硬式野球

東京六大学野球オールスターゲーム六大学史上初の夢の球宴!

東京六大学野球オールスターゲーム
チームマドンナ(早・明・東)対チーム坊っちゃん(慶・立・法)
8月28日(土)
会場:松山・坊っちゃんスタジアム

野球を愛した歌人、正岡子規ゆかりの地であり、05年には独立リーグが設立されるなど、野球熱が高いことで知られる愛媛県松山市。28日、松山市の南部に位置する坊っちゃんスタジアムで、六大学史上初の夢の球宴が行われた。各大学のスタープレーヤーたちが一挙に集結、熱戦を繰り広げ、東京から駆け付けた大応援団や地元の大学野球ファンを熱狂させた。

20100828-01
東京六大学野球オールスターゲーム

試合結果

トータル試合結果

 123456789R
マドンナ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
坊ちゃん 1 0 0 0 0 0 3 0 X 4

(マドンナ)●福井優、大石、香取、前田、野村、西嶋ー白川、田中淳、山内

(坊ちゃん)加賀美、竹内大、○岡部、田中宏、小室、福谷、三嶋ー廣本、長﨑、前田雄

試合は10年春季リーグ戦の順位によってチームが振り分けられ、江藤監督(慶大)率いる慶大・立大・法大からなるチーム坊っちゃんと、應武監督(早大)率いる早大・明大・東大のチームマドンナによる戦いとなった。法大からは大八木、加賀美、三嶋、廣本、亀田、多木、今村、中尾、以上8名の選手が出場し、松山の夜を大いに沸かせた。

六大学野球史に新たな歴史を刻んだこの祭典で、チーム坊っちゃんの先発マウンドを任されたのは法大・加賀美。一方のチームマドンナは地元愛媛の済美高校出身、福井(早大)が登板する。試合は初回から動きを見せる。1番・松本(立大)が二ゴロに倒れるも、2番・中尾(法大)は四球を選び出塁すると、すかさず3番・多木(法大)の打席時に盗塁成功し、1死2塁。そこで多木(法大)が右前適時安打を放ち、1点を先制する。2回以降は得点圏にランナーを進めるも、大石(早大)、香取(東大)、前田(東大)の前になかなか追加点を加えることができなかった。

しかし7回、この回からマウンドに上がった野村(明大)に対し打線が爆発する。8番・前田雄(立大)が左前二塁打で出塁すると、9番・今村(法大)、1番・湯本(慶大)がそれぞれ三振に倒れ2死となるも、2番・田中宗(立大)の右越本塁打で2点を追加する。続く3番・渕上(慶大)は三失で2塁へ進み、4番・伊藤(慶大)の左前安打で2死1・3塁。ここで5番・亀田(法大)が右前適時安打を放ち、さらに1点を追加、相手チームを引き離した。
総動員の投手リレーは相手に追撃を許さない。先発の加賀美は2回を無失点に抑え、法大エースの実力を見せ付けた。続く竹内(慶大)、岡部(立大)、田中宏(慶大)、小室(立大)、福谷(慶大)も相手打線を封じ込め、8回に抑えのマウンドを任されたのは法大・三嶋。死球などで2死1・2塁とされ、9番・山内(明大)の粘りの中前適時安打に1点を許すも、後続を打ち取り、チームに勝利をもたらした。

試合終了後、ヒーローインタビューのお立ち台に上がったのは、初回に先制タイムリーを放った法大・多木。先輩である法大・中尾が作ったチャンスを見事にものにした。中尾は2盗塁を決め、積極的な走塁でチームの勝利に貢献。途中出場した法大・亀田も貴重な追加点を挙げるなど、今球宴では法大の選手の活躍が目立った。夢の球宴が幕を閉じ、目前には秋季リーグ戦の開幕が控えている。4年生にとっては最後となる今季リーグ戦。4年間の集大成である引退への花道を、悲願の「優勝」という二文字で飾り、有終の美を遂げることが出来るのだろうか。今球宴では、普段はライバルである他大学の選手と共に戦ったことで、良い刺激を受けた選手も多いだろう。出場した8名の選手には、ここでの活躍を起爆剤として、エース・加賀美、主将・大八木を筆頭に、チームを優勝に導いてもらいたい。厳しい残暑が予想されるこの秋、神宮をさらに熱くするのは法大ナインだ!(新實 舞奈)

試合後の記者会見での多木選手のコメント

―多木選手は(香川出身なので)愛媛は準地元ですが、坊っちゃんスタジアムで試合をしたことはありますか?
高校でもやったことないです。

―タイムリーを放ちましたが
チャンスとか関係なく振ろうと思ってたので。

―ヒーローになれましたね
まさかという感じで、とりあえずうれしいです。

―オールスターというお祭りが終わって心境はいかがですか
今日は今日で楽しめたので良かったです。帰ったら次には向かって頑張ります。

 
 

フォトギャラリー

  • 20100828-01東京六大学野球オールスターゲーム
  • 20100828-02試合は白熱。豪快なスライディングシーン
  • 20100828-03チーム坊ちゃんの田中宗一郎選手(立教大学4年・佐賀西高校)
  • 20100828-04チームマドンナ5番手の野村祐輔(明治3年・広陵)
  • 20100828-05会場は大入りとなった。
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み