その他
 

【スキー】第56回全日本学生夏季競技会

第56回夏季競技会
2013年7月5日(金)
都立大泉中央公園

雪上が主戦場のスキー部だが、夏にもインカレが行われている。本番の冬に向けて現状の基礎体力を測ることが主な目的の今大会で、スキー部が板を外して陸上競技に取り組んだ。

ski1
力走した主将の藤谷

戦評

 小雨が降るなか大会は開幕。100m個人戦では神口廉(社4)と後藤竜也(現3)が決勝に進むも入賞は逃したが、女子の根岸志帆(社4)は6位に食い込んだ。里野太吾(社1)、後藤、竹腰豪之介(経3)、藤谷勇仁(社4)で挑んだ男子400mリレーは、予選を1位で通過するも決勝は4位に沈む。一方で下村彩恵(工1)、庄司綾那(社2)、根岸、目黒恵里奈(経4)が出場した女子200mリレーも決勝で4位入賞。エキシビジョン種目「食いしん坊万歳」は、各大学の選手が仮装して芸を披露するなど終始和やかなムードで行われる。大会最後の種目にあたる駅伝には神口、藤谷に川野創平(経1)と佐々木謙也(経1)を加え出場し5位につけた。総合成績は男女ともに5位。近藤監督が目標に掲げた3位には及ばなかったが、各選手が自身の現状を確認し、今後の夏合宿、そして冬場のレースへと視線を向けた。

選手のコメント

藤谷勇仁(主将)

―今日の大会について
良い結果ではないのですが、力は出し切れたかな

―リラックスしたムードの大会ですね
やっぱりスキーは冬まで基礎の練習しか無くて、モチベーションを保つ意味で行われている大会でもあります。少し緩い雰囲気がありますね。良い結果はステップにして、悪いものは踏み台にします。

―陸上競技はどういった部分でスキーにつながりがあるのでしょうか
心肺的に強い人がいつも勝っていて、もちろん走ることが速い人がいつも勝つわけではないんですけど。ある程度は指標になるかなと思います。

―出場する競技はどのようにして決まるのですか
100mはアルペンが多くて、駅伝はクロスカントリーです。

―インカレ以降はどのように過ごしてきましたか
うちの場合は、これからの8月、9月が一番練習の強度が高くなるので、それをこなせるような身体作りをしてきました。今日はそれがどれくらい出来ているかを確認する機会でもありました。春は(雪上から陸上に)移行の期間ですね。

―今後はどういった練習予定ですか
9月くらいまで陸上で強度の高い練習をします。10月くらいになるとだんだん雪上に入ってきます。

―今季の目標を教えてください
学生最後なのでインカレの結果(目標に)になるんですけど。個人としてはインカレで表彰台を目指します。大学に入ってからの目標だったけど、ずっとできていなかったので。チームとしては総合3位を目指します。

 

フォトギャラリー

  • ski1力走した主将の藤谷
  • ski2リレーで3走を務めた根岸
  • ski3里野は1走を走った
  • ski4駅伝に出場した神口
  • ski5後藤は100mで入賞を逃した
  • ski6走り終わった後の竹腰
  • ski7食いしん坊万歳の一幕
  • ski8笑顔で大会を閉めた
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み