その他
 

【スキー】ルーキーが3位入賞!第86回全日本学生スキー選手権大会

秩父宮杯・秩父宮妃杯 第86回全日本学生スキー選手権大会
2013年2月20日~25日
会場:岩手県八幡市

全日本学生スキー選手権大会(以下インカレ)が2月20日から25日にかけて、岩手県で行われれる。大会4日目の今日は、アルペン部門男子回転(SL)が行われた。

inkare1-1
深瀬は3位入賞

試合結果

アルペン部門

男子1部回転(SL)

順位選手名1本目2本目合計タイム
3位 深瀬 和志 45秒72 50秒92 1分36秒64
34位 廣瀬 孝尚 49秒13 53秒14 1分42秒27
45位 高橋 翔大 50秒87 55秒30 1分46秒17
49位 矢萩 聡 50秒77 56秒32 1分47秒09
戸梶 純平 D.F
菊池 拓也 D.F

男子1部大回転(GS)※20日に行われた結果

順位選手名1本目2本目合計タイム
14位 菊池 拓也 49秒60 59秒90 1分49秒50
18位 田原 壮志 50秒40 59秒56 1分49秒96
40位 深瀬 和志 49秒83 1分02秒98 1分52秒81
45位 戸梶 純平 52秒16 1分01秒42 1分53秒58
55位 高橋 翔大 53秒49 1分02秒11 1分55秒60
廣瀬 孝尚 D.F

ポイント奪取

初日に行われた大回転(GS)でポイントを逃した法大アルペン陣。今日の回転(SL)には6人の選手が出場した。地元開催の主将・高橋(社4)を中心にポイントが与えられる10位までの入賞を目指すが、それぞれ記録が伸び悩む。上級生が昨年同様に「力を出し切れない」なか、ルーキーの深瀬(社1)が結果を残した。一本目を3位で終えると、「1位を狙って」二本目も攻めの滑りを見せた。途中、雪に足を取られるなどしてタイムは伸びなかったが、それでも合計で3位入賞を果たし表彰台に上る。普段通りの実力を発揮できないまま大会を終えた先輩の分まで、後輩が一矢報いた。(上田 康太郎)

選手のコメント

高橋 翔大(社4)・戸梶 純平(社4)

―今日のレースを振り返って

戸梶:今日のレースは男子アルペンでポイントが取れてなかったので、一年生の(深瀬)和志が3番に入ってくれて、ポイントを取ってくれてよかったですね。表彰台にも乗れたし。

―今回のコースはいかがでしたか

高橋:地元がここで、滑り慣れているんですけど。天候はいつもこんな感じなんで、気にはならなかったです。みんな諦めてたと思います。コースも、若干平らかなってだけで気にはならなかったですね。

―初日の大回転については

戸梶:結果は一番良くて一年生の14番だったんですけど、みんな力を発揮できていなかったかなと思います。

―今回の男子アルペン全体を振り返って

高橋:みんな持っているものを全然出せていないですね。一月にあった大会の結果を考えたら、条件は違うけれど、男子は一日で20点くらい稼げる計算が出来るので。それを考えたら力を出し切れなかったなと。去年もそんな感じだったので、やっぱりこの大会は難しいなと思います。

―今日が最後のレースということで(戸梶選手は3月に大会を控えている)、4年間を振り返ってお願いします

高橋:いやー(笑)。辛かったですけど、得るものは多かったですね。普通の生活じゃ体験できないこともたくさんあったので。

―辛かったのは練習がですか

高橋:いや練習は辛いですけど自分のためなんで。最初の一年生の時の(寮での)生活とか、ガラッと変わるんで。そのへんが辛かったですね。まあ今となればそれもいい経験ですけどね(笑)。

―今後も競技は続けていきますか

高橋:今後は競技というか、国体予選くらいは出ようかなと、それくらいですかね。今みたいにがっちりとはやらないです。

―後輩にメッセージをお願いします

戸梶:後輩は最近またいい選手がどんどん入ってきて、強くなって。法政にはジャンプの選手はいないんですけど、アルペンとランナーだけで上位にいけるように頑張ってほしいですね。期待しています。
高橋:いやまあ頑張れとしか言いようがないですね(笑)。今の後輩は3年生が信用できるので、任せれば大丈夫だなって思っています。

深瀬 和志(社1)

―今日のレースを振り返って

昨日のドローで3番目に滑ることに決まってから、改めて気持ちを引き締めて臨もうと思っていました。そして、一本目を終えて3位になり、タイム的にも2本目次第でトップを目指せるものでした。最終的に順位は変わらなかったですが、ポイントはとることができたので。

―2本目にタイムが落ちた要因は

さっきも話した通り、一本目を終えて1位を狙える位置だったので攻めた結果です。記録を伸ばそうと攻めました。ターンが大きくなってしまったりなどもあり、タイムは伸びなかったですが、守りに行っての結果ではないので。

ー今回のコースについて

高2のインターハイで優勝した時のコースでした。得意というか、相性が良いコースだと思います。

ー初めてのインカレでしたが

確かに初めてのインカレでしたが、いつものメンバーで出場しているので、変に緊張することもなく、楽しむことができました。

ー今後に向けてお願いします

今回は大学生だけが出場する大会でしたが、これからはもっと上のレベルの選手、社会人の方などが出場してくる大会に出場していくことになるので、より高い意識で臨んでいきたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • inkare1-1深瀬は3位入賞
  • inkare1-23位に入賞した
  • inkare1-3高橋
  • inkare1-4矢萩
  • inkare1-5廣瀬
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み