アイスホッケー

関東大学リーグ戦 対日体大 快勝で4試合ぶりの白星!

平成26年度関東大学アイスホッケーリーグ戦Div.Ⅰ-A 対日体大
2014年11月8日(土)
ダイドードリンコアイスアリーナ

前節の結果で5位以下が確定した法大。だが残す3試合ではインカレに向けて、勝利はもちろんのことその内容が問われる。この日は57本のシュートを放ち快勝。引き分けを挟んで続いていた連敗を2で止めた。

nittai2 1
4点目を決めた小原(中央)とハイタッチ

試合結果

トータル試合結果

5
(57)
1(17) 1P 0(9) 0
(29)
3(26) 2P 0(6)
法政大学 1(14) 3P 0(14) 日本体育大学

※(カッコ内)はシュートの本数

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/PK
法大 1 10:53 10 間山慎也 21 木戸啓太 4 佐々木祐希
法大 01:09 18 西口開羅 13 松本力也 81 横山恭也
法大 2 07:26 89 吉村紀耶 6 松本勝利 18 西口開羅
法大 2 12:28 22 小原日向 21 木戸啓太 3 髙橋魁人
法大 19:12 3 髙橋魁人 61 大山翼 4 佐々木祐希

※PPは法大のパワープレー、PKは法大のペナルティキリングを示す

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 A 22 小原日向  21 木戸啓太 91 中口郁弥 C 4 佐々木祐希 3 髙橋魁人
2 13 松本力也 18 西口開羅 89 吉村紀耶 81 横山恭也 6 松本勝利
3 11 吉田厳介 23 末廣直樹 10 間山慎也 8 川上朝日  A 88 石橋智輝
4 14 藤本渓太 19 磯田祥平 61 大山翼 71 阿部拓斗 16 畑中大季

※GKは#35藤田拓丸が先発。第3ピリオド途中から#55富田哲平が出場

戦評

 フェイスオフ直後から法大がペースをつかみながらも、点を奪えない時間が長く続いた。FW西口開羅(法1)などが一人で持ち込み、FW小原日向(営4)とFW木戸啓太(営2)のラインを中心にゴール前に度々迫る。だが、なかなか最後の1本が決まらず、無得点のまま進んでいく。すると10分、右サイドから上がってきた木戸のパスに、FW間山慎也(法4)がゴール前で合わせてようやく先制。しかしその後はシュートを決めきれず、アタッキングゾーンで試合を展開しながらわずか1点でこのピリオドを終えた。

日体2間山

先制ゴールの間山

 第2ピリオドは打って変わり、法大が日体大を圧倒した。1分に西口がゴール前で冷静に流し込んで2ー0。そこからまたも攻めながら得点できずに時間が進んでいく。それでも7分に、この日度々前線に顔を出していたFW吉村紀耶(国3)のゴールで追加点。12分には木戸が攻め上がりかけた相手からブルーライン付近でパックを奪い、素早くゴール近くの小原にパス。小原はそのまま体勢を崩しながらシュートを決め、4ー0と突き放した。相手のシュートも6本に封じ、法大が完全に主導権を握る。

 第3ピリオドは変わらずチャンスがありながら、点を奪えない場面が続くこのピリオドだけで3度ペナルティーキリングとなるなど、リズムをつかみきれない。試合が動かなくなったが7分にGKを藤田拓丸(法4)から富田哲平(文3)にスイッチし、終盤には4セット目を出すなど、ベンチ入りの選手を次々にリンクに送り出す。しかしなかなかゴールにいたらず、無得点で終わるかと思われた残り48秒、この日第1セットに起用されていたDF髙橋魁人(営2)が放ったロングシュートがダイレクトにゴールに突き刺さり、5点目。 各ピリオドで得点し、順当に勝利を収めた。

 日体2髙橋

 髙橋は今秋初ゴール

 前節での完封負けから一転、57本のシュートで最後まで攻める展開となった。だが4度のパワープレー(PP)で一度も点を奪えず、チームの得点力不足も改めて露呈した。特に第1ピリオドは多くの選手がゴール前まで持ち込みながら決められずに時間が過ぎていった。立ち上がりから得点することが、チームに勢いをもたらすためにも重要だろう。残り2節、勝利は当然のことながら、FWがしっかりとチャンスをものにし、1点でも多くゴールを奪うゲームを期待したい。(熊谷優)

選手のコメント

FW 間山慎也

―自身の先制ゴールを振り返って
シュートを心がけていました。木戸からの良いパスがきたので迷わずシュートしました。

―2Pまでの集中力が3ピリまで続かなかったように見えましたが
2Pに3点とれたので安心してしまったところはあると思います。この前の完封負けしてしまったのもありますし、今回は無失点を意識していたので、無失点で抑えられたのでそこはよかったです。

―PPでの得点率が今季は低いと思いますがいかがですか
練習でも意識して取り上げてるんですが、うまくいかないですね。あと2試合あるのでそこでしっかり練習の成果を出してインカレにつなげたいです。パスはよく回っていますが、シュートまでいけないのでそこが課題です。

―今日はセットの変更がありましたが
自分がどこへいこうと、自分の役割をしっかりやりたいです。3セット目は無失点が大前提なのでそれを心がけています。かつそこで点数をとれたらいいかと思っています。

―今後に向けて
リーグ戦は今日のように、無失点で残り2試合を終わらせたいです。でも最終的な目標はインカレで優勝です。最後の年なので、優勝して終わりたいです。もっと点数に絡みたいと思ってます。

FW 吉村紀耶

―今日の試合を振り返って
たくさんチャンスがありましたが、外しすぎたと思います。

―前節では完封負けということで、今日意識したことは
とりあえず点数を取らないといけないと思っていたので、ゴールに向かう意識はかなりありました。今日話していたのはとりあえずゴールに向かうのと、後ろになるべく下げていかないという点です。

―7試合ぶりとなった自身のゴールについて
打ったら入ったという感じでした。チャンスがたくさんあったのでもっとちゃんと決められるようにしたいです。

―1Pはゴール前を攻めながらなかなか点が取れませんでした
自分としては結構シュートで終われたと思いますが、細かいミスとかを修正していかないといけないと思います。1Pがあまり良くなかったので、2Pは切り替えてできたと思います。

―2Pの攻撃の勢いが3Pまで続かなかった印象がありますが
(普段)出ていない選手も出すというのがあったので、他のセットで頑張って点を取ろうとしたんですが、逆に空回りした感じがありますね。最後の方反則が増えてきて出る選手も限られたので体力が落ちたのかなと思います。

―今日もPPで得点が決まりませんでしたが、今季のPPでの得点率の低さについてはどう感じておられますか
パスを外で回していることが多いと思うので、もっとどんどんシュートを打っていった方がいいと思っています。パスを中心で考えてしまって、シュートを打つ意識があまりないという感じです。

―先週までの上位校との試合で見えた課題などはありますか
明治、中央はインカレでも当たる相手なので、5位は最低で確定してしまったので、インカレを見据えて秋リーグを戦っていかないといけないと思います。(今年は)得点が少ないと思うので、得点力強化や守りも強化していかないといけないと思っています。シュート数が少ないのが、得点が少ない原因だと思います。

―次の試合に向けて
優勝はもう無理なので自分の課題や、自分のできることを精いっぱい頑張りたいです。得点を決められたら一番良いです。

DF 髙橋魁人

―今日の試合を振り返って
久々の試合で集中力が足りなくて、判断が遅れるプレーが目立ちました。

―完封勝利でしたが、ディフェンス面はいかがでしたか
ピンチもなかったですし、全体的に見れば良かったかと思います。

―2Pはオフェンスの流れが良かったですが
シュートも打てていたので、良かったと思います。

―一方、3Pは流れが悪くなりました
2Pで突き放したことで、余裕ができすぎたというのが、3Pの結果につながったと思います。

―前回の中大戦は完封負けでしたが、試合前にはどのようなことを話しましたか
インカレに向けて試合をしなければならないので、まず無失点という課題を持って試合に臨みました。

―今日は第1セットでの出場でした
周りの動きが速くて上手い選手が多いので、次からは素早い判断をしてプレーできるように心がけたいです。

―自身のゴールシーンを振り返って
攻撃になったらFWの選手が抜けているのが見えたので、声をかけて(相手が)プレッシャーに入ったので、打ちました。ロングシュートは一応狙ってはいました。

―今のチームの雰囲気をどう感じていますか
秋リーグではなくて、インカレに向けて練習や試合に臨んでいるので、雰囲気は良いと思います。

―次の試合に向けての意気込みをお願いします
今回の試合を無失点で終わることができたので、チームとしては無失点に抑えて、個人的にはもっと判断を早くして攻撃につながるプレーができたらと思います。

順位表(第12節終了時点)

1位 明大   10勝0分2敗    勝点30
2位 中大     9勝1分2敗  勝点28

3位 早大     8勝2分1敗  勝点26
4位 東洋大    8勝1分3敗  勝点25
5位 法大     5勝1分6敗  勝点16
6位 慶大     3勝0分9敗  勝点9
7位 日体大    1勝1分10敗  勝点4

8位 日大     1勝0分11敗  勝点3

※今節の結果、法大の5位が確定

フォトギャラリー

  • nittai2 14点目を決めた小原(中央)とハイタッチ
  • nittai2 3ゴールを決め笑顔の西口
  • nittai2 4吉村は7試合ぶりの得点
  • nittai2 5法大の得点源・小原
  • nittai2 79試合ぶりの出場となった富田
  • nittai2 8応援に駆け付けたチア部との記念撮影

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み