硬式野球
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対慶大1回戦 またも1点差...投手陣粘るも打線繋がらず

東京六大学野球春季リーグ戦 第3週 VS慶 大 1回戦
9月24日(土)
会場:神宮球場

 先週、明大に惜しくも負け越し、優勝に向け、負けられない戦いが続く法大ナイン。その緊迫した空気の中、始まった昨季の覇者慶應大との連戦。なんとか初戦を取って、勢いをつけたい法大のマウンドにはエース・三上朋が上った。

IMG 7196 R-thumb-160x160-2063
5回2失点で2敗目を喫したエース・三上朋

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 6 0
慶 大 0 0 0 0 2 0 0 0 X 2 10 1

(法大)●三上朋(2敗)、吉越、三嶋‐原田
(慶大)○竹内大、福谷‐阿加多

 法大・三上朋、慶大・竹内大の両エースによる接戦が予想されるこの試合、三上朋は初回を三者凡退に抑え上々の滑りだしを見せたかに見えた。しかし2回から4回までは毎回を走者を背負う苦しいピッチングが続く。三上朋はなんとか序盤4イニングを無失点で抑えるも不安の残るピッチングとなった。一方の慶大・竹内大は初回2番・岩澤の中前安打以降は序盤4イニングで4つの三振を奪い、一人の走者も許さない完璧な投球を見せるなど、両エースの立ち上がりは調子の良し悪しがはっきり見て取れる、対照的なものとなった。

 試合が動いたのは5回表、法政の攻撃。ワンアウト後、ここまで完璧なピッチングを続けていた慶大・竹内大から7番・土井が中前安打で出塁すると、相手の暴投などで3塁まで進塁。チャンスを迎え、続く8番高木悠は三振に倒れるも、9番に入っていたエース・三上朋が自らのバットで中前適時打を放ち、自身を援護する待望の先制点が法政に入った。

 しかしその裏、ここまでなんとかピンチを凌いできた三上朋が慶応打線に捕まる。2本のヒットを浴びた後続くバッターを三振に取るも、慶大3番・山崎錬に右中間2点適時二塁打を浴び、早くも逆転を許してしまう。この回はなんとかこの2点で凌いだ三上朋だったが、ここで無念の降板となった。後を受けた2番手の吉越は6回の裏に二死満塁のピンチを招くも、なんとか抑えて、前回登板の雪辱を果たした。

 初戦勝利へ、何とか逆転したい法大は7回表、この回先頭の5番・長谷川が中前安打で出塁すると、進塁打と相手の失策で好投の竹内大から、1死1塁、3塁のチャンスを得る。逆転に期待がかかるこの場面で、続くバッターは8番・高木悠。しかし高木悠は3塁への併殺打に倒れ、法大は決定機を逃す。

 吉越の後を継いで7回途中から登板した三嶋は、慶大打線を寄せ付けない完璧のピッチングを見せ、味方の反撃を待つ。

 しかし、法大打線は竹内大の後を受けて登板した慶大の絶対的クローザー福谷から得点を奪えず、2対1で法大は慶大との初戦を落とすこととなった。

 投手陣は前回の明大戦と比べ明るい兆しが見えたが、再三の決定機にあと一本がでなかったのが最後まで響いた試合だった。安打は出ているので、打線の調子自体は悪くない。明日は打線の奮起にも期待したい。

(三上 潤)

試合後の選手のコメント

三嶋投手(1回2/3を無安打無失点)

―今日の試合を振り返って
自分のピッチングよりも、チームが負けたので悔しいです。

―前回登板からの一週間で何か取り組んできたことは
球数を多めにして投げ込んできたんですけど、今日は腕が張ってて球もいかなかったので、明日までにまた調整してしっかり投げられるようにしたいです。

―試合を観ていて、また実際に投げてみて慶應打線の印象は
やっぱり3、4番の山崎さん伊藤さんはいいバッターだと思いました。クリーンアップを抑えれば打線は繋がらないと思うんで、自分が投げる機会があったらそこをしっかり抑えたいです。

―1点ビハインドからの登板でしたが、どんなことを考えてマウンドに登りましたか
1死2、3塁からだったんでとにかく三振をとろうと思っていました。2点差になったら福谷は厳しいと思ったんで、絶対失点しないようにただ抑えることしか考えていませんでした。

―チームとしてはどんな意気込みで今日の試合を迎えましたか
明大戦を落としてもう落とせないので、絶対勝つぞっていう雰囲気でしたね。

―試合中のベンチの雰囲気は
悪くなかったです。ただ、あと一本が出なかったというかんじです。

―明日以降の登板に向けて意気込みをお願いします
明日は本当に落とせないので、粘り強く投げたいと思います。

吉越投手(1回1/3を無失点)

―今日を振り返って
いつでもいけるように準備はしていました。

―今日の調子は
いつもどうりです

―前回の登板から修正、意識したことは
前は力んでしまったので、今回はボールのノビを意識して投げるようにしました。

―慶大打線の印象は
クリーンナップがいいので、前にランナーを貯めないように意識しました。

―明日の試合に向けて
おそらく接戦になるので、気を抜かずに行きたいです

多木選手(1安打を放ち、開幕から4試合連続安打)

―今日を振り返って
1点差での負けが続いているので悔しいです。

―どんなことを意識して試合に臨みましたか
ビデオを見て竹内投手の対策などある程度の作戦をチ―ムとして立てて臨みました。

―慶大の印象は
投手中心でまとまっている良いチ―ムですが、打線では負けてないと思います。

―次の試合の抱負
もう1試合も負けられないので勝つしかないです。

土井選手(今季初スタメンで1安打)

―今日の試合を振り返って
久々に出してもらって、もっと活躍したかったのですが…まだまだだな、と思います。

―今季初スタメンでしたが、ポジションや打順はいかがですか
(ポジションや打順は)関係なく、試合に出たらそれでいいと思っています。出られて良かったです。

―バッティングの調子は
自分の中では悪くないですが、この神宮球場でちゃんと結果を出すということは難しいです。

―土井選手は先制ホームを踏みましたが、チームの調子などはいかがでしたか
バッティングはみんな悪くないと思いますが、あと1本が出ないので…技術ではなく精神面だと思います。

―慶大投手陣の印象は
六大なのでいいピッチャーです。もっともっと自分も練習しないと打てないと思っています。

―では打線の印象は
10本打たれていて、(法大の)倍近くですが、やっぱりスイングの力が凄いのだと思います。

―次の試合に向けて意気込みをお願いします
たぶん次も相手が左ピッチャーで、自分を出してくれる可能性が高いと思いますが、右ピッチャーでも出してもらえるように頑張ります。

伊藤諒選手(1年生4番)

―今日を振り返って
先制点を取ってそのままたたみかけったが、追加点が取れず逆転負けをした。

―慶大・竹内投手について準備したことは?
左投手でコントロールが良いのでどこに投げるのか研究しながら1週間準備してきた。

―今季ここまで全試合4番を打っての感想は
オープン終盤から4番を打ち始め、初めはプレッシャーに感じたが今は誇りに思う。自分が打てばチームも勝つし

―今季ここまでのチーム状態はどうですか
投手陣があまりよくない。打撃の方はよくバットを振れてると思う。

―明日の試合に向けて
とにかく打つだけです。

金光監督

―今日の試合を振り返って
ロースコアのゲームだったんですけど、もう一本がなかなか出てこないですね。それに尽きると思います。

―試合前に選手にかけた言葉は
明治戦を落としたので、この慶応戦で勝ち点を取らないと繋がっていきませんので。そういう意味で今日のゲームに集中してやろうと言いました。

―竹内大投手の対策や印象
コントロールがいいピッチャーなので、外のボールが多いのでセンター方向に意識して打とうと言いました。(調子は)普通じゃないかと思います。

―三上朋投手について
いいボールと悪いボールがはっきりしているので。特に点を取られる時にはボールが真ん中にいく傾向があります。そのへんが今日の5回に出ましたね。あのタイムリーも外を狙ったボールが真ん中に来たというね。そういうところがまだ課題があるかなと思います。

―伊藤隼太選手は警戒して挑んだ結果(3四球)ですか
4番ですし、甘いボールがいったら長打はありますから。攻めて行った結果のフォアボールですから、仕方ないかなと思います。

―吉越投手と三嶋投手について
吉越もいい感じでアウトを取っても突如ランナーをためてしまいますね。なかなか掴みづらいです。三嶋も本来の調子ではないんですけどね。あそこは1アウト2,3塁だったので、三振を取りにいくとすれば三嶋しかないなと思って行かせました。

―今シーズンは1点差負けという惜しい試合が多いですが
そういうこともあって「ここ一番に強くなれ」というのが今年のテーマでした。やはりここ一番でどうしてもメンタルの弱い部分がでてきますね。大きな課題として残っています。

―明日の先発は
明日はもう石田で。

―明日に向けて
明日負けると、もう優勝争いという意味では、リーグ戦そのものが終わってしまうので。もう一回集中し直していくしかないですね。

明日の展望

 春の王者慶大を相手に投手戦の末、惜しくも敗れてしまった法大。優勝戦線に残るためにも慶大に勝ち点を譲る訳にもいかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日の法大の先発は1年生左腕の石田が濃厚。前回初登板した明大戦では序盤から制球に苦しみながら粘りの投球で5回投げて自責点1、斎藤佑樹(早大→日本ハム)以来の六大学新人、初登板・初先発・初勝利を達成した。この勢いに乗って本来の制球力を取り戻し前回王者から白星をもぎ取って欲しい。

 対する慶大の先発は白村が濃厚。春季の法大2回戦に登板し2回を投げ、無安打・自責点0に抑えた。春季では規定投球回未到達ながら防御率1.21の好成績を残した。しかし春季は主にリリーフが中心で先発した試合も長いイニングを投げてない。スタミナが尽きる時に打線が一気に畳み掛け攻略したい。

 今季はここまで敗れた試合は全て1点差のゲームであったため惜しい負け方をしている。慶大から勝ち点を取るためにも、もう接戦は落とせない。最後まで粘り第2戦に勝利し、第3戦につなげたい。

(宝嶋 優太)

 

フォトギャラリー

  • IMG 7196 R-thumb-160x160-20635回2失点で2敗目を喫したエース・三上朋
  • IMG 7382 R-thumb-160x160-2064久々のスタメンで先制のホームを踏んだ土井
  • IMG 7402 R-thumb-160x160-2065慶大・竹内大の暴投の間に一塁から一挙三塁を陥れる土井
  • IMG 7411 R-thumb-160x160-2066春打率.563の三上朋が先制タイムリー
  • IMG 7545 R-thumb-160x160-2067貴重な右の大砲・長谷川
  • IMG 7634 R-thumb-160x160-2068ランナーを背負いながらも粘りの投球をみせた吉越
  • IMG 7910 R-thumb-160x160-2069無安打シャットアウトの好リリーフを果たした三嶋
  • IMG 7968 R-thumb-160x160-2070一人打撃絶好調の多木
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み