アイスホッケー

第59回関東大学選手権 対立大 初戦白星で好調な出だし!!

秩父宮杯第59回関東大学アイスホッケー選手権大会 対立大
2010年4月4日(日)
ダイドードリンコアイスアリーナ

4年ぶりの春制覇を狙う選手権大会が開幕した。ベスト8止まりで幕を閉じたインカレから約3ヶ月、新チームが頂点を目指す。

初戦の相手は立教大。積極的な攻撃で流れをつかんだ法大は、1ピリ開始5分48秒でFW川口のアシストからFW山田淳がシュートを決め、先制点を奪う。

11分41秒、立大のシュートをGK岩槻拓が一旦セーブするも、こぼれたパックを入れられ、同点となる。しかしその後、12分30秒にDF今井のアシストからFW鈴木がしっかりゴールを決め、再びリードを奪う。

2ピリでは、開始直後にキルプレーか らFW山内の正面からのシュートが決まる。その後も法大は何度もシュートを打つが、惜しくも得点にはならない。

しかし、パワープレーとなった17分53秒、DF牧口、FW山内からのアシストで、FW松崎がゴール。チャンスを逃さない。2ピリ終了まで残り1分を切った19分20秒、立大にゴールを決められる。3ピリは完全に 法大ペース。3分7秒にDF岩槻翔、FW鈴木のアシストでFW村上がゴールを決める。試合終了間際の18分38秒には2人を欠くキルプレーながらもFW宇正がだめ押しの1点を決めた。

果敢にシュートを打ちに行く姿勢が目立った法大。GK岩槻拓の好セーブも光り、新入生たちは先輩に負けない攻めのプレーを見せ、得点も上げた。この勢いのまま、次の試合に臨みたい。

hockey-20100404-01-thumb-160x160-1
先制点を決めた新1年生山田淳

試合結果

トータル試合結果

2 (28) 1(8) 1P 0(15) 4 (48)
1(10) 2P 2(17)
法政大学 0(10) 3P 2(15) 中央大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/KP
法大 1 4:20 17松崎覚 73土屋洋輔 18山田淳哉 PP
中大 2 1:14 18水内直人 5庄野貴大 KP
中大 2 12:40 61重野駿佑 87西里祐貴 31村本公平 KP
法大 2 14:12 16岩槻翔悟 23村上亮
中大 3 2:21 19穂積潤光 2野村龍志
中大 3 10:42 61重野駿佑 21鈴木雄大 31村本公平

※P.Pは法大のパワープレー、K.Pは法大のキルプレーを表示しています。

メンバー

SET FW FW FW DF DF
1 21篠田一輝 27宇正慧士 81武井淳貴 57山田康太 91関谷尚
2 73土屋洋輔 18山田淳哉 17松崎覚 71牧口大樹 20酒井大之
3 12山内翔平 23村上亮 16岩槻翔悟 15北村航也 5高橋峻
4 13西東秀明 22有澄遼 10多田真章 11川口皓 52中本圭亮

※GKは#39岩槻拓郎が出場

大北コーチからのコメント

(今日の試合)2010年で新チームになって自分たちのホッケーでは大切なことができた試合になったと思います。

守りから攻めへの切り返しの精度が低いので、その点は練習していかなければいけません。11個の反則はうち7個がアタッキングゾーンでの反則で無駄な反則が多かったので、それをなくして法政のホッケーを展開できるようにしたいです。(新しいチームについて)上級生の選手たちも引っ張る意志がすごいありますし、下級生も技術の高い選手が多いので練習で競争ができて、良い雰囲気で大会を迎えることができました。(新1年生は)経験豊富な選手が多いです。

大学に入って高校とはスピードとかパワーも違うので、今は慣れるということをやっています。今日も良いプレーを見せてくれたので、期待してます。(今大会は)FWのスピードが売りのチームなので、FWが前でしつこくDFはシンプルに速く、FWを生かした試合をしていきたいです。(次の試合)今日の試合でリンクの状態を予想することができるようになったので、イメージをして練習を行い自分たちのホッケーをやりたいですね。(今季の目標)春とインカレでの2冠。リーグでDiv.Ⅰ-BからAへの昇格。全員でひとつになりたいです。

フォトギャラリー

  • hockey-20100404-01-thumb-160x160-1先制点を決めた新1年生山田淳
  • hockey-20100404-02-thumb-160x160-2ゴール、アシストともに活躍が光った山内

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み