アイスホッケー

チャリティーマッチ 対明大 ペナルティ続出でリズムを崩し・・・

チャリティーマッチ 対明治大学
2011年6月26日
ダイドードリンコアイスアリーナ

東京都アイスホッケー連盟が開催したチャリティーマッチもついに最終日。 相手はインカレ王者である明大。今後につなげるためにもいいゲームにしたいところだが、結果はいかに。 

不利な状態が続き3失点の岩槻拓

試合結果

トータル試合結果

4 (30) 0(9) 1P 1(19) 8 (50)
0(6) 2P 3(18)
法政大学 4(15) 3P 4(13) 明治大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/KP
明大 1 03:24 6 最上義崇 19 牛来拓都 10 本野亮介 KP
明大 2 13:31 21 赤坂卓哉 87 金悠司 14 佐藤光 KP
明大 2 14:43 40 上野滉太 17 高橋皓平 30 木谷大介
明大 2 17:58 17 高橋皓平 56 山田亮太
明大 3 00:18 87 金悠司 21 赤坂卓哉
法大 3 05:31 81 武井淳貴 12 山内翔平
法大 3 07:42 23 村上亮 7 今井慶和 27 宇正慧士 PP
明大 3 08:08 17 高橋皓平 71 楠本剛浩 PP
明大 3 11:21 30 木谷大介 71 楠本剛浩 11 角橋裕樹
法大 3 13:07 11 吉田厳介
法大 3 14:15 27 宇正慧士 17 松崎覚
明大 3 18:31 10 本野亮介 19 牛来拓都 KP

※PPは法大のパワープレー、KPは法大のキルプレーを表示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 C 27 宇正慧士 17 松崎覚 10 多田真章 A 71 牧口大樹 88 石橋智輝
2 18 山田淳哉 16 岩槻翔悟 30 小原日向 20 酒井大之 4 佐々木祐希
3 23 村上亮 12 山内翔平 A 81 武井淳貴 7 今井慶和 15 北村航也
4 22 有澄遼 11 吉田厳介 32 間山慎也 57 山田康太 5 高橋峻

※GKは#39 岩槻拓郎、#70 黒川達志が出場  Cはキャプテン、Aはアシスタントキャプテン

戦評

 1ピリ開始から早々に2人がペナルティで退場になってしまい、3―5のキルプレー。相手に先制を許し、主導権を握られた。法大はなかなかチャンスを作れない。終盤FW岩槻翔がシュートを放つが高めに浮き、得点できない。終了直前、相手のシュートを一旦はじいたリバウンドを打たれたが、それがゴールギリギリをかすめ救われた。

 2ピリに入ると序盤からルーキーのFW小原が積極的にゴールを狙うがうまくいかない。時間が半分を経過した頃、法大にチャンスが訪れ、主将のFW宇正がゴールを目指すが惜しくも決められない。すると攻守が切り替わりピンチになるも、GK岩槻拓、DF陣の速い戻りで防いでいく。しかしまたも1人を欠くキルプレーであっさり2点目を与えてしまい、その後人数は公平になるも、もう1点を失い、GKは黒川に交代となる。しかし勢いづいた明大の勢いに押され、体を張ってセーブの奮闘も虚しく、失点。法大は1ピリ、2ピリと続けて無得点、さらにシュート数でも10本以上の差をつけられる。

 3ピリでも立ち上がりを攻められ開始から1分も経たずして失点。しかし5分31秒、FW山内のアシストからFW武井がゴールをしっかり決め、4年生コンビが法大に気合を入れ直す。するとパワープレーの7分42秒、DF今井のロングアシストでFW村上が決め、2点目。少し活気が戻ってきたが、その後明大に2失点する。しかし13分7秒、一年生のFW吉田がパックを持って右サイドを独走すると、そのままミドルシュートを決める活躍を見せる。新入生の頑張りに後押しされ、約1分後にはFW松崎がパックを受けて走ると、いい位置に走ってきたFW宇正にパスを回し、確実にゴールへ。点差を詰めたい法大だが直後のFW山内のシュートや、一対一でのFW間山のシュートは惜しくも入らなかった。逆にキルプレーで相手にダメ押しされ、最後もペナルティが続きそのまま敗戦となった。全体的にペナルティが多く荒々しいゲームとなり、人数不利の状態から失点するという悪循環から抜け出せなかった。

 これからしばらくは試合がないが、この期間に鍛え直し、夏の終わりのサマーカップで成果を出して欲しい。秋のリーグで結果を残すためにも、夏の過ごし方が重要になってくるはずだ。メンタル面のコントロールも含め、ひとつひとつ課題を克服し、秋にはチームのまとまったプレーが見られることを期待したい。 

コーチ・選手のコメント

大北コーチ

―今日の試合を振り返って
まずは明治大学に対してこういう風に反則が多くて結果的に数的有利を明治に与えた結果が今日の8―4というそういう試合になりました。自分たちがやってはいけないプランになってしまったと思います。

―法大の攻撃面について

すべて1ピリだったと思います。1ピリあれだけマイナーペナルティ取られて10分以上人数少ない状態でプレーして、足が止まってそれで2ピリの結果になったと思います。2ピリのあの4失点ていうのは1ピリのゲーム内容から来るんじゃないかと思います。自分の感情をコントロールできていないっていうのは、今年は去年とは違うDivでやるわけだから、もう少し一人一人が高い意識の元にプレーしないと、自分のやりたいことばっかやってたら試合にならないので。

―現在の課題は

まずは戦えないと。気持ちも含めて戦えないと勝負にならないので。今日のコーナーの一対一、ゴール前の一対一、そういう面で明治の選手にやられ放題だったので、一人一人が戦えないと勝てないと思います。 

武井淳貴

―今日の試合を振り返って
まだまだ力不足ってとこですね。けっこう行けるかなとは思ってたんですけど、戦う気持ちが足りなかったです。相手の挑発に乗ってしまって向こうのペースで試合されちゃったんで。反則が多すぎたんで、それで試合できなかったっていうところが一番です。

―キルプレーから最初の失点になりましたが
最初の5分以内に僕が反則しちゃったのはやばかったなっていう。あれからキルプレーになってもう一人反則しちゃってそこから5―3になって決められちゃったので。流れを取られたのが反省点ですね。やっぱり最初と最後の5分ていうのは反則もしちゃだめだし危険なプレーもしちゃいけないので、だめなことやっちゃったなと思います。

―3ピリでは4得点の流れを作る最初のゴールを挙げました

行けるって思ったんで、5―0でもまだひっくり返せる可能性はあったんで。やっぱりゲーム的にも空気的にもおかしかったんで、みんなの気持ちが一つになってなかったし。最後まで4点を決めれる力は法政は持ってるんで、そこでどのようにその得点を活かして守って失点しないか、そこの気持ちが足りなかったなと思います。

―新しいセットのついて

あのセットで練習してきて長かったんで、そんなに違和感は無かったです。3ピリでちょっと変わってどんな時でもコミュニケーションが必要だなと。今日は篠田はいなかったんですけどほぼベストメンバーでやれたので、今後の課題っていうのがいくつか見つかったかなって感じですね。

―その課題とは

夏に向けて走り込みとあとはパワーと気持ちですね。やっぱり戦う気持ちっていうのが一番大事なので、みんなが一つになり切れてないなって今日は感じたので。法政は走れるチームで運動量が必要なので、そのためには走り込みの練習が必要だと思います。

―今後に向けて

夏までけっこう時間あるので、これからオフに入るんですけどだらけた生活しないで、夏の大会、秋、インカレにつなげられるように取り組みしていきたいなと思います。 

岩槻拓郎

―今日の試合を振り返って
最初から反則で流れを崩してしまったと思います。

―2人少ないキルプレーで失点になってしまいました

ああいうところが自分の逆に見せ場だと思うんで、ああいうとこ自分が抑えないとチームは勝てないと思うので、秋までにもう一回スケーティングからやり直して秋のリーグとその前の夏の大会も優勝できるように頑張っていきたいと思います。

―明大について

確かに法政よりは格上なんですけど、だからこそ自分たちが勝たないといけないって、そういう気持ちが芽生えた試合だったと思います。

―法大のプレーについて

ゴール前で乱闘っぽいのとかあったんですけど、高校の同級生が相手にいるからとか、笑いながら乱闘止めてやってた奴とかいたんですけど、そういうことやってるうちは勝てないです。後輩がやられたら先輩が絶対やり返すじゃないですけど、そういう気持ちっていうのが今回明治と法政の差かなと思いました。ゴール前はほんとに戦争なんで、強い気持ちで戦えるチームにしたいです。

―今後に向けて
今までと同じことやってれば結局はベスト8止まりで終わってしまうんで、それ以上を目指すためにはほんとに自分自身追い込まないといけないんで、これから自主トレ期間に入るんですけど自分はほんとにたくさんの課題がありますし、とりあえず体もう一回作り直すこと、それから頂点を目指すためには何をやっていかなければいけないのかを考えて日々過ごしていきたいなと思います。 

 吉田厳介

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
出番は少なかったんですけど、少しでもチームに貢献したいと思ってました。

―対戦相手の明治大学については
前回のインカレで優勝してるので、今回は胸を借りるつもりで臨みました。

―1ゴールしましたね
とりあえずシュートを打つことを考えてやってました。チームにできるだけ貢献したかったので良かったです。

―秋にリーグ戦で戦うために必要なことは何ですか
チームの団結力やスピード、あと体の強さですね。

―サマーカップに向けて
今のままでは全然ダメなので、これからの練習でチームで勝つために力をつけていきたいです。

フォトギャラリー

  • i11062620110 R-thumb-160x160-1474不利な状態が続き3失点の岩槻拓
  • i11062620126 R-thumb-160x160-1475法大の1点目を挙げた武井
  • i11062620220 R-thumb-160x160-1476得点を称え合う山内と武井
  • i11062620296 R-thumb-160x160-1478パワープレーをものにした村上
  • i11062620409 R-thumb-160x160-1480圧巻のシュートを決めた吉田
  • i11062620182 R-thumb-160x160-1479松崎の好アシストが得点につながった
  • i11062620178 R-thumb-160x160-1477新チームを率いる主将・宇正
  • i11062620402 R-thumb-160x160-1481間山は惜しくもゴールならず

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み