その他

【馬術】平成27年度全日本学生馬術競技大会(障害飛越競技) 序盤の2反抗で失権に終わる 

平成27年度全日本学生馬術競技大会
2015年10月31日(土)
日本中央競馬会馬事公苑

第65回全日本学生章典障害馬術競技大会が行われた。法大からは網重志保(経)と法永が出場。結果は、序盤でまさかの反抗で失権に終った。11月2日に行われる馬場馬術競技でのリベンジを狙う

IMG 9635 R2
障害を目前にブレーキをかける法永

試合結果

障害飛越競技 1回走行目

選手名馬名順位タイム総減点備考
網重志保 法永  E  

 

 

戦評

 全国からおよそ100人の選手がエントリーした今大会は、自馬(持ち馬)での競技が行われる。人馬の信頼関係が試されるこの大会に、主将・網重は法永と満を持して出場。法永は網重が大学2年の時からの担当馬だ。腰のけがで休養をはさんだものの、多くの大会を共にしてきた。だが“相棒”と呼ぶにふさわしいこのコンビの走行は、わずか1回の飛越で終わることとなる。

合図とともに走行を始めた直後、1つ目の障害を目の前にして立ち止まってしまう法永。「油断していた部分はありました」。必死に立て直そうとするが、焦りを隠せない網重。それもそのはず。初出場、初めての高さ。「不安とプレッシャー」中での反抗だ。態勢を立て直して二度目の走行に入るが、今度は2つ目の障害で反抗。あっという間の失権だった。「馬は(130cmでも)帰って来れるんですけど、人(網重)が経験不足で…」。悔やみきれない結果となった。

前日まで好調だった法永だが、走行前の練習中に反抗を見せていた。練習中での失敗は決して珍しいことではないが、今日はそうではなかった。「そこ(練習)でも人(網重)が焦ってしまっていて、馬を少し怖がらせてしまった」。網重の緊張感が「馬の足を引っ張ってしま」った。

これが、馬術の難しさ。人馬双方が最高の状態でなければ、結果を残すことはできない。言い換えれば、馬術の魅力でもある。「馬はできるので、あとは人のメンタル。メンタルを強くもって。自信をもって競技ができるように、という気持ちの切り替えができれば」。翌々日に馬場馬術競技を控える主将は、そう強く意気込んだ。自らの学生馬術生活のひとつの「区切り」となる大会で輝きを放てるか。(伊藤華子)

選手コメント

網重志保

―馬の調子は良かったとのことですが、失権の原因は

昨日の練習でも跳べていましたし(タイミングも)合っていたので、調子は良かったです。やっぱり、人(網重)が焦ってしまって。それが馬にも伝わってしまって、焦ってしまったのが一番の原因だと思います。

―焦りの原因は

初めての全日本学生で、初めての130cmのコースという不安とプレッシャーで、少し焦りが出てしまいました。

―今までの最高の高さは

120cmまでしか跳んだことがなくて。馬は帰って来れるんですけど、人が経験不足で…。馬の足を引っ張ってしまいました。

―最初の障害で反抗しました。このことも更なる焦りに繋がったのでは

油断していた部分はありました。止まってからも焦ってしまって。

―直前練習では

そこでも人が焦ってしまっていて、馬を少し怖がらせてしまったなと思います。終始、人が焦って、テンパってました。

―大きな大会はこれが最後ですね

次の大会はまだどうなるかわからないので、とりあえずこれが区切りかなと思います。

―明後日の馬場に向けての気持ちを切り替えは

馬はできるので、あとは人のメンタル。メンタルを強くもって。自信をもって競技ができるように、という気持ちの切り替えができればと思います。

フォトギャラリー

  • IMG 9635 R2

    障害を目前にブレーキをかける法永

  • IMG 9641 R

    立て直しを図る網重と法永

  • IMG 9645 R2

    二度目の走行も反抗に終わる

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み