硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対慶大3回戦 これがエース・三上朋だ!王者・慶應を撃破!

東京六大学野球春季リーグ戦 第3週 VS慶 大 3回戦
9月26日(月)
会場:神宮球場

 勝負の一戦は小雨の降る中でのスタートとなった。この試合を落とすと優勝がかなり厳しくなる法大の先発はエース三上朋。対する慶大の先発は下馬評を覆す福谷であった。この試合も先の2戦同様、投手戦の試合展開となる。

IMG 9612 R-thumb-160x160-2110
最後の打者を三振に打ち取り、雄叫びをあげる三上朋

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 9 1
慶 大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 8 1

(法大)○三上朋(1勝1敗)‐原田
(慶大)●福谷、竹内大‐阿加多

 試合は初回、法大1番・長谷川、2番・岩澤の二者連続三振で幕を開ける。好投手・福谷の前にあっさり初回を終わるかと思われたが、3番・多木、4番・伊藤諒と連続ヒットでチャンスを作る。後続が断たれ先制とはならなかったものの、福谷を初回から攻める。一方、法大先発の三上朋は危なげない立ち上がりを披露。

 3回まで一歩も譲らない投手戦は4回に動く。先発の福谷にレフト前タイムリーを許し、慶大に先手を取られる。しかし、次の回法大は岩澤がセンター前ヒットで出塁すると、伊藤諒の左中間へのツーベースで一気にホームに帰り、すかさず同点に追いつく。法大は試合を振り出しに戻すと6回1死1、3塁のチャンスに9番・中尾。中尾のセカンドへのあたりに3塁ランナーの原田がホームへ、これがセカンド・金田の悪送球を誘い思わぬ形で勝ち越しに成功する。

 7回から慶大は6回まで11奪三振の福谷を諦め、竹内大がマウンドに上がりこれ以上の失点を避けようと継投策に出る。竹内大は3回をヒット1本に抑える安定した投球を見せ味方の反撃を待つ。

 反撃を狙う慶大打線の前に立ちふさがったのは、先発の三上朋であった。4回の失点以降テンポの良い投球で慶大の反撃を許さない。試合は進み最終回となる。先頭の伊場にヒットを許すと、2死満塁のピンチを招く。しかし、金光監督は三上朋を代えずに続投させる。三上朋は最後の打者を三振に切って取りエースの意地を見せた。最後まで気の抜けない試合を制したのは法大であった。

 これで法大は次へ繋がる価値ある勝ち点1を取る。春の王者・慶応からの勝ち点だけに法大は優勝へ向け息を吹き返した。次の相手は東大。ここ最近、勝ち点を落としてない相手とはいえ気の抜けない試合がまだ続く。

(岩崎駿祐)

試合後の選手・監督のコメント

三上朋投手(9回1失点完投勝利で今季初白星)

―今日を振り返って
結果勝てたので良かったです。

―勝ち点のかかった試合でしたが心境は
試合前は何がなんでも勝つと意気込んでいて、試合中はそのことすら考えられないくらい一生懸命投げました。

―チームの雰囲気は
緊迫した中で集中できていたと思います。

―昨日の石田投手や三嶋投手の投球を見て
自分は自分だし、自分のやることをやるだけと思ってました。

―完投について
中盤の時点で点差はさほど無かったので、逆転された時に代わると思っていました。点を取られずに投げ続けることができたので、最終的には完投を意識しましたね。

―法大打線について
もっと点が取れたと思うし、そうすればもっと楽な試合展開になったと思います。

―9回、一打逆転のピンチについて
いつも通り投げました。

―これからの試合について
優勝への望みがつながったので、一戦一戦全力で頑張ります。

難波主将

―試合を振り返って
昨日に引き続き負けたら終わりだったので、勝てて良かったです。

―試合中どういった指示をしたか
指示はしてないです。最後は気持ちの勝負です。

―チームの雰囲気は
声が出ていて非常に雰囲気が良かったと思います。

―慶大戦でのチームの課題は
チャンスでもう1本出なかったので、練習をして1本が出るようにしたいです。

―怪我の具合は
良い状態にきているので、東大戦に間に合えば良いと思います。

―東大戦に向けて
また勝ちたいと思います。

伊藤諒選手(同点タイムリー)

―今日は負けられない試合でしたが
あまり意識せずいつも通り試合に臨みました。
 
―一本目のヒットはどうでしたか
上手く打ったというよりは、当てたら抜けたという感じですね。
 
―同点タイムリーについては
手ごたえはあったのでチャンスで打てて良かったです。
 
―先発が福谷投手でしたが
左の竹内投手がくるよりは、(福谷投手は)右投手なのでプラスに捉えて試合に臨めました。
 
―今のところの状態はいかがですか
ヒットは出ているのですが、内容が良くないのでまだまだ本調子では無いですね。打球も自分の打球ではまだないですね。
 
―ここまで4番ですが慣れましたか
慣れました。法政の4番は自分だと意識を持ってやれています。
 
―次に向けて
東大戦ですが、優勝に向け気を抜かずにいきます。

原田選手(先発マスク、2安打を放つ)

―今日の試合を振り返っていかがですか
一点差になることは分かっていたので、ピンチでバッテリーがしっかり点をやらないようにしようと話はしていました。その通りに出来たので良かったです。

―先週、明大に負けてしまいましたがこの慶大戦はどのようなお気持ちで臨みましたか
負けたら優勝の可能性がなくなるので、次につなげられる様に気持ちを切り替えて臨みました。

―三試合を通して慶大の印象はいかがですか
コントロールミスさえしなければ打たれる打線ではないので、3番ら、4番抑えれば与える得点が減るとそのように研究していた通りになりました。

―球を受けていて、三上投手のピッチングはどうでしたか
一戦目より丁寧に投げている感じはしました。低めに球も集まっていましたし、よく投げていたと思います。

―原田選手は盗塁を刺す好送球で援護出来ましたね
練習した成果です。

―打撃面では今日は二安打でしたが、調子はいかがですか
バッティングは試合前から今日は良かったので試合で結果が出て良かったです。

―次の試合に向けて意気込みをお願いします
まだまだ優勝の可能性あるので、今日勝ったことでチームが一つになって一試合一試合戦っていきたいと思います。

河合選手(2安打を放ち復調の兆し)

―今日の試合を振り返って
調子悪いのに使ってくれてたんで、監督、コーチに感謝して一応結果も出てくれたんで良かったと思います。
 
―秋季リーグ戦初ヒットでしたが改善した所とかはありますか
何が良くてヒットが出たのかわからないですけど出てくれて良かったです。
 
―気持ちの変化とかはありますか
特にないです。
 
―福谷投手の印象は
ストレートも変化球もいいし、素晴らしいピッチャーだと思います。
 
―慶大から勝ち点を挙げましたが、先週の明大戦の時とチーム内の違いはありますか
特に変わったことはないですけど、まだ誰も優勝を諦めてないんでみんなで優勝に向かって頑張ったのが良かったかなと思います。
 
―東大戦に向けて一言お願いします
試合に使ってもらえる機会があれば精一杯やりたいと思います。

金光監督

―今日の試合を振り返って
三上のピッチングに尽きると思います。非常に気持ちのこもったいいピッチングをしてくれましたね。

―試合前に選手にかけた言葉は
今日負けるともう優勝がほぼね。数字的には残ってますけど、それはゼロに近いので。とにかく、このあと優勝争いに望みを繋ぐためにも、今日とにかく勝ち点を全員で勝ち取ろう、ということだけ言いました。

―今日の三上投手は見ていていかがでしたか
今日は球も非常にキレてましたし、なにより非常に精神的に落ち着いていましたね。今日はもう途中の段階で、最後までいかせるよと言いました。それぐらい、よく気持ちがこもっていたと思いますね。

―9回裏に先頭打者に出塁を許した際に、マウンド上でバッテリーにかけた言葉は
とにかく、落ち着いていこうと。まだ1点勝っているからと。三上の場合、流れが相手に傾くとズルズルという傾向があるので、落ち着かせる意味で。

―河合選手が2安打と復調の兆しがみえましたが
そうですね、これで自信を持ってくれたらいいと思います。

―福谷(慶大)投手は見ていていかがでしたか
本来の調子がいいなという感じではないと思います。今日立ち上がりは変化球主体できてたので。1番の長谷川あたりが、なかなかタイミング合わなかったみたいですけど。でも試合をきちっと作るピッチャーなので、さすがだと思いますね。

―1番長谷川など打線を大きく組み替えましたが
今日は左ピッチャーを予想していましたので…。逆に福谷くんが先に出てきてくれたので、竹内くんと読んだんですが、気持ち的には慌てたことはなかったですね。むしろ福谷くんは後ろにいると、早く点を取らなくてはいけないというのもありますし、逆に福谷くんを降ろせばうちに十分チャンスがあるなと。やはりうちの方が勝ってる段階で、福谷くんを降ろせたので、そういう意味ではむしろ良かったかなと思います。

―試合序盤で建部・土井をベンチに下げましたが
バッターボックスに立っても、非常に迷っているので。思い切って替えました。こういうゲームで、ああいった形になる選手は次に繋がらないので。

―5回の伊藤諒のタイムリーについて
大きいですね。2アウトからですし。伊藤の良さというのが、存分にこのリーグ戦で出ていると思います。思いっきりがいいと思います。1年生らしからぬ存在に、どんどん経験するごとになるんじゃないんですか。

―1週空きますが、選手にはどのようなことを指示しますか
今日の勝ちの意味をしっかりまた考えていこうと。あと3カード取れば優勝のチャンスが十分にありますから、今週一週間空くけど、ひとつひとつしっかりやって、次のカードに臨もうと言いました。

―リーグ戦は非常に混戦模様になってきましたが
もともと混戦になるとは思っていましたので、予想通りですね。これからまだまだ、もつれると思います。

―次のカードに向けて
とにかくうちは一つ一つ勝ち点を重ねていきますので、この一週間しっかり練習して、東大戦にきちっと勝ち点をとる勢いにしていきたいと思います。

 

※10月6日頃に東大戦の展望をアップする予定です!乞うご期待ください。

フォトギャラリー

  • IMG 9612 R-thumb-160x160-2110最後の打者を三振に打ち取り、雄叫びをあげる三上朋
  • IMG 9074 R-thumb-160x160-2111気迫のこもったピッチングを披露した
  • IMG 9277 R-thumb-160x160-2112慶大の先発・福谷に先制タイムリーをあびる
  • IMG 9310 R-thumb-160x160-2113怪物1年生4番・伊藤諒が同点タイムリーを放つ
  • IMG 9354 R-thumb-160x160-2114原田が盗塁を見事阻止し喜ぶ岩澤(中堅手)と多木(遊撃手)
  • IMG 9458 R-thumb-160x160-2115敵失で勝ち越しのホームを踏んだ原田
  • IMG 9209 R-thumb-160x160-2116打撃にも定評がある三上朋
  • IMG 9726 R-thumb-160x160-2117試合後にバッテリーの健闘をたたえる部員たち
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み