アイスホッケー

関東大学リーグ戦 対慶大 久々の快勝!試合前のミーティングが勝利を呼び込む

平成25年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 Div.Ⅰ-A 対慶大
2013年11月2日(土)
ダイドードリンコアイスアリーナ

格下の日大に引き分け、2戦連続で勝ちがない法大は慶大と対戦。リーグを戦ううちに浮かび上がった問題点や停滞感を払拭するため、そしてなにより全日本選手権に進出し、インカレへの弾みをつけるために前日に3時間に及ぶミーティングを行った。その成果は…

keio2 1
3戦ぶりの勝利!

試合結果

トータル試合結果

10
(60)
1(16) 1P 0(12) 0
(26)
3(21) 2P 0(9)
法政大学 6(23) 3P 0(5) 慶応大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/PK
法大 1 00:11 17 村上亮 90 木戸啓太 16 岩槻翔悟
法大 2 02:07 16 岩槻翔悟 17 村上亮 90 木戸啓太 PP
法大 2 03:34 17 村上亮 16 岩槻翔悟 5 高橋峻
法大 2 16:49 16 岩槻翔悟 17 村上亮 6 松本勝利
法大 3 00:15 16 岩槻翔悟 5 高橋峻 17 村上亮
法大 3 00:40 81 横山恭也 22 小原日向
法大 3 02:58 81 横山恭也 22 小原日向
法大 3 07:50 91 中口郁弥 18 山田淳哉
法大 3 08:45 90 木戸啓太 17 村上亮 16 岩槻翔悟
法大 3 16:30 91 中口郁弥 22 小原日向 18 山田淳哉

※PPは法大のパワープレー、PKは法大のペナルティキリングを表示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 C 16 岩槻翔悟 A 17 村上亮 90 木戸啓太 6 松本力也 5 高橋峻
2 22 小原日向 A 18 山田淳哉 91 中口郁弥 81 横山恭也 2 今将駿
3 13 松本力也 88 石橋智輝 10 間山慎也 3 高橋魁人 27 奥田陽久
4 19 磯田祥平 11 吉田厳介 23 末廣直樹 71 阿部拓斗 2 大山翼

※GKは#70黒川達志が出場。

戦評

 試合開始から法大は早いテンポでパスを回すと、その流れからFW木戸のパスを受けたFW岩槻が、ワントラップからシュート。これが見事に決まり、わずか11秒で先制に成功する。幸先の良いスタートを切ったが、第1ピリオドは慶大の早いチェックに押され、上手くパックを保持することが出来ず。逆に相手の早い攻めからチャンスを与える場面が何度もあったが、先発したGK黒川が攻守を連発し、何とかゴールを許さない。法大も何度かチャンスを迎えたが、追加点を奪えず第1ピリオドを1点リードで終えた。

 第2ピリオドは、一転して法大が流れを掴む。光ったのは、第1セットで攻撃陣を牽引する岩槻、FW村上の連携だった。2分7秒には早い展開から村上のクロスを岩槻が押し込むと、3分32秒にはカウンターから岩槻の絶妙なクロスを村上がダイレクトで合わせゴール。16分49秒には村上のゴール前への速いパスに岩槻が上手く合わせ、2人で計3得点を演出する活躍を見せた。リードを広げた法大は、下位セットの選手にも積極的に出場させ、DF奥田等下級生も果敢にゴールを狙うプレーを見せた。

 最終ピリオドは圧巻のゴールラッシュ。開始15秒で岩槻が華麗なハンドリングからゴールを決めると、40秒にはFW小原のクロスにDF横山が、2分58秒には横山のクロスに小原が合わせ、リードを広げる。さらにこの後FW中口が2得点、ルーキーのFW木戸の豪快なシュートも決まり、今リーグ戦において初めて2桁得点を決めた。大量得点にも緩むことなくチーム全体が運動量豊富に動き回り、相手への激しいチェックで守備にも奮闘した法大。最後まで集中を切らさず、こちらも今リーグ戦初の無失点で試合を終わらせた。

 中大戦、日大戦で思うような試合が出来ず、嫌な流れが立ち込めていた法大だったが、この試合では10-0と結果、内容共に会心の出来で、3試合ぶりの勝利を収めた。ミーティングの成果が目に見えて表れ、選手もホッと息をなで下ろした。DF2人が負傷しているなど、厳しい状況は続くがミーティングを経てさらに一致団結した法大。リーグ戦を少しでも上位で終えるため、さらには2か月後に控えるインカレも見据え、まだまだ負けられない試合は続く。(田中宏樹)

試合後の選手のコメント

FW岩槻翔悟主将

―今日の試合を振り返って
優勝がなくなって2位も危ういんですけど、そこで選手間でミーティングをして次はインカレに向けてやっていこうって事を伝えて、それで下級生からも意見が合ったと思うんですけど言えなかった状態だったんで、ミーティングでは全部言ってくれて4年との壁がなくなったというか、そういった意味で今日のゲームに全部繋がってきて1年から4年までいいプレーだったのでミーティングして正解だったなと思います。

―ミーティングの成果として今日の雰囲気にも関係してきましたね
そうですね、今日は選手のモチベーションも高かったんで、あとは課題はいかにこれを継続することができるかって事がキーポイントだと思うんで、あと4戦必死に、チームの雰囲気を壊さないようにしながらやっていきたいと思います。

―4年と3年との間で違いがあったんでしょうか
3年生は4年と一緒でチームを上から見下ろしていいと思っているんで、それまではあまりリーダーシップを取っていなかったので。3年も3年で4年がどういったチームにしたいかっていう組織自体の仕組みを分かっていなかったので、それを3年に伝えると3年もそれなりに協力してくれてるんで、いいミーティングだったのかなと思います。

―今日の試合でチームも乗ってくると思いますが
そうですね、10得点もそうですけど、失点していれば別の話になっていたんでまずは失点ゼロっていうのがすごい大きな成果っていうかそういった感じですね。

―DF2人を欠いた中での完封だと思いますが
DF2人が抜けて、でかい穴だとは思うんですけど、練習していて同じホッケーをやるだけなので誰が入っても今日みたいなプレーができるんで。まずは1年生はいいプレーをしてくれたので褒めてあげるというか、そんな感じです。

―早稲田戦にはその2人は帰ってきますか
どうですかねー、肉離れと靱帯損傷なんで…結構重いものなんで。どうなるかわかんないですね。

―次の専修戦での意気込みを
専修でまた厳しい試合をしてしまうとチームとしてモチベーションが下がってしまうので、今日みたいに無失点ゲームを集中しながら、今日は反則も少なかったんで、反則もなければ失点も少なくなると思うんで。まずは反則をしないことと失点をなくすことで、守りから攻撃できれば自然と得点も増えてくると思うんでそういったプレーを徹底していきたいと思います。

FW村上亮

―今日の試合を振り返って
やっぱり先週は雰囲気悪くて、優勝はないって事で、中央に負けてそれで迎えた日大戦も全然ダメだったんですけど、これじゃあダメだなって事で一回チーム全員で集まって3時間ぐらい話し合って、これからどういうチームにしていくかって話し合って迎えたこの試合だったんで10-0っていう結果を残せて、ミスもありましたけど無失点で終われたことが一番大きいかなと思います。

―どんなチームにしていきたいっていう結果になったんでしょうか
チームの中で温度差があるって話になって。何が温度差っていうと、どんなチームを目指しているのか分からないって下から出たんで、それをどうしていきたいって事を僕らが伝えて、どういうチームにしたいかっていう結論よりも過程を良くしていって、最後にはいいチームになろうってなりました。

―日大戦から良くなった点は
ビデオミーティングで自分たちはターンオーバーが多いんですけど、その点に関してここは意識していかなきゃダメだなって所を確認しましたし、やっぱりDFが弱いっていわれてるんですけど、シンプルに繋いでミスなくしようってことを伝えたんで、その結果が今日に結ぶついたんだと思います。

―今日の10得点は次にも繋がるんじゃないでしょうか
そうですね、最近はスコアの部分で落ちていたんで、今日は10点入れられて、シュート数に比べるとスコアの数は少ないですけど10点入ってまた自身取り戻せて良かったと思います。

―今日明治が負けたことで2位の可能性が増えましたが
そうですね、今日明治が勝っていたらもう2位はほぼなかったんですけど負けたって事で、試合前にまだ2位あるよ、またここからやろうって事を控え室でしました。

―4年生の中でリーグ戦通して話し合っていることはありますか
4年生がいかにチームを引っ張れるかって事で、今までは練習量とか練習の姿勢で見せようってなってたんですけど、それだけじゃ下はついてこないって事でいかに盛り上げられるかって事で話をしています。ここから頑張っていこうって感じです。

―DF2人の穴をFW陣がどういう風に埋めていきたいとかは考えていますか
2人抜けて、今一番辛い感じですけど、そこはFWがバックチェックすれば守りは埋められますし、あとは2人が戻ってくるのを待つっていうか、そんなにシンプルにやってくれればホッケーは変わらないので大丈夫だと思います。

―自身の成績について今のところはどう感じていらっしゃいますか
今シーズンは前のシーズンよりもポイントもついていて、まあもうちょっと点数取れるかなとも思いますけど周りのことも考えながら今は満足っていうか、努力してきた結果は出ているかなとは思います。

―次の試合への意気込みを
この前の専修戦も危ない試合だったんで、舐めてるつもりはないんですけどチームのどこかでそういう部分があるので、今日から1日リフレッシュしてもう1試合も落とせないので気持ちのコントロールをしていきたいです。

フォトギャラリー

  • keio2 13戦ぶりの勝利!
  • keio2 2負傷中のDF2人の穴を埋める働きを見せる高橋峻
  • keio2 3しっかりと役割を果たす高橋魁
  • keio2 4リーグ戦初出場の阿部
  • keio2 5大きな体を活かす今
  • keio2 62戦連続のハットトリックを達成した岩槻

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み