硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大戦展望

東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 VS明 大
9月17日(土)
会場:神宮球場

 ついに明日、法大野球部の初陣が神宮球場にて行われる。怒涛の夏季オープン戦を終え、さらなる成長を果たしたナインの勇姿を見ることが待ち遠しい。初戦の相手は、春最終戦で激突した明大。明大エース・野村のラストシーズンだけに、天皇杯奪取の思いは強い。果たして法大ナインは、いかに明大を攻略するのだろうか。

IMG 0165 R-thumb-160xauto-1926
同じ4年生右腕の両軍エース

対野村がすべてを左右する 

 春、最終戦を戦った宿敵・明大との血の法明戦。今秋は法政の初陣で、いきなり激突する。

 明大を語る上で外せない選手は、エース・野村である。先週の早大戦で早くも2勝を挙げ、通算30勝も射程距離に入った。また野村は春季リーグでは第一戦の先発で全勝も、第三戦の先発ではすべて勝ち星を落とした。しかし、先週の対早大戦3回戦では7回を1失点に抑え、ついにそのジンクスを克服した。

 野村のこの4年間での対法大戦成績は通算6勝2敗と、六大学のなかで対東大戦(通算7勝)に次ぐ勝ち星の多さだ。将来的に六大学の歴史に名を刻むであろう大投手・野村を攻略しないことには、悲願のリーグ優勝は見えてこない。

 しかし、法大エース・三上朋は春のリーグ戦で野村と投げ合い、見事勝利を収める。明大1回戦では4回3失点KOも、3回戦では完封勝利を挙げ勝ち点奪取に大きく貢献した。その後三上朋と野村は、今夏の日米大学野球選手権で初めてチームメイトにもなり、お互いライバル視する関係となった。この2人の投げ合いが法明戦の行方を左右することは間違いない。

 野村を攻略することは必須であるが、明大の先発2番手投手を打ち崩すことも大きな課題だ。先週の早大2回戦では、明大の先発には難波が上がった。しかし、難波は5回2失点でマウンドを降りると、後続のリリーフも思うような投球ができずに、春5位の早大に対し痛い敗戦を喫した。第二戦の投手こそが、明大唯一の弱点として挙げられるだろう。

 明大・中継ぎの多くは早大戦で打ち込まれたが、唯一完璧なピッチングを披露したのが今岡だ。今岡は1年生ながらも、夏季オープン戦で好投を連発し、見事ベンチ入りを果たした投手だ。法大打線が今岡と対戦したのが、春の新人戦1回戦。この日の今岡は1回を投げ法大打線を無失点に抑える。今岡の武器である伝家の宝刀・シンカーを打ち崩せば、このカードを優位に進めることはできるはずだ。

 法大の第二戦の投手は、吉越か1年生の石田が予想される。吉越は今春のリーグで先発・中継ぎで大車輪の活躍をみせた。夏季オープン戦では、持ち前のテンポのいい投球で、快投をみせることも少なくはなかった。また、1年生の石田は金光監督からの期待が非常に大きい投手だ。夏季オープン戦終盤では、三上朋・吉越・石田の先発ローテーションで回るなど、1年生として異例なほど指揮官からの信頼を得ている。持ち前のコントロールと強気なピッチングで、鮮烈な神宮デビューを飾るかもしれない。不安が拭えない明大の先発2番手投手を打ち崩すだけでなく、法大の第二戦投手が好投をすることが明大戦で勝ち点を取る上で重要だ。

 そして明大の大きな武器は、機動力と守備力だ。今春のチーム盗塁数22はリーグ1位であり、失策8は早大と並んでリーグ最小失策だった。特に中村将は今春には10盗塁の活躍をみせ、さらに持ち前の俊足で広い守備範囲を持つ。明大野手陣を象徴する野手だろう。また、先週の早大戦ではセカンドの上本、ショートの阿部寿が好守を連発。この鉄壁のセンターラインは、法大にとって脅威となりうる。守備からリズムを作る明大だけに、豪快な打撃で勝ちきりたいものだ。

 春の明大戦で勝ち点を取れたのは、三上朋の粘りだけでなく伊藤諒の存在も大きかっただろう。伊藤諒は明大1回戦で野村から神宮初アーチを放つと、翌日の2回戦で難波から決勝2ランを放ち、3回戦へ望みをつないだ。この開幕カードでは4番に座ることが濃厚だけに、打撃陣の軸として得意の明大戦で大爆発してほしい。

 法大は今週明大、来週慶大と開幕からいきなり優勝候補と当たる。第3週までの戦いは秋の戦局に大きな影響を及ぼすカードとなることは間違いない。「初戦(明大1回戦)に照準を合わせて臨みたい」(金光監督)と、明日は法大が夏の厳しい練習のなかで、照を合わせてきた試合だ。主将・難波をはじめとする4年生最後のシーズン。明日の神宮は、何かが起こる。(沼田 心)

フォトギャラリー

  • IMG 0165 R-thumb-160x160-1926同じ4年生右腕の両軍エース
  • IMG 3890 R-thumb-160x160-1927立ちはだかる大エース・野村(明大)
  • IMG 4135 R-thumb-160x160-1928春は2本塁打を明大戦で放った1年生・伊藤諒(法大)
  • IMG 4232 R-thumb-160x160-1929第二戦の先発が予想される難波(明大)
  • IMG 4734 R-thumb-160x160-1930野村と4年生エースのプライドをかけた戦いとなる三上朋(法大)
  • IMG 4584 R-thumb-160x160-1931春の明大2回戦は雨天コールド
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み