アイスホッケー

第59回関東大学選手権 対明大 あと一歩及ばず、決勝進出逃す

秩父宮杯第59回関東大学アイスホッケー選手権大会 対明治大学
2010年4月25日(日)
ダイドードリンコアイスアリーナ

準々決勝で東洋大との接戦を制し、迎えた準決勝の相手は明大。この試合に勝てば決勝進出が決まり、優勝が見えてくる。

1ピリ開始からわずか10分の間に、法大は明大にあっさり2得点を許してしまう。明大のスピードに圧倒されたようだったが、徐々に法大ペースを取り戻してくる。パワープレーとなった15分32秒、FW土屋の放ったパックが明大GKの足元をすり抜け、ゴールが決まった。2ピリに入り、勢いそのままに法大は開始直後の3分28秒、今季毎試合得点を挙げており調子のいいFW宇正の、明大GKと一対一で放ったシュートが決まり、同点となる。しかし12分過ぎ、明大にゴールを許し再び追う展開に。

しかしその直後の13分18秒、FW西東がゴールを決める。取られたら取り返す精神で食らいつく。その後も何本もシュートを打つが、惜しくも得点にはつながらなかった。同点のまま迎えた3ピリ、4分過ぎに何度もピンチを迎えるが、GK岩槻拓の好セーブで失点を防ぐ。しかし15分46秒、ついに明大に1点を献上する。残り時間が少ないなか、押され気味の法大はなかなか攻めに行けない。残り14秒となった19分46秒、法大はタイムアウトをとりゴールを目指すも、そのまま試合終了。決勝進出の夢は散った。

全ピリオドを通して法大のほうがシュート数が多く、惜しい場面も多々あっただけに、悔しい結果となった。中大との3位決定戦ではもう一度法大らしいホッケーを見せて勝利を収めてほしい。

hockey-20100425-01-thumb-160x160-9
1点目を決めた土屋

試合結果

トータル試合結果

3 (38) 1(11) 1P 2(7) 4 (28)
2(13) 2P 1(11)
法政大学 0(14) 3P 1(10) 明治大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/KP
明 大 1 1:23 61土屋輝幸 40上野滉太
明 大 1 7:27 30木谷大介
法 大 1 15:32 73土屋洋輔 18山田淳哉 PP
法 大 2 3:28 27宇正慧士 12山内翔平
明 大 2 12:21 61土屋輝幸 10本野亮介
法 大 2 13:18 13西東秀明 57山田康太 23村上 亮
明 大 3 15:46 22小原卓朗 61土屋輝幸 40上野滉太

※P.Pは法大のパワープレー、K.Pは法大のキルプレーを表示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 22有澄 遼 21篠田一輝 12山内翔平 91関谷 尚 10多田真章
2 14鈴木亜久里 18山田淳哉 27宇正慧士 15北村航也 5高橋 峻
3 16岩槻翔悟 17松崎 覚 11川口 皓 71牧口大樹 7今井慶和
4 73土屋洋輔 23村上 亮 13西東秀明 52中本圭亮 57山田康太

選手と監督のコメント

大北コーチ

今日の試合は勝ちたかったのですが、大切な走るホッケーをやり続けることができなかったので、それが今日の敗因だと思います。ブレイクアウトができず、消極的なプレーが多かったための4失点でした。消極的になって、それを60分の間で修正できなかったということは今後の課題になります。(攻められたように見えたのは)反則を抑えて走るホッケーができなかったからですかね。(対策は)明治はあまり運動量の多くない流れの良いホッケーで1プレーが長いのでそれを止めるため、早いプレーでバックチェックやパワープレーを指示しました。(次の試合に向けて)秋はDiv.Ⅰ-Bなので、次までに気持ちをしっかり切り替えて勝って終わりたいですね。そのために良い準備をして、試合に臨みます。

関谷尚主将

ちょっと悔いが残る試合になりました。この間の東洋戦の時みたいに最初走っていきたかったんですけど、失点してしまったのが一番痛かったです。(新チームの雰囲気は)いいと思います。(一年生も活躍されていますが)まだ一年生は一年生のレベルなんで経験を積んでよく成長してほしいです。(タイムアウトは)瞬間を間違えたかなと。5対4になった時に欲しかったです。その時にタイムアウトをとって6対4にするべきでした。今日一番悔いが残るところです。(武井選手が出場されていなかったのは)風邪です。(3位決定戦に向けて)たぶん武井も治って全員揃うと思います。今季初めての全員揃っての試合になるんで最後は勝って終わりたいです。

西東秀明

今日は最初の2失点がなければいけたと思います。流れが悪かったですね。最初流れが悪いのは毎試合のことなので、それがうちのチームの課題です。(対策は)気負わないで、自分たちのプレーをすることですね。(チーム状況は)去年よりは良いですし、レベルも上がってきていると思います。(次の試合に向けて)次勝ちあがって、最後勝ちで今大会を終わりたいです。

山田淳哉

出だしが悪くて2失点してしまったので次の試合では改善したいです。(今日の試合で意識されたことは)キルプレーの時に裏からのパスに気をつけようと思いました。あとはよく走ってシュートを打つことを意識しました。(法政アイスホッケー部でプレーしてみて)伝統あるチームなので負けられないと思います。東洋戦では勝ってたんですが今日勝って決勝行きたかったです。(一年生でこの間から活躍されていますが調子は)自分の調子は試合進むにつれて徐々に良くなってきてます。でもまだ自分は高校生だなと思うことがあるんで次は3決、夏、と改善していきたいです。最後の試合は勝って終わりたいです。

フォトギャラリー

  • hockey-20100425-01-thumb-160x160-91点目を決めた土屋
  • hockey-20100425-02-thumb-160x160-10積極的にパックを奪いに行く
  • hockey-20100425-03-thumb-160x160-11果敢にゴールを狙った西東
  • hockey-20100425-04-thumb-160x160-12タイムアウト時に指示を受ける選手たち

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み