硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大2回戦 佑ちゃん以来!1年生石田が初先発、初勝利!

東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 VS明 大 2回戦
9月18日(日)
会場:神宮球場

 第1戦を落とし、勝ち点奪取のためには負けが許されない法大。昨日の敗因の1つであった、各投手の失点。それだけに投手陣の真価が問われる試合になるであろう。そんな中、初登板初先発の石田がコールされた。

IMG 4877 R-thumb-160xauto-1966
新たなる伝説の幕開けとなるか

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 1 0 0 0 0 2 0 0 0 3 8 0
明 大 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1 5 1

(法大)○石田(1勝)、三嶋‐原田
(明大)●難波、岡大‐川辺

 法大打線は初回、無駄の無い形で攻撃を仕掛ける。1番・建部が中前安打で出塁し、2番・高木悠が犠打で1死2塁とする。3番・多木が中前適時打を放ち、先制点を得る。

 援護をもらった初登板初先発の石田は1回、3つの四死球で不安定な立ち上がりだったものの、バックの守りに助けられ3回まで被安打0に抑える。4回、2死から7番・川辺、8番・難波に連続安打を許し、2死1、3塁とピンチを招く。9番・小林要に中前適時打を打たれ同点とされるが、勝ち越し点は与えなかった。

 6回、再び法大打線がつながった。1番・建部が右前安打を打ち、2番・高木悠が犠打で1死2塁とする。3番・多木は右中間適時打で勝ち越し点を得る。初回はここから攻撃を断たれたが、1年生ながら4番に座る伊藤諒も四番の意地とばかりに右越適時ニ塁打を放ち、点を加えた。

 6回から登板した三嶋は、昨日とは打って変わって1人の打者も許さない完璧なピッチングを披露し、白星で第3戦へつなげた。先発・石田は07年斎藤佑樹(早大→日ハム)以来となる1年生初登板・初先発・初勝利で神宮デビューを果たした。

(松原 早紀)

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h2.png); background-position: 0% 50%;">試合後の選手・監督のコメント

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-position: 0% 0.25em;">難波主将

―今日の試合を振り返って
勝てて良かったです。

―一年生の石田投手が登板しましたが、いかがでしたか
フォアボール出しながらも頑張ったと思います。

―試合前、石田投手に声をかけたりということはありましたか
特にはないですね。

―6回からは三嶋投手がしっかりと抑えてくれました。調子はいかがでしたか
昨日良くなかったですけど、今日は頑張ってくれました。

―ではチーム全体の調子は
今日勝てたので、また明日勝てればと思います。

―今日の明大の印象は
岡投手、球が速いですね。

―明日も接戦が予想されますが、意気込みを
勝ち点を取れるように頑張ります。

石田投手

―今日の試合を振り返ってみていかがでしたか
総合的にコントロールが良くなくて、課題が見つかりました。調子が悪い中でも1失点で抑えられたのは良かった所だと思います。

―石田投手にとって初登板初先発となりましたが、感想をお願いします
やっぱり初登板初先発というのはそんなに無いことですし、そこで勝てたらいい印象を残す事ができるな、と思いました。結果的に制球がばらついてしまったんですけど勝てて良かったです。

―初回から四球が多く緊張もあったんじゃないでしょうか
そうですね、ボールが散らばってしまったんですけど、スピードは出てたし、修正可能だと思いました。

―相手の打線の印象は
1番から9番までいいバッターが多くて気を抜けない打線でした。特に中嶋選手は当たっていたので気をつけました。コースを狙って集中して投げました。

―4回の失点は連打からの失点でしたが
9番打者にタイムリーを打たれたんですけど、甘く入ってしまいました。(あういう場面での)コントロールが課題だと思います。あそこで抑えたかったです。

―試合前とかに原田さんと話したことはありますか
相手打者が当たってるけど研究通り投げていれば打たれる事は無い、ということだったので原田さんのサイン通り、信じて投げました。

―次の試合に向けて意気込みをお願いします
明日は投げるかどうか分からないですけど、これからも先発の機会はまだあると思うので、それに向けて頑張っていきたいです。

三嶋投手

―今日を振り返って
昨日と調子は変わらないので、絶対に抑えてやるという気持ちだけで、気合を入れて投げました。

―明大打線の印象
研究した通りでした。昨日負けてミーティングをしました。

―特に気をつけた打者は
昨日三嶋選手だけに5点も取られているので、気をつけて投げました。

―自身のバッティングについて
岡投手はストレートが速かったので、変化球にしぼってバットに当てることだけを考えて打ちました。

―チームの雰囲気は
今日は1年生の石田投手ががんばっていたので、3、4年生もがんばろうと。昨日より雰囲気がよかったです。

―夏に取り組んだことは
大学に来て1番走りました。しっかり休まず自覚を持ってやりました。

―秋は基本的にリリーフですか
はい。

―明日にむけて一言
明日勝てないと意味がないので、今日帰ってしっかりすごし、絶対に勝ちたいです。

建部選手

―今日を振り返って
負けたら後がないので何としてでも勝って明日リベンジするという気持ちでした。

―2安打2得点とチームの勝利に貢献しましたがバッティングの調子は
3三振もしましたし、良いとは言えないです。でもヒットが得点につながったのは良かったです。

―高木悠選手の犠打、多木選手の適時打という形で得点になりましたが
自分のヒットで始まりつないでくれて素直に嬉しいです。特に同級生ですし刺激になります。

―先発難波投手の印象は
春も対戦して良い投手だったのでそう簡単に打てないと思ってました。しっかりやっていこうと試合に望みました。

―夏季オープン戦での収穫は
調子自体は良くなかったのでチームに迷惑をかけていました。そんな中、技術的な面で少し変わりました。

―チームの雰囲気は
悪くないです。みんなのっているのでこの調子でいきたいです。

―明日へ向けて
きっと野村投手が先発してくると思うので最後の戦いになりますし、しっかりリベンジしたいです。

http://sports-hosei.net/img/share/bg_h3_result.png); background-position: 0% 0.25em;">高木悠選手

―今日を振り返って
前のバッターが出てくれたからランナーを進めることを考えて打席に入れました。

―今日の調子は
あんまりよくなかったけど積極的に打ちにいったことが結果に繋がりました。

―本職の二塁を守った感想は
レフトより気持ちが楽になりました。

―明日の試合に向けて
今日勝ったから明日も取ります。

多木選手

―今日を振り返った感想をお願いします
今日は、昨日負けてるので勝ち点を取りにいった結果なので素直に勝ててうれしいです。

―明大投手陣の印象は
いやぁ、もう皆いいピッチャーで変化球も切れていたので何とかいいところで打てて良か
ったです。

―第1打席と第3打席でタイムリーが出ましたが…
もう、ほんとにチャンスで打つことができてチームに貢献できたことがとてもうれしいで
す。

―第3打席で受けた自打球の影響は大丈夫ですか
痛いですけど、そんなこと言ってられないのでしっかりケアして明日も頑張ります。

―昨日の試合後にチームでミーティングなどはありましたか
特にそういうのはなくて、本当に気持ちで負けないように勝ちにいくっていう強い気持ち
を持って望みましたね。

―明日への意気込みをお願いします
もう勝ち点を絶対に取りにいくだけですね。

伊藤諒選手

―今日の試合を振り返って
投手がよく抑えてくれました。なかなか点が取れなかったですが、勝ててよかったです。

―相手投手の印象
まっすぐがそこそこ来ていたのでタイミングが合わせづらかったですが、なんとか合わせられました。

―3点目のタイムリーについて
今までなかなかチャンスで打てていなかったので、絶対に打とうと思って打席に入りました。

―2日続けて4番だが重圧はあるか
オープン戦から4番を任されていて、最初は重圧もありましたが今は感じていません。

―試合前監督に言われたことは
4番の重圧があると思うが気にせず、気軽に打ってこいと言われました。

―今日の試合でよくなかったところは
やはり最後の打席の見逃し三振。チャンスで打席が回ってきて、打てたらチームが楽になるのに打てなかったです。空振りならまだしも、見逃しというのが悔しいです。

―最後に明日への抱負を
明日勝たないと今日勝った意味がないので、何がなんでも勝ちます。

金光監督

―今日のゲームを振り返って
ロースコアのゲームに持ち込めました。石田が初登板で緊張してフォアボールが多かったですが、1点でしのいでくれたので、後半の三嶋のピッチングに繋がったのかなと思います。

―試合前に選手にかけた言葉は
今日勝たないことには明日に繋がらないので、今日全員で勝ちに行こうと。もうそれだけでした。

―難波選手のケガは
いまは代打という形でしか使えないです。来週のカードか一週空けたあとに故障が癒えてくるか、そこの見極めです。

―先発の石田投手については
今日はずいぶん緊張していたみたいで。ただあの子の良さというのは、ピンチになってもなかなか崩れにくいですね。そういう粘り強いところもあるので。非常に今後も期待できるのではないかと思います。

―石田投手を先発させると決めたのは
僕自身のなかでは2,3日前に。一戦目三上、二戦目石田というのは。ただ、本人に言ったのは今朝です。

―難波投手の印象や対策については
コントロールもいいですし緩急の使い方もいいので、そう簡単には点を取れないと思っていました。初回、6回に多木がいいところで打ってくれたので。多木にはやはり勝負強さというのを求めていますから、そういう意味で効果的なヒットでしたね。明日も野村くんに対してそういうバッティングをしてくれることに期待したいですね。

―三嶋投手も調子が良さそうでしたが
今日はマウンド上がったときにいい状態だなと感じましたし、今日は大丈夫だなと思いました。

―岡投手から7三振という結果でしたが
初めて対戦したという部分もあるでしょうけど、高めのボール球をみんな振っていたので、そこをもう一度みんな修正していかないといけないかなと思います。

―明日の野村投手については
一回戦は打ち崩しましたから、相当彼自身も気合が入っていると思うので。明日は三上と野村の投げ合いになんとかうちの打線が少ないチャンスをものにして、後半の勝負に持ち込める展開にしたいですね。

―明日の試合は
とにかく三上に頑張ってもらわないとね。三上が試合をきちっと作ってくれて、三嶋が今日立ち直ってきつつあるピッチングをしたので、なんとか三嶋につなげるような展開に持ち込めればいいんですけどね。

明日の展望

期待の1年生ルーキー・石田の初登板初先発を白星で飾る事の出来た明大2回戦。今日の勝利の勢いそのままに明大から勝ち点を奪って幸先のいいスタートダッシュを切りたいところだ。

法大の先発は1回戦で先発した三上朋が濃厚だ。第1戦では不完全燃焼に終わってしまった三上朋だが、ここは4年生としての意地を見せてほしい。試合を作れば後ろには三嶋が控えている。今日は6回から登板し、完全救援。ランナーを1人も許さず、復調を印象づけた。三上朋、三嶋の必勝リレーが出来れば法大の勝利はぐっと近付くはずだ。

明大の先発は野村でほぼ間違いないだろう。第1戦では法大打線が野村を攻略し、7点を奪いマウンドから降ろした。早めに先制点を取って野村をリズムに乗らせないようにしたい。

野村攻略の鍵となりそうなのが多木伊藤諒だろう。多木はオープン戦から好調を維持し、第1戦でもヒットを放っている。金光監督からも勝負強さを期待されているだけに、主軸としてその期待に応えたいところだ。また伊藤諒は春季リーグ戦で野村からホームランを放っている。開幕から4番に座った伊藤諒の豪快な一発に期待がかかる。また、第1戦でホームランを放った長谷川もいいイメージを持って試合に臨めそうだ。

とはいえ、野村は六大学屈指の好投手。三上との投げ合いも予想される。少ないチャンスでも効率良く得点を重ね、勝利を引き寄せたい。

明大2回戦に勝利し、なんとか第3戦に望みを繋いだ法大。「血の法明戦」の名の通り、熱い試合が繰り広げられている。明日も勝つ為にはエースの奮起と打線の爆発が必須になる、厳しい戦いが予想される。しかし、法大が優勝するにはここで勝ち点を落とす訳にはいかない。明日はなんとしても勝利し、優勝への第一歩としたい。

(一戸 亮佑

フォトギャラリー

  • IMG 4877 R-thumb-160x160-1966新たなる伝説の幕開けとなるか
  • IMG 4994 R-thumb-160x160-1967序盤は緊張で制球を乱した石田
  • IMG 4612 R-thumb-160x160-19682安打2得点の活躍をみせた建部
  • IMG 4633 R-thumb-160x160-19692打点とチャンスで打った多木
  • IMG 5486 R-thumb-160x160-19704回をパーフェクトリリーフした三嶋
  • IMG 5396 R-thumb-160x160-19714番に座ってから初タイムリーを放った伊藤諒
  • IMG 5570 R-thumb-160x160-1972今日も1安打と2番打者として活躍する高木悠
  • IMG 5680 R-thumb-160x160-1973打っても2安打の三嶋
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み