硬式野球
 
 

「春季リーグ戦開幕直前特集~黄金時代再来へ」 第2回 座談会・4年生①

「春季リーグ開幕直前特集~黄金時代再来へ」
取材日:3月13日

「春季リーグ戦開幕直前特集~黄金時代再来へ」第2回は河合主将、西浦直副将、木下副将、大城戸選手、高木選手。大城戸選手の提案により急遽座談会形式で行われたインタビュー。今年の法大を引っ張る4年生のラストイヤーに懸ける思いを聞いてきました。

右から木下選手、河合選手、高木選手

―昨年を振り返って
木下:秋から試合に出させていただいて、建部(賢登)さん(東京ガス)や三嶋(一輝)さん(横浜DeNAベイスターズ)など4年生のおかげで優勝できたシーズンで自分もやりやすくやらしてもらったのでベストナインを取れました!
河合:僕は全試合出れなくて、優勝できたのはよかったですけど全試合出たかったなあと思います。ほんと建部さんをはじめ4年生のおかげで良い思いをさせてもらえたと思っています。
高木:僕は観客席から見ている側だったのであそこでプレーできたらなと思っていました。
大城戸:僕も4年生が引っ張ってくれて、わがままな3年生を好きなようにプレーさせてくれたり伸び伸びとやらせてもらえたのでほんと4年生のおかげだなと思います。次は自分たちがしっかりしなければいけないなと思います。
西浦直:勝つことの喜びを知りました。

―ここまでのキャンプ、オープン戦を振り返って
木下:自分はちょっとけがをしていたのでオープン戦とかも見る側だったんですけど、最近やっとベンチにも入って、あんまり勝ち切れてはいないですけど社会人相手にも簡単に負けていないので悪くないと思います。
河合:いい感じできていると思います。
高木:今季からずっとオープン戦に出させてもらっているので、そのチャンスを生かして神宮でも出たいと思っています。
大城戸:キャンプは首を寝違えて1週間くらい野球してないですけど、こっち(川崎)に帰ってきてからは出遅れた分一生懸命やって、また激しいレギュラー争いが繰り広げられている中勝てるように努力していきたいです。
西浦直:毎日元気良くできていると思います。

―オフシーズンやキャンプで重点的に取り組んだことは
木下:自分はこの前の秋のリーグ戦がバッティングのほうで不本意だったので、リーグ戦で結果を残せるようなバッティングをしようと思って練習をしています。
河合:スイングの量は大分増やしたかなあと思います。
高木:自分は就活していました。
大城戸:野球云々じゃなくてまずは体を作ろうというところから始めて、オフシーズンは食べました。食べてウエイトをしました。
西浦直:寒さに負けずに毎日頑張りました。

―今の4年生の雰囲気はいかがですか
木下:めっちゃ悪いです(笑)・・・良いです、すごく良いです。いや見ていてちょっとイライラするんですけど(笑)僕は個人的に好きなやつはいないですけど、みんな頑張っているんじゃないかと思います。
河合:明るくて元気が良くて、明るいチームじゃないかと思います。
高木:4年生はいいチームです。
大城戸:いいチームです(笑)
西浦直:いいチームです(笑)

―他大で意識しているチームや選手はいますか
木下:他大でですか…いやいないです。自分は自分のチームのことが心配で他大には興味がないです。
河合:特に意識しているところはないですね。
高木:何も意識していないです。
大城戸:ほんまにいないです。
西浦直:東大が怖いです。桑田さんが招聘(しょうへい)されたので。

―オフの過ごし方は
木下:オフ返上でトレーニングしています。
河合:そうですね、温泉行ったりとか、たまにトレーニングしたりとか充実していると思います。
高木:武蔵小杉界隈をガヤガヤしています。
大城戸:オフを使って寝ています。
西浦直:・・・デートしています(笑)
一同:(笑)

―河合選手に伺います。主将になられましたが今までに主将の経験はありますか
河合:やったことはないです。

―初めてということで不安やプレッシャーなどはありますか
河合:いまのところはあんまり感じていないです。

―どのような主将になりたいですか
河合:そうですね、去年の建部さんが素晴らしい方でしたので、建部さんみたいな人間になれたらいいなと思います。

―プロ入りへの意識は
河合:はい!あります!

―高木選手に伺います。今、打撃好調ですがその要因は
大城戸:言っとけ。
高木:こいつ(大城戸選手)のマネをしていたら打てるようになりました。

―大城戸選手はどんなアドバイスをしたのですか
大城戸:僕が打っていたら、後ろで同じようにタイミングをとるようにしたらしいです。
高木:ただそれだけです。フォームとかではないです。

―タイミングの取り方を変えたということですか
高木:そうです。

―高木選手といえば打撃が注目されがちですが、走塁や守備に関しては
高木:走塁はホームラン打ったらしなくていいから(笑)
一同:(笑)
高木:守備はみんなが投げてくる球をしっかり捕ろうと思っています。

―法大で期待している選手はいますか
木下:今年の春ですよね。春は・・・浅田です。
一同:(笑)
木下:浅田マネージャーです。理由言ったほうがいいですか?

―いや、大丈夫です(笑)
木下:そうですか。すみませんでした(笑)
河合:そうだなあ・・・齋藤(秀)!右の。3年生の齋藤ですかね。

―やっぱり左バッターが多いということが理由ですか
河合:それもありますけど。3年生になってやっと自分らしいバッティングができてきたのかなと思います。
高木:僕は伊藤諒介ですかね。

―ライバルですけど
高木:いやーいいバッティングしているんですよ。
一同:(笑)
西浦直:自分で!

―建部選手世代が抜けて4年生になりましたが意識の変化はありますか
木下:練習ではあんまり変わってないですけど、朝の寮の掃除とか野球以外のところができるようになりました。
河合:全員が最上級生として意識が変わって、やらなければいけないという気持ちになっていると思います。
高木:同じです。
大城戸:野球のときは3年生のときから自分が一番でありたいという気持ちでやっていたので。それ以外のところで、一番上になったことで、全員が下になったので、一番上がやらないと下もそれを見ているので、そういう中で意識の変化は表れたのではないかと思います。
西浦直:以下同文で。
一同:(笑)

―お手本としている選手はいらっしゃいますか
木下:いやいないです。
河合:バッティングは大城戸をかなり参考にしているし、守備だったら直亨(西浦)とか、同じ大学のやつを参考にしながらやっています。
高木:バッティングは大城戸で・・・
大城戸:集まるね、票が。
一同:(笑)
高木:守備は木下で(笑)
大城戸:バッティングで参考にしているのは・・・守備はいっぱいいます。

―たとえば誰ですか
大城戸:全員ですね。多分自分が一番下手くそなので守備は。野球選手として尊敬しているのは・・・完治(河合)はすごいなと思います。立ち方とかきれいなので、そういう周りから見られる目というのを気にしながらやれる選手はすごいなと思いますね。
高木:(大城戸選手を見る)
大城戸:お前は猫背や。
一同:(笑)
西浦直:あまりいないです。

―大城戸選手に伺います。外野や内野などいろいろなポジションをやっていますが、ポジションにこだわりはありますか
大城戸:ないです。ここまできたら自分がどんなかたちであれ貢献できたらいいと思うので、任せられたところを一生懸命やりたいと思います。

―打順のこだわりはありますか
大城戸:個人的に去年の3番・河合、4番・西浦(直)、5番・大城戸というのが好きだったんですけど、今年は、去年1番に建部さんという素晴らしい人がいて、そこを打てるような選手になれれば。建部さんを超すつもりで頑張っていきたいと思います。

―西浦直選手に伺います。プロ志望があると思うのですが、アピールしたいところはありますか
西浦直:走攻守だけでなく、野球選手としてのすべてでアピールしたいと思います。

―木下選手に伺います。副将になりましたが、どのような副将になりたいですか
木下:グラウンドにはキャプテンがいるので、ブルペンに僕がいることが多くなると思うので。去年のリーグ戦も点をやらなかったことが良かったと思うので、そういうバッテリーにしたいと頑張っています。

―みなさんの一番のアピールポイントは
木下:僕は多分トーク
一同:(笑)
木下:すみません、間違えました。スピードです(笑)
一同:(笑)
木下:いやいや肩です!
河合:バッティングかな!
高木:スイングスピードですね!
大城戸:チンピラ度ですかね(笑)
一同:(笑)
大城戸:バッティングはもちろんアピールしたいんですけど、打球反応や走塁での判断、野球観です!
西浦直:自分は守備で!

―最後に春季リーグ戦への意気込みをお願いします
木下:チームとしては10勝0敗で優勝することで個人的には秋は打てなかったので大事なときに1本打てて勝利に貢献できたらいいと思います。
河合:優勝できるように4月13日から100%の力で戦えるように準備はしていきたいと思います。
高木:チームで優勝して、その光景を見るだけというのは嫌なので、なんとかチームの力になれるように頑張ります。
大城戸:去年の秋に初めて優勝させてもらって、優勝した喜びと最後日本一になれなかった悔しさというのを味わったので、なんとしてもこの春はメンバーに入って日本一を取れるようにやっていきたいと思います。
西浦直:連覇のチャンスがあるのは法政大学だけなので、そのチャンスにしっかりチャレンジしていきたいと思います。

プロフィール

河合完治(かわい かんじ)
法学部政治学科4年
1992年1月15日生まれ
愛知県出身・中京大中京
175cm、75kg・右投げ左打ち

木下拓哉(きのした たくや)
人間環境学部人間環境学科4年
1991年12月18日
高知県出身・高知
182cm、88kg・右投げ右打ち

西浦直亨(にしうら なおみち)
経営学部経営学科4年
1991年4月11日生まれ
奈良県出身・天理
178cm、75kg・右投げ右打ち

大城戸匠理(おおきど しょうり)
法学部政治学科4年
1991年8月29日生まれ
兵庫県出身・寒川
178㎝、75kg・右投げ左打ち

高木智大(たかき ともひろ)
文学部史学科4年
1991年7月15日生まれ
福岡県出身・福岡大大濠
190㎝、95kg・左投げ左打ち

フォトギャラリー

  • 左から高木選手、河合選手、木下選手
  • 左から西浦選手、大城戸選手
  • 主将としてチームを引っ張る河合
  • バッテリーをけん引する扇の要・木下
  • 4番打者として期待がかかる西浦直
  • チーム1の打撃センスをもつ大城戸
  • 持ち前の長打力でスタメンを狙う高木
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み