アイスホッケー

関東大学リーグ戦 対日大 格下相手に苦戦も、白星発進!

平成24年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 Div.Ⅰ-A 対日大
2012年9月15日(土)
ダイドードリンコアイスアリーナ

ついに開幕した関東大学アイスホッケーリーグ。今年からDiv-Ⅰ.Aは2チームが新たに加わり全8チームでの戦いとなる。昨年は3勝7敗と4強に全く手が届かず、力の差を痛感した悔しいシーズンとなった。しかし今夏に行われたサマーカップでは4強の一角、強豪の早大に競り勝ち、決勝でも中大と互角の戦いを見せた。今年こそ4強へ、そして悲願の優勝へ向けての第1歩として初戦で波に乗っていきたいところだったが…。

佐々木のリーグ1点目!

試合結果

トータル試合結果

2
(37)
1(12) 1P 0(8) 1
(30)
1(16) 2P 1(16)
法政大学 0(9) 3P 0(6) 日本大学

※(カッコ内)は、シュートの本数を表示しています。

ゴールデータ

チームピリ時間ゴールアシストアシストPP/KP
法大 1 07:37 4 佐々木祐希 16 岩槻翔悟 17 村上亮 PP
日大 2 05:11 21 吉田陽一 7 松久昴稀
法大 2 08:50 18 山田淳哉 10 多田真章

※P.Pは法大のパワープレー、K.Pは法大のキルプレーを表示しています。

メンバー

SETFWFWFWDFDF
1 C 10 多田真章 18 山田淳哉 30 小原日向 20 酒井大之 81 横山恭介
2 23 末廣直樹 17 村上亮 32 間山慎也 4 佐々木祐希 6 松本勝利
3 11 吉田厳介 A 16 岩槻翔悟 21 篠田一輝 44 清水省吾 57 山田康太
4 19 磯田祥平 A 22 有澄遼 91 中口郁也 7 今井慶和 52 中本圭亮

※GKは#70 黒川達志が出場

 戦評

 第1ピリオド序盤は思うような形が作れず、55秒にFW間山、2分15秒にDF酒井がペナルティを取られると徐々に攻め込まれる時間が長くなる。それでもPPのチャンスをものにし、7分37秒、ゴール前に詰めていたDF佐々木が日大のゴールを揺らし先制。サマーカップから取り組んでいるスペシャルセットがうまく機能した。この得点を機にうまく流れに乗りたい法大だったがいまいちパスも繋がらずディフェンスゾーンでプレーする時間が長くなる。終盤、FW末廣のハイスティックのペナルティなどもあり嫌な流れはぬぐえないまま第1ピリオドを終了する。

 第2ピリオドに入っても、流れはつかめない。サマーカップからの移動や連戦の疲れもあってか足が動かず、5分11秒、ミスからついに同点を許す。疲れと思うように行かない焦りが募ったのか直後に相手選手のペナルティをきっかけに選手が入り乱れ、佐々木もチャージングのペナルティを犯してしまう。なんとか勝ち越して勝利を引き寄せたい法大はFW多田のパスに反応したFW山田淳が強烈なシュートを決め、勝ち越しに成功。その後はディフェンスの時間が続くも、ディフェンス陣がなんとか踏みとどまる。ミスからあわやの場面があったがGK黒川のファインセーブによりゴールは割らせない。

 第3ピリオドに入り、お互いにシュートまで行かない時間が続く。法大はパスミスなどから攻め込まれるが同点だけはなんとか食い止める。終始攻めあぐねた法大は結局追加点を奪えないまま試合終了。第3ピリオドのシュート数は6。試合全体でも日大よりシュート数が少ない、という結果に終わった。ペナルティが多く、疲れや焦りが見られた法大。選 手達は「コンディションを合わせるのが難しい試合だった」(FW村上)と振り返った。
 
 リーグ戦初戦を白星で飾ったものの、結果以上にたくさんの課題が見つかった試合になった。次の対戦相手はサマーカップ準決勝で対戦した早大。強豪校だけに今日のような試合だとリベンジを果たされてしまう。疲れが見える中、法大らしい走るホッケーがどこまでできるか、いかに見つかった課題を修正できているか、そこに注目したい。

試合後の選手のコメント

多田真章主将(文4)

―今日の試合を振り返って
今日は駄目でしたね。噛み合ってなかったです。あと反則が多くて、相手をやっぱ舐めてましたね。

―その原因はどこに
最初から油断していたってのもありますし、みんな気持ちが入ってなくて集中力がなかったですね。

―ロースコアな試合展開でしたが意識していたことは
とりあえず反則を少なくしていこうと話していたんですけど、やっぱり感情を抑え切れてない人もいたんで、原因はそれですね。

―サマーカップは好調だったと思うのですが何が変わりましたか
やっぱりこっち(東京)に帰ってきて、寮生活もあって…。まあ今日はちょっと、一昨日帰ってきて、移動して練習してで、身体も気持ちもリフレッシュできていない部分もあって、疲れている人もいたんで。

―相手の日大の印象は
ちょっとやんちゃなプレイヤーが多いんで、それに構わずコツコツゴールしていけば普通に勝てると思うんですけど、そこが構っちゃっているので、そこをこれからの試合に向けて直していきたいですね。

―ご自身の調子は
そうですね、今日は決めれるところで決めれなかったので、最悪でした。キャプテンとしても今日は声が出せていなかったので、ちょっと今日は反省する一日です。

―今日からリーグ戦が開幕しましたが、大会を通してどういうプレーをしていきたいですか
勝っても負けても後悔しない試合をしていきたいですね。

―次はサマーで勝利した早大ですが
絶対負けないように、ここで負けたらサマーの勝ちが意味なくなっちゃうんで、勝ちたいですね。

岩槻翔悟副将(法3)

―今日の試合を振り返って
 今日は気持ち的にも全然(試合に)入ってなくて法政らしいホッケーができてなくて、それが一番ダメだった原因で、勝てたことは良いんですけど明後日が早稲田戦ですけどしっかり修正していきたいです。
 
―ペナルティの多い試合となりましたが
 完全に今日は足が動いてなくて、それがペナルティの第一原因だし、足を動かすためにはメンタルなんで。夏の大会が終わってすぐだったんで気持ちが入れづらい中でもスイッチを入れないと足も動いてこないので。そこはメンタルでカバーするしかないです。
 
―サマーカップが終わった後、気持ちの切り替えはできましたか
 まだ切り替わってないので。1回ハードワークをしてからですね。1日2日で切り替えるのは気持ち的に難しいのは分かっていたんですけど、そこはちゃんとやらないと話にならないんで。
 
―秋リーグの開幕が開幕しましたが
 んー、初戦が日大だったんで、次の早稲田戦からが開幕だと思ってます。
 
―チームの状態はいかがですか
 チームはやっぱり気持ちがリセットされてないんでそこでもう1回チーム全体で新しい気持ちを入れていきたいです。
 
―ご自身の調子はいかがですか
 個人としても切り替えができていないんで今日明日でちゃんとやっていきます。
 
―早稲田戦に向けて意気込みをお願いします
 早稲田には夏は勝ちましたがそれがまぐれだと言われないようにしっかりしたホッケーやって勝ちたいと思います。

村上亮(法3)

―今日の試合を振り返って
 夏終わってまだ2日3日しか経っていない中でコンディションを合わせるのが難しい試合だったんですけど法政のホッケーがたぶん今日はできなかったです。勝てたことが良かった試合でした。
 
―ロースコアの展開になりましたが
 点数的にはもっと入っていたと思うんですけど、監督からも今日の審判は取る審判だと言われていたのですが、冷静なプレーができていなかったのかなとは思います。
 
―日程的に辛い中、気持ちの切り替えはできましたか
 みんな切り替えようとはしてるんですけど、気持ち的にも体力的にも辛い部分があるので。今日は日大だったんで良かったですけど明後日は早稲田なんで、厳しい戦いになると思うんでまたみんなで変えていこうとは思います。
 
―調子はいかがですか
 サマーまではチームの雰囲気もよく、自分の調子も良くて、結果的に準優勝ということだったんですけど、こっちに帰ってきて環境も変わって、体の疲れもあってベストパフォーマンスができない様になったんですけど、なるべくみんなで協力してベストに近い状態でプレーしていこうと思います。
 
―1アシストで得点に絡む動きがありましたが
 今日は1点目の時にアシストがつきましたが、パワープレーはスペシャルセットで組んでるんで、あそこは確実に取らないといけない場面なんで。今日は1点でしたけど確実に決められて良かったです。
 
―秋リーグが開幕しましたが感想はいかがですか
 夏より秋の方が大事なんで。僕が入学して以来全日本に出られていないので出場権を獲得できるよう、上位を常に狙っていきたいです。
 
―明後日の意気込みを
 夏は4-3で勝ちましたけど最後は攻め込まれる形になったんで最後まで法政らしい走るホッケーを見せたいと思います。

佐々木祐希(営2)

―今日の試合を振り返って
 まあ、全然気持ちも入ってなかったしダメなゲームだったと思います。
 
―ロースコアでペナルティの多い展開でしたが
 反則が多くなって苦しくなったのも自分たちのせいなので試合中に修正できない時点で相当なので。明日ミーティングして、意識を変えないと早稲田にも負けてしまうと思います。
 
―その中でゴールも決めましたが感想は
 たまたまパックが来ただけなので、でもああいう簡単なのもしっかり決めないといけないと思います。
 
―サマーカップ後、気持ちの切り替えなどはできましたか
 決勝終わってから次の日の飛行機で移動してきて、みんなも疲れはあると思うんですけど、他のチームも同じなんで言い訳せず、明日から修正して早稲田戦勝てるようにしたいです。
 
―秋リーグ戦初戦の感想は
 初戦勝ててほんとによかったな、という感じです。去年は全然勝てなかったんですけど、今年は一つでも多く勝って優勝争いできるよう頑張りたいです。
 
―自分の調子はいかがですか
 合宿もしっかりできたんでいい調子だと思うんで怪我したり風邪引いたりしないように。
 
―次は早稲田戦ですが
 とりあえず全力で行きたいです。そうすれば勝てると思うんで。

フォトギャラリー

  • DSC06111speed0108 R-thumb-160x160-4345佐々木のリーグ1点目!
  • DSC06371speed0108 R-thumb-160x160-4346副将の岩槻
  • DSC06408speed0108 R-thumb-160x160-4347山田淳のドリブル突破
  • DSC06339speed0108 R-thumb-160x160-4348酒井の堅守
  • DSC06542speed0108 R-thumb-160x160-4349スピードのある篠田
  • DSC06363speed0108 R-thumb-160x160-4350頼れるゴーリー黒川
  • DSC06289speed0108 R-thumb-160x160-4351チェックにも動じない小原

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み