アイスホッケー

関東大学リーグ戦 対明大 リーグ戦開幕も、勝負所で競り負け、黒星スタート

平成25年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 Div.Ⅰ-A 対明大
2013年9月14日(土)
ダイドードリンコアイスアリーナ

ついにやってきた。残暑が照りつける中、それとは対照的に冷たく光る東伏見ダイドードリンコアイスアリーナで開幕したアイスホッケー関東大学リーグ戦。初戦の相手は直近の大会であるサマーカップで優勝し、勢いに乗る明大。初戦を取ればこの先の戦いが大きく楽になってくるが、果たして…

meiji1 1
リーグ戦開幕!

試合結果

トータル試合結果

2
(32)
0(12) 1P 1(17) 3
(43)
1(13) 2P 2(15)
法政大学 1(7) 3P 0(11) 明治大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/PK
明大 1 08:24 11 大津晃介 PP
法大 2 11:35 16 岩槻翔悟 23 末廣直樹 17 村上亮
明大 2 18:35 11 大津晃介 71 永井遼
明大 2 19:58 19 上野滉太 13 上野峻輔
法大 3 15:59 18 山田淳哉 16 岩槻翔悟

※PPは法大のパワープレー、PKは法大のペナルティキリングを表示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 C 16 岩槻翔悟 A 17 村上亮 23 末廣直樹 4 佐々木祐希 88 石橋智輝
2 91 中口郁弥 A 18 山田淳哉 30 小原日向 81 横山恭也 20 酒井大之
3 13 松本力也 90 木戸啓太 10 間山慎也 6 松本勝利 5 高橋俊
4 61 大山翼 11 吉田厳介 19 磯田祥平 7 今井慶和 2 今将駿

※GKは#35藤田拓丸が出場。

戦評

 第1ピリオド前半は、互いにシュートを放ち合う展開となる。明大はFW大津を中心に攻めるがこの日先発で起用されたGK藤田が得点を許さない。対する法大も連携を取って何度もゴールを狙うが、なかなかシュートが決まらない。そして6分28秒、明大に反則者が出てPPとなり、得点のチャンスが訪れる。FW山田、DF酒井、FW間山、FW横山、FW木戸のスペシャルセットでゴールを狙うも、クリアしたパックが明大に渡ると、明大のポイントゲッター・大津がゴール左横からシュート。PP中に1点を先制される。先制を許した法大は、その後もFW岩槻や木戸がゴールを度々狙うが、明大の固いディフェンスを破ることができない。13分33秒、法大がこの試合1人目の反則者を出すも、山田が1人で明大のディフェンスを突破し正面からシュートするが、ここもGKに足元でセーブされてしまう。シュートを得点に結びつけられず、第1ピリオドを0-1で終える。

 続く第2ピリオドは、第1ピリオド終了間際のDF佐々木の退場が続きいきなりPKでのスタートとなるが、ここもゴールを守りきる。第2ピリオドではFW中口やFW末廣が良い動きを見せ、果敢にゴールを狙っていく。これまでなかなかシュートが決まらなかった法大であるが11分35秒、右サイドからドリブルをしてきた末廣のパスを受けた岩槻が、パックを押し込みゴール。ようやく得点し、同点に追いつく。この流れで逆転したい法大はパスを回して再びゴールを目指すも、明大のカットにより得点を奪うことができない。すると第2ピリオド終盤の18分過ぎ、ニュートラルゾーンで山田が転倒しパックが相手に渡ると、再び大津がゴール右側へシュートを放ち、勝ち越しを許す。さらに第2ピリオド残り2秒、ディフェンディングゾーンでのフェイスオフ直後に一瞬の隙を突かれ、3点目を与えてしまう。

 2点ビハインドで迎えた第3ピリオド。パス回しで法大に流れを持ち込むと15分59秒、山田がゴール正面から強烈なミドルシュートを放ち、1点差に詰め寄る。山田の今季初ゴールで勢いづきたい法大であったが直後の17分1秒、DF佐々木が2度目の反則を犯してこの日5度目のPKとなり、明大を攻めきることができない。そして佐々木がペナルティボックスから出ると、試合終了50秒前、タイムアウトを取り6人攻撃を仕掛けるも、明大にパックをクリアされ守りに入るなど6人攻撃を生かしきれず、試合終了。1点差での悔しい敗戦を喫した。

 この試合では好機にシュートを決めきれず、得点に結びつかない場面が多く見受けられた。また、終盤PKによって明大を攻めきれなかったように、反則という課題は依然として残されている。次に迎えるは日大。まずは1勝を挙げ、チームに勢いをもたらしたい。(熊谷優)

試合後の選手のコメント

FW岩槻翔悟主将

―今日の試合を振り返って
最初に1点取られて、でも1点だったら別に全然大丈夫だって事は分かっていたんで、何とか1点返して1-1になって最後、2ピリの残り5分、あそこで勝負が決まったって言うか、そういったらおかしいですけど、残り5秒とかで失点するって事はかなり次のピリオドで僕らが前に行かないと点取れないんで、あそこで今日のゲームが決まっちゃったのかなと思ったんですけど、僕らは得点力には自信はありますし、また1点返して、そこでまた反則だったんで、結局法政の課題である反則って事がまた目立って負けたしまったって感じですね。

―反則ですが、夏やサマーカップを通して改善された傾向にありましたが
まあ気をつけようって事はスタッフ全員から言われますし、ミーティングでも絶対言いますんで、あそこで意識の問題だと思うんですけど、やっぱりまだ無駄な反則が多いんで、1回反則したら1失点だと思え、って事もスタッフから言われますし、それでも反則は出てるんで、個々の気持ちやメンタル的な成長もないですし、秋リーグを通して、1試合1試合反則を減らす事を目標にやっていけば自然と、結果もついてくると思います。

―5対5では負けないということですが
はい、5対5では法政が一番ってことは自信があるんで、得点も取れますし。とにかくPKに対する思いがまだまだ足りないんじゃないかと思います。

―反則は少なかったが勝負所での反則があったということですか
そうですね、やっぱりここだ!って時に一人少ないんで、そこは勝てっこないなと思います。

―1点あげたときの気持ちは
僕らのセットは守りが中心なんで、そこで守りから攻めという攻撃への展開で得点できたっていうのはいい成果というか、合宿の成果が出たんじゃないかと思いますけど、まだまだ1シフトなんで、それを60分間、毎シフト毎シフトできないと秋とインカレは取れないと思ってます。

―夏は何を中心に練習してきましたか
夏は守りをメインにやってきました。失点を少なくしたらうちは得点を取れるということでやってきたんで、守りの前に反則してしまうと、その練習の意味もないんで、まず課題は反則に限ると思います。

―守りの練習とはどんなことを
5対5が基本で、1番手が早くチェックにいくとかそういった細かいプレーが多いですね。まずパックに早く行くって事が第一前提なんで、そこからは自分たちの思い通りっていうか、想像力を活かしたプレーでいくって感じです。

―これからの課題と目標は
まず目標は秋を取ること、そして課題は今までいったとおり、もう反則しかないんで、反則しなきゃ負けることはないんで、そこですね。

―今日の明治戦で互角に戦えたという感覚はありますか
そうですね、やっぱり5-5では自分たちの方が上だと思っているんで、あとは勝負するところで弱いというか、そこは明治の方が上ですし、明治の方が走っていたし、そこは明治がよかったと思います。

―日大に向けての意気込みを
明後日は日大なんで、格下っていったら失礼なんですけど、まず負けないチームだと思うんで、反則をしないで、今まで反則なしのゲームは法政は一回もないんで、それを皆に伝えようかなと思います。

FW山田淳哉

―今日の試合を振り返って
全体を通しては互角以上の試合ができたんじゃないかと思いますけど、前半の2失点がすごく大きくて、ちょっとしたミスなんですけど、そういった所を決められてしまったので、そのミスを今度はしないようにやっていきたいと思います。

―東伏見での試合で北海道とは違った点はありますか
北海道はすごく小さい頃からやってきたリンクなんで、とても過ごしやすく滑りやすかったんですけど、東京のリンクは毎年そうなんですけど、あんまり状態がよくなくて、それを言い訳にしないようにして、パスとかは上手くは繋がらないかもしれないですけど、走ったりシュートを打ったりするって事はできるんでそう言った事をやっていきたいと思います。

―夏までにやってきたことは
去年の夏は得点力不足って事で点数の取り方、シュートの打ち方って事をやってサマー迎えたんですけど、今年は得点力不足っていうのが秋リーグとか見ても解消されていたんで、その代わり失点が多くなってしまったんで、失点をどうやって抑えるか、どういうチェックをするかって事を結構してきました。

―サマーカップを振り返っていかがでしたか
準決勝の関大戦なんですけど、簡単にやればしっかりと勝てる試合だったんですけど、やっぱり去年と同様に反則をしてしまって、負けてしまって、何も変わってない状態に逆戻りしてしまったと思うんですけど、中央戦は反則をよりいっそう反則をしないって意識があってそれがいい結果になったんではないかと思います。

―今日も反則は少なかったですが
やっぱり自分たちは普通に5対5でやっていれば必ずいい結果が出てくると思っているんで、自分たちもそれは分かっていますし、反則を少なくしようって話はずっとしてます。

―今日の1得点したときの気持ちは
2失点、終盤でしてしまって、自分のミスで点を取られてしまったんで、1点はとりあえず取り返せてよかったっていう気持ちとあと1点とってチームを勝ちに結びつけられるようにもっと頑張っていきたいと思います。

―個人の目標は
去年はポイント王になるくらいゴールもアシストも取ったんですけど、今年は多く取るってよりも勝負所でここで1点欲しいってところで自分が決められるように頑張っていきたいなって思うのと、自分がいないとチームが勝てないってのが分かっているので反則は気をつけてやっていきたいと思います。

―日大戦への意気込みを
開幕早々負けてしまったんで、14試合、試合だけ見れば多いかもしれないですけど、1敗とかはかなり大きいと思うんで、日大だろうと取りこぼしのないように、自分たちが万全の状態で試合を迎えていきたいです。

フォトギャラリー

  • meiji1 1リーグ戦開幕!
  • meiji1 2ゴールを決め末廣(左)、村上(右上)と喜ぶ岩槻(右下)
  • meiji1 3積極的に前線に顔を出した間山
  • meiji1 4山田のシュートは惜しくも外れる
  • meiji1 5ゴール前で競り合う中口
  • meiji1 6藤田には悔しさの残る試合になった
  • meiji1 7末廣のスピードは脅威になりつつある

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み