卓球
 

【卓球】関東学生秋季リーグ戦 対専修大 個々は競り合うも粘りきれず...チームは完敗で今季初黒星

平成26年度 関東学生卓球リーグ戦
2014年9月8日(月)
駒沢体育館

秋季リーグの2戦目となった専大戦。1戦目で早大に勝った勢いのまま勝利を目指したが強豪相手に完敗。2-3での敗戦が3試合あり、個々が粘り切れなかったことが敗戦に繋がってしまった。

見事ストレート勝ちを収めた村井

試合結果

トータル試合結果

 1

法政大学

1

シングルス

3

4

専修大学

0

ダブルス

1

 

 

試合結果

 勝敗選手名スコア対戦相手
1 生田裕仁(文4)  2-3(11-5,11-6,8-11,6-11,5-11) 王凱

2

村井桂(国2) 3-0(11-8,11-8,11-7) 田中博己
3 鹿屋良平(営4) 2-3(12-10,7-11,6-11,11-8,7-11) 田添健汰
4 鹿屋良平・尾留川竜貴(法3) 1-3(11-7,5-11,9-11,10-12)  田添健汰・東勇渡
5 南波裕輝(営1) 2-3(11-7,9-11,5-11,11-7,6-11) 徳島剛
6 - 阿部雄太(営2) - 厚谷武志
7 - 尾留川竜貴 - 久住昭博

 

戦評

 秋季リーグの2戦目の相手は専大。春季リーグ戦で絶対王者明大をも破っている強豪だ。その専大相手に1番で出場したのは早大戦で勝利に貢献し勢いに乗る生田。主将で実力もある王相手にも物怖じせず積極的な攻めを見せ、2-0とリードする。だがここから王が本来の力を発揮し、徐々に試合の流れを引き戻していく。結局立て続けに3セット連取され、2-3で逆転負けを喫してしまう。続いて出場したのは村井。持ち味の3球目からの攻撃が面白いように決まり相手を圧倒。3-0と危なげなくストレート勝ちを収め、1勝1敗の五分に持ち込んだ。3番で出場したのはエース鹿屋だったが、相手のエース格の田添に苦戦を強いられてしまう。「相手が良いボールを打ってきて、その勢いを止められなかった」と話すように相手のドライブに押し込まれる場面が多々見られた。鹿屋も粘りを見せ最終セットまで持ち込んだものの2-3で敗戦。1勝2敗と専大に再びリードを許す。続いて行われたダブルスでも田添に苦しめられる展開に。鹿屋、尾留川ともに奮闘するも、田添の勢いに押され、また鹿屋にもミスが出てこの試合を1-3で落とし、専大に追い込まれてしまう。絶対絶命の状況で出場した南波はチームの悪い流れを払しょくするかのように積極的なプレーで1セット目を奪う。だが実力のある徳島を相手に2セット目以降は苦しめられ、2、3セット目を連取される。ここから南波も意地を見せ4セット目を奪うも、最後は相手に振り切られ敗戦。結局専大に1-4で完敗という結果に終わった。

 主将の鹿屋、今日唯一の勝利を挙げた村井はともに「2-3での負けが多く、勝負弱さが出た」と語るが、惜敗が多いということは同時に実力的に大きな差はないと見ることもできる。早大戦に続き強豪を連続で破ることは叶わなかったが、上位との差は確実に縮まってきている。明日は午前に春季優勝の明大、午後に2位の中大との対戦を控えている。いずれも厳しい戦いが予想されるが、前評判を覆しぜひ勝利を掴み取ってもらいたい。(佐々木岳)
 

 

選手コメント

鹿屋良平
 

-1-4というチームの結果をどう捉えているか
自分が2点落としたので1番の要因は僕だと思います。シングルスが2-3で負けた試合が4試合中3つあったので実力差はないのですけど、勝負弱さがそこで出てしまったかなと思います。

-シングルスの対戦相手がエース格の田添選手だったが
試合は始めてやったと思うのですけど、色々な試合を見てきて、けっこう強いという印象があったので、チャレンジャーの気持ちで最初思い切っていったんですけど、徐々に向うのボールが、凄く良いボールが入ってきたので、その勢いを止められませんでした。

-ダブルスについては
ダブルスはシングルスのミスを引きずって僕のミスが多く出てしまって、尾留川がすごく良いボールを決めてくれたのですけど、やはり僕のミスが多かったですね。

-今日の敗戦から改善すべき点などは
向こうの東選手がレシーブを上手く取れていなかったので、ダブルスはもう少し3球目の方を練習して、シングルスの方は自分がサーブの時に自分から攻めれていなかったので、もうちょっと自分から攻めていけるようなパターンをいろいろ考えていきたいなと思います。

-明日は強豪明大、中大との対戦になるが
今日は勝負弱さが出て負けてしまったのですけど、気持ちを切り替えて、また明治は凄く強いチームなので向っていくチャレンジャーの気持ちで一致団結して頑張っていきたいと思います。
 

村井桂

-今日の試合を振り返って
相手は台上処理、チキータという技術がとても上手い選手だと知っていたので、なるべくバック側で触らせないで、フォア前にサーブを集めることによって相手の得意なことをやらせないことを心掛けました。それが上手くいったと思います。

-3-0での快勝だったが
そうですね。サーブレシーブが上手くいったこともあるし、自分の持ち味であるサーブからの3球目攻撃が上手くいったことで簡単に勝つことができました。

-1戦目で敗れ、チームが劣勢だった状況を挽回しようという気持ちもあったのか
自分は相手の5、6番手の選手に勝つことが仕事なので、強気で向っていくことを心掛けました。

-1-4とチームとしては完敗だったが
個々が2-3で負けるという試合が多かったので、競り合って最後の1本が取れないという形で負けてしまったので、あまり気にしないでいきたいです。明日2試合あって明治と中央は僕たちよりも上のチームなので強気で向っていくことが重要だと思うので、今日の結果はあまり気にせずに明日2試合頑張りたいと思います。

-その明日行われる明大、中大戦に向けての意気込みを
相手が春のリーグ戦で1、2位のチームとの対戦で自分たちは6位だったので、プレッシャーとかはあまりないので、格上なので向っていく気持ちで頑張りたいです。

 

フォトギャラリー

  • 1wsd見事ストレート勝ちを収めた村井
  • 2sdf難敵相手に逆転負けを喫した生田
  • 3reeエース鹿屋も田添に惜敗
  • 4vcダブルスでサーブを出す尾留川(左)と鹿屋(右)
  • 5bb敗れるも攻めの姿勢を見せた南波
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み