アイスホッケー 

関東大学リーグ戦 対中大 優勝遠のく1敗...首位・中大に黒星つけられず

関東大学アイスホッケーリーグ戦 Div.Ⅰ-A 対中大
2013年10月20日(日)
ダイドードリンコアイスアリーナ

今日からは後半戦。いきなり大一番がやってきた。全勝で首位を快走中の中大を止めないとこのまま追いつくことはできない。並々ならぬ闘志を燃やし、この1戦に全てをかけた。

chuo2 1
立ち尽くすキャプテン…

試合結果

トータル試合結果

1
(33)
0(11) 1P 1(15) 3
(44)
1(11) 2P 1(14)
法政大学 0(11) 3P 1(15) 中央大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシスト

PP/PK

中大 1 15:37 19 中島彰吾
中大 2 00:19 29 越後智哉 54 伊藤剛史 30 八戸翔太
法大 2 11:20 22 小原日向 23 末廣直樹 18 山田淳哉
中大 3 16:56 19 中島彰吾 29 越後智哉

※PPは法大のパワープレー、PKは法大のペナルティキリングを表示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 C 16 岩槻翔悟 A 17 村上亮 90 木戸啓太 4 佐々木祐希 6 松本勝利
2 22 小原日向 A 18 山田淳哉 91 中口郁弥 81 横山恭也 20 酒井大之
3 13 松本力也 88 石橋智輝 10 間山慎也 7 今井慶和 5 高橋峻
4 19 磯田祥平 11 吉田厳介 23 末廣直樹 2 今将駿 27 奥田陽久

※GKは#70黒川達志が出場。

戦評

 第1ピリオドはシュート数、展開共に互角の戦いを見せた。前回の対戦では組織的なDFに苦戦を強いられた法大だが、この日は序盤から積極的にアタッキングゾーンで中大を攻める。FW山田を中心にシュートを放つも、大学ホッケー界屈指のGK・小野田の前に得点を奪えない。すると1ピリ序盤の4分頃、DF佐々木がスラッシングにより退場となり、法大は早速課題のPKを迎える。しかしここはパックをクリアして無失点で切り抜ける。その後もフェイスオフを高確率で取り、攻撃の型を作るも、激しいパックの奪い合いとなり、両軍無得点のまま試合は進んでいく。1ピリ終盤の14分58秒、FW村上がフッキングで退場となるが中大も直後に反則を犯し、4対4での攻防となる。FW小原、山田、DF横山とパックをつないで攻めに出るが15分58秒、アタッキングゾーンでパックが中大に渡ると、フリーとなったFW中島が右サイドからドリブルをし、シュート。カウンターからの先制を許してしまう。度重なるピンチを凌いでいた法大だが、1ピリを1点ビハインドで終える。

 切り替えて臨みたい第2ピリオド。しかしフェイスオフ直後、ゴール正面からFW越後が放ったシュートがゴールバーにあたり、開始わずか19秒に不運な形で追加点を奪われる。反撃に出たい法大だが、なかなか得点することができない。中盤には村上がゴール右からゴール前のFW木戸へとパスをつなぎ絶好のチャンスを迎えるが、レシーブミスによりシュートを打てずに終わる。しかし11分20秒、FW末廣のパスを受けた小原がフリーとなり、ゴール右からキーパーの足元へシュート。本人も会心だったという一発は、1点差へと迫る待望の得点となった。このゴールで法大は再び勢いづき、果敢に中大のゴールを攻める。木戸がスティックを操りパックをゴールへ運ぼうとしたり、佐々木がミドルシュートを放つなど、動きを見せる。16分にはこの日二度目のPKとなるが、ここも難なくしのぎ、1点差という緊迫した展開のまま、試合は終盤へ突入する。

 勝負の第3ピリオドはいきなりPPのチャンスを迎えた。中大のディレイング・オブ・ザ・ゲームにより開始9秒でPPとなると、法大はこのチャンスをすかさず攻める。佐々木が幾度もパックをアタッキングゾーンへ返し、何とかこの好機に追い付きたい法大だが、無得点に終わる。その後再びアタッキングゾーンへ駆け抜けてきた中島にシュートを打たれるが、この日GKに起用された黒川がここはしっかりパックをつかみ、2度目のブレイクアウェイは阻止する。しかし中大の第3セットに度々正面からゴールを狙われるなど、気を抜けない展開が続く。1対2で試合は進んでいくが、終盤の16分56秒、ディフェンディングゾーンでのフェイスオフ直後、ゴール前で攻防が繰り広げられると、パックはするりと黒川の左を通り抜け、ゴール。 2点差に突き放される重い追加点がスコアに刻まれた。この後度々転倒するなど、法大には焦りが見え始める。シュートも思うように打たせてもらえず、残り20秒ほどで6人攻撃に切り替えるも反撃及ばず試合終了。またも中大に屈し、相手に無傷の8連勝を許した。

 試合前日はいつになく徹底的なミーティングを重ね、この試合に全てを懸けたという法大。リーグワーストのPKでの守備率は改善され、この日PKで失点することはなかった。しかし少ないチャンスをものにされ、今季3敗目を記録。優勝が遠退く痛い敗戦となった。(熊谷優)

試合後の選手のコメント

FW岩槻翔悟主将

―今日の試合を振り返って
んー…まあシュートも打ってたし、反則も少なかったしPKも守ったんで。単発のシュートを3本とも入れられてアンラッキーな面もあったんですけど、単発のシュートが決められて、うちも小原がノーマークでゴールを決めて、スコアリングのチャンスもこっちはあったと思うんですけど、それを決めきれなくて、それが負けに繋がったんじゃないかなと思います。

―今の率直な気持ちは
悔しいですね、もう優勝がほとんどないんで。この試合に懸けていた部分はあったんで。はい、ものすごい悔しいです。

―この試合に懸けていたとおっしゃいましたが試合前はどのような事をされていたんですか
今まではミーティングでもただメンバー発表してどういう準備していこうっていうだけだったんですけど、昨日は1試合通してビデオフリップを作って、相手がどういうプレーをしてくるかとかそういうのを選手間でやっていたんで、PKも全然怖くなかったですし、向こうのブレイクアウトも完全にうちが主導権を握っていたと思うんで、イーブンでは全然負けた物はないと思うんですけど、1点目のミスも4-4でディフェンスを詰めちゃってそこからノーマークとか、前の試合もそうでしたけど得点を取りたいときに全員が前に行っちゃう癖があるので、そこで裏を取られちゃうと前回2失点しているんでそういった所、3-2、4-3を作られないようにしていこうって事で今日はやっていたんですけど、1点目それでミスしてしまって肩口から決められてしまったって形で…。でもそのほかはブレイクアウトも向こうのPPもこっちの予定通りにできたんで。だからミーティングの成果は出たんですけど、結果は負けてしまったんで、これでほとんど優勝がなくなったんで次は2位に向けて頑張るしかないです。

―中央との差はあまり感じなかったですか
中央との差はやっぱり今日の試合のようにシュート数だったり、スコアリングの回数。うちの反則の分数は76分なんで。なんとしてもそれを少なくしていこうということだったんで。向こうのPPは3本に1本決めてくる確率だって出てるんで、そこは守ろうって言っていたのでそういった部分に関してはできたんじゃないかなと思います。

―サマーカップ、前半戦とやってきて前半戦は思ったような試合ができなかったですが後半戦はどのようにやっていきたいですか
去年も後半戦で失速してしまったんでそれだけは避けたいって事で練習もやってきているんですけど、やっぱり長期に渡って試合をするとメンタル的にもきつくなってくると思うんで、リフレッシュしながら最高のコンディションで試合できたらいいなと思います。

―法政はメンタル面で左右されることが多いですがどのように考えていますか
まずはペナルティですね。自分のエゴで反則をしないこと、うちの半分以上、50分以上がスティックを使った反則なので、やっぱりそこも足を動かしたプレーを心がけることで反則も減るだろうし、学校もあって陸トレはあんまりできないですけどいかに氷上でコンディションをあげるかという事を目的に明日から練習していきたいと思います。

―次の試合はどんなことに取り組んでいきたいですか
まずは60分勝ちしなきゃ意味ないんでそれに尽きると思います。

FW小原日向

―今日の試合を振り返って
1ピリは結構足も動いていてシュートも打てていたので良かったですが、2ピリ以降ターンオーバーが多くて失点などしたので、これからの試合で気をつけていきたいと思います。

―ご自身のゴールを振り返っていかがですか
狙っていたところに打てたので良かったです。

―前回に続いて中大から1点しか奪えませんでした
今回も中央に比べてシュート数も少ないので、シュート数をどんどん増やしていかないとチャンスもできないので、シュートを増やしていきたいです。

―前回の中大戦から変えたことは
ビデオミーティングなどをして、ブレイクアウトなどのチェックなどを改善しました。

―後半戦、これからどのように戦っていきたいですか
優勝という希望が少しなくなりましたがインカレがあるので、ここから全部勝てるように、全勝でいきたいです。

フォトギャラリー

  • chuo2 1立ち尽くすキャプテン…
  • chuo2 2専大戦以来に先発マスクを被った黒川
  • chuo2 3チャンスを演出し続けた木戸
  • chuo2 4DFの要として引っ張る酒井
  • chuo2 5アシストを記録した山田
  • chuo2 6ゴールを決める小原
  • chuo2 7小原の得点でチームは勢いづいたが…
  • chuo2 8相手DFをこじ開けることはできなかった

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み