硬式野球
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大3回戦 エース・野村崩せず惜敗...いざ王者・慶大戦へ

東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 VS明 大 3回戦
9月19日(月)
会場:神宮球場

 昨日の第2戦は期待の新星・石田の力投と3年生右腕・三嶋の完璧なリリーフで快勝した法大。その勢いのまま迎えた「血の法明戦」最終試合は、法大エース・三上朋と明大エース・野村の意地と意地のぶつかり合いとなった。

IMG 6305 R-thumb-160x160-1995
開幕から3試合連続2安打以上の多木

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 0 2 0 0 0 1 0 3 10 0
法 大 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 8 1

(明大)○野村‐川辺
(法大)三上朋、●三嶋‐原田

 法大・三上朋は初回先頭打者に安打を浴び、3回にも失策や四球で走者をためる苦しいピッチングを展開していたが、要所で本来の力を発揮し3回を無失点で切り抜けた。対する明大・野村は、3回まで許した安打は多木の内野安打1本のみで、三振を5つ奪うという圧倒的なピッチング。内容に差こそあれ、3回終了時までは均衡が続いていた。

 4回表に、均衡が破れた。2死2塁、三上朋は3度目のピンチで踏ん張ることができなかった。三連打を浴び、2点を失ってしまう。しかしエースの意地を見せ、次の回を三者凡退に切って取ると、6、7回は走者こそ許したものの、気迫のピッチングで無失点に抑え、7回2失点という結果でマウンドを降りた。

 エースの粘投に、打線も奮起した。6回、今まで野村に2打席連続三振を喫していた1番・建部と2番・高木悠が続けて安打を放つと、続く3番・多木が中前安打で1死満塁のチャンスを作る。そして1年生4番・伊藤諒がバットを折りながらも右前適時打を放ち、1点を返した。7回にも6番・長谷川が中前安打で出塁すると7番・松田が犠打で走者を進め、8番代打・難波の左前安打から9番・中尾の左犠飛で1点を追加し、試合を振り出しに戻した。

 8回、法大のマウンドには前日走者を一人も許さない完璧な救援を果たした三嶋が上がった。しかし、1死3塁のピンチを切り抜けることができず、貴重な1点を失ってしまった。その裏は3番からの好打順だったが、三者凡退に終わってしまう。三嶋は9回にも走者を2人出してしまったが、この回は無失点で切り抜けた。

 9回裏、法大は先頭の6番・長谷川が四球で出塁し、7番前田の犠打で1死2塁のチャンスを作るが、8番代打・木下が三振、9番中尾が一ゴロで試合終了。好機を生かすことはできずに終わった。

 開幕カードを1勝2敗と負け越し、厳しいスタートを切ってしまった法大。しかしリーグ戦はまだ始まったばかり。主軸である多木の打撃が好調なことなど、明るい材料もある。ここから法大の逆襲が始まると信じ、選手たちのプレーに期待したい。

(山田 翔太)

試合後の選手のコメント

難波主将

―今日の試合を振り返って
負けたんで悔しかったです。

―今日のチームの雰囲気は
雰囲気はよかったです。

―明治に先制されましたがチームにどのような声をかけましたか
4回だったので、まだいけると。

―7回裏の打席ではどのような気持ちではいりましたか
肩壊していたので、1打席しかないので打つしかないという気持ちです。

―次の慶大戦ではどのような試合をしたいですか
負けられないので頑張りたいです。

多木選手

―今日を振り返って
今までで一番悔しい試合でした。

―野村投手の印象は
全てのボールが低めに集まっていて、試合を作るうまさを感じました。

―2打席目の二塁打について
難しい球でしたが、体がうまく反応してくれました。

―秋から3番だが心掛けていることは
打順は特に気にせず、自分のバッティングをするのみです。

―今日よくなかったところは
接戦だったので、スコアブックに載らないような細かいミスを重ねてしまったのがいけなかったです。

―次の試合への抱負
今日落としたのは痛いですが、リーグ戦がもつれることを信じてこれから一戦も落とさない心構えで行きたいです。

三上朋投手

―今日を振り返って
負けてしまったので、もう話すことはないです。

三嶋投手

―今日を振り返って
駄目でしたね。本当に悔しいという気持ちしかないです。
 
―昨日勝って、第3戦に持ち込むことが出来ましたが
今日勝ってこそ、昨日の勝利や投球内容が生きてくるし、第3戦に持ち込んだことに意味がないと思っていました。だから悔しいとしか思えません。
 
―投球面で意識したところは
昨日は走者を1人も出さなかったので、今日も誰も出塁させなければチームに勢いがつくと思って試合に望みました。
 
―負ければ後がない同点の場面で、どのような気持ちでマウンドに上がりましたか
1点も与えてはいけないと思ってました。
 
―1点ずつ点を返して惜しいところまでいった野手陣に対してどう思いますか
野手は第1戦から勢いにのって打ってくれていたし、投手陣が踏ん張れば勝てる試合ばかりでした。自分の責任ですね。
 
―次週の慶大戦、秋リーグにかける思いは
残り全部勝つ気持ちでいかないといけないし、もうチームに迷惑はかけれないです。1から立て直していこうと思います。

金光監督

―今日の試合を振り返って
接戦になるというのはわかっていたので。6回7回のチャンスでもう一本出ていれば、もっとうちの流れだったんですけど。野村くんもああいったところで踏ん張れるところが、やはりいいピッチャーなんだと思いますね。

―試合前に選手にかけた言葉は
接戦になると思っていたので、全員で勝ち切っていこうと言いました。

―先発の三上朋投手について
ゲームの中で、いいなと思ったら突如ああいった形で連打連打で5安打で。ホームタッチアウトが1本あったので結果的に2点でしたが。いいなと思ったらぱっと崩れてね。あの辺のムラがあるので、ちょっと難しいピッチャーですね。

―松田選手をスタメン起用しましたが
今日の野村投手のスタイルからいったら松田は割とコンパクトに振るので、合うかなと思ったんですけどね。まだまだ野村投手を打つには技術的なものが足りないかなと思います。

―今日の野村投手の印象は
あんまり良くなかったと思いますけど、でもここという場面でのボールはさすがだと思います。全体的に低いですしね。低めのボールがボールと分かっていても打ってしまう高さにくるんでしょうね。やっぱりさすがだというピッチャーだと思います。

―多木選手が3安打と当たってますが
ラッキーなヒットもありましたけどね。今シーズン割としっかりとした形でバッティングしているので。次のカード以降も期待したいと思います。

―慶大戦の先発起用は
終わったばかりなので、ちょっとわかりません。

―慶大戦に向けて
どっちにしろリーグ戦始まったばかりなので。混戦になると思うので、勝ち点4はまだ(優勝の)チャンスが十分にあるとみてますので、次のカードなんとか勝ち点を取ることがうちのやることだと思います。もう次の慶応戦にむかって、やりたいと思います。

※慶大戦の展望は後日アップ予定です

 

フォトギャラリー

  • IMG 6305 R-thumb-160x160-1995開幕から3試合連続2安打以上の多木
  • IMG 6073 R-thumb-160x160-19967回2失点と先発の役割を果たした三上朋
  • IMG 6266 R-thumb-160x160-19974回に左翼手・中尾の好返球で3点目を阻止
  • IMG 6403 R-thumb-160x160-1998初スタメンを果たした1年生・松田
  • IMG 6531 R-thumb-160x160-19992試合連続でタイムリーを放った1年生4番・伊藤諒
  • IMG 6647 R-thumb-160x160-2000代打で今季初安打を放った主将・難波
  • IMG 6924 R-thumb-160x160-2001島内(明大)に痛打をあび敗戦投手となった三嶋
  • IMG 6972 R-thumb-160x160-2002神宮初打席に初球で犠打を決めた4年生・前田
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み