

 東大の先発は3年の香取が予想される。1年生時から投手としてリーグ戦に出場し、豊富な経験を積んできた実力派右腕だ。また今日リリーフ登板した1年生初馬もブルペンに控えている。法大打線にとって気が抜けない相手だ。

  本日4安打と全く振るわなかった打撃陣が、いかに奮起できるかも勝負のポイントである。本日25個のアウトのうち14個がフライでのアウトというデータが示すように、相手投手の球を高く打ち上げてしまう傾向がある。明らかになった課題をどう修正するかも注目のポイントだ。

 

 

 

 

 

 

(山田 翔太)

フォトギャラリー

  • IMG 0193 R-thumb-160x160-2205ヒヤッとする試合展開だった
  • IMG 9911 R-thumb-160x160-2206現在打率.333でチームトップの多木
  • IMG 9966 R-thumb-160x160-2207今季初完封を飾った三上朋
  • IMG 0033 R-thumb-160x160-22081死2塁のピンチでマウンドに集まるバッテリー
  • IMG 0095 R-thumb-160x160-2209四球を選ぶ建部
  • IMG 0142 R-thumb-160x160-2210奪三振を9つ奪った三上朋
  • IMG 0173 R-thumb-160x160-2211今日は5番に座った河合
  • IMG 0179 R-thumb-160x160-2212サヨナラ打を放った原田
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み