硬式野球

斎藤を序盤で攻略!加賀美の完投勝利で白星スタート!! 東京六大学野球秋季リーグ戦

東京六大学野球秋季リーグ戦
VS 早大 第1回戦
9月11日(土)
会場:神宮球場

今日、夏の暑さを残したまま、こちらも熱い東京六大学野球秋季リーグ戦が開幕した。昨シーズン5位とふがいない結果に終わった法政大学は、初戦から宿敵・早稲田大学との対戦である。

法大の先発は加賀美、早大の先発は斎藤と、六大屈指のプロ注目エース対決に多くの視線が集まった。

先攻の法大は春とメンバーを大きく入れ替え、クリーンナップ、そして中軸を下級生で固めた打順で斎藤に挑んだ。

20100911-01
斎藤に投げ勝ち完投勝利の先発・加賀美

試合結果

トータル試合結果

 123456789R
法大 0 1 0 3 0 0 0 0 0 4
早大 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2

(法)○加賀美(1勝)―土井、廣本
(早)●斎藤、大野健、大石―市丸
【本】(法)多木1号(2回ソロ=斎藤)
(早)杉山(4回2ラン=加賀美)

打順が大当り。1回こそ無得点に終わるも、2回には4番・多木がソロ本塁打を放ち1点。4回には3番・河合が四球で無死のランナーとなると、続く多木、土井が連続安打で1点を加えた。まだ攻撃は終わらず、6番・建部が犠打を決め、7番・今村の打席時に相手の野選が絡み、多木が帰りさらに1点。下級生に負けてはいられないと8番・大八木は右前適時打を決めてこの回一挙3得点をあげた。法大打線がつながり、5回で斎藤をマウンドから下ろした。

また加賀美は4回、相手6番の杉山に2ラン本塁打を浴び2点こそ許すも、その後は飄々と投げ抜き、追加点を与えることはなかった。

法大は代わった大野健、大石の両投手から得点を奪うことはできなかったものの、前半でかせいだリードを守り抜き早大1回戦をものにした。

139球を投げ抜いた加賀美。リーグ戦での斎藤との投げ合いは実は今日が6度目である。今までの結果は斎藤2勝、加賀美2勝、引き分けが1試合。今日の勝利で加賀美が一歩リードを広げた。次の2人の勝負はプロのマウンドで…と期待する意味を込めても、明日で試合を終わらせるべく2連勝したい。

(服部 鮎美)

選手・監督の試合後のコメント

加賀美投手(先発投手・9回2失点完投勝利で今季初勝利)


―今日の試合を振り返って
味方が先に点を取ってくれて、少し余裕を持って投げられました。

―多木選手のホームランはどうでしたか
多木のバッティングはすごいと思いました。

―今日のチームの雰囲気は
最近いい雰囲気で大八木を中心にまとまってます。

―試合前の意気込みは
チームにとっても大事な初戦で春に負けた早稲田に絶対に勝ちたいと思いました。

―注意した早大の打者は
土生選手と杉山選手です。

―杉山選手に打たれたホームランについてはいかがですか
四球を嫌ったんで甘く入った。厳しく入れば長打にならなかった。

―完投は意識しましたか
完投は特別意識してなくて、三嶋など後ろにいいピッチャーがいるんで先発として試合を作ることを意識しました。

―三嶋投手に声をかけていましたが
試合中に頼むぞ、と言ったんですが、完投してナイスピッチングと言われました。

―個人的な目標は
土曜は全部勝ちたいです。

―最後の打席でバットが折れましたが、手は大丈夫でしたか
しびれました。残り1イニングだったんで気持ちでいきました。

―今日のスタメンマスクは土井選手でしたが、
オープン戦でも土井とバッテリーを組んでるんで、不安はなかったです。リーグ戦で少しでも引っ張っていけたら、と思いました。

―今日のピッチングで気をつけたことは
4点取ってくれたんで、3点取られてもいいと思いました。一発は打たれたけど、勝ってるんで切り替えました。

―金光監督からは完投することについて何か言われましたか
お前はエースなんだから、勝ちきってこそエースだ、と言われました。

―今日はヒットも打ちましたね
バッティングはおまけです。野手に任せてます。

―明日に向けて意気込みをお願いします
今日は終わったんで、連勝で勝ち点を取って、勢いに乗っていきたいです。出番に備えたいです。

多木選手(リーグ戦で初の4番・2回にリーグ戦初ホームラン、2安打1打点)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
勝てたことが嬉しいです。

―2回にはホームランが飛び出しましたが、感触はいかがでしたか
感触は良かったですが、まさか入るとは思いませんでした。神宮では初のホームランなので嬉しいです。

―4番という打順に、特別な意識はありましたか
法政の4番を打たせてもらっているので、重圧に負けずに、これからも勝利に貢献したいです。

―今日のバッティングで心がけていたことはありましたか
春2連敗した早稲田にとにかく負けられなかったので、勝ててよかったです。

―相手投手の印象はいかがでしたか
いつもより良かったと思います。球が走っていたけど、打線はつながりました。

―チームの雰囲気はいかがでしたか
ずっとリードしていたので、おせおせでいい感じでした。雰囲気は良かったです。

―明日の試合に向けて、意気込みを教えてください
2連勝して勝ち点を取って、優勝に一歩ずつ近付きたいです。

土井選手(スタメンマスク・4回にタイムリー、1安打1打点)

―今日の試合を振り返って
もう2年の秋なんで緊張してても仕方ないんで自分の持ってる力を全部出せるように思い切って試合に臨みました。

―加賀美投手のピッチングはいかがでしたか
やっぱりエースというか、コントロールも安定してたし腕も振れてたし非常に良かったと思います。

―4回にはタイムリーを打ちましたね
斎藤佑樹から1本打つのが夢だったんで叶えられて良かったです。でも他にも打てる打席があったのに打てなかったのでもっと打てるように努力したいです。

―早稲田の投手陣の印象は
みんなプロに行くくらいの選手なんで最初からあかんと思って打席入ったらのまれてしまうので、気持ちで負けないように当たって行こうと思って打席入りました。

―バッティングの調子は
悪くはないです。これから徐々にもっと上げていってチームに貢献したいと思います。

―チームの雰囲気は
初戦でもみんな硬くなってなくて良かったです。雰囲気もいい感じで声も出てたし硬くなってなかったんで良かったです。

―初戦勝っていいスタートが切れましたか
まぁ勝てて良かったんですけど、明日勝たないと1勝1敗になってしまったら向こうの流れになると思うんで明日勝ちたいです。

―明日に向けて意気込みをお願いします
出るかどうかわかんないんですけど、自分が出たら頑張っていきたいです。控えに廣本さんといういい選手がいるので自分が失敗しても代わってカバーしてくれるんで、思い切りやりたいと思います。

大八木主将(4回にタイムリー、1安打1打点)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
開幕戦が早稲田ということで、同じ開幕戦というよりも、意識しましたね。

―スタメンに4年生は2人だけでしたが、チームの雰囲気はいかがでしたか
出てない4年生がベンチで見守ってくれていたので、それも勝因の一つです。

―斎藤選手と大石選手の印象はいかがでしたか
斎藤選手はコントロールが良くて、序盤から速球がきて、それなりに、注目されてるだけあっていいピッチャーでした。大石選手は真っ直ぐがいい伸びでしたね。

―斎藤選手からは一本タイムリーが出ましたね。
気持ちで振っていきました。

―タイムリーの時にガッツポーズも出ていましたね。
チームにとってもいい追加点になったので、みんなの雰囲気を盛り上げるためにも、体から出ました。

―最後は笑顔で加賀美投手に話し掛けられていましたが、何と声を掛けられたのですか
よく踏張ってくれたので、ナイスピッチング、と。そういうことですね。

―次の早大戦に向けて何か対策など考えていらっしゃいますか
相手のピッチャーとバッターをしっかり見て1週間の練習に生かしていきたいです。

―明日の試合に向けて意気込みをお願いします
絶対に決めます!

難波選手(1安打)

―今日の試合を振り返ってお願いします
とりあえず勝ててよかったです。

―今季はスタメンでのスタートですね
わざわざ(大八木)誠也さんをファーストに移して自分を起用してくださっているので、頑張ろうと思いました。

―最初の打席はヒットで出塁したものの、牽制球に刺されてしまいましたが大きなリードは監督さんの指示ですか
あれはいけたらいこうと思っていて…ちょっと調子に乗りすぎましたね。

―この間の取材で監督さんが、今季は3年生にかける期待が強いとおっしゃっていました。今季はどんなプレーをしていきたいですか
来季は新チームで自分たち(3年生)が上になるので、今シーズンは自覚をもってプレーしなくてはいけないと思います。

―明日への意気込みをお願いします
2連勝するしかないので明日も勝ちにいきたいです。

金光監督

―今日の試合を振り返っていかがですか
前半に斎藤くんを攻撃陣がうまくとらえられました。加賀美も調子は良くなかったんでしょうが、なんとか粘り強く投げてくれました。前半の得点、特に4回の2・3・4点目が大きかったです。

―開幕を迎えるにあたって選手たちに言ったことはありますか
早稲田にはどうせ当たるので、春の無念をぶつけていこうということです。今日の早稲田戦の一日に選手たちがうまく(照準を)合わせてきて、うまく勝ちにつなげられたと思います。一勝は単なる一勝で勝ち点を5つ取ったのちに天皇杯があるので、今日は勝ちましたが頭を切り替えてまた明日やりたいです。

―2・3年生の起用が目立ちましたが
相手を考えるとそんなに点を取れない相手なので、機動力がある足の速い選手、あと粘り強くねらっていける子を起用しました。みんなよく斎藤くんの落ちるボールに対応していたと思います。

―先発の加賀美投手については
世界大会のときはちょっと調子が落ちていたみたいですが、ちょっと上向いてきたみたいです。

―早大の印象を教えてください
ちょっとでも隙があると一気にたたきこまれてしまいます。しかし食らいついて最後までできたので明日もこういう戦いがしたいです。

―明日の先発は
ブルペンの状態を帰ってから聞いて決めます。

―明日の試合の意気込みをお願いします
さっきも言いましたが単なる一勝は一勝なので勝ち点を取れるように明日に集中させたいです。

明日の展望

昨季2連敗を喫して易々と勝ち点を譲ってしまった早大から先勝できたことは、これからのリーグ戦を戦うにおいて、大きな起爆剤になるだろう。

明日の先発は、法大は三上朋が有力だ。昨季の早大戦では先発したものの、3回途中で降板してしまっただけにリベンジに燃えているはずだ。三嶋も控えているだけに、のびのびとしたピッチングに期待したい。一方の早大の先発は福井優だろう。昨季は7回被安打2無失点に抑えられてしまっているだけに、手強い相手である。大石もスタンバイしているだけに、ロースコアな試合展開が予想される。

法大打線は、今日の試合を見る限り春とは違うしぶとさをみせた。新4番の多木はこれまでのシャープさと同時にパンチ力も発揮しはじめ、打線全体が得点圏での粘り強さを見せつけた。低学年中心のフレッシュな打線が、新しい法大旋風を引き起こしてくれることに期待したい。一方の早大は、今日の試合では拙攻の攻撃展開だった。経験豊富な土生、打撃好調の杉山に特に注意が必要だ。好打者が揃うだけに、打線が目覚めるきっかけを作らないようにしたい。

昨季の早大戦は、大きなターニングポイントとなったカードだった。それだけに、明日勝って連勝で勝ち点を奪取することは、大きな意味を持つ。開幕早々、正念場を迎えているが、まず春の借りを返す時だ。

(沼田 心)

 
 

フォトギャラリー

  • 20100911-01斎藤に投げ勝ち完投勝利の先発・加賀美
  • 20100911-02先制の本塁打を放った4番・多木
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み