アイスホッケー

No Mark CUP<感動と希望> 開催! 開催当日のレポート

7月3日、「No Mark CUP<感動と希望>」が開催された。 「No Mark」が総合プロデュースした1Dayイベント、 その当日の盛り上がりをレポートでお届けする。

国歌斉唱から始まった「No Mark CUP」。プロ選手VS学生選抜チームという夢のような戦いである。法大からはGK岩槻とFW山田が出場。多くの学生選手の中から選抜されたレベルの高いチームの中でも彼らの活躍は光った。

序盤から両チームとも攻めの姿勢で得点を狙っていく。2分2秒にはFW山田もシュートを放つが惜しくも入らない。No Markオールスターズの攻めに耐えるGK岩槻。好セーブを連発し、得点を許すことなく1ピリを終える。2ピリに入ってからも惜しい場面は多い。ファールを取りキルプレーとなった10分7秒、ついに東京都U22・FW水内(中大)が1点目を決める。ここでGK岩槻がGK伊藤(明大)に交代。このままリードを保ちたい東京都U22だったが、15分26秒・16分53秒と立て続けにFW鈴木(日光アイスバックス)の得点を許す。逆転され迎えた3ピリ、両者得点を許さず。No Markオールスターの1点リードで試合終了かと思われた19分18秒、DF尾野(韓国ハルラ)が追加点を決め、No Markオールスターがプロの威厳を見せ勝利を収めた。

続いて、5人ずつのPSがエキシビジョンとして行われた。こちらでは東京都U22が多くゴールを決め、会場を魅了した。試合に勝ちはしなかったものの、大学選抜・学生選手の実力の高さを認識することができた。この大会はまだ最初の一歩であるという"No Mark"。こういったアイスホッケーのイベントが今後増えることを楽しみにしている。 そして、このようなイベント・試合を通してアイスホッケーの魅力が少しでも多くの人に伝わることを願っている。

hockey-20100708-01-thumb-160x160-21
いよいよ開幕!イキ入れる選手たち

試合結果

トータル試合結果

1 0 1P 0 3
1 2P 2
東京都U22 オールスター 0 3P 1 No Mark オールスター

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/KP
U22 2 10:07 18水内直人 17穂積潤光 KP
NoMark 2 15:26 8鈴木貴人 47久保直也 3尾野貴之
NoMark 2 16:53 8鈴木貴人 26佐藤 翔 14田中 豪
NoMark 3 19:18 3尾野貴之 26佐藤 翔 30石岡 敏

※P.Pは法大のパワープレー、K.Pは法大のキルプレーを表示しています。

メンバー

チームFWDFDF
東京都U22オールスター 山下拓郎(早稲田)       今野充彬(東洋)       水内直人(中央)       寺尾裕道(早稲田)       重野駿佑(中央)       牛来拓都(明治)       穂積潤光(中央)       池田昇平(東洋)     山田淳哉(法政) 佐藤育也(東洋)       赤坂優輔(明治)       本野亮介(明治)       羽刕 銘(早稲田)       山田虎太朗(早稲田)     秋本デニス(東洋) 岩槻拓郎(法政)     伊藤優人(明治)
No Markオールスター 田中 豪(ドイツESV)       田中 遼(フリーブレイズ)       久保直也(クレインズ)       飯村良則(クレインズ)       石岡 敏(フリーブレイズ)       篠原亨太(アイスバックス)       西脇雅仁(クレインズ)       佐藤 翔(イーグルス)     鈴木貴人(アイスバックス) 河合龍一(フリーブレイズ)       鬼頭俊行(クレインズ)       外崎 潤(クレインズ)       芳賀陽介(イーグルス)       山田雄哉(ハイワン)     尾野貴之(ハルラ) 福藤 豊(オランダDT)     井上光明(韓国ハイワン)

出場選手のコメント

岩槻拓郎

―今日の大会
今日はすごい選手ばかりがいて、大学の選手だけ見てもトップクラスの選手ばかりで、そんな中でやれて幸せでした。

―無失点に抑えた
DFがしっかり守ってくれていて、難しい場面とかもあったんですけど、DFがいてくれたので安心してゴールを守ることができました。

―相手がプロということでいつもと違ったのでは
威圧感がありましたね。でも負けないという気持ちが強かったので、自分がゴールを守っている間は無失点に抑えることができて、勝つことができたんじゃないかな、と。もし気持ちが負けていたら3・4失点はしていたと思います。

―相手チームに法政OBの方もいましたが
相手の井上選手は自分が1年の時にいた先輩で良き師匠だったんですけど、対戦して、向こうは1失点で自分は無失点に抑えることができたのは嬉しいです。

―法政じゃないチームでやってみて
氷上での練習が3回とかしかなかったんですけど、みんなトップクラスの人たちですし、コミュニケーションもちゃんととれていたので、すぐに意気投合してやることができました。やりやすいチームでしたね。

―雰囲気は
同じ中学や高校だった人もいるので、結構和気あいあいとした感じでした。良いチームです。

―この大会で今後に生かせること
やっぱり無失点に抑えることができたということが自信になりますし、この自信を持って大学リーグでもプレーをしていきたいと思います。

―アメフト部との練習は
自分の限界まで追い込んで練習しています。追い込むことによって気持ちの強さが付いてきて、その強さは試合の残り2・3分に出てくると思うので、これからも追い込みまくりたいです。

―今の法政は
チームの雰囲気は良くて、みんな体がでかくなってきています。朝の陸トレとアメフトの合同練習で体力もついてきました。これから夏休みなんで、夏休みはそれぞれ自主トレで鍛えていきます。法政は夏強くて、秋に弱いという印象があるので、そうならないように秋に結果を残して、インカレにつなげたいです。

―では、秋に向けて
去年はケガで出場できなくて、自分の力を発揮できなかったので、まずはケガをしないように。そして、OBやファンの方々にもう一度応援してもらえるように、感謝の気持ちをプレーで表していきたいと思います。

山田淳哉

―今日の試合を振り返って
やっぱり実業団なので力もあるしスピードもあるって感じでした。」

―今日は他大学の選手も一緒でしたが、チームの雰囲気は
こういう機会はあんまりないので、楽しんでやろうって。

―今日の相手はプロでしたが
こういう機会はあんまりないので、自分の力がどこまで通用するかチャレンジしました。

―お兄さんも出場されていましたが、戦ってみて
年が離れてるので直接戦うことは無くて初めてだったので楽しかったです。

―アメフト部との合同練習は
やっぱりアメフトなのでけっこう走ってるので、それは氷上に出せているのではと思います。

―今後の目標は
今後はU22に留まらず、世界のメンバーに選ばれるように頑張りたいです。

フォトギャラリー

  • hockey-20100708-01-thumb-160x160-21いよいよ開幕!イキ入れる選手たち
  • hockey-20100708-02-thumb-160x160-221点も許さない岩槻
  • hockey-20100708-03-thumb-160x160-23エキシビジョンPS
  • hockey-20100708-04-thumb-160x160-24積極的にゴールを狙った山田
  • hockey-20100708-05-thumb-160x160-25GK伊藤(左)・FW山田(中)・DF秋本(右)
  • hockey-20100708-06-thumb-160x160-26No Markオールスターのゴール!
  • hockey-20100708-07-thumb-160x160-27勝利に喜ぶNoMarkオールスターの選手たち
  • hockey-20100708-08-thumb-160x160-28MCのZeebraさんを加え、集合写真

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み