アイスホッケー

関東大学リーグ戦 対日体大 小原リーグ戦初ゴール、山内ハットトリック達成!

平成23年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 Div.Ⅰ-A 対日本体育大学
2011年9月24日(土)
ダイドードリンコアイスアリーナ

開幕2連敗と嫌なスタートとなった関東大学アイスホッケーリーグ戦。第3戦の相手は昨年Div-ⅠグループBから共に勝ち上がってきた日体大だ。負けられないこのカード、優勝を目指す法政はリーグ戦初勝利をあげ、巻き返しへの第一歩としたい。 

小原

試合結果

トータル試合結果

9 (74) 2(29) 1P 0(5) 1 (20)
2(20) 2P 0(6)
法政大学 5(25) 3P 1(9) 日本体育大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/KP
法大 1 00:44 12 山内翔平 16 岩槻翔悟 23 村上亮
法大 1 04:11 16 岩槻翔悟 12 山内翔平
法大 2 06:20 71 牧口大樹 18 山田淳哉
法大 2 16:03 21 篠田一輝 12 山内翔平
法大 3 05:03 30 小原日向 18 山田淳哉
日体大 3 07:18 99 山下智也 15 廣瀬適汰 18 金子圭之介
法大 3 14:59 12 山内翔平 16 岩槻翔悟 23 村上亮
法大 3 15:52 21 篠田一輝 18 山田淳哉
法大 3 16:17 12 山内翔平 22 有澄遼
法大 3 18:00 23 村上亮 5 高橋峻 16 岩槻翔悟

※PPは法大のパワープレー、KPは法大のキルプレーを表示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 12 山内翔平 23 村上亮 16 岩槻翔悟 5 高橋峻 4 佐々木祐希
2 30 小原日向 18 山田淳哉 21 篠田一輝 88 石橋智輝 A 71 牧口大樹
3 17 松崎覚 C 27 宇正慧士 A 81 武井淳貴 20 酒井大之 15 北村航也
4 22 有澄遼 11 吉田厳介 10 多田真章 57 山田康太 7 今井慶和

※GKは#70 黒川達志が出場(ベンチ入りは#39 岩槻拓郎)  Cはキャプテン、Aはアシスタントキャプテン

戦評

 試合は第1ピリオド開始直後に動いた。左サイドからFW岩槻翔が放ったシュートを相手キーパーが阻むも、リバウンドをFW山内がゴールへ押し込み開始わずか44秒で先制。法大が試合の主導権を握る。なおも攻め続ける法大は4分、山内のパスを受けたFW岩槻翔が相手ディフェンスをかわしゴール右上に冷静に決め、追加点を奪う。その後も怒涛の攻めを見せる法大。相手のわずかな攻撃も、今季リーグ戦初めてゴーリーを任されたGK黒川がその芽を摘む。一気にたたみかけたい法大だったが、その後さらなる追加点を奪うことが出来ない。さらにパスミスをする場面も多く見られ、早い段階で先制したものの、シュート29本に対してわずか2得点と、歯がゆさがを残したまま第1ピリオドが終了。

 第2ピリオドも法大の攻撃は止まらない。開始直後、岩槻翔がキーパーと1対1の決定機を作るも、ファインセーブされ得点することができない。すると6分オフェンスゾーンでパックを回し、DF牧口がロングシュート。キーパーに当たるもパックはゴールに吸い込まれた。7分には相手がペナルティを犯し、パワープレーとなるも攻めあぐね得点することができない。その後10分、12分と二度のキルプレーをなんとか耐え抜いた法大は16分、相手のゴール裏でパックを奪った山内がFW篠田にパス、ゴール前を横に移動しながらシュートを決めた。法大は計三度ものキルプレーと自らのミスにより、追加点は奪えたものの、またも攻めきれずに第2ピリオドを終える。

 第3ピリオドも序盤から法大ペースでゲームが進む。すると5分相手のパスミスを見逃さずFW小原が相手キーパーと交錯しながらも、得点を決める。するとここで法大にもミスが出る。DF同士のパスミスを相手に奪われそのままシュートを決められてしまう。自らのミスでの失点に、奮起した法大はここから脅威のゴールラッシュを見せる。口火を切ったのは今日すでに1ゴール2アシストの山内。岩槻翔からパスを受け放ったシュートはキーパーの股を抜けゴールに決まる。その後小原がオフサイドぎりぎりのところでパスをうけ完全にDFを振り切って1対1となるが、惜しくもここは相手キーパーがセーブする。しかしその直後15分には篠田、16分には再び山内が得点。18分にも村上が得点し、終わってみれば第3ピリオドで5得点。最終的には9-1と力の差を見せつけ快勝した。

 序盤はシュートを大量に放つも得点できず、自チームにもミスが多発するという嫌な雰囲気の中、山内の3ゴール2アシストなどの活躍によりその空気を払拭した。ついに見ることができた法大らしい攻撃力。この試合をきっかけに次週以降の試合でも、運動量を活かしたホッケーで相手を圧倒し、優勝へ向けて勝ち星を重ねていきたい。 

選手のコメント

宇正慧士主将

―今日の試合を振り返って
スコアは最後9-1っていう感じで終われたんですけど、スタートが1ピリ2点、2ピリも2点っていう少ない点数だったんで、開始からもっとゴールにつながるようなプレーあったらよかったんじゃないかなと思います。

―3ピリでは5得点を奪いましたが
向こうのキーパーが途中で代わって乗ってすぐだったってのもあると思うんですけど、そこらへんからちょっとゴールに向かう姿勢が増えてきたので、ゴールに向かうプレーっていうのを続けていかないといけないと思います。

―現在のチームの調子は
体調動きだったりも決して悪いわけじゃないんですけど、どうしてもやっぱり細かいミスだったり、少しずつのミスを修正していかないといけないっていう状況です。

―1年生の春からの成長具合は
もうこの時期になってくると大学ホッケーのスピードだったり戦術だったり法政のプレースタイルっていうのをだいぶ理解してきてる時期なんで、もっと1年生らしい、走ったりチェックしたりシュートするっていうフレッシュなプレーでチームに元気与えてくれればなと思います。

―まだまだリーグ戦は続きますが、チームとしてどんなプレーをしていきたいですか
一番の課題は得点力不足っていうことになるので、まずは単純にゴールに向かうプレーを多くするっていうことで、シュート少しでも多く増やしてチャンス作っていく、そこ徹底してやっていきたいです。

―明大戦に向けて
うちはもう試合2つ落としてるんで、勝ちっていうのにこだわって、1つでも上の順位、まだ優勝もなくなったわけじゃないので、少しでも優勝に近い位置だったり優勝できるポジションに行けるように、まずしっかり上位チームから1勝を挙げたいです。 

武井淳貴

―今日の試合を振り返って
最初はスロースタートだったかなっていう。最後のほうけっこう点決めることができたんで、最後のほうだけできるんだったら最初も中盤も全部同じプレーをしないと今戦ってるリーグでは勝ってけないかなって気がしました。

―現在のチームの調子は
セットとかが変わってきたりしてるんで、仕上がり具合はまだ。これから次の明治戦に向けて勢いが足りないんで、練習で勢いつけてやっていきたいです。

―1年生の春からの成長具合は
うまくはなってきてるとは思います。試合に出てる1年生が3人くらい、遠慮することもなく自分たちのプレーしてくれてるかな。

―早大戦と東洋大戦では法政のホッケーができなかったようですが
夏合宿ではずっと法政のホッケーできてて勝ててたりもしたんですけど、こっち帰ってきてからまだ法政のプレーできてなくて、コンディショニングがまだあんまりできてないのかな。一人一人の意識が低くなってるかもしれないんで、秋優勝狙っていきたいんで、一人一人の意識上げてかないといけないと思います。

―明大戦に向けて
もう2敗してるんでこれ以上落とせないんで、とりあえず勝つしかないです。 

山内翔平

―今日の試合を振り返って
今日勝って嬉しかったんですけど、点決めれるっていう気持ちがちょっとあんまり無いかなって試合でしたね。守りは良かったんですけど、なるべくシュート多くなければならないっていう。コミュニケーションとチームの協力は、チームまとまってできたんですけど。

―先制点について
自分たちセット変わったので、自分は今までセンターだったので。リーグやってきて、やっぱりリーグは瞬発力がいるし、スピードを速くしなければならないので、シュート打ったら必ずゴール前行かなければならないって気持ちにならなきゃだめなんで、1点目シュート打ってすぐゴール前行って入れたので良かったと思います。あと村上と岩槻(翔)と組んでみて、去年も同じだったのでよくやりやすいなって。

―3ピリでの2得点について
3ピリはたまたまだったかなって(笑)自分がシュート打って岩槻(翔)がリバウンドやろうとしたんですけど、たまたまシュート打ったら入った。

―現在のチームの調子は
全体のチームについては良いと思いますし、セット変わってまず今日の試合勝って嬉しいですけど、これからまだまだ1週間も練習あるので、その間次の明治の試合までは練習でパワーアップするように、どうやって明治に勝つかっていうデータをチームの全員で考えてやってみたいなと思います。今までの早稲田と東洋の2試合の失点はキルプレーの失点が多いんで、それをなくした場合はどうやるかっていうのを明後日から1週間の練習で考えていきたいなって思います。個人的にもシュート多く点数多く入れるように頑張りたいです。 

小原日向

―今日の試合を振り返って
1ピリ2ピリはシュートは打ってたんですけどゴールに全然入んなくて、3ピリはけっこう入ったので良かったと思います。

―ご自身もゴールを決めましたがいかがでしたか
リーグ戦入って初得点なんで、これからどんどん点数重ねていければいいと思います。

―ここまでリーグ戦3試合を終えて思ったことは
1試合目2試合目はあんま法政らしいホッケーができなかったんですけど、今日は最初から足も動いてたんで、法政らしいホッケーができたんじゃないかと思います。

―法政のチームで半年ほどプレーしていかがですか
今はまだチームに貢献できてないんですけど、これからチームに貢献できるように頑張りたいと思います。

―ご自身のここを見て欲しいというところは
自分はスピードを活かす選手なんで、スピードとあとはシュートです。

―明大戦に向けて
次の試合も勝てるように、チームが勝てるように、自分も点数とか決めて貢献していきたいです。 

フォトギャラリー

  • league11092420532 R-thumb-160x160-2102小原
  • league11092420589 R-thumb-160x160-2103山内
  • league11092420290 R-thumb-160x160-2106篠田
  • league11092420073 R-thumb-160x160-2104岩槻翔
  • league11092420242 R-thumb-160x160-2107有澄
  • league11092420226 R-thumb-160x160-2105吉田
  • league11092420829 R-thumb-160x160-2108石橋
  • league11092420323 R-thumb-160x160-2109山田康
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み