硬式野球

法大打線が繋がり快勝!

東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週
VS 立大 第1回戦
9月18日(土)
会場:神宮球場

先勝したにもかかわらず、勝ち点を落とした早大戦から1週間。勝ち点を挙げ、リーグ戦の勢いをつけたい法大は、第2週で立大戦に挑む。

初戦で神宮のマウンドに立ったのは両校のエース、立大・岡部と法大・加賀美。

エースを先に捕えたのは、法大の方だった。2回、先頭の4番・多木が中飛に打ち取られるも5番・成田が左前安打を放ち流れを引き寄せる。続く6番・土井は中前に、7番・今村は左前に安打を放ち、8番・大八木が中前適時打を放つなど4者連続打で1点を先制。1死満塁から9番・加賀美が犠飛でさらに1点を追加し、自らの投球に余裕を持たせた。

20100918-01
2安打2打点と好調の建部

しかし、3回立大の8番・前田雄に左翼線への本塁打を放たれる。1点を返され、9番・岡部にも右前安打を許すも、後続を断ち簡単には相手に流れを作らせない。その後、法大は4回に6番・土井が左前安打で出塁すると、盗塁を決めるなどで2死2塁から9番・加賀美が中前適時打で1点を挙げる。返って1番・長谷川は死球で出塁し、2番・建部が中越適時三塁打でさらに2点を追加。ここで立大はマウンドを仁平に託す。しかし、3番・河合の右前適時打でこの回法大は一挙に4点を稼ぐ。6回には立大の4番・岡崎に中前適時打を許し2点目を与えるも、ここで勝負は決まった。法大は立大の投手4人に対し、6点を奪い快勝を見せる結果となる。

エース対決は、緩急をつけた巧みな投球で相手打線を翻弄した法大・加賀美に分配が上がった。後半こそ勢いが止まったものの、スタメン7人に安打が出た今日の試合。4番・多木に1本が出ず不安が残るも、まずは1勝。この1勝を大切に、気を緩めず、明日の試合も初戦同様打線の奮起に期待したい。

(川相真保)

選手・監督の試合後のコメント

加賀美投手(勝利投手・9回完投、1安打2打点)

―今日の試合を振り返って
なんとか土曜日勝てたので良かったです。

―完投勝利でしたが
先発している以上、完投・完封を目指しているので良かったです。(完投を意識せず、)その回打ち取ることを考えて投げています。

―立教打線の印象は
パンチ力のあるバッターが多いので一本に気を付けていたのですが…一本打たれてしまいました。

―警戒したバッターは
松本選手、田中(宗)選手、岡崎選手です。

―今日良かった球は
チェンジアップです。

―バッティングではタイムリーを打ちましたが
点を取られた後だったので、自分で取り返せて、一本出て良かったです。

―次の登板に向けて
明日、明後日もあるので気持ちを持っていきたいです。

土井選手(スタメンマスク・2安打)

―今日の試合を振り返って
早稲田には負けてしまったんで、負けられない試合でした。絶対勝つという気持ちで臨みました。

―2安打の活躍でしたね
たまたまです。明日も出るように頑張ります。

―相手投手の印象と、何かバッティングで意識されていたことがあれば教えてください
ピッチャーのテンポが早かったんで、構え遅れないように心がけました。自分が意識していたことは、上体が動きすぎると良くないんで、上体をそのまま動かさず打つようにしました。

―盗塁も決めましたね
盗塁しましたか?(笑)バッターが打ってくると思っていたんで、普通に走ったらたまたま盗塁になりました。

―相手打線の印象はいかがでしたか
スイングが鋭いので、怖いというか…。自分でも攻めなきゃいけないところで攻めきれず、それが連打に繋がってしまいました。

―今日のリードで心掛けていたことはありますか
加賀美さんとも、コースにきっちり決まれば大丈夫という話をしていました。でもそこだけになるといいバッターには打たれるんで、インコースも意識していきました。

―明日の2回戦に向けて、意気込みをお願いします
明日はまだ出るかわからないけど、出れたら自分の出せる力を出し切って、攻める気持ちを忘れずに試合に臨みたいと思います。

建部選手(2安打2打点)

―今日の試合を振り返ってどうでしたか
序盤でヒットが続いて、点が取れたんですけど、投手が交代してから打線が静かになったので、気持ちとしては楽ではなかったです。

―岡部投手について
新人戦や春の試合で見たことがあったので、特に対策はしてなかったですけど、球速が速くなっていました。

―第3打席目のタイムリースリーベースについて
後ろに良い打者がいるので、長打を狙わずに繋ぐ意識で打てたのが良い結果に繋がったかなと思います。

―バッティングの調子
良い感じです。

―明日への意気込み
明日はみんなも2試合で終わりたいと思っていると思うので、絶対勝ちたいと思います。

大八木主将(1安打1打点)

―今日を振り返って
立教は打線が良いのでこっちも負けずに早い回から振っていきました。

―相手投手の印象
岡部投手は力のある投手なので、なんとか早い回に点を取ろうということだったんですけど、上手くいってよかったです。

―集中打が出ましたが
結果よりもまず振っていこうという意識が良い方向に出ました。

―バッティングの調子はいかがですか
自分は普通です。

―満塁の場面で回ってきましたが
積極的にバットを振っていけたのが良かったです。

―明日に向けて一言お願いします
明日も勝ちます。

河合選手(1安打1打点)

―今日の試合を振り返ってお願いします
ポテンヒットだったんですけど、1本がでてよかったです。

―そのヒットですが代わってすぐの仁平の初球をとらえましたね
代わったばかりだったので変化球がくるかなとも思ったんですけど、初級から積極的に振っていこうとしてヒットになってよかったです。

―早稲田戦は接戦を落としてしまいましたが、今日は打線が繋がっていてチームの雰囲気は違いましたか
早稲田戦で優勝がなくなったわけではないので、チームの雰囲気は落ちてはいませんでした。

―継投をしてきた立大投手陣について
みんなコントロールもいいし、球も入ってきているし、いい投手が多いと思いました。

―明日への意気込み
明日も試合に出る機会があったら頑張ってチームを引っ張っていけたらいいです。

今村選手(1安打)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
初戦なので勝てて良かったです。

―先週の早大戦から今日までどういった練習をされてきたんですか
先発が岡部投手だったので右投げに対しての練習とか。まぁ、でもそんなに変わったことはしてないです。

―先制して、流れは法政にきていたのでは
いや、でも後半点を取れなかったので、流れは来たり来かったりですね。明日もっと頑張れたらいいです。

―二回に安打が出ましたが、調子はいかがですか
普通です。よくも悪くもないです。

―相手の印象はいかがでしたか
振ってくるという印象で、ピッチャーというより、打線の方がいい印象はありました。

―明日の試合に向けてお願いします
2連勝して勝ち点取れるように頑張ります。

金光監督

―今日の試合を振り返って
相手エースの岡部くんを前半にうまく捕まえたので、うちのゲーム展開で試合を運べました。

―立教の対策について
岡部くんはテンポよくどんどん投げてくるので、そのリズムに合わせないで自分の形で早いカウントでストレート狙っていく感じでした。うまくみんな繋いで打ちましたね。

―加賀美投手の印象
加賀美は本来の調子ではないんですけど、逆にそのぶんだけ緩急をつけて最後まで粘り強く投げたんじゃないかと思います。

―もっと調子がよいときは期待できますか
ストレートも早くてキレもあります。そういう意味では逆に粘り強く投げることを少し分かるようにもできているんですかね。

―6回のピンチの時に加賀美投手にどんな声をかけたのですか
点を取られたときに少し流れが悪い方向にいってしまうので、あそこは間を空けにいきました。

―今週に取り組んだことはありますか
まだ優勝がなくなる訳ではないので、この立教戦で集中し直してなんとか勝ち点をとることを意識させてやってきました。

―今日は盗塁策を多くとっていましたが
比較的走れる子がスタメンで出ていますし、積極的な走塁というのはいままでもテーマとしてやってきていますので。

―試合終盤に守備交代が多かったですが
守備力が高い子を選択しました。大八木が足を痛めていましたし、多木はどちらかというと(一塁守備は)本職ではないし、守備固めという形で替えました。

―明日へ意気込みをお願いします
早稲田戦も勝ち、負け、負けなので、明日なんとか連勝して勝ち点をまず取らなきゃいけないですね。まず、全力で勝ち点を取りにいきたいと思います。

立大2回戦展望

早大戦で勝ち点を落とし、早くも正念場となった立大戦であったが、打線が4回の集中打を含め一挙6点を奪えば、加賀美も9回を2失点で抑える好投を見せ完投勝利を収めた。

法大の明日の先発は三上朋が有力だ。先勝していた早大との2回戦で序盤に降板しているだけに、立大戦でのピッチングは、今後の2戦目で確実に勝ち点を挙げるためにも重要となってくるはずだ。三嶋、吉越といった優秀なリリーフ陣が控えているとはいえ、さらなる活躍を期待したい。立教は春のリーグ戦で岡部に次ぐ2番手の投手に不安残し、丸山や今日リリーフとして登板した仁平が先発として予想される。

打線においては、第1戦で打点を挙げた河合など1年生から4年生までがのびのびとプレーしており、1番から9番まで切れ目のない法大打線を止めるのは簡単ではないだろう。今日2安打2打点の建部や新4番の多木、そして、成田、大八木といった4年生の活躍に期待したい。対する立教打線は、今日2得点だが、加賀美から7本の安打を放ち決して侮れない。打点を挙げた岡崎などの日本代表の選手もおり、粘り強い戦いが要求される。

春の汚名を返上し、秋の新たなスタートをきるためにも連勝で勝ち点を奪取し、このまま勢いに乗りたいところだ。

(宮崎克信)

 
 

フォトギャラリー

  • 20100918-012安打2打点と好調の建部
  • 20100918-02今日はバッティングでも魅せた加賀美
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み