アイスホッケー

サマーカップ 2回戦 対立命館大 夏の集大成!盤石な試合運びで快勝!

第13回アイスホッケー交流戦苫小牧大会 2回戦 対立命館大学
2012年9月9日
沼ノ端スケートセンター

秋のリーグ戦開幕まで1週間を切った。チームは夏に合宿を行い、厳しいトレーニングを重ねてきた。その成果を試す場として北海道苫小牧市で行われるサマーカップ。昨年は早稲田、明治を破り3位に食い込んだ法大。リーグ戦4強へ、そして悲願の優勝へ向け弾みをつけたい法大は、2回戦で関西の立命館大と対戦した。

主将の多田

試合結果

トータル試合結果

7
(59)
2(22) 1P 0(5) 1
(26)
3(18) 2P 0(6)
法政大学 2(19) 3P 1(15) 立命館大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/KP
法大 1 09:58 81 横山恭也 10 多田真章 PP
法大 1 14:28 18 山田淳哉 21 篠田一輝 KP
法大 2 16:13 17 村上亮 91 中口郁弥 4 佐々木祐希
法大 2 16:37 32 間山慎也 17 村上亮 91 中口郁弥
法大 2 17:01 10 多田真章 18 山田淳哉 30 小原日向
立命大 3 01:19 36 小野達生 27 橋雄平
法大 3 03:46 17 村上亮
法大 3 04:22 44 清水省吾 16 岩槻翔悟

※P.Pは法大のパワープレー、K.Pは法大のキルプレーを表示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 30 小原日向 18 山田淳哉 C 10 多田真章 81 横山恭也 20 酒井大之
2 32 間山慎也 17 村上亮 91 中口郁也 4 佐々木祐希 6 松本勝利
3 11 吉田厳介 A16 岩槻翔悟 21 篠田一輝 57 山田康太 52 中本圭亮
4 23 末廣直樹 A 22 有澄遼 19 磯田祥平 7 今井慶和 44 清水省吾

※GKは#35 藤田拓丸が出場

 戦評

 第1ピリオド、実力で上回る法大がゲームを支配すると思いきや、たび重なるペナルティでうまく流れをつかめない。しかしここは、DF酒井やDF中本、DF佐々木などの冷静なディフェンス陣が危なげなく守り切る。すると6分を過ぎるころ、相手もペナルティを連続して犯し、5-3のパワープレーとなる。すかさず怒涛の攻撃に出る法大は、何度かシュートチャンスを逃すも、10分にDF横山が相手ゴーリーがこぼしたパックを叩きこみ先制点を上げる。その後もペナルティを犯しキルプレーとなるが相手ゴール前で一瞬の隙をつき、FW篠田が相手からパックを奪うとシュート。ゴーリーに止められるもこぼれたところをFW山田淳が押し込み追加点を上げる。

 第2ピリオドも法大がゲームを支配して時計は進むも、なかなか得点を奪えない。攻撃的なセットで相手ゴールを脅かす場面も見られたが、惜しくもパックはゴールを捉えられず。このまま硬直状態が続くと思われた16分、左サイドからFW中口がパックを持ち込みゴール前へパスを送ると、切りこんだFW村上がシュート。ここにきて追加点をあげる。するとそのわずか20秒後にはFW間山が、17分にはFW多田が見事なパスワークからシュートを決め、5-0と相手を突き放しこのピリオドを終える

 第3ピリオドは開始早々ペナルティを犯しキルプレーとなると、ゴール前の混戦から相手にシュートを決められ、1点を返される。しかし3分には村上が左サイドから自分でドリブルで持ち込み、そのままシュート。自身この日2点目を奪うと、4分にはアタッキングゾーンでパスを回し、オフサイドライン近くからDF清水が豪快なロングシュートを決める。その後相手に攻められる場面も見られたがGK藤田のファインセーブにも助けられ最少失点で切り抜け、大会初戦は7-1の快勝を収めた。

選手の試合後のコメント

多田真章主将

―今日の試合を振り返って
 反則でちょっとリズムが狂ったんで、それで最後まで立て直せなかったんじゃないかと思います。

―7得点というのはいかがですか
いや、少ないですねもっと決めるチャンスはあったので。やっぱり反則が多かったので課題は反則を少なくすることですね。

―現在チームの出来は
リズムよく5対5でいければ調子は良いと思います。今日は反則でリズムが狂っちゃったので、そこを直したいと思います。

―夏に取り組んできたこと
夏はPPでのスペシャルセットというのを2つ作っているので、PPを合宿中に強化しました。

―それは今日のゲームでは
そうですね、今日も出ていたんですけどちょっとうまくいかなかったですね。

―サマーカップが夏の集大成ですが、チームとしてどのような姿勢で臨んでいますか
苫小牧地元の人も多くて、苫小牧で優勝したいっていう気持ちが自分も含めて大きいので、優勝したいなと思います。

―次は早稲田大学戦ですが
そうですね、勝ちたいですね。相手のキャプテンが幼馴染なので、負けたくないですね、特に。
 

有澄遼副将

ー今日の試合を振り返って
今日は初戦だったし、練習も全くできてなかったのでとにかく足を動かしていくように。自分が、じゃなくてチームが、機能するようにですね。アシスタントキャプテンなんで声をかけながら頑張りました。

ー夏の間は何をやっていましたか
自主練が多かったですね。基本的には体力作りを中心にやりました。夏合宿でも秋リーグもあるので体力作りを頑張りました。

ー今のチームの調子はいかがですか
明るくてみんなまとまりがあっていいと思います。今まで4年間やってきましたが1~4年生までがはつらつとしてチームワークがいいです。

ーご自身も最後の年となっていますがどんな気持ちでプレーされていますか
僕はホッケーを続けないのでこれが最後の年なんですけど、アシスタントキャプテンなんでチームが勝てるように力になれるように頑張ります。

ーこの大会はどのような位置づけで望んでいますか
監督にも言われたんですけど、この大会は通過点です。夏から練習試合もしてないし、今回も初戦だったので…本番の秋やインカレに向けていい調整ができるように。ただやるからには優勝目指してやっていきたいです。

ー次の試合への意気込みを
早大は強豪校にはチーム全体でまとまって負かしていきたいです。

岩槻翔悟副将

―今日の試合を振り返って
今日は初戦ということで1ピリでは足も動かなかったんですけど、なんとか2ピリから修正して、ペナルティーも少なくすることができましたし、いいゲームだったんじゃないかと思います。

―今日の試合で見つかった課題や収穫は
まだ。今日の相手ではDゾーンでの時間が少なかったので、Dゾーンも確認は明日して、早稲田戦ではDゾーンの時間が長くなると思うので、そこをしっかり修正して、次の試合に進みたいと思います。

―夏は主にどのようなトレーニングを行いましたか
夏は走り込みとコーチが不在のなかで監督を中心に選手も自主性ということでリーダーシップを図ってやっていました。走り込みを中心にチーム作りをできたんじゃないかと思います。

―具体的にチーム作りとは
コーチが不在なので、監督一人ではちょっと負担が大きいので、キャプテン、副キャプテンだけでなく、選手がサポートして、いい声掛けとかチーム作りができたんじゃないかと思います。

―春と比べて変わったこと、良くなった点は
チーム自体もいい雰囲気ですし、Dゾーンであったり、セットが変わったりしているんですけど、みんないいプレーして、今日も走り負けしていないので走れるチームになったんじゃないかと思います。

―このサマーカップはチームとしてはどのような位置づけ
秋リーグを中心に考えて、最終的にはインカレなんですけど、秋リーグで上位に行けるようにというステップの段階で夏合宿の成果をどれだけ発揮できるか試しの大会と考えています。

―現在のチームの状態は
雰囲気がよく、各セット、各シフト、各ピリオドをケアしていけば負けないチームになるんじゃないかなと思います。

―ご自身の調子は
調子はあまりよくないんですけど、自分の調子よりもチームの調子を優先して、自分が全てではないのでチームの事を考えています。

―最後に次の試合への意気込みを
明後日は早稲田で今年はまだ1回も試合していないので、どんなチームか分からないですけど、様子を見るのではなくて、うちのチームから仕掛けて先に得点取れれば楽になると思うので、そういったところを意識して早稲田に挑んでいきたいと思います。

酒井大之

―今日の試合を振り返って
第1ピリオドは反則が多くて、流れが途切れがちだったんですが、 2ピリ3ピリになってからは段々に少なくなってきて、法政のペースが掴めたと思います。
 
―ご自身の出来に関しては
全体的に反則が多くて、3ピリオド目は疲れもたまってしまったので、あまり良い出来ではなかったですね。

―チームの守備の出来は
第2、3ピリオドはよく点も取れたので良かったですが、立ち上がりと、反則が多いのが課題ですね。

―夏はどのような練習をしましたか
今回初めて泊まり合宿みたいなものをやったのですが、走る系の練習を多くこなしてとてもキツかったの ですが、秋のリーグ戦を考えれば凄く有意義なものになったと思います。
 
―その中でご自身の成長に繋がったものは
足がよく動くようになったとは思います。後はそれを守備だけでなく攻め上がってチャンスを作ったりして、攻撃にも加わることにも生かせればと思います。

―チームの雰囲気は
とても良いと思います。

―サマーカップの目標は
優勝とは言わないですけど、秋のリーグ戦があるので、秋に繋がる良い試合が出来るようにしたいですね。

―次の試合に向けて一言
早稲田は上手い選手が多くて強いですけど、守備陣として失点しないように、守りきって勝ちたいと思います。

フォトギャラリー

  • DSC03931speed0108 R-thumb-160x160-4236主将の多田
  • DSC03855speed0108 R-thumb-160x160-4237堅守が光る酒井
  • DSC03943speed0108 R-thumb-160x160-4238速い攻撃が魅力の村上
  • DSC03955speed0108 R-thumb-160x160-4239高い得点能力のある小原
  • DSC03863speed0108 R-thumb-160x160-4240ルーキー横山の得点シーン
  • DSC04212speed0108 R-thumb-160x160-4267副将の岩槻

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み