硬式野球

投手陣が好投するも、打線が沈黙し引き分け 東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週

東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週
VS 立大 第2回戦
9月19日(日)
会場:神宮球場

昨日打線が奮起し連打で白星を飾った法大。今日もつなぐ野球で連勝し、勝ち点を獲得したいところであった。

法大はオーダーにリーグ戦初スタメンの上戸、今季初スタメンの佐々木、松本を加えて2回戦に臨んだ。先発でマウンドに登ったのは昨季最優秀防御率を獲得した三嶋、対する立大は小室。

試合は2回に動いた。先頭の5番・前田隆にレフトへのホームランを浴び、1点を先制される。すぐさま反撃を開始したい法大であったがチャンスはなかなか訪れず、ようやく5回に動きを見せる。5番・土井が四球で出塁すると、野選なども絡み1死2、3塁から8番・大八木の犠牲フライで1点を返し、同点に追い付く。しかしその後は両チームとも譲らず、均衡した試合展開が続く。同点のまま迎えた9回、法大は1番からの攻撃。四球から1死満塁の場面を作り、サヨナラのチャンス。しかし土井は三振に倒れ2死満塁。ここで打席は6番・佐々木に回る。昨シーズン4番の意地を見せたいところであったが、フルカウントから振ったバットは空を切り、試合終了となった。

20100919-01
リーグ戦で最長の8回を力投した先発・三嶋

試合結果

トータル試合結果

 123456789R
法大 0 2 0 4 0 0 0 0 0 6
立大 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2

(法)○加賀美(2勝1敗)―土井、廣本
(早)●岡部、仁平、矢部、斎藤隼―前田雄、平本
【本】(立)前田雄(3回ソロ=加賀美)

三嶋は立ち上がりこそ不安定だったものの徐々に安定感が増し、8回を4安打1失点に抑える好投を見せた。しかし、昨日とはうってかわって今日は打撃が絶不調。ヒットは7回に5番・土井がレフト前に放った1本のみ。最後のチャンスもものに出来ず、勝ち点1はお預けとなった。

早大戦に続き、立大戦も3回戦に持ち越すこととなった。しかし今日は負けたわけではない。1勝を挙げている法大としては、明日は必ず勝って勝ち点を獲りたい。1回戦のような連打で立大を攻略するべく、法大は明日の試合に向かう。

(古川 綾菜)

選手・監督の試合後のコメント

三嶋投手(先発投手・8回1失点)

―今日の試合を振り返って
序盤にリズムが掴めなくて、自分のフォームで投げられなかったのですが、8回まで投げられて良かったです。

―大学に入って8回は最長イニングだったと思うのですが、まだ投げられましたか
行こうと思えば。今日は完投するつもりだったのですが…

―今シーズン初先発でしたが
オープン戦も先発が多かったので、これから結果を出して行きたいです。

―立大打線の印象は
力があって皆ストレートに強いので、自分はストレートが上手く走っていなかったので変化球で交わしながら抑えました。

―注目したバッターは
松本選手と、3番4番です。良いバッターでそこに打たれたら向こうの調子になってしまうので。

―試合全体としてはいかがですか
相手が小室投手で同じ2年生で、オールスターでも話をしていたのですが、同じ2年として負けられない気持ちでした。今日勝ちたかったのですが…次は勝ちたいです。

―調子はいかがですか
最近バランスが良くないのですが、後半自分のピッチングが出来ました。

―スタメンマスクの土井選手とは何か話し合いをしましたか
これからバッテリーを組むことも多いので、土井からは「楽に行け」としか言われませんが、信頼しているので自分も成長して楽にさせてやりたいです。

―次の試合に向けて
リリーフなり抑えなり、自分の仕事をしっかりしてチームに貢献したいです。

大八木主将(5回に同点の犠飛、1打点)

―今日の試合を振り返って
序盤に点を取れなかったのが痛かったです。

―小室投手の対策と印象は
春は少し対戦しただけだったけど、いい球を投げるので低めの変化球を振らないようにしました。

―5回のチャンスの場面では、どういう気持ちで打席に入りましたか
1死2、3塁だったので、俺に任せとけ!という気持ちでした。

―今日で2試合連続打点ですが、その点についてはいかがですか
チャンスで打つのがリーグ戦では重要なので打てて良かったです。

―ベンチの雰囲気はどうでしたか
いい感じです。

―明日に向けての意気込みを
勝ちます!

土井選手(スタメンマスク・この試合チーム唯一安打を放つ、1安打)

―今日の試合を振り返って
最後は勝てた試合だったんで、そこで勝てず悔しいです。

―最終回のチャンスはどんな気持ちで打席に入りましたか
後ろにまだぎょうさんいたんで、自分がだめでもカバーしてくれると思って打席に入りました。

―今日のリードで心掛けていたことはありましたか
攻めを意識していました。打たれてるときは逃げてるときなんで。後半からはインコースで攻めていって、それで1点に抑えられたんで、勝ちたかったです。

―2回に本塁打も浴びてしまいましたが、今日の試合をふまえて、明日のリードで気をつけたいことはありますか
ノーツーとかストライクが欲しいカウントで、変化球でストライクがとれるようにしないと真っすぐが狙われるんで、気をつけたいです。もしくはそういうカウントを作らないようにしたいです。

―チームの雰囲気はいかがですか
今日の最終回は明日につながるんで、いい意味で集中できました。いい雰囲気です。

―では最後に、明日の3回戦に向けて意気込みをお願いします
負けてないんで、明日勝つという気持ちでやりたいです。

佐々木選手(今季初のスタメン出場)

―今日の試合を振り返って
まぁいい雰囲気だったんですけど…勝ちたかったです。

―今季初スタメンでしたが
初めて出てチームの力になろうと思ったんですけど、ヒット打てなくて残念です。

―今日はチーム全体でヒットが1本とあまり振るわなかったですが
やっぱり打てないと勝てないので、明日はしっかり打っていきたいです。

―チームの雰囲気はいかがでしたか
雰囲気は悪くなかったので、いい雰囲気だったので明日につながると思います。

―最後に打席が回ってきましたが
最後に回ってきて、やっぱり4年がしっかりしたかったです。2年の土井が三振したり3年の今村がバント失敗したりしてたんでカバーできなくて残念でした。

―立大投手陣への対策はありましたか
対策はまぁみんないいピッチャーなんで、センター方向中心に基本通り打ち返すという対策をしてました。

―実際に印象はいかがでしたか
いいボール投げてていいピッチャーだと思いました。

―ご自身の今の調子はいかがですか
そんな今日は久しぶりに試合出て調子自体は良くないんですけど、最後なんでそんなこと言ってられないので、気持ちがしっかりしてれば結果出てくると思うので明日は絶対勝ちたいです。

―明日に向けて意気込みをお願いします
今日負けたわけじゃないんで、負けなかったということをいい風に捉えて明日絶対勝てるように今日から準備したいです。

上戸選手(リーグ戦初スタメン)

―今日の試合を振り返って
今日が初めてのスタメンで地に足が着かなくて緊張しました。気持ちが先に行って自分のスイングができてなかったです。2、3打席目に周りの雰囲気に入れました。

―スタメンはいつ言われましたか
今日のバッティング(練習)が終わってからです。前々から言われてなくていきなりです。

―チームメイトや監督から何かアドバイスはありましたか
変化球なんで、小室投手は。低めの変化球の見極めをして、甘い球が来たら初球からどんどん振っていけ、と。

―小室投手の印象は
変化球がいいけど、真っすぐはそこまで速くない。変化球の切れがいいです。

―なかなかヒットが出ませんでしたが、試合中に何か指示はありましたか
球を見て振れ、先に顔が行ってしまうんで自分のスイングを、と。

―リーグ戦初打席でしたが、どうでしたか
六大学は大学野球で最高のところじゃないですか。応援に飲み込まれて地に足が着かず力んでしまいました。

―今日の試合での収穫や課題は
準備って大切だな、と。準備ができてないと結果が出ないんで、そこに行くまでの過程、打席に入る前とかネクストバッターサークルとかを大切にしたいです。

―明日の試合に向けて意気込みをお願いします
もう絶対に負けられないんで、チーム一丸となって勝利を取りに行きます。

金光監督

―今日の試合を振り返って
勝てるゲームだったのに、チャンスで打てない。チームとしての勢いがなかったですね。また明日切り替えていきたいです。

―スタメンを大きく変えて来ましたが
左投手が来ると予想していたので左を揃えたのですが…そうなかなか思い通りにはいきませんね。

―先発の三嶋について
前半は悪かったけれど、中盤、後半は調子を取り戻してくれたと思います。

―三嶋に完投させず最終回に三上朋を起用した理由は
三嶋のほうが爪も痛めていましたし、8回でいっぱいかなと。

―相手投手の小室の印象と対策
小室くんはコントロールがいいですね。なかなか打ち崩せない。センター方向にセンター方向にと言っていたのですが、ヒット1本ではどうしようもないですね。

―昨日9安打に対して今日は1安打という結果でしたが
バッティングなんてこんなものなんです。ピッチャーが代われば調子も変わる。ただ選手が大振りの傾向にあるので、帰ってからいろいろ検討します。

―最終回は満塁まで持ち込みましたが
満塁のチャンスといえども相手のミスから生まれたチャンス。せっかくの場面で力んでしまっていた。チャンスのときほど力を抜いて自分のバッティングをしてもらいたいのですが…

―明日への意気込み
もう1試合、しっかり気を入れ替えて戦っていきたいです。

立大3回戦展望

好調の打線が抑えられ1-1の引き分けに終わった立大2回戦。次なる相手、春の王者・慶大との大一番に勢いをつけるためにも、3回戦できっちりと決着をつけたい。

その一戦で法大の先発マウンドを託されるのは、エースの加賀美で間違いない。今季もカード初戦を任され、その初戦での登板では完投で2勝を挙げている。だが、唯一の中1日での登板となった早大3回戦では4回5失点と乱調。明日登板すれば、その時と同じく完投明け中1日でのマウンドとなるが、今回は1回戦で見せたような投球を期待したい。

対する立大打線だが、この2試合は法大投手陣の前にあまり機能していない。しかし、他大を圧倒した昨季の終盤とほぼ変わらない陣容の立大打線がいつ爆発してもおかしくなく、当然警戒を怠ってはいけない。特に気をつけるべきは、大学日本代表にも選出された1番・松本と4番・岡崎である。松本は2試合ともに安打を放ち2回ずつ出塁しており、先頭打者の役割を果たしている。岡崎は1回戦で適時打を放ち、2回戦でも安打を記録。1番の松本が出て、岡崎らクリーンアップで返すという立大の攻撃パターンに持ち込まれないためにも、この2人に自由に仕事をさせてはいけない。また、今年の立大打線の売りである本塁打に対しても注意が必要である。1回戦で8番・前田雄、2回戦で5番・前田隆が本塁打を打っているが、ともにリーグ戦初アーチ。まだ今季の神宮1号はないが、春のリーグ戦で4本塁打の3番・田中宗、3本塁打の岡崎は一発の危険性がある。特に接戦では本塁打の失点が大きく響いてくるため、どこからでも本塁打を打てる力のある立大打線に対しては甘い球は禁物である。

立大打線に立ち向かう投手陣を援護したい法大打線は、今日の試合では小室の変化球を低めに集める投球術に沈黙した。今日は小室が左投げということもあって右打者を多く並べたオーダーだったが、3回戦の立大先発として予想される1回戦先発の岡部は、右投げ。さらに、1安打しか打てなかったため、明日は多少なりとも打線を組み替えてくると思われる。早大1回戦、2回戦では投手以外は同じオーダーだったが、早大3回戦以降はスタメンが日替わりになっている。その中で全試合4番でフルイニング出場を続ける多木が法大打線の鍵を握っている。開幕戦では2安打1本塁打の活躍をしたが、その後は1安打。「打線の要」である多木が復調し4番として打線をけん引すれば攻撃が活発化するだろう。また、今季4試合で3番に座り、5安打を放っている河合にも注目したい。相手の先発投手が今季初めて左投手だったためスタメンから外れたが、春と比べて確実にバッティングが向上。5安打中4安打が中堅から逆方向と逆らわない打撃を見せている。多木、河合といった下級生たちとここまでプレーでもチームを引っ張る大八木主将ら上級生たちが一体となって岡部を打ち崩しにかかりたい。

今季の法大は現在2敗。明日負けると2カード目にして早くも3敗目となり、優勝の可能性が厳しくなってくる。優勝戦線に残って行くためにも明日の試合は是が非でも勝利を手にしたい。

(小川 和也)

 
 

フォトギャラリー

  • 20100919-01リーグ戦で最長の8回を力投した先発・三嶋
  • 20100919-02大八木の犠飛で本塁へ生還した土井
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み