アイスホッケー

関東大学リーグ戦 対日体大 第2セットが躍動し2連勝!

平成26年度関東大学アイスホッケーリーグ戦Div.Ⅰ-A 対日体大
2014年9月28日(日)
ダイドードリンコアイスアリーナ

前節では攻守に本来の姿を取り戻し、開幕から続いた連敗を止めた。1次リーグ残り3試合はここからいずれも下位チームとの対戦になるが、気を緩めることなく勝利を収めたい。第5節の相手は今季Aグループへ昇格してきた日体大。早大をサマーカップで破り、リーグ戦でも引き分けるなど、上位校相手に善戦している侮れない存在だ。

nittai1 1
快勝で笑顔の2連勝!

試合結果

トータル試合結果

7
(41)
4(18) 1P 0(11) 2
(41)
1(11) 2P 2(18)
法政大学 2(12) 3P 0(12) 日本体育大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/PK
法大 1 05:14 13 松本力也 6 松本勝利 91 中口郁弥
法大 1 07:05 89 吉村紀耶 18 西口開羅 10 間山慎也
法大 1 07:56 22 小原日向 13 松本力也 81 横山恭也
法大 1 09:19 81 横山恭也 13 松本力也 22 小原日向
法大 1 07:43 22 小原日向 PK
日体大 2 17:35 87 佐々木涼太 92 橋下卓磨 5 井上剛 PK
日体大 2 19:05 5 井上剛 11 上村秀幸 87 佐々木涼太 PK
法大 3 05:50 89 吉村紀耶 18 西口開羅 8 川上朝日
法大 3 16:31 81 横山恭也 22 小原日向 13 松本力也 PP

※PPは法大のパワープレー、PKは法大のペナルティキリングを示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 89 吉村紀耶  18 西口開羅 10 間山慎也 C 4 佐々木祐希 8 川上朝日
2 13 松本力也 A 22 小原日向 91 中口郁弥 81 横山恭也 6 松本勝利
3 11 吉田厳介 23 末廣直樹 92 大野峻丈朗 3 髙橋魁人  A 88 石橋智輝
4 71 阿部拓斗 19 磯田祥平 61 大山翼 2 今将駿 16 畑中大季

※GKは#35藤田拓丸が出場。控えに#55富田哲平

戦評

 第1ピリオド、法大は怒濤の攻撃を見せる。序盤から素早くパスをつなぎ、日体大を翻弄。ディフェンディングゾーンから一気に攻め上がると5分、左サイドからFW松本力也(人2)がゴール右隅へ突き刺さる強烈な一撃を放ち先制する。7分にはFW西口開羅(法1)の横パスをゴール前で受けたFW吉村紀耶(国3)が2点目、その約50秒後にもFW小原日向(営4)、9分にDF横山恭也(営3)がゴールを決め、一挙4得点。隙のない攻撃で相手を圧倒し、ゲームを支配する。

nittai1 4

序盤の猛攻でチームは勢いづいた

 さらに点差を広げたい第2ピリオド。6分にメンバーオーバーによる反則でペナルティキリング(PK)を迎える。しかし、7分に自陣での相手のミスから小原がすぐさまパックを奪うと、一気にドリブルで敵陣へ侵入。相手を寄せ付けずにそのままゴール前まで行くと、技術力の高さを見せつける巧みなスティックさばきで、ショートハンドながら5点目を挙げた。だが、その後またもトゥー・メニー・メンバーによるペナルティとなり、5人そろわない時間が長くなる。流れが悪くなると16分、このピリオド3回目のPKで失点を許す。さらにその直後にまたも反則者を出すと、ここもゴールを決められ2失点。5点あったリードは一気に3点まで縮まった。

 迎えた第3ピリオド。さらに得点したい法大だが、パスミスからターンオーバーが相次ぐ。だが、5分に吉村がこの日2点目となるゴールを決めると、残り4分にも横山がブルーライン付近から放ったシュートがネットを揺らして7点目。最終的には7ー2の大差で試合を終え、力の差を見せつけた。

 攻撃につながりを見せ、快勝を収めた法大。だがPKから2失点を喫するなど、第2ピリオド以降は日体大に押される場面も見られ、トータルシュート数は同数となった。今後に向けては細かいミスをなくすことが重要になるだろう。次節は5試合を終え勝ち星のない日大との対戦。連勝を延ばし、上位進出の足ががりとしたい。(熊谷優)

 第2セットが5得点の大爆発!

 全7得点のうち、5点を挙げ勝利に貢献したのが第2セット。小原と横山がともに2点を叩きだし、松本力が1ゴール3アシストを挙げた。リーグ序盤は全体として流動的だったセットだが、ここ数試合は固定となっている。
 第2セットでは今季大幅にアイスタイムが増え、ここまでチームトップの8ポイントを記録している松本力の成長が著しい。このセットはFW中口郁弥(法3)を除く4人が白樺学園高校の出身。「高校が一緒なので
考えがあっているというか、動きが分かるのでやりやすい」と松本力。息のあった”白樺セット”の動きに今後も注目だ。(熊谷)

選手のコメント

FW 松本力也

―今日の試合を振り返って
点も取れましたし、内容としては微妙でしたが勝てたので良かったです。

―今日から下位チームとの対戦になりますが、チームとしての目標などはありましたか
3連敗したので絶対に負けられないですし、残りは全勝します。チームとして無失点で勝つというのがありましたし、セットとしてスコアを絶対しようと思っていました。

―前回の勝利からチームに良い流れが来ていると思いますが
流れは良いんですが、東洋と早稲田、明治に負けたのが今になって響いてきていますね。結構、東洋が中央に勝ったり早稲田が明治に勝ったりして分からない状況になってきているので痛い3連敗でした。悔いがあります。

―1Pは4連続ゴールと良く点が取れました
シュートを打つと、試合が始まる前からセットで決めていました。スコアを絶対しようと。それは結果として良かったです。

―2PはPKで人数がそろわない中、2点を返されましたが
流れも悪くてそれを断ち切ることができなかったので、そこで失点が重なりました。

―日体大に41本のシュートを打たれましたが印象は
ターンオーバーやパスミスが多くカウンターを多くされた印象があります。早稲田とも同点でしたし、このまま上位チームに勝ってほしいです。

―1ゴール3アシストという自身の結果について
ポイント的には満足していますが、スコアの部分でもっと挙げていかないといけないと思いました。そこはもっと改善していきたいです。

―今季はここまで得点に絡む場面が増えていますが、好調の要因は
ラインメートに助けられているところがあるので、個人としては(何かが)すごく変わったとかではなく、組んでいる人が良いパスをくれたり、パスをしたら決めてくれたりしているので助かっています。今のセットがやりやすいというか(自分に)あっている感じがします。

―今日はその第2セットの得点が目立ちました
(メンバーは)高校が一緒なので、考えがあっているというか、動きが分かるのでやりやすいです。高校のときは先輩なのでまた別でしたが、大学に入ってきて何回か同じセットでやってやりやすいというか、向こうが合わせてくれているのかもしれませんが、今良い感じでセットとしてはできています。

―次の試合に向けて
しっかりと勝ちきれるようにいつも通りのプレーをして、なおかつスコアを意識してやっていきたいです。

 

FW 吉村紀耶

―今日の試合を振り返って
第1ピリオドは点数が入って、第2ピリオドで流れが悪くなり、監督、コーチにも怒られて、第3ピリオドで切り替えられて失点がなくなったということで、いい流れができました。オフェンスについてはとにかくシュートを打てという話だったので、とにかくゴールを狙う意識でみんなやっていました。2ピリオドでは同じファールが重なったので、これから修正していかないといけないと思います。

―個人的には久しぶりの得点をあげました
(昨年の留学から帰国後、初ゴールと)久しぶりだったので、正直嬉しいです。

―今年の日体大の印象は
夏の大会では早稲田大に勝ったりしていたので気を抜けないなと思っていましたが、自分たちのホッケーをしっかりやれば勝てるなと実感できました。

―前回の中大戦後の雰囲気はいかがですか
前回勝ってから流れが良くなってきているので、このまま流れに乗っていけたらいいと思います。

―今回から下位チームとの対戦が続きますが
もう負けられないので、良いホッケーをして良い内容で勝っていけるように目標を立てています。できれば無失点で勝つことが目標です。

―現在のチームの中でどのようなプレーをしていきたいですか
今のチームは自主トレ等をし、みんな向上心をもってやれていると思います。まとまりもあります。その中でセンターFWとして周りを使っていけるようにと指示を受けているので、周りから頼られて、周りを使っていける選手になっていきたいと思います。

―今後への意気込み
たまに慌てることがあるので慌てず、しっかりと良いプレーをしていけるように頑張っていきたいです。

順位表(第5節終了時点)

1位 東洋大  5勝0分0敗 勝点15
2位 早大   4勝1分0敗 勝点13

3位 明大   4勝0分1敗 勝点12
4位 中大   3勝0分2敗 勝点9
5位 法大   2勝0分3敗 勝点6
6位 慶大   1勝0分4敗 勝点3
7位 日体大  0勝1分4敗 勝点1
8位 日大   0勝0分5敗 勝点0

フォトギャラリー

  • nittai1 1快勝で笑顔の2連勝!
  • nitati1 21ゴール3アシストと得点に絡んだ松本力
  • nitati1 32季ぶりにゴールを決めた吉村
  • nittai1 5自身の2点目にガッツポーズの吉村
  • nittai1 62ゴール2アシストの小原
  • nittai1 7今リーグ戦初ゴールを決めた横山
  • nittai1 82アシストの西口はオフェンスに欠かせない存在になりつつある
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み