硬式野球

加賀美が決勝弾!投げても1失点完投で勝ち点1!! 東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週

東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週
VS 立大 第3回戦
9月20日(月)
会場:神宮球場

昨日は、立大投手陣にヒット1本に抑えられた法大。今日は、優勝への希望を繋げるため打ち勝って勝ち点を奪いたいところである。

法大の先発は、一昨日完投勝利を上げた加賀美。立大の先発は、2年生エースの岡部である。

試合は、初回から動いた。1番・中尾がレフト線にポトリと落ちる打球で快足を飛ばし一気に2塁へ。2番・難波の犠打は、サードへの内野安打となり無死1、3塁のチャンスを迎える。ここで3番・建部が犠牲フライを打ち法大が1点を先制した。続く4番・多木の打席で難波が二盗、多木は、中前安打を放ち再び1、3塁の状況にして打席には、成田。しかし、ここは、セカンドへの併殺打に倒れ1点止まりに終わってしまう。3回にも安打や四球で2死1、2塁のチャンスを作るものの5番・成田が一ゴロに倒れ、追加点を奪う事ができない。

20100920-01
3安打の中尾

試合結果

トータル試合結果

 123456789R
法大 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2
立大 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

(法)○加賀美(3勝1敗)―廣本
(立)岡部、●小室、斎藤隼―前田雄、平本
【本】(法)加賀美1号(7回ソロ=小室)(立)前田雄(3回ソロ=加賀美)

なかなか試合の主導権を握りきれない法大は、3回加賀美が、2番・西藤に甘くなったカーブを打ち込まれ、本塁打。ここで同点に追いつかれてしまう。しかし、加賀美は崩れることなく、後続を断ち、その後は立大打線を寄せ付けない安定した投球で味方の反撃を待った。

安打は、出るが得点には至らなかった法大は、7回に好投を続けている加賀美が勝負を決定づける1打をレフトスタンドへたたきこみ、ついに貴重な1点を奪う。更に追加点が欲しい法大は、8回に5番・松本の中前安打、6番・河合の犠打、7番・廣本の中前安打で1死1、3塁の絶好のチャンスを得る。だが、8番・大八木、9番・加賀美が連続三振に倒れ無得点に終わる。

すると、その裏、安打と犠打で2死2塁のピンチを招き、今日本塁打を放っている2番・西藤を迎える。しかし、加賀美の気迫が勝り、西藤を三振に打ち取る。9回にも1死2塁のピンチを迎えるが二者連続三振に抑え試合終了。勝ち点を1つ手に入れた。

今日の試合は、味方の援護がない中で加賀美が粘りの投球を見せた。今日は、直球が走り、スライダー、チェンジアップなど変化球を駆使した緩急自在の投球で立大打線を翻弄した。一方打線は、14安打を放つもあと1本が出ず、2得点で終わってしまった。しかし、中尾、難波の1、2番が共に猛打賞で1、2番の役割をしっかり果たした事は、明るい材料だ。次は、春の王者慶応。おそらくチャンスは、そう多くはないだろう。数少ないチャンスで決定打を打つ勝負強い打撃で勝利して欲しい。

(木田 祐輔)

選手・監督の試合後のコメント

加賀美投手(投打で大活躍)

―今日を振り返って
勝ち点を取れて良かったです

―今日の調子はどうでしたか
わりと良かったです

―特に良かった球は、何ですか
ストレートです

―注意していたバッターは、誰ですか
松本、田中、岡崎選手です

―8回、同点のピンチで本塁打を打たれている西藤選手を迎えた時、どういう気持ちでしたか
絶対に点をやれなかったので、全てを出し切ろうと思ってました

―自己最速の153キロが出ましたが、その点についてはいかがですか
素直に嬉しいです

―次回に向けての意気込みをお願いします
何とか勝ち点を取りたいです

大八木主将(1安打)

―今日の試合を振り返って
苦しい試合だったんすけど、まぁ連勝できて良かったです。

―初回から攻撃しましたがチームの雰囲気などはいかがでしたか
攻めて行こうぜって感じだったんで初回から良かったと思います。

―今日は打線が奮起しましたが今日に向けて対策はされましたか
相手ピッチャーをしっかり見て、狙い球を打つとかそういうことですね。

―2回のヒットについていかがでしたか
たまたまです(笑)

―6回、8回のチャンスで打席が回ってきた時について振り返っていただけますか
チャンスで気持ちは絶対打てるって気持ちでいつも立ってるんで、なんとか1本出したかったすけど。

―勝ち点をとりましたが
評価してほしいのは、中尾、難波、廣本、松本とか出たり出なかったりする選手が、気持ち切らさずしっかり練習して気持ちぶれずやってくれて、今日は加賀美に助けられたんすけど、そういうところも評価してほしいですね。

―次の試合まで1週空きますがその間に取り組みたいことはありますか
とにかくたくさん練習できるので、しっかり振り込んでしっかり守る練習して、とにかく練習っすね。

―慶應戦への意気込みをお願いします
力抜いて思い切ってやりたいと思います。

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日は本当によく加賀美が投げて打って試合を作ってくれました。

―加賀美のピッチングについて
すごく安心して見れましたね。1回の立ち上がりも良くて、これなら1、2点で抑えてくれるだろうと思いました。

―捕手を土井から廣本に代えた意図は
昨日最後の場面で土井は三振してしまったので、おもいきって4年生バッテリーにかけてみようと。やっぱり(廣本は)加賀美とよく息が合っていましたね。

―チャンスに打てないという課題が昨日でたが、14安打で2得点という結果について
もっと1本が出れば楽にゲームを進めたと思いますが、昨日とは違い試合自体は勝ちましたので、厳しいゲームを勝ちにすることができたといい方向に今回のゲームは捉えたいです。けれど打つほうの課題は残るので、慶大戦に向けてどうにかしていきたいですね。

―期待のかかる3年生がここにきて奮起してきたように見えましたが
岡部くん小室くんを足で攻略しようと思いまして、1~3を足の速い選手で固めました。中尾、難波は攻撃のいい形を作ってくれていましたね。

―1週空きますが、慶大戦への意気込みをお願いします
早大戦で勝ち点を落としていますので、次負けたら優勝がないんだとトーナメントのつもりで試合をやらせたいですね。

慶応戦展望

引き分けをはさむも、立大から勝ち点を奪い、優勝への望みを繋げることができた法大の次の相手は、春の王者慶応大学である。

昨シーズン、エース不在と言われる中で、竹内、福谷といった2年生投手陣が目を引く活躍を見せ優勝を勝ち取った慶大。今季、投手陣の不安材料はまったくといってない。また世界大会の舞台でも不動の4番として存在感を見せつけた伊藤隼や、ベストナインを獲得した松尾、長崎といった手ごわいバッターも肩を連ねる。加賀美だけに頼っていては厳しい試合展開となってくるであろう。

さらに、選手以上に警戒が必要なのは、監督の江藤省三氏である。就任4か月でチームを優勝まで導き、選手からも圧倒的な支持を得ている。選手を上手くチャンスで活かせる采配につかまらないためにも、相手にチャンスを与えないような堅実な守備をしていきたい。

またこちら法大は対照的にチャンスで1本がでないと懸念されている。打撃に関しては、中尾や難波といった足の速い小技の効く選手、多木のような勝負師、土井や成田といったパワーヒッターがそれぞれの役割をしっかり果たすことができれば、立大1回戦に見せたような点の取り方ができるであろう。

優勝のために、なんとしてでも勝ち点を奪いたい。

(服部 鮎美)

 
 

フォトギャラリー

  • 20100920-013安打の中尾
  • 20100920-02ホームランボールを手にする加賀美
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み