アイスホッケー

第85回日本学生氷上競技選手権大会 2回戦 対青学大 大量得点で快勝!鬼門の明大戦へ

第85回日本学生氷上競技選手権大会 対青山学院大
2013年1月7日(月)
日光市細尾ドームリンク

初戦を白星で飾り上々のスタートを切った法大。それから16時間後、細尾ドームリンクに会場を移し、青学大との2回戦が行われた。勝利すれば17時から明大との準々決勝が待っている過密スケジュールなだけにここで無駄な体力の消費はしたくない。極寒の中、法大は2回戦に挑んだ。

2 1
計9得点の快勝を収める

試合結果

トータル試合結果

9
(75)
1(25) 1P 1(5) 1
(13)
4(27) 2P 0(3)
法政大学 4(23) 3P 0(5) 青山学院大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/KP
青学大 1 07:40 27 笹渕貴大 5 松山貴彦 KP
法大 1 17:53 18 山田淳哉 10 多田真章 30 小原日向 PP
法大 2 02:03 30 小原日向 20 酒井大之 PP
法大 2 04:46 89 吉村紀耶 17 村上亮 PP
法大 2 14:23 30 小原日向
法大 2 17:06 17 村上亮 23 末廣直樹 ー 
法大 3 01:36 16 岩槻翔悟 17 村上亮  
法大 3 08:39 30 小原日向 81 横山恭介 PP
法大 3 12:57 18 山田淳哉 30 小原日向 91 中口郁弥
法大 3 16:08 30 小原日向 91 中口郁弥 81 横山恭也

※P.Pは法大のパワープレー、K.Pは法大のキルプレーを表示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 9 今野大輔 17 村上亮 89 吉村紀耶 7 今井慶和 6 松本勝利
2 30 小原日向 18 山田淳哉 91 中口郁弥 81 横山恭也 20 酒井大之
3 11 吉田厳介 A 16 岩槻翔悟 88 石橋智輝 57 山田康太 5 高橋峻
4 23 末廣直樹 A 22 有澄遼 C 10 多田真章 44 清水省吾 52 中本圭亮

※GKは#35 藤田拓丸が出場

戦評

 第1ピリオド、開始早々42秒両校とも反則を犯し、青学大の積極的な守備になかなかパックを前に進めることができない。だが1分45秒、相手選手のボーディングによるペナルティでPPのチャンスを得るとここぞと言わんばかりに次々と相手ゾーンへとボールを放り込む。選手はゴールにシュートの雨を降らせるが、青学大のGK三浦を中心とした堅い守りにより、得点をあげることができない。青学大はペナルティを恐れないプレーで法大に迫りカウンターを狙うが、DF陣が間一髪のところでそれを食い止めた。しかし7分40秒、ついにDF陣がカウンターに追いつけず、フリーになったFW笹渕が法大のゴールを揺らしまさかの先制を許す展開に。なんとかして早く同点にしたい法大は数度のPPのチャンスを逃し嫌な空気が流れ始まる。その雰囲気を一掃したのはFW山田淳だった。17分53秒、FW多田のサイドからのパスに反応しダイレクトシュート、ゴール左隅を揺らしゲームを振り出しに戻す。そのまま逆転を狙った法大だったが、ブザーが鳴り第1ピリオド終了。

 早めに勝ち越し青学大との差を空けたい法大は第2ピリオドの1分42秒、DF酒井が放ったシュートを好調FW小原が絶妙に軌道を変えゴール。逆転に成功すると、細尾の寒さに慣れ始めた法大は次々とゴールを量産し始める。4分46秒FW村上がゴール裏を回り込みパスに反応したFW吉村が放ちシュート。点差を2に広げると、14分中盤には小原が昨日に続くゴールを奪い、青学大を引き離す。終盤にも相手のDFゾーンでFW末廣がパスカットし、最後は村上が決め5-1。試合は最終ピリオドに移った。

 最終ピリオドになっても法大の勢いは止まらなかった。1分31秒、パックを奪ったFW村上は相手DFを振り切り、スピードに乗りながらFW岩槻にラストパス。見事な連携を見せ鮮やかに追加点を奪うと、8分39秒には小原が、また12分57秒には山田淳がそれぞれゴールを決め、試合を決定づけた。最後は16分8秒、小原が2試合連続のハットトリックとなるゴールを決め、試合終了。9-1の快勝を収めた。

序盤こそ苦しい展開になるも、次第に調子を上げていったのは見事だったが次の相手は明大。苦しい展開が予想される。なるべくミスをなくすこと、極力反則を減らすことを意識しないと明大FW陣が襲いかかってくるだろう。勝負は8時間後。やることはやってきた。あとはその成果を披露するだけだ。

試合後の選手のコメント

有澄遼副将(法4)

―昨日と今日、試合をやってみて調子はいかがですか
チーム的には風邪とかインフルエンザの人がたくさんいて、それで昨日今日勝ってきたんで、次の明治も絶対勝ちたいと思います。

―リーグ戦が終わってからどのような練習に取り組んできましたか
あんまり決めごとはしないで、みんなでチームワークとかダッシュとか足腰鍛えたりして、打倒明治で頑張ってきました。

―その練習の効果は現在みられますか
そうですね、まあ1試合目2試合目の相手ではわからなかったんで、次の明治戦では効果が出ると思います。

―日光での試合ということで会場の状態などはいかがですか
細尾は寒いんですけど、その分氷が硬いんで、調子はいいですね。

―4年間の集大成となる大会ですがどのような思いで臨まれていますか
やっぱりインカレ優勝してみんなでおいしいお酒を飲めるように、それをみんなで目標としてかかげて頑張りたいです。

―今日はダブルヘッダーですがなにか対策は
対策はうちのチームは特にないんですけど、打倒明治という、絶対明治だけには負けないという気持ちで。勝つのみですね。

―明治大学に対する対策などは
うちのチームは対策というのはなくて。自由にホッケーをするスタイルなんで、いつものうちのホッケーが出来れば、必ず勝てると思います。

―準々決勝に向けて意気込みをお願いします
明治大学とは結構いざこざがあるので、まずは気持ちで負けないで、絶対に勝ちたいと思います。

岩槻翔悟副将(法3)

―今日の試合を振り返ってみていかがでしたか
今の試合は格下なんで、イメージする動きをできればいいなと思っていて、特に考えることはなくて、修正できるところは修正して、あとは勢いに乗れるように、ということで9―1で勝てて次の明治戦がメインなんでそこにつなげられたと思います。

―昨日の試合があまりうまくいかなかった中で今日変えた点などはありますか
そうですね、特に変えたことはなかったんですけど、他のチームと試合をやってなかったんで、昨日はゲームの勘という部分で鈍っていたのかなと。まあ昨日やったんで今日は大丈夫です。

―会場が霧降と細尾ということで環境の違いなどはありますか
こっちは狭いし、寒いんで、練習時間も5分ということは体暖めるのがすごい大変なんですけど、一回暖まれば大丈夫です。

―リーグが終わってからやってきたことは
ほとんどがゲームですね。そこで状況判断の部分が鍛えられると思うんで、そういった面でディフェンスは球出しがすごく良くなったと思うんで、今日の夕方に焦点合わせてやってきてるんで、1年間とおしてやってきたことをそこにぶつけたいと思います。

―今日の疲れは
ここまできて疲れとか言ってたらダメなんで、死んででも勝ちにいきたいです。

―リーグ戦では明大には勝てていませんが
そうですね、1回目は同点のゲームで、残り何十秒かで入れられたんで…あれは勝ち試合だったと思うんで、ああいうイメージでやっていけたらいいなと思います。

山田淳哉(営3)

―今日の試合を振り返って
朝早い試合でコンディショニングとか難しい中1ピリで失点しまって流れが良くなかったんですけど、だんだん2ピリ、3ピリで足が動くようになってから流れが良くなったので次の試合には繋がるかなって感じです。
 
―序盤ペナルティが多かったですが、チーム内でどう対処しようとしましたか
ちょっとカッカしてた部分もあると思うんですけど、キャプテンを中心に冷静になろうってことで2ピリから声をかける事を心がけていました。
 
―リーグ戦からインカレの間までにチームで取り組んだことは
秋リーグは失点が特に多かったので守りの部分を中心に取り組みました。

―次は明治戦ですが
毎年ここで負けてしまっているので、ここで負けては何も残らないので、今日の試合勝てるように頑張ります。

小原日向(営2)

―インカレの2試合終わりましたが、チームの調子はいかがですか
1試合目はみんな動きが良くなかったんですけど、今日は結構動き良くなってきたんで、次の試合に繋がると思います。
 
―初戦では3得点を挙げましたが、ご自身の調子はいかがですか
調子は良いですね。
 
―チームの連携も良くなっていますか
そうですね。みんなコミュニケーション取れてるんで。
 
―リーグ戦を終えてからどのような練習をされましたか
セット練習とかを中心にやりました。
 
―チームの雰囲気は良いですか
そうですね、やっぱり優勝が懸かっているので。
 
―今日はダブルヘッダーでの試合ですが
昔とかもよくやってきたので、ダブルヘッダーは大丈夫だと思います。
 
―準々決勝以降の試合への意気込みを
このチームでやれるのももうこの大会だけなので、みんなで頑張って優勝したいです。

清水省吾(法1)

―試合を振り返って
第1ピリオドはバタバタしていたんですけと、2ピリから皆調子を切り替えて、どんどんゴールに積極的に行けて良かったと思います。
 
―昨日、今日の2試合でのチームの連携について
昨日は久々の試合だったので皆ゲームスピードに慣れていなくて、でも昨日と今日を通じてどんどん体が戻ってきたので、この後の明治戦に向けて頑張れればいいと思います。
 
―リーグ戦が終わってからはどのような練習をされてきましたか
全体的にはセットプレーなどをして試合形式の練習が多かったですが、最後は練習のまとめで皆でダッシュをしたりして、合宿を終わりました。
 
―初めてのインカレで、昨日から得点に絡む場面が多かったですね
1年生にできることを精一杯やるだけなので、チームに貢献できて嬉しいです。
 
―明大戦に向けて一言
今シーズン最後の大会なので、チーム一丸となって頑張りたいと思います。

フォトギャラリー

  • 2 1計9得点の快勝を収める
  • 2 22試合連続のハットトリック達成の小原
  • 2 3守りの要として活躍した山田康
  • 2 4ミドルシュートを得意とする清水
  • 2 5中心的役割を果たす酒井
  • 2 6チームのエース山田淳
  • 2 7期待のルーキー吉村
  • 2 8ゴール前で競る岩槻

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み