硬式野球

打線振るわず...執念の継投見せるも敗戦 東京六大学野球秋季リーグ戦

東京六大学野球秋季リーグ戦
VS 早大 第2回戦
9月12日(日)
会場:神宮球場

昨日の初戦を白星で飾り、このまま2連勝して勝ち点を獲得したい法大であったが、そこに厚い壁が立ちはだかった。先発でマウンドに登ったのは三上朋。対する早大はドラフト候補の福井優。

1回、先頭打者にいきなりヒットを打たれ、四球などもあり2死1、2塁とされるが、ここは気迫のピッチングで後続を三振に抑える。しかし3回、四球や野手選択などで2死3塁から4番・土生に中前適時打を打たれ1点を先制されてしまう。続く4回にも先頭の6番・山田に内野安打を打たれると、四球なども絡み2死1、3塁の場面で1番・渡邉侑に左前適時打を許しさらに1点を追加される。ここで無念の降板となった三上朋に代わって吉越が登板し、後続は打ち取った。5回にはその吉越が安打などで1死2、3塁のピンチを招くも、ここでは1年生投手の船本が登板し、後続を二ゴロに打ち取り、その間に還ってきた走者を本塁で刺し無失点に抑えた。

20100912-01
4回途中2失点で降板する先発・三上朋(左)

嫌な流れを断ち切りたい法大はその裏、ようやく反撃を開始する。6番・建部が左前安打で出塁すると、7番・今村が犠打で送る。8番・大八木の打席時に捕逸で走者が3塁に進むと、大八木は四球を選び、1死1、3塁のチャンスをつくる。ここで9番代打・成田が初球をライト前へ運び、1点を返す。連打で同点、勝ち越しへと展開したいところであったが、後続は断たれ反撃を終えた。

1点差のゲームにさらなるチャンスをうかがう法大であったが、6回は三者凡退で攻撃を終えると7回表、2死1塁から4番・土生にホームランを浴び2点を追加され、リードを広げられてしまう。その裏、法大に再びチャンスが訪れる。7番・今村の中前安打や9番・成田の前打席に続く右前安打などで2死1、3塁とする。しかし1番代打・山口は二ゴロに倒れ、得点を奪うことはできなかった。その後も打線はふるわず試合終了。勝負は3回戦に持ち越された。船本の後、三嶋、北山、山本翔と6投手の継投で試合を終えた法大だが、福井優に初完投勝利を献上し、痛い敗戦となった。昨日打点を挙げた多木、土井、大八木の打撃も今日は沈黙。4失点もすべて2死からで、そのうちの2点は四球で出したランナーの生還によるものなだけに、投手陣のピッチングの粘り、安定にも課題が残る。

秋優勝を狙う法大にとって、最初のカードであるこの対戦では絶対に勝ち点を取りたいところ。立大戦へ向け弾みをつけるためにも明日は負けられない試合となる。

(古川 綾菜)

選手・監督の試合後のコメント

成田選手(代打で途中出場・5回にタイムリー、2安打1打点)

―今日の試合を振り返って
今日はちょっとうまく流れに乗れなかったと思います。

―5回に代打で出る前の大八木さんの打席のときにネクストバッターサークルに三嶋選手がいましたが、代打はいつ監督に告げられましたか
大八木の打席のときに後ろで(バットを)振ってて行くぞ、と。

―チャンスでしたが、代打で打席に入る際はどんなことを考えてましたか
代打で出たんで、3割打てば一流と言われるけど打てなくてもともとと気楽な気持ちで打席に入りました。

―チームとして福井優投手への対策は
チームで、コントロールは良くないんで粘っていこう、と。

―福井優投手の印象は
真っすぐが速くてスライダーも良かったんで、ストライクが来たら振ろうと。

―積極的にバットを振っていましたが、福井優投手と対戦するにあたって打席で意識したことは
いいピッチャーなんでバンバン振ってこうかな、と。

―今日のチームの雰囲気は
悪くはないと思います。

―明日の試合に向けての意気込みをお願いします
チームのみんなで勝ち点を取りたいと思います。

河合選手(2安打)

―今日の試合を振り返って
ピッチャーは良かったし簡単には打てなかったです。早稲田強いなと思いました。

―でも今日はヒット2本打ちましたね
たまたま甘いとこに入ったのをなんとか打てました。

―昨日はヒットがなかったですが今日に向けて意識したことなどはありましたか
やっぱりピッチャーいいんで上から叩くように、速い球に振り負けないように意識しました。

―福井優投手からは初ヒットですよね
はい、そうです!

―印象は
やっぱまぁ他大だったら絶対エースだと思うし、すごくいいピッチャーだと思います。

―春は1番バッターでの試合が多かったですが、今季からクリーンナップですね
前は多木さんが打ってた打順なので多木さんに比べたら力劣るんですけど、少しでもチームの力になれたらと思います。

―バッティングの調子は
だんだんと良くはなってきています。

―1勝1敗となってしまいましたが
まぁなんとか明日勝ちたいです。

―明日に向けて意気込みをお願いします
まぁもし出られたら全力出して頑張りたいなと思います。

船本投手(5回のピンチに登板、無失点)

―今日の試合を振り返ってお願いします
そうですね…チームが劣勢だったので、勢いをつけるピッチングをするために初球から思い切って全力でいけて良かったですね。

―1死2、3塁での登板となりましたが、緊張はありましたか
慣れてないこともないのですし、高校の時とかでもあったのでそれは大丈夫です。

―登板の際、監督に何か声を掛けられましたか
特には言われてないです。ただ、いつでもいけるようにいつも言われてます。

―見事ピンチの場面を併殺打で乗り切りました。その時の心境を教えてください
嬉しかったですね。次の回で1点取ったので、いい流れで渡せて良かったです。

―今日は敗れてしまいましたが、昨日早大に勝利したことでチームの雰囲気はいかがですか
チーム自体には勢いがあります。今日は福井投手にてこずってしまいましたけど、負けた割には雰囲気自体は悪くないです。

―最後に、明日の早大戦に向けての意気込みをお願いします
また投げる機会があったら、チームに勢いが与えられるよう飛ばしていきます。

北山投手(8回に登板、無失点)

―今日を振り返ってどうでしたか
まさか自分が試合に出るとは思わなかったが、緊張せずに思ったところに投げられました。

―フォームを改造したと聞いたんですが、その点はいかがでしたか
フォームを改造したけど、うまくいかずリーグ戦の2日前に元に戻してなんとか間に合いました。

―今日の調子はどうでしたか
最近はずっと調子が良く、いつでも投げる準備はできています。

―早大打線の印象はどうでしたか
真っすぐに強いイメージだが、自分は変化球で交わすタイプなので廣本さんのリード通り投げました。

―次回の登板に向けて意気込みを教えてください
今日みたいに丁寧に投げれば抑えられると思うので、しっかり投げたい。

大八木主将

―今日の試合を振り返って
福井はいいピッチャーなので、どういうふうに1点1点取るかでした。

―相手投手の印象はいかがでしたか
やっぱりいいボールを投げていました。

―今日の調子はいかがでしたか
けっこういい感じでした。

―チームの雰囲気はいかがですか
明日はやるぞ!っていう感じです。

―内野の守備がかなり入れ替わっていましたが、今後もポジションに変動はあるようですか
そうですね。相手ピッチャーの調子によって変わると思います。

―今日はピッチャー陣が多く継投していましたが、見ていた感想はいかがでしたか
自分の役割をしっかり果たしてくれたと思います。

―明日の試合に向けて、意気込みを教えてください
明日勝ちます!

明日の展望

初戦の快進撃とは一転、早大の好投手・福井優の前にあと一本が出ず、連勝を逃す形となった今日の試合。勝ち点を懸けた明日の3回戦は、なんとしても負けられない。

明日の先発は、初戦で白星を挙げたエース加賀美が有力。吉越、船本、北山、三嶋と、リリーフ陣も豊富だ。一方早大も、エース斎藤の登板が予想される。斎藤は初戦の投球内容が思わしくなかったため、3回戦では立て直してくると思われる。絶対的な抑えとして大石も控えており、1点が勝敗を左右することになりそうだ。

打撃面では、今日はお預けとなったものの、初戦で斎藤から本塁打を放った4番・多木の活躍に注目だ。また全体的に不振だった今日の試合で2安打を残した3番・河合も調子を上げてきている。さらに途中出場から唯一の打点を挙げ、最上級生の貫禄を見せた成田のバットにも期待だ。対する早大は、三嶋から本塁打を放つなど、初戦から絶好調の土生に要注意だ。2試合合計で7打数5安打と、脅威のバッティングを見せている。走者を出した後の小技を効かせた攻撃にも警戒したい。

明日の勝敗が、今後の順位にも大きく影響してくることは間違いない。春の悔しさをバネに、踏ん張ることができるのだろうか。大事なこの一戦、勝って勢いに乗りたい。

(新實 舞奈)

 
 

フォトギャラリー

  • 20100912-014回途中2失点で降板する先発・三上朋(左)
  • 20100912-02代打でタイムリーを放った成田
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み