硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大1回戦 奇跡の逆転も及ばず...悔やまれる敗戦

東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 VS明 大 1回戦
9月17日(土)
会場:神宮球場

 法政野球部にとって、大事な開幕戦。相手は宿敵・明治大学。両軍の先発は三上朋、野村と4年生エース対決となった。開幕から、いきなりこの秋のリーグを占うカードとなった。”血の法明戦”の名にふさわしい、激闘となった。

IMG 4206 R-thumb-160x160-1958
6回に野村から代打逆転タイムリーを放った木下

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 1 3 0 2 2 0 1 9 10 0
法 大 0 1 0 0 0 6 0 1 X 8 12 2

(法大)三上朋、吉越、三嶋、●船本(1敗)‐原田
(明大)野村、柴田章、○今岡、関谷‐川辺
[本塁打](法)長谷川1号(2回ソロ=野村)
    (明)中嶋1号(4回3ラン=三上朋)

 打撃戦の死闘を制したのは明大だった。試合は法大・三上朋、明大・野村の両エースの先発で始まった。三上は1,2回とテンポの良い投球で明大打線を抑える。打線も2回に長谷川のソロ本塁打で先手を取る。試合は法大ペースと思われたが、3回に同点に追い付かれると4回には中嶋に勝ち越しスリーランを浴び、一気に明大ペースとなる。頼みの打線も野村の前に5回まで1点に抑えられてしまう。

 

 試合は6回に再び動く、明大は三上に代った吉越を攻め2点を追加する。しかしその裏、高木悠、多木の連打でチャンスを作ると、原田の2点タイムリーを皮切りに今村、代打・木下も続きこの回一挙6得点で試合をひっくり返す。だが、誤算だったのは投手陣であった。逆転直後の7回に三嶋があっさり2点を献上し逆転を許す。法大は8回に高木悠のタイムリーで同点に追いつくも、船本が9回2死から連打を浴び明大に再び勝ち越されてしまう。その裏、打線は関谷からチャンスを作るも、最後は中尾が投ゴロに打ち取られゲームセット。打線は好投手・野村を打ち崩すも、投手陣が精彩を欠き初戦を落とす厳しいスタートとなった。(岩崎駿祐)

試合後の選手・監督のコメント

難波主将

ー今日を振り返って
接戦を勝てなかったのは痛いですね。

ー初戦から明治ということで何か対策などはあったのでしょうか
野村だったので、ビデオをしっかり見て研究はしました。

ー主将として試合前に何か掛けた言葉などはありましたか
ここまで来たらやるだけなので、特に何もないです。

ー5回の代打の場面ではどのような心境で打席に立ちましたか
ケガして出れなかったので、何とか打ちたかったんですけど

ースタメンではないというのはケガの影響が大きいということでしょうか
そうですね。

ーラストシーズンということですが、どのようなシーズンにしたいでしょうか
優勝しかないので、優勝めざして頑張りたいと思います。

ー明日への意気込みをお願いします
勝ち点は落としてないので、明日勝って明後日に繋げたいと思います。

船本投手

―今日を振り返って
オープン戦で調子悪くて調整してたんですけど、まだですね。

―今日の球自体もよくなかったんですか
はい、納得できないですね。

―今日が開幕戦でしたが、どんな気持ちでマウンドに上がりましたか
自分にできることをやろうと思っていました。

―今日のピッチングで気をつけたことはありますか
腕をしっかり振ろうと思っていました。

次回の登板への意気込み
投げる試合は自分にできることをしっかりやろうと思います。

原田選手

―今日を振り返って
ミスとかもうちは結構出てしまってそれが失点につながったので、もしミスをしても失点を防げるようにしていかなければいけないと思いました。

―リーグ戦にむけてチームとして取り組んだことは
オープン戦はバッテリーに関しては投球のテンポを速くして、その中で抑えていくということで、今日はそれが実践できたと思います。バッティングは初球からどんどん振っていくということをテーマとしていました。

―原田さん個人の取り組みも初球から振っていくことを意識されたのですか
そうですね、六大学はいいピッチャーが多いのでファーストストライクをいかに振っていけるかということを考えましたね。

―今日はエースの野村選手との対戦でしたが対策はありましたか
チームとしては、やはりコントロールがいいのでインコースとアウトコースを取られると厳しくなるので、しっかりベースについて外の球をセンターから外に振っていくことを意識しました。

―法大投手陣の調子はいかがでしたか
…まぁ、良くもなく悪くもなくという感じでしたね。もっと低めを意識したリードをしなければいけないと感じました。

―第3打席でのタイムリーではどのような気持ちで打席に入りましたか
前の2打席は焦っていた部分があったので初球空振りでもいいので、しっかりタイミングを取って、と思ったことがあの場面のタイムリーにつながったと思います。

―チームの雰囲気は
ミスが多くでたのですが、ミスを減らしていけばどんどんチームは仕上がっていくと思うので明日に向けて切り替えていこうという感じですね。

―明日に向けて一言お願いします
勝って優勝するためにも大事な試合なのでバッティング中心でしっかり勝ちたいと思います。 

今村選手

―今日の試合を振り返ってどうでしたか
スコアブックに載らないミスがあったので、エラーにならないミスが多かった。勝てる試合だったかなと。

―今日に向けて取り組んできたことはありますか
初戦は野村投手なんで、コントロールがいいのでアウトコースを打ち返す練習をしました。

―6回裏の打席はどのような気持ちではいりましたか
積極的に、初球からいこうと思って。頑張りました。

―明日に向けての意気込みをお願いします
後がないんで勝つだけです。勝ちましょう!

長谷川選手

今日を振り返って
負けたんで切り替えて明日に臨むだけです。

多木選手

―今日の打撃について
2本打てたのは良かったですけど、チャンスで打てなかったのが残念ですね。

―1本目のヒットについて
うまく拾えて打てました。オープン戦から調子は悪くなかったので、今日も良い感じでいけました。

―試合が接戦でしたが
試合に負けたので、惜しいとかはあんまり関係ないです。自分がチャンスで打てていたら流れも変わっていたと思います。

―打撃陣は好調でしたが
かみ合えばすごい打線だとおもうので、あとはロースコアの試合で如何に点を取れるかが大切だと思います。

―4年生にとって最後のシーズンですが、どのようなシーズンにしたいですか
優勝です。

高木悠選手

―今日を振り返って
初めて(の神宮での試合)なので緊張しました。

―今日に向けて取り組んだこと
特にないです。

―今日の調子は
普通です。

―8回裏に同点打を打ちましたが、どのような気持ちで打席に入りましたか
繋ごうと思っていました。

―チームの雰囲気は
6回表の同点、逆転したときの雰囲気はすごく良かったです。

―明日に向けての意気込みをお願いします。
勝ちます!

木下選手

―今日を振り返って
少ないチャンスのなかで、結果を出せてよかったです。

―野村投手からのタイムリーについて
みんなが繋いで作ったチャンスだったので、打ててよかったです。

―野村投手の印象は
入学前から知っている六大学を代表するような投手なので、打ててよかったです。

―明日に向けて
明日はチャンスを与えられたら結果を出すだけなので、なんとか勝ちたいと思います。

伊藤諒

―今日を振りかえって
逆転負けで悔しいです。自分が打てず負けてしまいました。

―今日の自分の打席全体を振りかえって
特に最後の打席は甘いところにボールが来たが打ち損じてしまいました。練習の時から調子が悪かったです。

―6回の2塁3塁のチャンスの場面の打席について
何としても打ってやろうと思っていました。(結果は四球)

―今日は開幕戦だったが、この試合までどんなことに取り組んで来たか
肩を1ヶ月ほど痛めてしまい、自分の課題である守備の練習が上手く取り組むことが出来なかったです。

―次の試合に向けて一言
次はチャンスでしっかり打てるように頑張りたいです。

金光監督

―今日を振り返って
これだけ点を取られたんでね。バッターのほうは、6対1のところから、よく取り返したと思います。ただピッチャーのほうがね。

―試合前に選手にかけた言葉は
ここまできたら、もうバタバタしてられないので、いまできることをしっかりやりなさいと言いました。

―先発の三上朋投手について
ちょっとあの子は分かりにくいというか…。いいかなと思ったら、ぱっと悪くなってしまうような。掴み所がないところがこのピッチャーの特徴なんでしょうかね。立ち上がりいいかなと思ったら、3回にボールが浮き出したり、野村くんに不用意に高めのストレートを出したり。ちょっと、なんとも判断がつかないですね。

―野村投手について
あれだけ点を取られたことはないでしょうから、調子が悪かったということでしょうかね。

―高木悠選手が初スタメンでしたが
初めてのリーグ戦ですが、とても思いきりのいい子です。今年のチームのなかでは非常に積極性のある子の一人なので、2番に起用しましたがいい働きをしましたね。

―9回に長谷川選手の打席前にかけた言葉は
もうあそこは「打たせるぞ」と言いました。向こうのファインプレーに阻まれましたので、しょうがないですね。

―明日の先発は石田投手ですか
明日は石田で。若い力で思いっきりね。結果を怖がらずにやってほしいですね。

―明日に向けて
勝ち点勝負なので、明日なんとか。選手にもいっていますが、このリーグ戦は総力戦になると思います。なんとか明日取って、明後日に繋げたいです。

明日の展望

 まさに「血の明法戦」と呼ぶにふさわしい激戦だった明大1回戦。惜しくも初戦を落
とした法大だが、今春も2回戦以降に連勝し明大から勝ち点を奪っただけにこのままで
は終わらないだろう。

  明大の先発は先週の早大戦で5回2失点と試合をつくった難波が予想される。明大の絶
対的エース・野村をマウンドから降ろした勢いそのままに攻略し、逃げ切る試合展開に持
ち込みたいところ。

  また、打線では今日の試合で3ランを含む2安打5打点と打ち込まれた中嶋に注意。6
番打者ながら怖い存在なだけにクリーンナップを抑えても集中力を切らさずにしっかりと
抑えたい。

  法大の先発は1年生の石田が有力。リーグ戦登板経験はないものの夏のオープン戦で好
投を続け頭角を現した左腕だ。金光監督が「コントロールはチームトップ3」と称するよ
うに制球力が高く、マウンド度胸も抜群なだけに強気の投球で攻撃陣のリズムにつなげた
い。

 打線は明大投手陣から8点を奪うように好調なので早い展開で得点を重ね、守護神
三嶋へとつなぐ必勝リレーに持ち込みたい。それだけに今日の試合のようにミスから
起こる失点は何としても防がなくてはいけない。

 第1戦の試合結果が示すように両チームの実力はほぼ互角。また、開幕カードとはい
え明大戦は優勝の鍵を握る重要な一戦。それだけに明日は何としても勝利し、第3戦へ
と望みをつなげたい。(福田 遥介)

フォトギャラリー

  • IMG 4206 R-thumb-160x160-19586回に野村から代打逆転タイムリーを放った木下
  • IMG 3620 R-thumb-160x160-1959開幕投手としてマウンドに上がった三上朋
  • IMG 3838 R-thumb-160x160-19601年生4番として開幕スタメン入りを果たした伊藤諒
  • IMG 3857 R-thumb-160x160-19612安打2打点と波に乗る原田
  • IMG 3945 R-thumb-160x160-19622安打1打点の活躍をみせた今村
  • DSC 0335 R-thumb-160x160-1963明大に追撃を許してしまった2番手・吉越
  • IMG 4070 R-thumb-160x160-1964初スタメン、初出場で2安打1打点と結果を残した高木悠
  • IMG 4484 R-thumb-160x160-19658回に同点に追いつき湧くベンチ
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み