硬式野球
 

終盤追い上げも序盤の失点重く...連敗で勝ち点逃す 東京六大学野球秋季リーグ戦

東京六大学野球秋季リーグ戦
VS 早大 第3回戦
9月13日(月)
会場:神宮球場

昨日、福井に押さえ込まれて敗れた法大。今日は、何としても勝利して勝ち点を得たいところだ。法大の先発は、一昨日完投した加賀美。早大の先発は、リベンジに燃える斎藤。

初回、1番・建部がいきなり右越二塁打で出塁する。2番・難波が犠打で送り、3番・河合がレフト前に運び1点を先制。しかし、その裏、1番・渡邊侑にソロ本塁打を浴びあっさり同点に追いつかれる。続く2回にも、四球と連続安打などで1死満塁とピンチの場面で9番・斎藤に2点適時打、渡邊侑には犠飛を打たれ、この回3点を失う。嫌な流れは止められず、3回には1死2塁から6番・杉山に適時二塁打を放たれ、さらに1点を追加される。

20100913-01
4回で降板となった先発・加賀美

試合結果

トータル試合結果

 123456789R
法大 1 0 0 1 0 0 2 0 1 5
早大 1 3 1 0 1 0 0 0 × 6

(法)●加賀美(1勝1敗)、三嶋、三上朋―廣本
(早)○斎藤、大石―市丸
【本】(法)長谷川1号(9回ソロ=大石)
(早)渡邊侑(1回ソロ=加賀美)

反撃したい法大は4回、河合が二塁打で出塁、4番・多木の一ゴロで3塁へ進み、続く5番・成田の遊ゴロの間に生還し、1点を返す。このまま流れを引き寄せたい法大であったが、5回に死球や投失などで1死2、3塁となり、7番・川西に犠飛を打たれ、突き放されてしまう。

粘る法大は、7回、連続安打と死球で1死満塁のチャンスを作り、建部。建部の打球は相手のエラーを誘い1点を返し、続く難波は犠飛を放ち、さらに1点を加える。そして打席には今日2安打放っている河合。しかし、三振に倒れ、二者残塁。9回には、9番・長谷川のソロ本塁打で1点差とするも、反撃も及ばず試合終了。

エース加賀美は、コントロールが悪く、甘い球を痛打され、まさかの4回5失点。また四死球や失策がらみの失点、送りバントの失敗など要所でのミスがあり、終始主導権を掴めなかった。大事な場面でミスがあり、粘りがなかったら勝つことは難しいだろう。次の立大戦では、粘りの全員野球で勝利することを期待したい。

(木田 祐輔)

選手・監督の試合後のコメント

加賀美投手(先発投手・4回5失点で敗戦投手)

―今日の試合を振り返って
先発が序盤で崩れたのが敗因だと思います。

―一昨日に完投しましたが、疲れなどはありませんでしたか
ないことはないが、相手も同じ条件なので言い訳にはできません。

―今日の調子自体はどうでしたか
ブルペンでは悪くなかったんですが、先頭打者に四球を与えてしまったのが良くなかったです。

―一昨日と比べて早大打線の印象はどうでしたか
印象は変わらなかったんですけど、ボールが甘く入ったら、打たれると思ってました。

―早大打線の中で注意していたバッターは
土生選手です。

―次回の登板に向けての意気込みをお願いします
まだ優勝の可能性は残っているのでしっかり勝ち点を取っていきたいです。

廣本選手(今季初のスタメンマスク・1安打)

―今日の試合を振り返って
チーム的には最後粘れて良かったけど、最初の失点が響いたかな、と。

―今季初めてのスタメンマスクでしたが、監督にはいつ頃言われましたか
試合前にメンバー発表のときです。

―加賀美投手はどうでしたか
ボール自体は良かったけど、いつもよりボールが高めに浮いてたのが気になりました。

―三嶋投手、三上朋投手の2人についてはどうでしたか
三嶋も1点取られたけど、ヒットを打たれてないんで悪くないです。三上もコースにいいボール来てたんで良かったです。

―早大打線への対策は
対策っていう対策はないです。そこまで怖がるバッターはいないんで、いつも通りピッチャーが投げれば抑えられる。

―特に注意した打者は
4番の土生は前の試合で打ってたんでチャンスで回ったら注意しました。

―ヒットを一本打ちましたが、バッティングの調子は
バッティング自体は振れてるな、と思います。

―早大の斎藤投手、大石投手の印象は
そこまであんまり打てないというふうには思わないです。

―対戦するにあたって何か対策や指示はありましたか
斎藤はコントロールがいいんで低めを振らされないように、大石は真っすぐ中心にくるんで真っすぐを積極的に振るという指示でした。

―次の立大戦に向けて意気込みをお願いします
まだ優勝がなくなったわけじゃないんで、一歩一歩勝って優勝につなげられるようにしたいです。

河合選手(初回に先制タイムリー、2安打1打点)

―今日の試合を振り返ってどうでしたか
法政はヒットは多かったけど負けてしまって残念です、1勝1敗で五分五分だったので勝ち点を取れなくて残念です。

―1打席目のタイムリーについてどうですか
何とか当てた感じです。

―2本のヒットはどちらも左方向への打球でしたが左方向への意識はありましたか
左への意識はなかったですね、センターへの意識をしていました。

―斎藤投手に対して何か対策は考えていましたか
とにかく低めのボールを振らないように考えてました。

―2日続けてマルチヒットですが調子はどうですか
良くなってきています。

―序盤に点差をつけられてチームの雰囲気はどうでしたか
悪くなかったです、1点ずつ返していこうとみんな思ってました。下を向いている人は一人もいませんでした。

大八木主将(2安打)

―今日の試合を振り返って
悔しいです。

―敗因の方は
自分のバント処理をオールセーフにしてしまって…自分としては悔しいですね。

―加賀美さんは少し疲れが残っていたのでしょうか
いや、頑張って投げてくれました。

―守備でも攻撃でも粘り強いプレーが目立っていましたが
食らい付いていった感じです。

―1勝1敗で今日を迎えたわけですが、試合前チームでどんな話し合いをしましたか
もちろん勝たなきゃいけない試合と皆分かっていたのですが…余計な力を入れず思い切っていこう、という感じです。

―ご自身の調子は
普通です。

―次の試合に向けて
一戦一戦全力で、勝ちに行きます。

成田選手(1安打1打点)

―今日の試合を振り返ってお願いします
今日はちょっと…、大きく点差が開いていたので最後まで響いてしまいました。

―今季、初スタメンでしたが緊張はありましたか
緊張はしなかったです。(代打での起用と比べて試合への入りやすさという面ではいかがですか?)代打だと1打席で、しかも良い所で1本打たないといけなくきつくなってしまうので、スタメンの方が気楽でいいです。

―昨日の試合から7打数3安打2打点と好調が続いてますが、その要因を教えてください
特には…。いつも通り、自分のバッティングを心がけているだけです。

―惜しくも勝ち点を落としましたが、大八木主将を中心にチームの雰囲気がいい気がします。その部分はいかがですか
最後の方はチームが一つにまとまってましたね。

―最後、来週の立大戦に向けての意気込みをお願いします
今日みたいにチームでいければいい試合が出来ると思うので、この感じで臨んでいきます。

金光監督

―今日の試合の総括をお願いします
前半の失点が重かったですね。

―先発の加賀美投手については
今日はボールが、中1日ということもあるんでしょうが、高かったです。

―2番手の三嶋投手も、ぴしゃりと抑えてほしい場面で失点してしまいましたが
リーグ戦前からピッチャー陣の体調が良くなかったので、打線が援護しないといけないと思っていました。

―長谷川選手がホームランを打ちました
長谷川は良かったんで起用しました。思いきりのいい子なので今後も起用すると思います。

―次回の立大戦までに修正したいことは
失点が前半であると、うちのリズムではなくなってしまうので、5回まで抑えて中盤・後半にうちのゲーム展開に持ち込めるように。そのへんをやっていきます。

―次の立大戦の意気込みをお願いします
勝ち点を積み上げていくことしかないので、早稲田戦の反省を活かして立教戦に臨みたいです。

立大戦展望

白星スタートを飾りながら連敗し、勝ち点を落とした法大。次戦は王者・慶大を破り、4校が勝ち点で並ぶという春の混戦を作りだす中心となった立大だ。立大は今カードが開幕戦である。昨秋の明大も勝ち点を落としつつも天皇杯を獲得しただけに、リーグ序盤ではあるが法大の真価が問われる一戦になるのは確実だ。

春は2連勝して勝ち点を挙げたが、いずれの試合も接戦。特に第1戦は両投手が延長10回完投という壮絶な試合であった。実力差はほぼ無いに等しい。先発は岡部が有力視される。立大の絶対的エースとして君臨した戸村(現楽天)が抜けた今季、当初は投手陣の経験不足を不安視する声もあったが開幕投手を任され春3勝と、その不安を掻き消す働きを見せた。投球回数とほぼ等しい三振を奪った本格派右腕だ。しかし、春は岡部以外に規定投球回数を投げた者はおらず、立大としてはエースで勝利を飾り有利な立場で2戦目を迎えたいところであろう。

迎え撃つ打撃陣は貧打が深刻であった春から一転、好調だ。両エースの投手戦が予想された開幕戦では早大・斎藤を試合序盤で攻略した。2戦目は抑え込まれたが、3戦目は斎藤に勝利を献上したとはいえ好調を維持している。特に3戦目では斎藤を救援した苦手意識のある大石からあと一歩と迫ったことは大きく評価したい。日替わりで変わっていた春とは違い、2・3年生中心のフレッシュなメンバーがスタメンに固定されつつある。その中で唯一、4年生で全試合スタメンに名を連ねた大八木に期待を寄せたい。春は不振から最終戦ではスタメンから外れ、夏のオープン戦ではフォームを改造するする姿も見られた。迎えた秋、ここまで全試合で出塁して1戦目では追加点、3戦目では2安打を放ち好調な打撃陣を牽引している。大八木の活躍が打撃陣そしてチーム全体に相乗効果をもたらしているのは事実であろう。春は投手陣に助けられた「打撃陣」、今こそその借りを返す時だ。

法大先発はエース・加賀美が予想される。開幕戦では見事完投勝利を飾ったが、3戦目では早々にマウンドを降りた。ここまで好調な打撃陣に比べ、投手陣は今一つである。チームの勝利と共に投手陣の浮き沈みはエースの右腕に懸っている。序盤に降板した3回戦では、攻守交代の際に出場する選手にグラブを運び、声を掛ける姿が場面が見られた。自分への悔しさを押し殺しながら、チームに徹する姿からは自身最後となるリーグ戦優勝への執念が伝わってきた。

ただ、対する立大打撃陣は強力だ。春の打撃成績トップ10には大学日本代表に選出されたことのある田中宗が漏れた中で2位の西藤を始め最多の4人を送りこみ、チーム打率2割7分7厘、本塁打数11本といずれもリーグトップとなる成績を残した。その中でも、岡崎・松本に要注意だ。春は全試合で4番に座った岡崎はリーグ2位の3本塁打、1番の松本はリーグ2位となる11得点を記録。さらに、両者は世界大学野球日本代表に選ばれた。今夏、世界を経験した彼らが共に日の丸を背負って戦った加賀美の前に立ちはだかる。

この試合、法大の2010年秋季リーグ戦の成績を左右する戦いとなるに違いない。熱き思い、今こそ見せてほしい。

(古畑 大)

 

フォトギャラリー

  • 20100913-014回で降板となった先発・加賀美
  • 20100913-029回に大石から本塁打を放った長谷川
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み