アイスホッケー

サマーカップ 決勝 対中大 運命の決勝戦!宿敵中大と死闘!

第13回アイスホッケー交流戦苫小牧大会 決勝 対中央大学
2012年9月12日
苫小牧市白鳥アリーナ

前日の勝利から一夜明け、決勝の舞台に帰ってきた法大。優勝すれば実に4年ぶりのタイトルである。対するは昨季インカレ王者、そしてインカレ、春の選手権ともに法大の前に立ちはだかった中大。因縁とも呼べる相手に、まさに死闘とも言える戦いが繰り広げられた。そして悲願のタイトルは…。

GWSで見事なセーブを見せた黒川

試合結果

トータル試合結果


(41)
1(13) 1P 2(14) 7
(64)
2(9) 2P 1(16)
法政大学 3(18) 3P 3(29) 中央大学
0(1) OVT 0(4)
  0(0) GWS 1(1)  

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/KP
中大 1 09:48 16 林川浩太 22 辻寛太 28 室谷徹
法大 1 14:37 16 岩槻翔悟 17 村上亮 30 小原日向 PP
中大 1 18:04 21 中島省吾 29 越後智哉 KP
中大 2 09:55 11 森谷浩生 81 古橋尚哉
法大 2 10:46 81 横山恭也 18 山田淳哉
法大 2 13:42 16 岩槻翔悟 18 山田淳哉
法大 3 10:54 4 佐々木祐希  ―
中大 3 11:03 28 室谷徹 22 辻寛太  ―
法大 3 13:11 18 山田淳哉 30 小原日向  ―
中大 3 17:59 16 林川浩太 54 伊藤剛史 23 東城佑紀  ―
中大 3 18:37 22 辻寛太 16 林川浩太 18 古橋真来  ―
法大 3 19:20 17 村上亮 30 小原日向  ―
中大 GWS 54 伊藤剛史  ―

※P.Pは法大のパワープレー、K.Pは法大のキルプレーを表示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 C 10 多田真章 18 山田淳哉 30 小原日向 20 酒井大之 81 横山恭也
2 32 間山慎也 17 村上亮 91 中口郁也 6 松本勝利 4 佐々木祐希
3 11 吉田厳介 A 16 岩槻翔悟 21 篠田一輝 57 山田康太 44 清水省吾
4 23 末廣直樹 A 22 有澄遼 19 磯田祥平 52 中本圭亮 7 今井慶和

※GKは#70 黒川達志が出場

 戦評

 第1ピリオド序盤は目まぐるしく攻守が変わり、一進一退の攻防が続く展開。すると6分過ぎに相手が連続してペナルティを犯し、一時5対3のPPのチャンスを得るが、ここをものにすることができない。逆に7分42秒、中大に右サイドからカウンターをくらい、先制点を許してしまう。その後も相手に猛攻をくらうが、GK黒川のファインセーブもあり追加点は許さず。すると14分に相手がペナルティでまたもPPとなると、スペシャルセットで相手ゴールを攻め立て、最後はFW岩槻がネットを揺らし同点とする。このまま流れに乗りたいところだったが、16分過ぎにペナルティを犯しKPとなると、ここを確実に決められ、またも1点のリードを許したままこのピリオドを終える。

 第2ピリオドも立ち上がりから厳しい状況が続く。開始20秒でFW間山がフッキングのペナルティ。開始早々KPとなるもここをなんとか凌ぐ。その後5分過ぎにPPのチャンスがあるも同点に追いつくことは出来ず。スコアが動いたのは9分55秒。またもカウンターからの失点を許し点差を2点に広げられる。しかし試合再開早々にFW山田淳から繋ぎ、最後はルーキーDF横山が決め1点差と迫ると、KP明けの13分42秒。またも山田淳がアシストし岩槻がこの日2点目のゴールで同点に追いつく。その後も攻め続け、間山の惜しいシュートなどもあったが、結局逆転には至らず。しかし流れを引き寄せたまま勝負の行方は第3ピリオドへ。

 運命の第3ピリオド序盤はKPが連続して続く展開。しかしここもDF酒井などのディフェンス陣を中心に無失点で切り抜ける。するとその後アタッキングゾーンで相手を攻める場面が続く。7分にはFW多田のシュートが相手ゴールネットを揺らすがここは直前のハイスティックでノーゴール。しかし確実に攻めている法大は10分54秒、佐々木が自らドリブルで切りこみシュート。これが待望の逆転弾となる。このままリードしていきたい法大だったが、相手も黙ってはいない。試合再開わずか9秒後にゴールを許し再び同点とされる。その後11分過ぎにお互いマイナーペナルティで4対4。この場面でFW小原との完璧なパスワークから13分11秒に山田淳がゴールし、再びリードを奪う。しかし17分59秒にまたもカウンターで同点に追いつかれる。その後攻めるも相手GKのファインセーブにも阻まれ得点をすることができない。このまま硬直状態が続くと思われた18分37秒。土壇場で中大に逆転弾を叩きこまれる。法大はここでタイムアウトをとる。残り時間が2分を切った中で逆転を許す苦しい展開の中、今季の法大は一味違った。試合が再開されると全員で相手ゴールに襲いかかる。黒川を下げ、6人攻撃を仕掛けた矢先、FW村上の放ったパックが相手ゴールに吸い込まれた。残り時間40秒での劇的同点弾である。試合はこのピリオドを終えても決着がつかず、5分間4対4のサドンビクトリー方式の延長戦に突入したが、ここでも決着はつかず。勝負はサドンビクトリー方式のGWSに委ねられることとなった。

 先行の中大1人目のシューターは、この日2ゴールのFW林川。法大は守護神黒川が迎え撃つ。チームメイト、観客は息をのんで見守る。センターラインからパックを滑らせ放った林川のシュートはゴール右に外れる。入れれば勝ちとなる法大1人目はこの日1ゴール2アシストの山田淳。しかしここも中大GK松本を前に決めることが出来ない。その後、中大2人目のFW中島は、黒川の股下のわずかな隙間からパックを押し込みゴールを決める。はずしたら負けとなるこの場面、法大2人目のFW村上は落ち着いていた。ゴール直前から相手Gkをかわし、ゴール左へシュートを決めイーブンとする。中大3人目のDF伊藤は左サイドのやや遠目からシュートを放ち、これも確実に決める。対する法大3人目は小原。鬼気迫る表情で相手ゴールを狙うも、GKをかわして左サイドへ放ったパックはゴールポストの外。無情にも赤いランプは点灯しなかった。

 準優勝に終わった今大会。決勝では敗れはしたものの、近年見ることが出来なかった攻撃的で粘り強い法大ホッケーを見ることができ、これが何よりの収穫であろう。わずか1週間後には関東大学リーグが開幕する。今年こそは4強撃破へ、そして悲願のタイトル奪還へ。期待できる法大ホッケーが帰ってきたといえるだろう。

最終順位

優勝  中央大学
準優勝 法政大学
3位  関西大学
4位  早稲田大学

試合後の選手のコメント

多田真章(文4)

―今日の試合を振り返って
気持ちでは負けてなかったんで、PSだけです。運で負けました。

―最後の粘りは秋に向けて大きな収穫に思えますが
負けたっていう気はあまりないんで、秋リーグに向けて良い手応えです。

―大会全体を見て
雰囲気がすごい良かったので、調子が悪くても雰囲気で良い方向に持って行けたと思います。

―攻撃陣が噛み合っていたように思えましたが
そうですね、スペシャルセットも今日は良かったですし、PK、PPの得点が鍵になってくると思うので、そこを次につなげたいですね。

―守備陣に関しては
3ピリになってからペナルティも増えてきちゃったんで、ディフェンスの2つ回しとか、ディフェンスの上手い選手だけに負担がかかっていたんで、もっと全員で試合を作れるようにして、ディフェンス力をアップしていきたいですね。

―秋に向けての課題は
反則が少なくなれば勝てると思うので、反則を少なくしたいですね。

―秋に向けてひとこと
秋は優勝したいですね。

有澄遼副将(法4)

―今日の試合を振り返って
みんな全力を出していて、負けてたんですけど逆転で来て、結果的には負けてしまったんですけど、次の秋とインカレに向けて良い試合が出来たので良かったです。

―大会全体を振り返って
やっぱりチームワークが上がったっていうのが一番ですね。上手い下手とかじゃなくて、チームのみんなのまとまりというか、そういうのが上がったんで良かったと思います。

―秋に向けての課題はありますか
秋に向けてPPだったり、5-5、フォーメーションを固めていけたらいいかなと思います。

―かなり粘り強い攻撃がありましたが
そこは良かったと思いますし、最後のブザーが鳴るまでみんなで絶対勝とうって言ってたんで、それが結果に出て良かったと思います。

―秋に向けてひとこと
アシスタントキャプテンなんで、みんなの目標となるような選手になれるように頑張っていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • DSC05759speed0108 R-thumb-160x160-4298GWSで見事なセーブを見せた黒川
  • DSC05622speed0108 R-thumb-160x160-4299最後まで粘る!
  • DSC05534speed0108 R-thumb-160x160-4300チームを準優勝へ導いた多田
  • DSC05467speed0108 R-thumb-160x160-4301チームを盛りたてた岩槻
  • DSC05433speed0108 R-thumb-160x160-4302先陣を切って得点に絡んだ山田淳
  • DSC05813speed0108 R-thumb-160x160-4303GWSを完璧に決める村上
  • DSC05022speed0108 R-thumb-160x160-4304攻守で存在感のあった佐々木
  • DSC05239speed0108 R-thumb-160x160-4305勇猛果敢な攻撃で相手ゴールを脅かす小原

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み